2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加奈 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


哀しい初恋


47 本当にあった怖い名無し sage 2007/07/13(金) 00:20:37 ID:03rSqLFyO

先日中学校の同窓会があり、当時の俺のクラスではタブー化された話が話題になりました。携帯なので何度かに分けてお付き合い下さい。

中学校で同じクラスだった加奈(仮)と言う子が居た。活発で勉強も良く出来る可愛い系の子だった。まあ俺の初恋の人だった。
三年の夏休みに学校の図書室に行った時、偶然にも調べ物をしていた加奈が居た。
図書室には俺と加奈しか居なかった為、進路について話したり雑談したりしながらお互い自分の作業をした。
俺はクラスの友達には言ってなかったが親の仕事の関係で東京の高校に行く事になっていたので加奈にそう打ち明けた。
「そうなんだ、寂しくなるね」加奈は少し悲しそうな顔をして俺を見た。
好きな子にそんな顔されて多分舞い上がると言うか逆上せてしまったんだと思う。
その場で告白してしまった・・・。
結果ははぐらかされてしまったが、東京に行っても手紙しようね的な仲までは進展した。

夕方になり、途中まで一緒に帰宅。とその帰り道、加奈が忘れ物をしてしまったと言い一人で学校へ戻る事に。
別れ際、加奈が言う。
「弘ちゃん(俺・仮)の事、私も好きだよ」
本当に嬉しかった。今にも踊りだしそうなくらい浮かれて俺は帰宅した。

これが加奈と交わした最後の言葉になるとは思いもしなかった。


【“加奈”の続きを読む】
スポンサーサイト

私の尊敬する科学者は大槻教授だ。 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


大槻教授


50 :理系の男 :03/02/18 16:31

私の尊敬する科学者は大槻教授だ。
私は大学院を卒業し宇宙開発事業団に入る。
こっくりさんは信じない不覚筋動によるもである。
デジャブーが旅行先で起こりやすい事も心理学的に証明できる。
金縛りは肉体の疲労と精神のバランスが崩れた時に起こり易い。
決してオカルトではない。



51 :理系の男 :03/02/18 16:32

そして、今!私の部屋の窓から見える
公園のブランコ・・・
真夜中に誰かがブランコをこいでいる・・・
右端のブランコだけ誰かがこいでいる・・・
間違い無く立ちこぎしている・・・
外灯の灯でブランコの底板がはっきりと見える。

私は一度目を閉じて充分、眼を湿らせて再び眼を開けた。
やっぱり誰かがブランコをこいでいる。
底板の上に両足が乗っている。
小さな子供の両足がはっきりと見える。
ぶらんこの鎖もよく見ると立ちこぎしているので
心なしか手で握る部分で「く」の字に折れている
そして
ひざから上は、こいでいる子供の体では無く
公園の向こう側のセブンイレブンの明かりがはっきり見える。



52 :理系の男 :03/02/18 16:32

私の尊敬する科学者は大槻教授だ。
私は大学院を卒業し宇宙開発事業団に入る。
こっくりさんは信じない不覚筋動によるもである。
デジャブーが旅行先で起こりやすい事も心理学的に証明できる。
金縛りは肉体の疲労と精神のバランスが崩れた時に起こり易い。
決してオカルトではない。
私はマジナイの様に何度もこの言葉を繰り返している。





編集元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
part28より



*関連記事:大槻教授になぜそんなに否定するのか聞いたら

地下の井戸 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


地下の井戸

902 本当にあった怖い名無し 2008/01/21(月) 00:52:13 ID:wohjQNUp0

これを書いたら、昔の仲間なら俺が誰だか分かると思う。
ばれたら相当やばい。まだ生きてるって知られたら、また探しにかかるだろう。
 でも俺が書かなきゃ、あの井戸の存在は闇に葬られたままだ。だから書こうと
思う。文章作るの下手だし、かなり長くなった。しかも怪談じゃないから、興味
の湧いた人だけ読んで欲しい。


【“地下の井戸”の続きを読む】

巨頭オ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


巨頭オ


882 本当にあった怖い名無し 2006/02/22(水) 11:20:29 ID:rndLxfFV0

数年前、ふとある村の事を思い出した。
一人で旅行した時に行った小さな旅館のある村。
心のこもったもてなしが印象的だったが、なぜか急に行きたくなった。

連休に一人で車を走らせた。
記憶力には自信があるほうなので、道は覚えている。
村に近付くと、場所を示す看板があるはずなのだが、
その看板を見つけたときあれっと思った。
「この先○○km」となっていた(と思う)のが、「巨頭オ」になっていた。
変な予感と行ってみたい気持ちが交錯したが、行ってみる事にした。
車で入ってみると村は廃村になっており、建物にも草が巻きついていた。

車を降りようとすると、20mくらい先の草むらから、
頭がやたら大きい人間?が出てきた。

え?え?とか思っていると、周りにもいっぱいいる!
しかもキモい動きで追いかけてきた・・・。
両手をピッタリと足につけ、デカイ頭を左右に振りながら。

車から降りないでよかった。
恐ろしい勢いで車をバックさせ、
とんでもない勢いで国道まで飛ばした。
帰って地図を見ても、数年前に言った村と、
その日行った場所は間違っていなかった。

だが、もう一度行こうとは思わない。





編集元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
part121より


生い立ちに関する三つの話 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


生い立ち


116 本当にあった怖い名無し 2008/06/08(日) 12:14:33 ID:i04V8bz/O

 
体験談というより、俺の生い立ちの話。
ばあ様に聞いた話だからはっきりとはしなくてごめん。


俺の家は元々、壇之浦で生き延びた平家の家臣の末裔で、その中でも占いとか祈祷とかを専門にしていた一族。
その影響か、代々お寺の住職を副業としてやっていた。
 
俺の父親は9人兄弟の末っ子で、俺も3人兄弟の末っ子。
言い伝えだと一族の末っ子は何かとヤバいものを背負って産まれてくることが多かった。
そしてそれを祓ったりするのが父親の役目だった。
俺の親父の時も大変だったらしい。
 
 
蝉の鳴き声が煩い7月のある暑い日、俺が母親のお腹に宿ったことをじい様に報告しに行ったんだが、報告の前にじい様が母親に言った。

「〇〇さん(←母親ね)、お腹に赤ちゃん居るやろ?この子は生まれたらいかん。酷なこと言うけれど、この子を産んだらうちの一族が絶えるかも知れん。」

みたいなことを何度も何度も言われたらしい。
うちのじい様、すごく怖かったらしくて誰も反論なんて今までしなかった。でも母親はじい様に向かってこう言った。

「なら離婚してでも私はこの子を産みます。この子は私の子供です。」


【“生い立ちに関する三つの話”の続きを読む】

ハンバーガー 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


ハンバーガー


407 サルベージマン ◆Nwws3JYmzE sage 2008/06/13(金) 01:06:54 ID:fE6VpE7L0

48 名前:そーやー[sage] 投稿日:2008/06/12(木) 01:25:28 ID:Dc1+2+Na0

大学サボッて家でゲームしてたら、友達(Y)からメールが来た。

「やべぇよ!すげぇの見た!!この興奮をおまえにも分けてあげたい!」

とかこんな文面だった。
どーでもよかったけど、とりあえず「何があったの?」って返信したら
「会って直接話したい。電話やメールじゃだめだ」
みたいな返事が来たので、暇だったし会うことにした。
場所はYが「腹減った。マック食いたい」と言ったのでマック。

で、俺のほうが先にマックに着いて、Yを待つことにした。
しばらくするとYが来たけど、何故か顔面蒼白。
しかも、人が食ってるチーズバーガー見て
「そういうことか…」
と呟いて座りもしない。

何だか様子がおかしいので、落ち着いて話を聞こうと思って
「とりあえず、何か頼んでくれば?」
と言ったら、突然
「ハンバーガーなんて食えるわけねーだろぉが!!!!!」
とYブチ切れ。
てめーが食いてーって言ったんだろうが!!!
とキレそうになったけど、そこは抑えて
「何があったんだよ」
と冷静に聞いてみると、今度は
「俺が悪かったんだよな。もうヤバい。ヤバいんだよ。」
と半泣き。なので
「俺とメールした後、何かあったのか?」
と聞くが、無言。
こっちも何も言わずに黙っていたら、そのうちポツリポツリとYが話始めた。


【“ハンバーガー”の続きを読む】

足らないの、これじゃあ足らないの 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ洒落コワ傑作選です。


ばあちゃんが語る話


712 本当にあった怖い名無し 2008/06/18(水) 14:09:22 ID:K7tsm01b0

絶対にばあちゃんが教えてくれなかった怖い話。
俺は怖い話が好きでよく「ばあちゃん怖い話して」って子供の頃しょっちゅう言ってた。
ばあちゃんはまた話し上手でたくさん怖い話をしてくれた。
ある時俺が「ばあちゃんが知ってる中で一番怖い話を教えて」って言ったら
「それはだめだ」って言われた。
俺は、ははあ怖がらせようとしてるんだな、と思ってねだったら
「話したくない事だってあるんだよ!」と怒鳴られた。
ばあちゃんが怒鳴ることなんてあんまりないから俺ちょっとびびって
そのままになってたんだ。
でついこの間ばあちゃんがふと「怖い話、してやろうか」って
ぼそっと言うんだよ。


俺のばあちゃん、昔、某ホテルの支配人だったんだ。
あんまり名前は出したくないが、火災、で有名なとこな。


【“足らないの、これじゃあ足らないの”の続きを読む】

京都での出来事 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


京都での出来事

784 京都での出来事1 2008/06/18(水) 21:01:52 ID:Rv22mhns0

俺が体験した実話(脚色なし)。結構長文です。
多分忌むものが終わったと思うから語る。文才ないので結構グダグダです。
これを読んだ人は同じ事をしない事を願う。
10年前の8月中旬俺が大学生だった頃の話。
友人をAとする。
俺は学科の歴史研究で京都のとある神社を題材に選んで、当時腐れ縁であった友人Aが
京都の学校に通い一人暮らししていたのでそいつに頼んで同行してもらった。
その理由として移動の際の車調達と一日で終わるわけは無いのでそいつの家に
泊り込んで宿泊代を浮かそうと言う典型的なものである。
(俺は神戸の大学に通っていて貧乏学生であった)。

1日目。晴れ
準備をして神戸を午前中に出発して京都に向かう。
途中大阪で寄り道してたので到着したのは夕方あたり。

Aと合流。
「よう久しぶり」などとたわいもない言葉を交わしながら俺はAの車に乗り込む。
Aは周りから見ても結構人に頼りにされるタイプの人間で世話好きでもある。
さらになぜ一流大学にいかずに普通の所で甘んじているのかも分からないくらい物知りな奴だった。
Aのその性格から京都の神社研究の同行を引き受けてくれたのだと思う。

今思えばAはその時俺の依頼を受けずに夏休みなのだから
帰省していればこれから起こることは起こらず何事もなかったのだと思う。


【“京都での出来事”の続きを読む】

ああ、婆ちゃんが最後に会いに来てくれたんだ。って思った。 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


がさがさ


109 本当にあった怖い名無し sage 2008/06/08(日) 10:57:27 ID:nKcBN+8r0
流れが止まったんで
長いけどごめん。ネタだと思って聞いて。
4年位前の話。俺が高2のとき、婆ちゃんが死んだ。
脳溢血っていうので、一回倒れて、そのまま病院から帰ってこなかった。
お通夜では俺が別れの言葉を言わせてもらったんだけど、せっかく寝ないで考えた原稿も
しゃくりあげて結局上手く言えなかったのが凄い心残りだった。
それでその日の夜は俺の親父が蝋燭番(?)をしなきゃいけない日だったんだけど、
親父は次の日の準備とか病院の片付けとかをやらなきゃいけなかったらしくて、
親戚もそこまで気が回らなかったのか代役を立てずに蝋燭番なしでその夜を過ごしたんだ。
でもまぁ実際蝋燭の火が消えるか消えないかでそんな大事にはならないし、
夜通し起きている人もいるので火事の心配はないだろうと言うことだった。
次の日、その日は葬式だったから朝から大忙しだった。母ちゃんとか女の人たちはみんなで料理を作ってるし、
俺は親戚の子供をまとめて監視する役だった。
葬儀事態は何の滞りもなく終わって、参列者の方たちに帰ってもらったあとはみんなで飯を食った。
でも俺だけはどうしても食欲がなくて、家族たちが今で夕食をとっている間ずっと婆ちゃんの棺桶の横で泣いてた。


【“ああ、婆ちゃんが最後に会いに来てくれたんだ。って思った。”の続きを読む】

箱の中の少女 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


箱の中の少女


636: 631:1/5 :03/07/03 18:07

十年以上前の話です。当時、私の祖父は腕の良い建具職人でした。
私はそんな祖父の仕事ぶりを眺めるのが好きで、よく仕事場に出入りしていました。

その日、私はいつものように祖父の家を訪れ、落ちている木ぎれを拾って遊んでいました。
目の前で、祖父が作業台の前に座って黙々と仕事をしています。
ごつい手が器用に動いて、木を削ったり部品同士を組み合わせたり、
その技の冴えに、私はしばし遊びの手を止めて見とれていました。

しばらくして、妙なものに気づきました。
祖父の背後の壁に、使い込まれて黒光りする木の板が何枚か立てかけてあったのですが、。
その板と板の隙間からおかっぱ髪の少女の顔が覗いています。
板と壁の隙間から顔の右半分を出して覗いているような格好で、体は見えません。
白い顔の半分だけが、暗い部屋の隅にぽつんと浮かんでいるように見えました。


【“箱の中の少女”の続きを読む】

悪魔の最大の目的 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


150 本当にあった怖い名無し 2007/05/25(金) 05:05:27 ID:YqmY+fAJ0

まとめて書いてから貼ろうと思って頑張って書いてたら、こんな時間じゃねーかw
昼からバイトなのに…

今から五年程前、俺が工房だったころの話をしますよ
俺の家は教会で、親父が牧師をやってる
まあ俺はそんな真面目にキリスト教を信じてたわけではないんだけど
でも、五年前にあれを経験してからは、少し信心めいたものを持つようになったかもしれない
そのきっかけになった出来事を、書くことにしますよ

たぶん長文になる+駄文になると思われるけど、まあ暇だったら読んでください


【“悪魔の最大の目的”の続きを読む】

追いつけない 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です。


925 サルベージマン ◆Nwws3JYmzE sage 2007/05/20(日) 13:14:11 ID:5/DXmDkn0

162からの救済コピペ1-2
839 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/05/20(日) 11:24:39 ID:7zHYFaN30
前にVIPに立ったスレなんだが、これ結構怖い



さっきコンビ二行って来たんだけど、ここ結構田舎でちょっと歩いたら速攻で田舎になっちゃうんだけど
和服姿の髪の長い女が俺の前を歩いてたんだよね。下駄履いてた
で、帰る方向が同じなもんだからずっと先を先導される感じで、歩いてたんだ
でもおかしいんだよ。相手はさあ、明らかに一歩一歩の歩幅が短くて歩くペースも俺に比べかなり遅いはずなんだ
しかも下駄履いてんだぜ?それなのに最初から俺と女の距離がずっと一定なんだわ

10M先位をずっと延々と歩いてる訳。明らかに奇妙な光景に俺思わず逆走して逃げてきちまったw

あれなんだったんだ。これだけは断言できる。100%人間じゃなかった
ビデオの早送りを見てる感じだった、対象が早い訳じゃなくてそいつ限定の空間が早送りで流れていく感じ
頭が本当にどうにかなりそうだ



840 :本当にあった怖い名無し[] :2007/05/20(日) 11:27:16 ID:7zHYFaN30

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] :2007/05/14(月) 13:42:14.64
>>97
丁度そんな感じだな、異変に気付くまではず何の疑いもなく
「ああ、あの人綺麗な髪してるなあ。着物美人って良いよな」
程度にしか思ってなかったんだけど、こう、やっぱり歩いてると変な闘争心起きて来て
「こいつ追い抜いてやろう」って無意識に思って早歩きで追い越そうとしたんだけど全然距離が縮まんないんだ
相手はずっとスローなペースで歩いてるだけなのに、あの下駄の「コンコンコン」って音がまだ耳に残ってる

ちょっとマジでお払い行くわ。マジで



926 サルベージマン ◆Nwws3JYmzE sage 2007/05/20(日) 13:17:22 ID:5/DXmDkn0

162からの救済コピペ1-2

841 :本当にあった怖い名無し[] :2007/05/20(日) 11:28:48 ID:7zHYFaN30

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] :2007/05/14(月) 13:51:49.39
ちょっと聞いてくれ、その女のイメージとしてはあれ
あのハンタでキルアの母ちゃんいるじゃん?あれに近い感じ
今家一人だから小便も行けない



238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] :2007/05/14(月) 14:18:40.52

どうなってんだよ!俺のPC!イライラするなあ
IEが使えないんだ、どうなってんだふざけんな



247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] :2007/05/14(月) 14:21:42.22

ああ、これマジでやばいわ。俺死ぬかも知れん
今完全に回線落ちてんのに、専ブラからここ来れる
これどうなってんの。無線LAN使ってるんだが、もう変になりそうだ。お前らも気つけろよ
なんかマジでやべー



258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] :2007/05/14(月) 14:26:10.18

なんか怖さとかもう無くなったわ。完全に今俺の周りはおかしい事になってる
向こうの部屋から洗濯機みたいな音聞こえるし。何もしてねえのに食ってたナポリタンは床に落ちてるし
もうダメだ、何かもうダメな気がする。





編集元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
part165より


明晰夢 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ洒落コワ傑作選です。


明晰夢

15 : ◆nWGcrqn3AM :02/10/23 16:06

このスレのPart1にあったような夢の話ですが、
おれも同じようなことができる一人です。まあつまりは明晰夢を
見ることができるということですね。
寝ていて夢を見ないということはほとんどなく、そのうち三回に
一回ぐらいは確実に夢の中でこれが夢だと気づくことができます。
慣れて来るとある程度コントロールできるようになり、
誰でも思い描くような空を自由に飛んだり、意識した場所に
無条件にテレポートすることができるようになってきました。
おれの場合は子供の頃から夢の内容をほとんど記憶していて
一時期は夢日記のようなものまでつけていたことがあります。
どうしてそんなことをするのかというと、いわゆる既見感(デジャブ)
が起こったときにそれを記録していると、その内容を改めて
見かえしてみると単純に楽しいからです。
そしてそれと同時に、「やはり運命というものはあるんだな」と
実感していました。過去に見た夢が数ヶ月、もしくは何年か経って
実現するのだとしたら、それは変えられないことに思えるからです。



16 : ◆nWGcrqn3AM :02/10/23 16:06

しかし、やはり不安なこともあります。明晰夢じゃない状態、つまり
普通に夢を現実だと思っている状態で自分自身が死ぬ、という夢を
見たときです。もし、これが同じ状況で既視感が起こったとしたら
それはもう変えられないからです。とても恐ろしく思えます。

そして前置きが長すぎましたが、今回はその明晰夢の中での話です。
今まで見た中であの出来事が一番不思議でした。それをお話します。


【“明晰夢”の続きを読む】

すがすがしい自殺 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人の選ぶ洒落コワ傑作選です


すがすがしい自殺


325 : 本当にあった怖い名無し 2006/08/03(木) 17:46:17 ID:IbNBrz1b0

俺、会社から自宅まで徒歩5分のマンションの4階に住んでてさ
毎日昼飯食いに家に帰ってるのな。
仕事も区切りついたから昼にすっか~、と思いチャリで帰宅
階段の前にさ自転車止めてトントントン~2段飛ばしで上ってたのよ
2段飛ばししてるから下見てるじゃんだから階段の踊り場に人いるの気づかないでさ
軽くぶつかりそうになったのねwそしたらさ相手の人もさ、妙に驚いてたのよwww
もうさ小学生ばりの階段の上り方だったし、相手の人のビビリ方も尋常じゃなかったから
自分の中でかなりウケテさwww、笑いながら「ごめんなさ~い♪」なんて言ったのよ。
向こうの人も笑って「イエイエ此方こそ~」みたいな物凄く和やかな雰囲気だったの。



326 : 本当にあった怖い名無し 2006/08/03(木) 17:46:47 ID:IbNBrz1b0

そんで昼飯食い終わってさ。会社にまた行くんで、これまた軽やかに階段を下りていったらさ
下に人が倒れてんのに気付いてさ、階段から少し身を乗り出す感じで見たら
さっき、ぶつかりそうになった人なのよ。しかもさ仰向けで倒れててさ必死に唸ってるの。
足なんか片一方が体に埋まってる感じで短くてさ。
急いでさ下に降りていってさ「大丈夫か??」なんて言っても「うぅあうぅうぅうううぅぅぅぇ」みたいな言葉しか返って来なくて
すんげぇー焦っちゃってさ携帯もってんのに直ぐに119に電話しないで管理人呼びに行っちゃったw。
管理人に飛び降りあった事と救急車呼んでくれって事を伝えて、直ぐに戻ってさ一緒に横に居てあげたのな。
でもなにしていいのかわからないし、ただなんとなく横に居たらさ、さっき、ぶつかりそうになった時のやり取り思い出して
彼女の笑顔なんかも思い出しちゃってさ「なんで飛び降りちゃたたんだよ…」って言った瞬間



327 : 本当にあった怖い名無し 2006/08/03(木) 17:47:36 ID:IbNBrz1b0

なんて言えばいいんだろ?究極の感情移入?彼女の感情だけわかるって感じかな?
もうめっちゃ悲しいやら、悔しいやらなんて事になっててさフッって気付いたら涙ボロボロになってて、
そんで彼女みたら死んでた(恐らくね)。でもな何か顔がすんげぇー優しい顔になっててさ。
嬉しかった。正直なんか嬉しかった。

うちのマンションさ自殺結構多いのよw自殺多すぎて 自殺=ウザイ って方程式だったんだけど

今回はなんか違う。不謹慎に聞こえるかもしれないけど、物凄くスガスガしいってのかな?
きっと彼女も俺と同じ気持ちで最後迎えたと思うよ。
言葉には出来ないけど、死という物の見方がかわったよ。

彼女にありがとうと伝えたい。


ウハッ!読み直したらかなり馬鹿っぽい文だwwwwwww





編集元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
part138より


悪魔の書 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


752 その1 New! 2006/05/09(火) 15:24:19 ID:vLr5R34S0

昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が厨房の時の話。親父が教会の神父やってたの。
神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。
まぁ俺なんて信心深いほうじゃないし、一家の
決まり事と言えば、食事の前に軽く祈るくらい。んで割と平穏な日々が続いてた。

ある日、姉貴がアンティークショップでファッション雑誌くらいの大きさの、
古書を買ってきたんだ。この姉貴が結構なオカルトマニアで、その手の物に目がないわけ。
何か買ってくる度に親父は、
「聖職者の娘がこんな趣味に走って洒落にもならん」
的な事を愚痴ってたんだ。中には数点、結構やばい物もあったらしく、親父が
「これは今すぐ返して来い、処分しろ」
と注意する事も度々あった。
今回買ってきた物も、どうやら洋書のオカルトめいた本らしかったんだ(姉貴は英語堪能)。


【“悪魔の書”の続きを読む】

ひき逃げ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ、洒落コワ傑作選です。


ひき逃げ

449 :449 :03/01/24 18:21

その横断歩道は歩行者が少ないってんで普段は車道の信号は点滅なのね。
そんでボタン押して待ってたら車道の信号が赤になって、横断歩道の信号が青になる。
だけどその点滅信号ってめったに赤になることなんてないから、点滅になれた車が
よく事故おこしてたんだよね。
そんでそのひき逃げ事件もおこった。お母さんとその子供も即死だったらしい。
暗くなったばかりのころにもの凄いスピードでひかれたらしくて、
お母さんは頭が割れて脳ミソが飛び散ってて、頭がグチャグチャ。
なんでも顎から上が取れちゃったみたいになってたらしい。
子供(3才くらいだったかな?)も車の下に入り込んでしまって
後輪に頭を踏まれて頭が潰れた状態だったそう。
後で事故現場行ったら横断歩道の白いとこに血の跡すごい残ってた。
その後、親子をひいた車が見つかったんだけど盗難車で
結局犯人は見つからなかった。それが7~8年前の話。オレが高校生のころ。


【“ひき逃げ”の続きを読む】

無神論者が神を自覚させられた話 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ洒落コワ傑作選です。

神託

802 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:11:07 ID:HdsLqKzQ0

無心論者が神を自覚させられた話

床から突き上げるような音と、上下にがくんとゆすぶられる感覚。
目の前の電車の全面の硝子にピンク色や赤い滴が飛び散って。
運転手が電車をとめたあと両手で頭を抱え、運転席と乗車席の間を塞ぐ扉伝いに、
「うぁあ」
と呻く声が聞こえた。
小さい何か変な機械をいじっていた母親が、
乗車席の中を覗きこんでいた子供が泡を吹いて倒れて、泣き叫んだ。

小さい頃からこの夢を何度もみた。

小さい頃は単なる怖い夢。
大きくなるにつれて、妙なリアリティに悩み。
高校の頃、電車の人身事故の際の話というのを収拾してみると、
どうも本当に、人間を轢き潰した時の電車というのは、
上の描写であげたような状態になるらしい。

見たことも聞いたこともない事の筈、であれば正夢なのか?という問いは自然に浮かんできた。
或いは記憶に残らないような幼い頃遭遇していたのか。
どちらにしても、ただの夢だと考えるのは無理な話だった。



【“無神論者が神を自覚させられた話 ”の続きを読む】

邪視 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ洒落コワ傑作選です。

邪視

696 その1 sage 2008/01/17(木) 21:36:23 ID:U3a23e/90

これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(と言ってもまだ当時30代)の別荘に遊びに行く事になった。
本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。
小さい頃から仲良くしてもらっていたので、俺は喜んで遊びに行く事になった。
叔父も俺と同じ街に住んでおり、早朝に叔父が家まで車で迎えに来てくれて、そのまま車で出発した。
叔父は中々お洒落な人で、昔から色んな遊びやアウトドア、音楽、等等教えてもらっており、尊敬していた。
車で片道8時間はかかる長旅だったが、車内で話をしたり音楽を聞いたり、途中で休憩がてら寄り道したり、本当に楽しかった。



【“邪視”の続きを読む】

ヤマノケ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?」より転載

167 1/3 2007/02/05(月) 22:47:31 ID:uuWi3n130
一週間前の話。
娘を連れて、ドライブに行った。
なんてことない山道を進んでいって、途中のドライブインで飯食って。
で、娘を脅かそうと思って舗装されてない脇道に入り込んだ。

娘の制止が逆に面白くって、どんどん進んでいったんだ。
そしたら、急にエンジンが停まってしまった。


【“ヤマノケ”の続きを読む】

後悔 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

死ぬ程洒落にならない話を集めてみない? より転載



今日ここで、私が9年前から苦しめられつづけている
後悔と恐怖の記憶を、この話しを見た人に、ほんの少しづつ、
持っていってもらえればいいな、と思い、ここにこうして書かしてもらいます。


【“後悔”の続きを読む】


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。