2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無神論者が神を自覚させられた話 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ洒落コワ傑作選です。

神託

802 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:11:07 ID:HdsLqKzQ0

無心論者が神を自覚させられた話

床から突き上げるような音と、上下にがくんとゆすぶられる感覚。
目の前の電車の全面の硝子にピンク色や赤い滴が飛び散って。
運転手が電車をとめたあと両手で頭を抱え、運転席と乗車席の間を塞ぐ扉伝いに、
「うぁあ」
と呻く声が聞こえた。
小さい何か変な機械をいじっていた母親が、
乗車席の中を覗きこんでいた子供が泡を吹いて倒れて、泣き叫んだ。

小さい頃からこの夢を何度もみた。

小さい頃は単なる怖い夢。
大きくなるにつれて、妙なリアリティに悩み。
高校の頃、電車の人身事故の際の話というのを収拾してみると、
どうも本当に、人間を轢き潰した時の電車というのは、
上の描写であげたような状態になるらしい。

見たことも聞いたこともない事の筈、であれば正夢なのか?という問いは自然に浮かんできた。
或いは記憶に残らないような幼い頃遭遇していたのか。
どちらにしても、ただの夢だと考えるのは無理な話だった。



【“無神論者が神を自覚させられた話 ”の続きを読む】
スポンサーサイト


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。