2008 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


4 :移植1:2007/11/17(土) 16:58:53 ID:T1+ik0WD0

虹の橋

天国の1歩手前に「虹の橋」と呼ばれる場所がある。
地上に居る誰かに愛された動物は死ぬとその「虹の橋」へ行く。そこは丘のある草原が
広がり動物たちは他の皆と一緒に走ったり、遊んだりする事ができる。

沢山の食べ物と水そしてお日様の光が溢れるその場所で暖かく心地よく過ごしている。
病気だったり、年老いた動物たちはここに来て健康と活力を取り戻し、傷ついたり障害を
持つ身体になった動物たちも元どおりの丈夫な身体を取り戻す。

そう、過ぎ去った日の夢の中でのように・・・。

動物たちは幸せに暮らしているけど、たった一つだけ不満がある。
自分たちにとって「特別な誰か」が、「後に残してきた誰か」が居ないのを
寂しいと感じているから。

動物たちは皆と遊んで時を過ごしている。
でも遂にある日1匹の仲間が足を止めて遠くに目を向けた。
その瞳はキラキラと輝き、身体は堪りかねたように小刻みに震えだす。
突然、彼は皆から離れて、緑の草原を跳ぶように走り始めた。

「あなた」を見つけたのだ。

とうとう出会えたあなた達は抱き合い再会を喜びあう。
もう2度と離れ離れになる事は無い。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎあなたの両手は
愛する友の頭や身体を再び愛撫する。
そしてあなたは信頼に溢れたその瞳をもう1度のぞきこむ。

あなたの人生から長い間姿を消していたが1日たりとも忘れたことのないその瞳を。

それからあなた達は一緒に「虹の橋」を渡るのだ。(原文:作者不詳)



5 :移植2:2007/11/17(土) 17:00:41 ID:T1+ik0WD0

虹の橋の袂で

天国とこの世を結ぶ橋がある。
その橋は様々な色合いをしている事から「虹の橋」と呼ばれている。
「虹の橋」の1歩手前には丘のある草原や青々とした緑あふれる谷がある。
動物達は死ぬとその場所へ行く。そこにはいつも沢山の食べ物と水があり、
毎日が春のように暖かな気候だ。
歳をとり身体が弱っていたものはここへ来てもとの若さを取り戻し、
身体が不自由になっていたものは元どおりの姿になる。
そして1日中一緒に遊んだり走ったりして過ごしている。
橋の傍には様子が異なるものも居る。
飢え、苦しみ、疲れ果て誰にも愛されなかった動物たちだ。
他の動物たちが1匹、又1匹とそれぞれの「特別な誰か」と一緒に
橋を渡るのを物欲しそうに眺めている。

彼らには「特別な誰か」など居ない・・・。
生きている間、そんな人間は誰一人として現れなかったから。

ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると「虹の橋」の袂に
誰かが立っているのに気づいた。
彼はそこに繰り広げられている友の再会を物欲しそうに眺めて居る。
地上に居る間、彼は動物と暮らしたことが無かった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかったのだ。

そんな彼がポツンと立っていると愛されたことが無い動物が
どうして一人ぼっちなのだろうと近づいてくる。不思議なことに愛されたことが
無い動物と愛されたことが無い人間が互いに近づくにつれ奇跡が起こる。
なぜなら、彼らは一緒なるべくして生まれたからだ。
地上では決してめぐり合えなかった「特別な誰かとペット」として。
今、やっと「虹の橋」の袂で彼らの魂は出会い、痛みや悲しみは消え、友は一緒になる。

そして一緒に「虹の橋」を渡り、もう2度と離れ離れになる事は無い・・・。(原文:作者不詳)





【また】ペットにまつわる不思議な話4【会えるかな】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195272207/


スポンサーサイト

おいしいねぇ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 2001/07/07(土) 12:54

ウチの奥さんが独身時代に遭遇したサイコ。
当時彼女は腰まであるロングだった。
休日の昼下がり、電車で移動中にそのサイコに逢ったそうだ・
目的の駅で降りようとしたら髪の毛が何かに引っかかった。
振り向くと彼女の髪をサイコさんがむんづとつかんでいる。
何が起きたかとっさに把握できずにいると、サイコは髪の毛を口の中に!!
彼女の目を凝視して(焦点は合ってなかったそうだ)
おいしいねぇ(ニタニタ
突き飛ばすようにして逃げたそうだ。





編集元:サイコにまつわる怖い話
http://curry.2ch.net/occult/kako/993/993467245.html


あの世って本当にあるんだね!!! 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク



293 : 276 : 01/09/10 23:05

《ごあいさつ》

こんばんは、>>276です。
遅くなりましたが、友人Hさんについてお話し致します。
亡くなった彼女が、死後、彼女のお姉さんに
死亡した瞬間の様子や、そして彼女が今いる世界
(死後の世界と言われているところ)について語った内容です。

全くスレ違いの話でごめんなさい。
また、この話が皆様に不快感を与えてしまったり、
興味のない内容でしたらすみません。
ただ、この話には妄想や誇張等一切ございませんし、
宗教等も全く関係ありません。
「ふうん、こういう話もあるんだ。」と、お読みいただければと思います。

全て伝聞の文体で書きますと、各文末が煩くなってしまいますので
普通の文で書かせてください。
わかりにくい所がありましたら、御指摘ください。


【“あの世って本当にあるんだね!!!”の続きを読む】

宇宙人との会話 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


336本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 23:02:27 ID:qWZEf9/O0

取って置きの話があるんだけど、どうしようかな。
話すと、馬鹿にされそうで誰にも話してないんだ。



352 :336:2007/04/05(木) 02:01:42 ID:3tMb02Zp0

19歳の夏、暑い夜だった。ベランダに出て夜風を満喫してたんだ。
と、気が付くと仰向けに冷たく硬い台の上にいた。
覗き込まれている。目だけの生き物。よく出るあの異性人。
皮膚は、ネットリでもサラリでも無い不思議な感じ。
今まで感じたことも無い感触。耳も無い。
目だけが真っ黒く大きい。人間のように黒目と白目に成ってない。
かなり大きな物を、鼻の中に入れようとした。
こ・・怖いと思った強く思った。すると不思議な事に、
言葉を交わさないのだが、相手が痛くないと伝えてきた。
入れられたかは解からないが、相手と交信をだいぶした。



355 :336:2007/04/05(木) 02:18:15 ID:3tMb02Zp0

人間の事に興味がある様だった。子供のつくり方とか、
食べ物のこととか、様々な事を交信したと思う。
逆に、相手の事も聞き出した。子供はつくりたいと思ったら直ぐに出来るみたいだ。
よく覚えてるのが、相手の娯楽は、丸く大きな玉に抱きつくと、
それは、気持ち良い心地の物が合った。
考えている事は全て伝わるし、合理的だった。
帰って来たく無くなった。すると記憶を全て消そうとした。
消さないで欲しかった。消さないでくれと懇願した。
戻さないでくれとも懇願した。
結局もどされて、記憶もほとんど消された。
気が付くと、ベランダに呆然と立ってた。3日もそこに居たことになる。


【“宇宙人との会話”の続きを読む】

女子大生の膝に座るオッサン 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


194 : 194@2/1 : 2001/07/08(日) 15:13

学生時代に出会ったオッサンの話。

結構込んでいる電車の中で、見も知りもしないオッサンに膝に座られました。
迷わず私に向かって歩いてきたあたり、ちと恐怖ですね。
いくら肉付き良く座り心地最高でも、うら若き乙女なんだよ、一応。

こちらの諸先輩方の例に漏れず、視線は浴びるが誰も助けてはくれず…
教会のシスターらしき女性も、私と目が合うと慌てて視線を逸らす。
そりゃ逸らしたいだろうな。
この世には神も仏もないのだろうか…アーメソ

でも、当時精神障害(?)を題材にした論文を学校で書いていたので
「もしかしたらこの人は、こういう行動パターンなのかも!
だとしたら、突き飛ばしたりしたらダメだろう!人として!」
と脳内変換して、恥ずかしいながらも膝にオッサンを乗せたまま
自分の降りる駅まで我慢してみました。
幸い、私より先にオッサンは降車したので、突き飛ばさずに済みました。



195 : 194@2/2 : 2001/07/08(日) 15:14

次にオッサンに会ったのはその翌日の電車の同じ時間帯・同じ車両。
前日のことがあるので、椅子には座らずドア付近に立っていたら、前日と
同じ駅からオッサン再来。
窓際だからと安心していたら、またも迷わず私に近付いてきて
ぴったりと寄り添ってくる…肌触れてるって!!
いいんだ…お約束なんだ、誰も助けてくれないのは。

仕方ないから、よろけたフリして足踏んで、オッサン怯んでる隙に
自分が降りる一つ手前の駅に降車して逃走に成功しました。

それ以後、時間帯や車両を変えてみたものの、2回に1回はオッサンを
見かけるようになってしまいまして。
他に生贄でも見つけたらしく、もう私には見向きもしなくなりました。
生きててよかった、私。





編集元:サイコにまつわる怖い話
http://curry.2ch.net/occult/kako/993/993467245.html


忘れられないな、あの時の顔。 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


57 名前: 間ーだ^-^ 投稿日: 02/11/21 01:31

昔、栃木にいたころのはなし。
両毛線という単線があって山前という駅と小俣という駅の間に
川があってカーブの鉄橋があったんだ。子供だから時刻表なんて知らないわけ、
ひとり小児麻痺の子がいてさ、いつも一緒に遊んでていつものように鉄橋を渡ったんだ。
本当にいつも怖くてさ、でも本当に列車が来たんだよ。
渡りきっていた俺たちは後ろを見て固まったさ。
今でも思い出すよその列車の汽笛とブレーキの音。
怖くてみんなで逃げ返ったさ、俺なんか何時間も押入れに隠れてたよ。
そして、そいつの母さんがうちに来たんだ、鬼のような能面のような顔だった。
「○○ちゃんいつもいっしょに遊んでくれてありがとう」
「○○ちゃんは天国で新しい足をもらってみんなより早く走ってるよ、きっと。」
忘れられないな、あの時の顔。





編集元:今思うと氏んでたかもしれない遊び
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1037/10377/1037783557.html


創価の集会に潜入したよ\(^o^)/ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


173 :本当にあった怖い名無し:2007/12/22(土) 14:01:18 ID:ysZb4RAI0

先日 友達が創価の集会みたいのに潜入したよ。
絶対入信しないって約束で創価の奴に連れられて、
学会会館みたいのに行ったらしい。
以下長文すまん



【“創価の集会に潜入したよ\(^o^)/”の続きを読む】

今までで一番怖いレスだ・・・ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


408 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 09:41:59 ID:4/GZNFep0

家で一人で居る時、
シコり始めると必ずオカンが帰ってくる
不思議だ



409 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 09:44:19 ID:a+RT7eXq0
>>408
それは怖い



410 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 10:03:50 ID:9sqFA8qWO
>>408
最近は家族にも盗聴器を仕掛けるらしいね



411 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 10:36:17 ID:qMxDRhj+O
>>410
KOEEEEEEEEEEE!



413 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 11:09:45 ID:+1axXMnjO

母親が息子の名前連呼してオナってたらどーするよ?



415 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 12:22:29 ID:CY1U5BQ0O
>>413
怖すぎるw



416 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 12:37:44 ID:szUg+Dg+0
>>413
オカ板に来て5年
今までで一番怖いレスだ・・・






編集元:【これマジ】不思議な現象体験談
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172792323/


やっぱりxxxx戻すね 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


354 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 02:17:56 ID:PG2OTqcF0

10年ほど前、小学生だった私は家で一人、留守番をしていました。
母親に注意もされず伸び伸びとゲームが出来、ご満悦でした。
ふと、電話がかかってきて出てみると籠もった男の声で「お母さんはあと20分ほどで帰るよ」とだけ言うと切れてしまいました。
「?」と思いながらも子供なのであまり深く考えず、そのまま留守番してました。
すると20経っても母親が帰って来ません。
「まぁ、そりゃそうだ。間違い電話だったのかな」ぐらいに思いゲームに集中しました。
時間を忘れるほどゲームをやってたのですが、なんだかんだで夕方になり、やがて日も落ち、さすがに「遅すぎる」という不安が出てきました。
しかも、そんな不安な時なのにテレビを付けてみると何故か何も写らない。
それどころか、ゲーム中は気付きませんでしたが、騒音という物がまったくありませんでした。
元々静かな環境に家は建っていましたが、何の音もしないというのはそれまでありません。
おかしいと思い、ちょっと泣きそうになっているとまた電話が。
「母親だ」と直感的に感じた私はすごい勢いで電話に出ました。
するとまた男の声で「やっぱりxxxx(声が籠もりすぎて聞き取れない)戻すね」と言われた刹那、頭の中に「パチン」という音が響き渡りました。
一瞬なんだこれは?と思っていると、いつの間にか窓の外は明るく、近所で車の走る音などの騒音が聞こえていることに気が付きました。
しかも時計まで戻っています。頭の中はもうパニック。
そして、程なく母親が帰ってきたのですが、その時間が最初にあった電話からちょうど20分後なのです。
私はわけもわからず、とりあえず安心したのか大泣きしてしまいました。



431 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 23:01:35 ID:+Xk9hgQN0
>354
頭の中でパチンという体験はある種の薬やったやつに多い
素で音がするやつもいるんだな



438 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 05:12:37 ID:18+TKI5rO
>>431
俺鳴る
ガギン!て金属音か、ベシ!って生木をへし折る音
あと最近はシューって鳴る
頭の血管が霧吹きしてるような音
うざくてたまらんよ



439 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 05:57:24 ID:JkXJqFTKO
>>438
私も ノシ
何かの電源が切れたみたいに「ブチッ」って
いっそ本当に電源切れたらいいのに



452 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 13:01:01 ID:IyRJyvLtO
脳の血管キレてるんじゃね?
俺もふられた直後にあまりのショックでブチってなった





編集元:【これマジ】不思議な現象体験談
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172792323/

草加よりキモい 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


464 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 01:12:21 ID:oqCF17H+0

俺も友達の内10人くらい創価だった。
かなり仲良かったから、正直どうしようって。
最後には「お前も入れよ」ってそいつらに言い寄られる始末…orz
最終的には友達に借りてたサウンドホライズン?の黒の教団って奴に入ってることにして、
俺:「え、あー。うち黒の教団だからダメだわー。」
相手:「何ソレ?キリスト教の何か?」
俺:「いや、近いけど…。黒の予言書の総体であるクロニカ様を心から信仰し、
世界に終末を齎す為に予言を改竄しようとする者共を排除していくんだよ^^

って。引いてたwww最後にお前ら入らない?って押してみたけど逃げてたw
そしたら、もう俺の前で宗教の話とかしなくなったぜwwww

自分で架空の宗教作って自分がその宗教の熱心な信者と思わせたら、相手結構引いてくよ。
調べられたら終わりだけどwwwww



465 :本当にあった怖い名無し:2008/01/04(金) 01:21:07 ID:H1mwkFZjO

>>464
その話が創作じゃなかったら、草加よりキモい





編集元:創価学会はオカルトなんてもんじゃない
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1197725030




FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。