2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目の前で見た人の死の瞬間 後編 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*この記事には一部過激な表現が含まれています。
苦手な方は注意して閲覧ください。



前編 中編もあわせてどうぞ。


【“目の前で見た人の死の瞬間 後編”の続きを読む】
スポンサーサイト

【シャチョサン】謎のいたずら電話が来た【ニーナダヨ】その2 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*今回は、変態さんのいたずら電話→気味の悪い電話でまとめてあります。
くすっと笑いつつも、後半でぶるっときてお楽しみください。

その1はこちらからどうぞ。




107 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 13:12:32 ID:ZeuQ3B9nO
携帯電話に非通知でテレビ電話の着信が続いた時期があった。
20分で着信履歴が埋まるくらいしつこく架けられた事も。
そしてたまに動画付伝言メモを残されるのだが
それが毎回チンコをシコシコやっているアップ画像。
犯人を突き止めてやろうと、ある日意を決して電話をとってみた。
勿論こちらの顔は映らないようにして。
そしたら、やっぱり画面いっぱいにチンコシコシコ。
するとこいつはずっとシコシコしながら局部にカメラを向けながら電話を架けていたのか…
器用というか阿保というか…。
早速非通知着信拒否にした。



131 :本当にあった怖い名無し:2007/10/10(水) 02:16:52 ID:FKACSz100

>>107
ついさっき連続でTVコールかかってきた
出て見たら画面いっぱいにチンコシコシコ
まるっきり同じ状況でびっくりしたよ
気持ちいいーとか言ってたから想像の手伝いをしてあげようと
ヤワラちゃん!谷亮子!谷亮子」って連呼したら切れた


【“【シャチョサン】謎のいたずら電話が来た【ニーナダヨ】その2”の続きを読む】

加奈 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


哀しい初恋


47 本当にあった怖い名無し sage 2007/07/13(金) 00:20:37 ID:03rSqLFyO

先日中学校の同窓会があり、当時の俺のクラスではタブー化された話が話題になりました。携帯なので何度かに分けてお付き合い下さい。

中学校で同じクラスだった加奈(仮)と言う子が居た。活発で勉強も良く出来る可愛い系の子だった。まあ俺の初恋の人だった。
三年の夏休みに学校の図書室に行った時、偶然にも調べ物をしていた加奈が居た。
図書室には俺と加奈しか居なかった為、進路について話したり雑談したりしながらお互い自分の作業をした。
俺はクラスの友達には言ってなかったが親の仕事の関係で東京の高校に行く事になっていたので加奈にそう打ち明けた。
「そうなんだ、寂しくなるね」加奈は少し悲しそうな顔をして俺を見た。
好きな子にそんな顔されて多分舞い上がると言うか逆上せてしまったんだと思う。
その場で告白してしまった・・・。
結果ははぐらかされてしまったが、東京に行っても手紙しようね的な仲までは進展した。

夕方になり、途中まで一緒に帰宅。とその帰り道、加奈が忘れ物をしてしまったと言い一人で学校へ戻る事に。
別れ際、加奈が言う。
「弘ちゃん(俺・仮)の事、私も好きだよ」
本当に嬉しかった。今にも踊りだしそうなくらい浮かれて俺は帰宅した。

これが加奈と交わした最後の言葉になるとは思いもしなかった。


【“加奈”の続きを読む】

ああ、婆ちゃんが最後に会いに来てくれたんだ。って思った。 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


がさがさ


109 本当にあった怖い名無し sage 2008/06/08(日) 10:57:27 ID:nKcBN+8r0
流れが止まったんで
長いけどごめん。ネタだと思って聞いて。
4年位前の話。俺が高2のとき、婆ちゃんが死んだ。
脳溢血っていうので、一回倒れて、そのまま病院から帰ってこなかった。
お通夜では俺が別れの言葉を言わせてもらったんだけど、せっかく寝ないで考えた原稿も
しゃくりあげて結局上手く言えなかったのが凄い心残りだった。
それでその日の夜は俺の親父が蝋燭番(?)をしなきゃいけない日だったんだけど、
親父は次の日の準備とか病院の片付けとかをやらなきゃいけなかったらしくて、
親戚もそこまで気が回らなかったのか代役を立てずに蝋燭番なしでその夜を過ごしたんだ。
でもまぁ実際蝋燭の火が消えるか消えないかでそんな大事にはならないし、
夜通し起きている人もいるので火事の心配はないだろうと言うことだった。
次の日、その日は葬式だったから朝から大忙しだった。母ちゃんとか女の人たちはみんなで料理を作ってるし、
俺は親戚の子供をまとめて監視する役だった。
葬儀事態は何の滞りもなく終わって、参列者の方たちに帰ってもらったあとはみんなで飯を食った。
でも俺だけはどうしても食欲がなくて、家族たちが今で夕食をとっている間ずっと婆ちゃんの棺桶の横で泣いてた。


【“ああ、婆ちゃんが最後に会いに来てくれたんだ。って思った。”の続きを読む】

目の前で見た人の死の瞬間 中編 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*この記事には一部過激な表現が含まれています。
苦手な方は注意して閲覧ください。



*今回は交通事故に関する話題が多かったです。特に、
長距離トラック運転手の507氏による凄惨な事故の話がオススメです。
中段以降に載せてあります。





357 :本当にあった怖い名無し:2005/06/24(金) 04:07:25 ID:ZtjnKxk50

自分的にいまだにショックなので話します・・

15年位前なんだけど、私の住んでる団地の真下に大きい通りがあって、
信号無くて割と交通事故多発する場所だったんだけど、
9月1日、始業式の朝で6時位にものすごい音がして、下を見たら車が2台止まってて
父と二人で慌てて見に行ったら片方は運転手が自力で出てきたんだけど
もう一台からは気配がなくて、覗いてみたら、きちんと座ってんだけど様子が変。

その違和感は顔にあって、その人目玉が信じらんないぐらい出てて、外傷とか、
まだ子供だったからわからないけど、確実に生きてる感じはしなかったよ・・
シートベルトしてなくて首を強打したらしい・・多分即死だったと思う。

でもその顔がいまだにトラウマで、びっくり人間とかで目玉出るやつとか駄目・・

つまらない上にマジかきこでごめんちゃい


【“目の前で見た人の死の瞬間 中編”の続きを読む】

目の前で見た人の死の瞬間 前編 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*この記事には一部過激な表現が含まれています。
苦手な方は注意して閲覧ください。



*3回に分けてお送りします。以前のような分類は特にしていません。ご容赦ください。



15 :本当にあった怖い名無し:05/03/11(金) 00:41:55 ID:551d50di0
死の瞬間。
突然全身がプルプルッとケイレンして、息を吸う感じで身体が大きく膨らみ、
そのあとスウッと息を吐き、身体がしぼんで絶命しました。
息を吐いた時に魂が抜け出て行ったんだと感じました。
死んだあとは、人形のように身体がダランとしていました。
それを目の当りにした時、涙がとめどなく溢れてきました。


【“目の前で見た人の死の瞬間 前編”の続きを読む】

ひき逃げ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ、洒落コワ傑作選です。


ひき逃げ

449 :449 :03/01/24 18:21

その横断歩道は歩行者が少ないってんで普段は車道の信号は点滅なのね。
そんでボタン押して待ってたら車道の信号が赤になって、横断歩道の信号が青になる。
だけどその点滅信号ってめったに赤になることなんてないから、点滅になれた車が
よく事故おこしてたんだよね。
そんでそのひき逃げ事件もおこった。お母さんとその子供も即死だったらしい。
暗くなったばかりのころにもの凄いスピードでひかれたらしくて、
お母さんは頭が割れて脳ミソが飛び散ってて、頭がグチャグチャ。
なんでも顎から上が取れちゃったみたいになってたらしい。
子供(3才くらいだったかな?)も車の下に入り込んでしまって
後輪に頭を踏まれて頭が潰れた状態だったそう。
後で事故現場行ったら横断歩道の白いとこに血の跡すごい残ってた。
その後、親子をひいた車が見つかったんだけど盗難車で
結局犯人は見つからなかった。それが7~8年前の話。オレが高校生のころ。


【“ひき逃げ”の続きを読む】

忘れられないな、あの時の顔。 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


57 名前: 間ーだ^-^ 投稿日: 02/11/21 01:31

昔、栃木にいたころのはなし。
両毛線という単線があって山前という駅と小俣という駅の間に
川があってカーブの鉄橋があったんだ。子供だから時刻表なんて知らないわけ、
ひとり小児麻痺の子がいてさ、いつも一緒に遊んでていつものように鉄橋を渡ったんだ。
本当にいつも怖くてさ、でも本当に列車が来たんだよ。
渡りきっていた俺たちは後ろを見て固まったさ。
今でも思い出すよその列車の汽笛とブレーキの音。
怖くてみんなで逃げ返ったさ、俺なんか何時間も押入れに隠れてたよ。
そして、そいつの母さんがうちに来たんだ、鬼のような能面のような顔だった。
「○○ちゃんいつもいっしょに遊んでくれてありがとう」
「○○ちゃんは天国で新しい足をもらってみんなより早く走ってるよ、きっと。」
忘れられないな、あの時の顔。





編集元:今思うと氏んでたかもしれない遊び
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1037/10377/1037783557.html


今井さん 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク



201 :本当にあった怖い名無し[]:2008/05/14(水) 22:26:38 ID:0CAI4x1kO

二か月前にまで病院に勤めてました。
病院って、やっぱり食事の制限とかかなり厳しいんですよね。特に糖尿病の人とかは
家族からの差し入れや売店での買い物も駄目なんですけど、やっぱり人間だからお腹は減るんですよね。
でもご飯は味が薄いし少ないしで、とてもじゃないけどお腹は膨れません。
糖尿病と痴呆で入院してた今井さんてお爺さんも、そんなひとりでした。

毎日毎日
「お腹空いた。何か食べるものない?」
とナースステーションに来て、職員が説明しても
「お腹空いたよひもじいよ」と泣き出す始末。正直困っていました。
でも、あるときから急にそれがパッタリ無くなって、我々職員もかなり驚いていました。それと同時に
「やっと解放された」と安心もしました。
ですが、数週間後の夜勤のとき、職員のひとりが真っ青になってナースステーションに飛び込んで来た事で、大変なことがわかりました。
「今井さんが!佐野さんの腕を!」
慌てて見に行くと、寝たきりの患者さんの腕の皮膚が破れていました。
そして、傍らに皮膚のかけらを舐めている今井さんがいたのです。

どうりで最近患者さんの皮膚剥離が多いと思っていましたが、皮膚剥離は正直日常茶飯事なのであまり気に留めてなかったのです。
しかし、実は空腹に耐え兼ねた今井さんが少しずつ皮膚をはがして(擦りむいた傷程度の大きさ)食べていたわけです。
その行為の気味悪さと、皮膚を舐めながら
お腹空いたよーお腹空いたよー

と呟く今井さんが心底怖かったです。
婦長たちに報告し、さすがに問題になり、その後今井さんはほかの病院に移され、半年ほどして亡くなったと聞きました。





編集元:死ぬ程洒落にならないグロイ話集めてみない?
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1209981155/l50

死ぬ程洒落にならないグロイ話集めてみない?前編 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*この記事には精神的有害な記述・表現が含まれています。
特に虫嫌い、動物好きの方は注意して閲覧ください。



1 :本当にあった怖い名無し[age]:2008/05/05(月) 18:52:35 ID:qnVsvruI0

爪を切ったと思ったら、指の肉を切ってしまったとか
長靴でカタツムリを踏んづけたとか……そんなグロイお話を
語りましょう……。


~虫・いきもの編~



【“死ぬ程洒落にならないグロイ話集めてみない?前編”の続きを読む】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。