2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無神論者が神を自覚させられた話 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

*管理人が選ぶ洒落コワ傑作選です。

神託

802 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:11:07 ID:HdsLqKzQ0

無心論者が神を自覚させられた話

床から突き上げるような音と、上下にがくんとゆすぶられる感覚。
目の前の電車の全面の硝子にピンク色や赤い滴が飛び散って。
運転手が電車をとめたあと両手で頭を抱え、運転席と乗車席の間を塞ぐ扉伝いに、
「うぁあ」
と呻く声が聞こえた。
小さい何か変な機械をいじっていた母親が、
乗車席の中を覗きこんでいた子供が泡を吹いて倒れて、泣き叫んだ。

小さい頃からこの夢を何度もみた。

小さい頃は単なる怖い夢。
大きくなるにつれて、妙なリアリティに悩み。
高校の頃、電車の人身事故の際の話というのを収拾してみると、
どうも本当に、人間を轢き潰した時の電車というのは、
上の描写であげたような状態になるらしい。

見たことも聞いたこともない事の筈、であれば正夢なのか?という問いは自然に浮かんできた。
或いは記憶に残らないような幼い頃遭遇していたのか。
どちらにしても、ただの夢だと考えるのは無理な話だった。




803 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:11:30 ID:HdsLqKzQ0

JRのある駅を出発する時、扉が閉まった瞬間に背筋が凍りついた。
乗車席の中をのぞこうとする、背伸びした子供。
お母さんは携帯電話をいじりながら、子供をちら見していた。
この二人の顔に見覚えがあった。
子供はひくひく震えながら口からぽこぽこと泡を吹きこぼし、
親は髪をかきむしりながら半狂乱に叫びまわった人だ。
俺の夢(=未来?)の中で。

なんで自分がそのときまで、その親子に気づかなかったのかもわからない。
気づいてたら、下りてる。
俺は臆病な人間だし、スプラッタ映画ですら吐くのに、現実に目の前で、そんなことが起こったらどうなるか。
でも現実に、目の前にいたその二人にその時まで気づかず。
閉まった扉の向こうの景色がゆっくり後ろに流れていってしまってた。



804 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:11:55 ID:HdsLqKzQ0

俺は、未来を本当に見ていたんだと理解した。
俺がその電車に乗る所まではどうやら宿命だったと、諦めた。
そして、人が線路に飛び込むのも宿命だとしたら、
俺はもう逃げ隠れがきかないんだろう。
デジャヴュなんてものじゃない強い感覚。
知っている景色が運転席の向こうから迫ってくる。

俺は、その景色から逃げるように後ろを振り返ったんだが。
ニ両目、いや最後部を目指したいのに足が動かなかった。
俺は、見届ける事も俺の義務なんだなと把握した。
目を瞑るくらいの自由は許されているものかと目を瞑ってみたが、
簡単に出来た。
でもソノ時に出来るかはわからない。

ばくばくと跳ねるような心臓の音が、列車のがたごとに負けず耳に響いてくる。
ものすごい動揺状態におかれている自分。
回りの人が俺を不審者でも見るようにちら見した。
俺は、彼らにいますぐ後ろの車両に言いたかったが。
口は開いても音になりきらない呻きがこぼれるばかりだった。



806 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:34:27 ID:HdsLqKzQ0

景色の中のプラットフォームが拡大されるに従って。
俺は一番みたくないものをみた。
そのプラットフォームの手前に佇む一人の人間。
減速が少し急に訪れて、俺は前に少しつんのめって。
自分の意思によらず数歩よろめくようにしてあるかさされた。

結局、夢が現実に起こる寸前、
俺にできたのは子供の目を両手で塞ぐことだけだった。
つんのめったから手が届くようになった。
母親は、当然俺に対して罵詈雑言浴びせかけた。
まるで変質者だからな。
けど、事故が起こるや、俺の意図に気づいて。
俺が目隠しをし、母親が手をひいて、列車の外に出て、駅の改札口へと三人で向かった。



807 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 09:36:16 ID:HdsLqKzQ0

昔の人はこういうのを神託といったんだろうか。
自分の身に起こると確かに同意する。
その時になってみればそれを変えるのが困難に感じるほど、人間の尊厳-自由-が奪われる。
その宿命を企図した者の前では、人間の命なんて、たかだか電車に突っ込ませるぐらいの、
安っぽっちいものでしかないってことを叩き込まれた。
もちろん反抗もまったく無意味だってこともな。

あれは、悲劇を事前に知らされてた人間が、どのように足掻いて苦しむか。
それをショーとして観察するやつが描いた劇だったんだ。
まるでクイズ問題だったよ。
あれ(電車から降りる)はだめ、これ(後部列車に移動する)はだめ、最悪の結果から遠のくたった一つのチャンス(せめて子供にみせない)を探す。
唾棄すべきサディズムに満ち溢れた、加虐の背徳に満ち満ちた、クソッタレなショーだったろうな。
さぞ楽しんだこったろう。

以降、俺は無心論者だったが、有神論者にこれ以降鞍替えした。
ただし、カミサマなんてありがたいとはこれっぽっちも思わん。
そいつは、きっと既存の宗教のカミサマですらないんだろう。
宗教上の対立やら、それに纏わる悲劇なんてのは古代から現代に至るまで連綿と続いてる。
隣国じゃ2000年にはいってても虐殺を二度行ってる。
一方でヒューマニズムを歌い、ある所で非戦を歌い、ある所で精神の気高さを謳い。
しかし全体としては生産的活動が行えないどころか住処(地球)も冒す人間。
ショーの主役としてこれほどユーモラスでみじめな存在はないんだろうな。
カミサマのクズぶりには及びもつかないが。



812 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 10:14:46 ID:HdsLqKzQ0

カミサマ憎しで挑発してるんだ。
だからそういう風に見えるんだろうな、読み苦しくてすまん。
ただ、自己愛性的な意味合いはないことは信じて欲しい。
もしそうだったらもっと自分をかっこよく見せるように脚色してる。
自分を臆病だとか言わんし、何よりもまずその場から逃げ出す事を考えたことまで忠実に書いたりせん。


最後に宣伝させてくれ。
このカミサマはきっと笑うだろうが、新しい宗教をつくった。

信徒は俺一人。
入信すれば誰もが教団代表兼下っ端のわけ隔てない宗教。
聖職者とかの階級的なものは一切なし、教典もなし、お布施も払わなくていい。
ただしネット接続にかかる負担は信者個人の負担な。

信じる神は、良心。
良心は神の欠片で、人間なら誰しも神の欠片を抱いていると定義する。

教えは、ネットに問え。これ一つ。
悪行を懺悔したいならカソリックの懺悔室で、一人に打ち明ける安易な道を選ぶより。
ネットで公開して、数多くの神の欠片に許しを請おう。
善行を広めたいなら、肩書きまとって偉ぶって、権威付のための豪奢な建物で武装するより。
分け隔てのないネットで公開して、布施みたいな金銭授受がなくとも、神の欠片を刺激しあおう。

>>815に教団名は任せる。




815 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/01/06(日) 10:41:43 ID:otb1BZRvO

「神さま嫌い嫌い同盟」で略称「KKK」でどうでしょうか?








編集元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?
part185より


スポンサーサイト

タグ:洒落コワ 予知能力 神託 KKK

コメント

ワロタ

ヤメテ

文章がガタガタで何がいいたのやら

最後で吹いた

タグにKKKワロタ

きっときっと楓ちゃ(ry

KKD違うのと思うのはゆとりだからなのでしょうか

KKKwwwwww

KKKといえば、南北戦争時代の黒人差別の為の秘密結社名も、
KKKだったね。

きっときっとかえでちゃん!!

文章が少し下手ですね

後半のひとりよがり臭が酷い
前半も心情ばっかで情景がわかりにくくなってんだよハゲ

短編の私小説みたい
見えない、大きな、不条理な力を感じた時に
同じように思うことがある

>>815
なんというセンスwww

野暮だけど「良心こそが神」という>>1の唯一の信仰自体が結局はカトリックの教えなのなw

そこでそのネーミングwwwww

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/116-ca0048c9


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。