2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くねくねの謎に迫る! 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


1 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/09 16:02

情報求む




7 : くねくね田んぼ編 : 03/07/09 16:13
212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2001/07/07(土) 01:28

わたしの弟から聞いた本当の話です。
弟の友達のA君の実体験だそうです。
 A君が、子供の頃A君のお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。
外は、晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃でした。
せっかくの良い天気なのに、なぜか2人は外で遊ぶ気がしなくて、家の中で遊んでいました。
ふと、お兄さんが立ち上がり窓のところへ行きました。
A君も続いて、窓へ進みました。
お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、人が見えました。
真っ白な服を着た人、(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかったそうです)
が1人立っています。
(あんな所で何をしているのかな)と思い、続けて見るとその
白い服の人は、くねくねと動き始めました。
(踊りかな?)そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な
方向に体を曲げるのです。
とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。
くねくねくねくねと。
A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。
「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」
すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。
ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、
分かったようです。
「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、
お兄さんは「分かった。でも、分からない方がいい。」と、
答えてくれませんでした。
 あれは、一体なんだったのでしょうか?
今でも、A君は、分からないそうです。
 「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、
私は弟に言ってみました。
これだけでは、私も何だか消化不良ですから。
すると、弟がこう言ったのです。
 「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」




8 : くねくね : 03/07/09 16:14
759 名前:756(1/5) :03/03/29 19:18

これは小さい頃、秋田にある祖母の実家に帰省した時の事である。
年に一度のお盆にしか訪れる事のない祖母の家に着いた僕は、早速大はしゃぎで兄と外に
遊びに行った。都会とは違い、空気が断然うまい。僕は、爽やかな風を浴びながら、兄と
田んぼの周りを駆け回った。
そして、日が登りきり、真昼に差し掛かった頃、ピタリと風か止んだ。と思ったら、気持
ち悪いぐらいの生緩い風が吹いてきた。僕は、『ただでさえ暑いのに、何でこんな暖かい
風が吹いてくるんだよ!』と、さっきの爽快感を奪われた事で少し機嫌悪そうに言い放った。
すると、兄は、さっきから別な方向を見ている。その方向には案山子(かかし)が
ある。『あの案山子がどうしたの?』と兄に聞くと、兄は『いや、その向こうだ』と
言って、ますます目を凝らして見ている。僕も気になり、田んぼのずっと向こうをジーッと
見た。すると、確かに見える。何だ…あれは。



9 : くねくね : 03/07/09 16:15
761 名前:756(2/5) :03/03/29 19:19

遠くからだからよく分からないが、人ぐらいの大きさの白い物体が、くねくねと動いている。
しかも周りには田んぼがあるだけ。近くに人がいるわけでもない。僕は一瞬奇妙に感じたが、
ひとまずこう解釈した。
『あれ、新種の案山子(かかし)じゃない?きっと!今まで動く案山子なんか無かった
から、農家の人か誰かが考えたんだ!多分さっきから吹いてる風で動いてるんだよ!』
兄は、僕のズバリ的確な解釈に納得した表情だったが、その表情は一瞬で消えた。
風がピタリと止んだのだ。しかし例の白い物体は相変わらずくねくねと動いている。兄は
『おい…まだ動いてるぞ…あれは一体何なんだ?』と驚いた口調で言い、気になって
しょうがなかったのか、兄は家に戻り、双眼鏡を持って再び現場にきた。兄は、
少々ワクワクした様子で、『最初俺が見てみるから、お前は少し待ってろよー!』と言い、
はりきって双眼鏡を覗いた。



10 : くねくね : 03/07/09 16:15
762 名前:756(3/5) :03/03/29 19:20

すると、急に兄の顔に変化が生じた。みるみる真っ青になっていき、冷や汗をだくだく
流して、ついには持ってる双眼鏡を落とした。僕は、兄の変貌ぶりを恐れながらも、
兄に聞いてみた。『何だったの?』
兄はゆっくり答えた。
『わカらナいホうガいイ……』
すでに兄の声では無かった。兄はそのままヒタヒタと家に戻っていった。
僕は、すぐさま兄を真っ青にしたあの白い物体を見てやろうと、落ちてる双眼鏡を
取ろうとしたが、兄の言葉を聞いたせいか、見る勇気が無い。しかし気になる。
遠くから見たら、ただ白い物体が奇妙にくねくねと動いているだけだ。少し奇妙だが、
それ以上の恐怖感は起こらない。しかし、兄は…。よし、見るしかない。どんな物が兄に
恐怖を与えたのか、自分の目で確かめてやる!僕は、落ちてる双眼鏡を取って覗こうとした。
その時、祖父がすごいあせった様子でこっちに走ってきた。僕が『どうしたの?』と尋ねる前に、
すごい勢いで祖父が、『あの白い物体を見てはならん!見たのか!お前、その双眼鏡で見たのか!』
と迫ってきた。僕は『いや…まだ…』と少しキョドった感じで答えたら、祖父は『よかった…』
と言い、安心した様子でその場に泣き崩れた。僕は、わけの分からないまま、家に戻された。



13 : くねくね : 03/07/09 16:16
763 名前:756(4/5) :03/03/29 19:22

帰ると、みんな泣いている。僕の事で?いや、違う。よく見ると、兄だけ狂ったように
笑いながら、まるであの白い物体のようにくねくね、くねくねと乱舞している。僕は、
その兄の姿に、あの白い物体よりもすごい恐怖感を覚えた。
そして家に帰る日、祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。
あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か
経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』
僕はその言葉を聞き、大声で泣き叫んだ。以前の兄の姿は、もう、無い。また来年実家に
行った時に会ったとしても、それはもう兄ではない。何でこんな事に…ついこの前まで仲良く
遊んでたのに、何で…。僕は、必死に涙を拭い、車に乗って、実家を離れた。



14 : くねくね : 03/07/09 16:17
764 名前:756(5/5) :03/03/29 19:23

祖父たちが手を振ってる中で、変わり果てた兄が、一瞬、僕に手を振ったように見えた。
僕は、遠ざかってゆく中、兄の表情を見ようと、双眼鏡で覗いたら、兄は、確かに泣いていた。
表情は笑っていたが、今まで兄が一度も見せなかったような、最初で最後の悲しい笑顔だった。
そして、すぐ曲がり角を曲がったときにもう兄の姿は見えなくなったが、僕は涙を流しながら
ずっと双眼鏡を覗き続けた。『いつか…元に戻るよね…』そう思って、兄の元の姿を
懐かしみながら、緑が一面に広がる田んぼを見晴らしていた。そして、兄との思い出を
回想しながら、ただ双眼鏡を覗いていた。
…その時だった。
見てはいけないと分かっている物を、間近で見てしまったのだ。

『くねくね』 了




22 :エニグマスレよりコピペ 1 : 03/07/09 18:21
あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:33


どこに書いたらいいのか分かんないんだけど、ここに書かせてください。
誰に言っても曖昧な答えしかしてくれないので、ここなら誰かが俺に
答えをくれるかも。

小学4年生くらいのことなんだけど、親戚が水泳教室を開いていて、
そこの夏季合宿みたいなのに参加させてもらった。
海辺の民宿に泊まって、海で泳いだり魚を釣ったり山登ったりする。
小学生が十数人と、あとは引率の先生が男女あわせて4人くらいいた。
俺は同年代のいとこがいたせいで、すぐに他の生徒ともうちとけ、1週間
毎日楽しく過ごした。

その最終日前日のことだったと思う。
運悪く台風が近づいてきているということで、海でも泳げず俺たちは
部屋でくさっていた。
みんなは部屋で喋ったりお菓子食べたりテレビ見たりしてたが、俺は
目の前の海を、民宿の2階の窓からぼんやりと眺めてた。
強風で物凄い高さの波がバッコンバッコンやって来るグレーの海。



24 :エニグマスレよりコピペ 2 : 03/07/09 18:26
あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:33


なんだあれ?
思わず声が出たのかもしれない。
気がつくと後ろにKちゃんもやってきて一緒に窓の外を見ていた。
2つ上の6年生で、虫取りが上手な奴だったと記憶している。
「え、あれ・・・」
Kちゃんも浜辺のそれに気がついたらしく、目が大きく見開いている。

荒れ狂う海のすぐそばを、白いモノが歩いてくる。
歩いてくる? というか移動してくる。
男か女かも分からない。
俺は近眼なんで良く見えない。
服とか着てるようには見えないんだけど、全身真っ白だ。
真っ白のウェットスーツ? そんなものあるのか?
動きはまるでドジョウ掬いをしているような感じで、両手を頭の上で
高速で動かしている。



25 : エニグマスレよりコピペ 3 : 03/07/09 18:26
あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:33


俺の真後ろで突然やかんが沸騰した。ピーーーーーーーーーー!
いや、ちがう。Kちゃんの叫び声だった。
引率の先生が飛んできた。
Kちゃんは何回もやかんが沸騰したような音を出して畳をザリザリと
はだしの足でこすって、窓から離れようとしていた。

その後引率の先生と他の先生とがKちゃんを病院に連れて行った
ような気がする。
その日はみんな怖くなって布団をくっつけあって寝た。
Kちゃんは戻ってこなかった。



26 :エニグマスレよりコピペ 最後 : 03/07/09 18:27
あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/14 19:34


数年後親戚の集まりでいとこと会ったので、その夏の事を聞いてみた。
いとこは何故か露骨に嫌な顔をした。
Kちゃんはストレス性のなんとかで(脳がどうとか言ってたかな)その後すぐに
水泳教室をやめたらしい。
水泳教室自体も、夏季合宿の類を中止したそうだ。
Kちゃんは何を見たと言っていた? 俺が聞きたいのはこれだけなんだ
が、どうしても聞きだせなかった。

俺は、その夏季合宿の後すぐ眼鏡をかけるようになった。
でも今でも、その夏季合宿の時に眼鏡をかけていたら・・と思う。
Kちゃんは一緒に森を探索したときに、木に擬態しているような虫も
真っ先に見つけるほど目が良かった。
Kちゃんはきっと、その浜辺で踊っていたモノ(踊っていたとしか言い様が
ない)を、はっきりと見てしまったに違いないんだ。




27 :さらにこういうレスもあった : 03/07/09 18:31

■エニグマスレよりコピペ■
あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/07/02 01:52

>白くてくねくね
昔ワイドショーで湖面を走るなぞの物体が写った写真を取り上げてた。
当時はオカルトとして扱われれば何でも怖かったので何が写っているのか
分からない写真なのに怖がった。
で、何が写ってるか分からない写真なんで拡大し、
それをイラストにしたものが出たが、
人型で全身白いが顔は楕円でオレンジ?かなんかだった。
こういう物が、泳ぐではなしに、水上を走ってたって。
それ以外情報聞かないね。このネタ。




44 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 00:50
くねくねが気になってしょうがない。
以前、バイト先でお世話になった人が秋田の田舎出身で一か八か「くねくねって動く白い物体って見たことあります?」と前に聞いたことがあるんだが、シカトされました(´・ω・`)その後メールで聞いてもシカト。
知ってるのか知らないのやら



45 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 01:08

>>44
かわいそうに、基地外だと思われたんだな・・



60 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 02:20

アカ・マナフの可能性



61 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 02:26

>>60
ペルシャ神話かよ
俺は、クトゥルフ系だと思ったんだが




64 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 03:28
僕も小さい頃に白い変な物見たことある
うちのベランダから見える山の斜面になんか白いものが4個か5個ぐらい浮いてた
でもすっごい遠かったから何かは分からない
姉ちゃん呼んできて一緒にみたけどやっぱりわからない
とりあえず白いボール?みたいなのは確かにいた。くねくねはしてなかったけど
双眼鏡があったらなー、見えたのに




67 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 07:52
803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ sage :03/07/03 (木) 13:50

数年前受験旅行で神奈川県の海沿いのホテルに泊まった。
深夜に窓から海を見たら砂浜を人が歩いてる
何か白く光ってて歩いてるように見えるんだけど何分たっても同じ位置にいる
キモチワルイから見るのやめた。
次の日の夜エレベーターで4階にあがろうとしたら3階で止まった
誰もいなかった。ってのをクネクネ話で思い出した。




83 :エニグマからコピペ : 03/07/10 14:36
274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/22 15:28


洒落にならないくらい怖い話スレに書き込むべきか迷ったけどこっちに。
小さい頃、両親と東北に旅行した時泊まった民宿の窓から妙なものを見た。
最近になってテレビでゴム男の話を見て、ああ、あの時見たのはコレかなぁと
思ったんだが…

ずっと遠くの波の上でくねくねしている白い何か。
ガキだったから「イカ男ハケーン」とか思って親を呼びに行き、戻ってみると
いなくなってたんだが…
波間に発泡スチロールが浮かんでいただけだと思いたい。
でもそれは人間に似てた。思い返したくないけどちょくちょく上がってる例の話そっくりなんだよ。

何かの拍子でそれが何なのか理解できてしまったらと思うとすげえ怖い。
俺はゴム男だと思ってオカ板に来たのに。




90 : あなたのうしろに名無しさんが・・ : 03/07/10 15:51
でも、くねくねの話ってなんか
ロマンがあるよね~?

田舎のたんぼの話なんかとくに。

”祖母がこう言った。『兄はここに置いといた方が暮らしやすいだろう。
あっちだと、狭いし、世間の事を考えたら数日も持たん…うちに置いといて、何年か
経ってから、田んぼに放してやるのが一番だ…。』 ”

たんぼに放す~っていうところとかさ・・



91 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 15:55

何か見た者が気が狂うっての、クトルフっぽいなぁ…。
クネクネつうから、ダゴンとかその同類が
秘かに日本に出ばってきてるんじゃないのか…




92 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 16:01
マジレス

思い出しちゃったよ
俺もくねくね?見たいなものを見たことがあったということを(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

あれは、俺が小学1年生の頃だったと思う
夏に家族と一緒に近くの海に行ったのだが(海には、入っていない)何気なく
海を見つめていると、ずっと遠くの方になにかひらひらしている物が見える
(あれは、何?発泡スチロールとかのゴミ?)
よくよく眺めていると、その物体は人が手をくねらせている(腕がまるでこんにゃくの
ようにくねくねしていた)も見える
何してんだ、あの人?
君が悪くなり俺は、そこから目を背け親のいる所に戻った
しばらくして、さっきの場所を見てみたが何もなかった・・・



93 : あなたのうしろに名無しさんが・・ : 03/07/10 16:04

>>92

近くの海ってどこの海~?!

昔、穴場スポット的海岸を見つけて彼とかと
ずーっと行ってたんだけど
その辺りに住んでる知人を誘ったら
そこはものすごい心霊スポットで地元の人は誰も
近寄らないんだよ~っ!?ってひかれた事あった・・・

でも、何も起こらなかったし今では何気に人気スポット化して
しまって人がいっぱい来たりして駐車場まで出来ちゃった・・・



101 : 92 : 03/07/10 17:21

>>93
当時、近畿に住んでいた。
関係ないけど、それから2週間後に
重度の中耳炎にかかり右耳が難聴になった(今も聴こえない)




95 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 16:49
うちの娘が2歳の時、保育園で謎の絵を描いた。
今、見たらくねくねしてる物体なんだけど 当時まだ言葉が覚束なくて
コレ何?って訊いたら「ふーりたまたましてんねん」と応えた。
「ふーりたまたまって何?」って訊いたら「ひとがふーりたまたましてんねん」と。
子供の言う事だから ほーってその場は流して15年経った今、このスレ見て
ふと思い出して 娘にその絵を見せてもう一度訊いてみたら
「いやぁ 覚えてない」と返ってきた。娘は阿呆だが、まぁそれなりに元気で明るい。
ふーりたまたま ってなに?



96 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 17:00

>>95
それ人間打楽器っぽいな。



98 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 17:17

それは野郎がタマを横振りしてペチペチペチペチしているところでは。
先生、野郎だったりして。




97 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 17:15
小学生のころ似たようなものを見た記憶があるよ。

夏休みの昼下がり、家の2階の窓から山をボーっと眺めてた。
その山の中腹くらいにある畑で、農作業をやってる人が見えた。
遠いのでよくわからないが、その人は一心不乱に鍬を振り上げ
振り下ろすという行為を行っているように見えた。
この暑い中大変だなーって眺めてたんだが、なんだか変な感じが
してきた。異様に動きが素早いのだ。しかもずっと同じ場所に留まって
いる。ひたすら背筋を伸ばした姿勢と前かがみの姿勢を凄い速さで
同じ場所で繰り返している…
耳鳴りがする程の静けさと相まって、だんだん気味が悪くなってきたので
見るのをやめた。

耕してた人が何色の服を着てたかまでは覚えてません。
ほんとにただ畑を耕してた人なのかもしれません。
もしくは風に揺られた案山子かも。




102 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 17:39
新耳袋で読んだ、山の斜面をすごいスピードで行き来する
白いコンパス人間の話を思い出した。こっちは全然くねくね
しないけど…。
なんだか分からないけど因果めいてて嫌な気分になるよね。



105 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 19:20

この一連の話の気味悪いところは、
「それが何なのか正体が解ると」大抵精神が逝っちまうこと。


「正体が解る」ってことは、つまり全然未知の生物とかじゃ無く、
普通に俺たちが「知ってるハズの何か」ってこと??

うまく言えないけど、気味悪いよな~



106 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 19:23

案外、気がおかしくなったヤシラの見たのは、
自分そっくりの顔してたりしてな~



109 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 19:42

>>105-106
でも何か見ただけでパーになるってのはよっぽどのことだぜ?
トラウマになることはあるかもしれないが

あと、「田んぼに放す」ってことは時間がたつとなにかに(多分くねくね)になっちゃうんだろう
この辺が都市伝説というより昔ながらの怪談、民話っぽくっていいね



116 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 20:13

>>90を見て思ったんだが、祖母は兄がどうなったのか(くねくねのこととか)知ってて
田んぼに放すって言ったってことは祖母はくねくねの正体を知ってるのか?
もし兄がくねくねになるとしたら祖母はそれを見てしまうことになるよな?
祖母は大丈夫なのか?
それとも兄はくねくね化するわけじゃないのか?

自分で書いててわけがわからなくなってきた。
似たような話が他にないか探してくる。



119 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 20:22

この「くねくね」ってスレタイが偉いな
どっちかというとコミカルな響きなのに、見たら狂うっていう話とのギャップが怖さをそそるね
テケテケとかもそうだけど




122 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 20:25
とりあえずこれ。「死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?」の過去ログ倉庫からコピペ。
これも田んぼだよ。黒いけど。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/13 00:03
過去ログをあさっていたら「田んぼの真中でひたすらくねくねしてるやつが云々・・・」
って話があったのですが、他にも見た人いませんか?
俺は見ました。
高校の時、家に友達を呼んでくだらない話で盛り上がっていると玄関を勢いよく開けて
母が転がり込んできました。
尋常ならざる様子に俺が駆け寄ると母は
「お願い、お願いだから田んぼには行かないで」
と繰り返しました。
買い物帰り、自転車で田んぼ道を走っていると見なれない黒いものがうごめいているのが
見えたそうです。カカシかな、と思い自転車を止めてよく見てみると手足の細い人型の
物体がその四肢を狂ったようにくねくねと動かしていたらしいのです。
とたんに得も言われぬ恐怖に襲われ、逃げてきたそうです。
その時は分かった、と一言いって母を落ち着かせたのですが、話のネタにも困っていた俺達は
こっそり母の言った田んぼにいってみることにしました。
それはやはり居ました。風も無いのに、ひたすら手足を動かす黒いもの。しかもそれはゆっくりと
移動していました。
しまった!と思ったときにはもう遅く、目からは涙があふれ膝はがくがくと震え出しました。
友人も口元を振るわせながら目をうるませていました。泣きながら逃げ帰ったのは言うまでも
ありません。
くねくね動くだけのものがどうして怖いのか?と問われると言い返しようがありませんが、まるで
俺を飲みこむようなあの圧倒的な違和感はこの世のものとはとても思えません。
ほんとに怖かったんです。



124 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 20:29

何!黒もいるのか!




131 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 21:05


        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.       | ウヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!
 nノ)/ノ | なんて居心地のいいスレなんだァ~っ!!
 | _,.つ \____ _____________
 l |          ∨
 \ヽ      ________
   l |     /        /j
  //   /        /  .l       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | l    | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |      | 決めた決めた~
  \ヽ_| ヽ_l/    ヽl_/ |  (ニニヽ、 < 俺様はこのスレに
    ` -| / ヽ    / ヽ |   i  ヽ i   | 居座るぜ~~っ!
      | | @ | ___ | @ | |   l  / /   \________
      | ヽ_ノ |  | ヽ.ノ |  /  / /
      |    |.____|    .|/  / /
        ̄i ̄i ̄ ̄i ̄i ̄  /  i
        | |   |  |   しl_JJ
        / /    \ヽ、
      / /      i  l
     / /       l  l
     | \     / /
     \_j     L_/


こんなかんじ>くねくね



132 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 21:22

>>131
そのAAショボすぎていつ見ても笑えるw





133 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 21:25
この話でウィリアム・ギブスンの短編SF小説、『辺境』を思い出した。
ある宇宙ステーションに多くの宇宙飛行士達がいる。
そこから先にブラックホールのような時空の穴が発生し
次々と宇宙飛行士が送りこまれるが、帰った来たものは自殺しているか気が狂っている。
手に貝殻を握り締めて死んでいる者もいた。

この「クネクネ」もそうだけど、何か未知の存在があって
それを知ってしまった者は決して伝える事ができない、という
パラドックスそのものがこの手の話の核じゃないだろうか。

これは死後の世界も同じ。
死んだらわかるが、その時は決して人に伝える事ができない。




136 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 21:37
初めてこの話を読んだのは確かenigmaスレの「海の家」バージョンだった。
これが一番マジ話っぽい。
このあと洒落怖スレのログに類似した話があるという指摘があり
参照してみたところ、「わからないほうがいい」という話が確かにほぼ同じ内容だったが、
こちらの方は“また聞き”の形式で書かれているという点、
また最後の“知的障害”のくだりなどからやや作りっぽく感じた。
その後は散発的に“確認未遂体験”が書き込まれていた。

それ以降目にした完全型(目撃後におかしくなるまでが書かれているもの)は二つだったが、
一つは目撃した当人がややおかしくなりはしたものの成人後は宗教団体の勧誘員になっていたという話。
目撃者のその後まで書いてあり当初の恐怖を薄れさせるように感じた。
もう一つは本スレ7~14に引用されている話だがこちらはかなり創作っぽい。
創作だとしたらあんまり上手いとは言えないだろう。
ダ・ヴィンチの怪談之怪あたりに出したらかなり突っ込まれそうだ(マジ話だったら失礼)。

共通点は海か畑(田んぼ含む)に現れる白い色(本スレ122を除く)という所か。
過去ログを漁ればもっと類似した話が出てくるかもしれんね。



161 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 22:54

>>22以降バージョンがいちばん出来がいいな。
文章もわりとうまいと思う。
怖がらせるツボを押さえてる。
K君の「ピーーーー」という悲鳴も妙に恐怖心を刺激する。



142 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 21:51

よく読んだら7の話と8以降の話って違うよな
7の話だと兄は裸眼で見ちゃってるし
8以降のはなしだと本人が最後にくねくね見ちゃってるよな



201 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 03:21

>>7の田んぼ編を初めて読んだとき、くねくねの正体は兄弟の母親かと思った。
お兄ちゃんはそれを見て気が狂ったんじゃないかと。



203 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 03:33

>…その時だった。
> 見てはいけないと分かっている物を、間近で見てしまったのだ。

見ると気が狂うので後でこの話をすることが出来ない。









って突っ込んじゃダメなスレなんだろ?



204 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 03:36

怪談の辻褄を合わせようなんて無粋




145 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 21:57
科学的にマジレス

陽炎だろ?自動車でもくねくねしてるように見える



147 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 22:05

>>145
ベタだけど、陽炎に自分の姿が映ってそれがクネクネ。
ドッペルゲンガーと合わさって気が狂うとか。



163 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 23:04

ドッペルゲンガーは死ぬと初めて本来の姿に戻るという。
しかし彼らの姿は非常に醜い。全身は厚くてのっぺりした
灰色の皮膚におおわれていて、体毛などは一本も生えて
いない。たいていのゲームでは、本来の姿は正視に耐え
ないほど醜いものだとされている。

富士見ドラゴンブック「モンスター・コレクション改訂版(中)」
「ドッペルゲンガー」項より。




154 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/10 22:22
361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・[] :03/07/04 16:55

ニョロニョロをみた。

幼稚園に入ったばかりくらいかな。親戚の家に遊びに行って、田舎だからトイレが
ボットンで外にあったんで、怖いから夜は前庭で用たししてたんだけど、
ある夜庭に面した門から半透明で白く光る細長いなにかが、ピョンピョン跳ねながら
三つ並んで入ってきた。
呆然と見ていると、それは目の前で二階の屋根くらいに膨れ上がってすぐ縮み、
開けっ放しの玄関から家の中に入っていった。
すぐ追いかけたけど、玄関にいた母はなにも見なかったそうだ。
本当にニョロニョロそっくりだった。なんだったんだろう。




179 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 00:43
鳥取県、米子市に住んでいたものです
あそこの界隈では白くてくねくねするものは有名です。
ところどころに出現するようで、僕自身、一度ならずも追いかけられたこともあります…
ただ、何者なのかはわかりません。
首が下にあったこともありました






186 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 00:59

民俗板で聞いてきた
大入道やら一反木綿やらのたぐい?かもしれないだって



193 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 02:01

>>186
ふと思ったんだけど、昔の妖怪を説明するために地域を聞くならともかく
現代のネット上で流行ってる怖い話を説明するのに地域特定する
必要あるんだろうか・・・。
おばあちゃんに聞いた話じゃないんだし、大入道とか一反木綿って・・・。



199 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 03:14

てゆうかこれってタンモノ様の事でしょ?
普通に東北の爺様婆様は知ってると思われ。
そんなに騒ぐものか?




200 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 03:16

>>199
タンモノ様見たら、気が狂うわけ?
くねくねしてるだけならともかく、
それを細部まで見た人間がおかしくなる党ところが怖いのであって。

そして200ゲッツ



205 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 03:39

爺様婆様には
「タンモノ様を見ても気にするな」とか
「もし見たらすぐに目をつぶってそこから離れて
井戸の水を頭から浴びろ」
ってガキの頃いつも言われてたよ。特に夏は家出る時
毎回口うるさく言われてた。
「見たらメクラになる」「ボケになる」
「ヘソを取られる、喰われる」生ハゲとか雷様みたいなもんかと思って
あまり気にしてなかったけど子供心に怖かったよ。
それより夏の朝爺さんに魔除け?のために
井戸水を頭からぶっかけられたり、井戸水で顔
(特に目。子供には辛い!)を洗わされる方が嫌だったw



207 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 04:01

>205
それが原型っぽいですね。
でもこっちのほうではそんな話聞いたことも無いです。(中国地方)



208 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 04:26

タンモノ様、反物様でぐぐっても何もひっかからない。
一般的にはどういう神、妖怪なの?



209 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 04:30

>>205
『タンモノ様』

『反物様』

一反もめん?

確かに白くてくねくね・・・

一反もめん、またはそのお仲間の妖怪(?)がくねくねの正体?

と考えてしまったのは漏れだけですか?



211 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 04:45

>205
> 特に夏は家出る時毎回口うるさく言われてた。
> 夏の朝爺さんに魔除け?のために井戸水を頭から
くねくねの目撃談も夏ばかりじゃないですか??
…キーワードは夏?



212 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 04:51

>>211
興味深い。



213 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 04:54

>>211
そういえば目撃談(創作もあるらしいが)も夏が多いですよね。



228 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 07:19

>>205>>211
子供だけで夏の暑い日に外で遊んでいると時間をわすれ
日射病、熱中症、脱水症等、取り返しのつかない事が起こる
また、紫外線の強い日に白い物を集中して見続けると
失明する危険性もある。
『くねくね』は子供達の安全を願う大人達の思いやりかと・・・



217 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 06:09

民話なんかによくある
《ごく一部の地域の人しか知らないけどその人達に
とっては昔から存在する当然に近い事象》とか
そういう類のものなのかもね、前にもどこかのスレで
瀬戸内海のある島の話(古井戸に囲まれた山頂の神社の話)
読んだけどそれに近いモノかなぁ?>>199と>>205は
同じ人のレスだよね?その人は東北地方では当たり前
の話だと思っていたんじゃない?
普通に生ハゲって言葉が出てるし秋田の人?
でもその「タンモノ様」は同じ秋田の人でも知らないくらい
限られた地域の人にしか知られていないのではないか、と



220 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 06:36

確かに特定の地域しかしらない生物もいてもおかしくない。
話がちょい変わるけど警察とかには未解決事件てあるだろ?科学てきにも常識てきにも考えられない事件。「雨宮さん」とかw
だから、くねくねも否定はできないかも



232 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 07:28

オイラはタンモノ様に物凄く興味が湧いて来た訳だが…
やっぱり一反もめんチックなものなのか?




737 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 07:32

俺的にタンモノ様のレスで魔除けの意味で
井戸水を頭からかける、顔や目を井戸水で洗う、
見てしまったら井戸水をかぶる、というのが
すごく気になるんだけど・・・?
井戸水ってお祓いとかお清めみたいな効果あんの?
井戸が神聖なものっていうのは何となく分かるけど
井戸水はどうなのよ?
誰か教えて。あと目を井戸水で洗うって言うのは
タンモノ様が見えないようにするって事なのかなぁ?




237 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 08:41
何年も前の話だけど上岡竜太郎の番組で、
テーマに沿った50人をスタジオに呼ぼうみたいなやつで、
幽霊をみた50人(だったかな?)の時に出てた人のことを
憶えてる人いませんか?
話の内容は、
友達と峠にドライヴに行った帰り、カーブの所にくねくねした人を見た。
両手を上にあげて、上から下に向けて前後にくねくね。
「なんだ!あれ!」と思ってたら次のカーブの所にもいた。
そして次のカーブにも。
「やばい!」と思って急いで麓まで車をとばして、自販機の明かりが見えた
所でようやく一息ついた。
ふと自販機の方をみるとなんとあのくねくねがそこにもいた。
というものです。
細かいところは間違っているかもしれませんが、大体こんな感じかと。



238 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 08:49

237です。
上岡竜太郎はいつものごとく他の出演者にはキツイこと言ってたんですが、
この話をした男の人の時はものすごくウケて大笑いしてました。
その人はヒステリックにではなくごく普通に
「いやあ、なーんかヘンなもの見ちゃったあ。」みたいに話してたので、
かえって「それすごく怖くないか?」と思って印象に残ってました。



239 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 08:58

自販機の明かり
ってことは夜だろ?それが本当なら光の反射とか陽炎とかじゃ説明つかないね。
まあそれが
くねくね ならの話だが



240 : 237 : 03/07/11 09:28

>>239
状況が違うからここでいわれるくねくねとは違うかもしれない。
くわしく話を憶えている人、あるいはそういうの見たことあるって人が
いないかなと思ってかいてみました。



241 : 237 : 03/07/11 09:31

あっごめん。もいっこ。
その番組で話をした人がこういう風に動いていたって
やってくれたんです。
なので、あの番組みた人が他にもいないものかと思って。




242 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 10:28
いいよねくねくねは。最高だよ。
私も『田んぼに放す』と言うところにすごい興味を持ったよ。
そしてそこが怖い。都会(と言うか人の多いところ?)では一日も
持たないだろうみたいな爺さんの言葉も気になる。
近所の目があるってことなのかな。ほんとに怖いよ。



244 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 10:41

個人的には、「くねくねになる」とか「田んぼに放す」とかのくだりがある
その話は詳しく説明しすぎちゃっててそこまで怖くない。
もちろんそういう因習やあるいは病態?自体が存在するなら
それはそれでまあ怖い事は怖いけど。

上岡龍太郎の話までいくと、結構離れてきちゃってるな。
「ドジョウ掬い(阿波踊りの勘違い?)のように頭の上で高速で動かされる手」
「あり得ない方向に曲がっていく関節」等がやっぱり怖さのツボだと思う。
上岡の件は、何かのパフォーマンスや宗教がらみというのも考えられえるなあ。



245 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 10:44

ヘンな脚色のない最初のバージョンが一番怖い
つーか第2バージョンはつまらん
原作とアニメくらいの差がある



243 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 10:40

>>14 のコピペで「見てはいけないと分かっていたものを間近でみてしまったのだ」
って書いてるけどさ。「見た」のに彼は書いてるじゃん?「見てもなんともない」ってことにならない?
よって14のコピペは作りを加えてるか、すべてネタか



259 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 12:17

〉243
14のコピペは作った話だったような…。
確か最初に「脚色しました」みたいな文があったと思うんだけど、消されてるみたいだね



261 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 12:35

>>259
やっぱり?
俺もそんな気がした



321 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 19:24

>>259
>>14の話は、原作を元にした作り話だと最初に書いてましたよ。
そしてそこには「自分が体験した事と非常に似ていたので」みたいな事が
書いてあった気がしました。
多分原作の>>7の話を見てその体験を思い出して、とっさに思い浮かんで
手を加えながら書いたんじゃないですかね?



*ここで>>246-247に>>7の話が再掲




262 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 13:04

海の家の話も14の話も
おそらく>>246に脚色加えたバージョンかと思われ

描写の巧みさで海の家は完成度高い

14はその脚色部分がいらねー。
ヘンに情緒に訴えかけようとしてるし・・



265 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 13:13

確かに>>246-247以外は、なんか妙に心霊チックというか
どんとこい怪奇現象っていうか、
意図的にそっちのテイストを盛りこんでるように見える。
>>246-247だけを見るなら、地元で有名な知的障害者の行動とか
まったく怪奇抜きで、そんな風にもとれる。



269 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 14:23

田舎のだだっぴろい風景に理解不能の存在がぽつんといるっていうビジュアル的な怖さもあるな





275 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 14:59
あたし福島の田舎に住んでるんですけどくねくね知ってます。
小さい頃からよく「あんちょに気をつけろ」って祖父母に言われてて、
それ何?って聞くと
「白いうにょうにょしてるかかしみていなやつだ。いたらすぐ帰ってこいよ」
と言われてました
クラスに知的障害の子がいたんですけど
大人はみんな
「あんちょのせいだな」っていってました



279 : 275 : 03/07/11 15:30

主にじいちゃんばあちゃんが言ってましたね。
父母はあんまり気にしてなかったけど。
私自身このスレ見るまであんちょのことを忘れてました。



281 :275 : 03/07/11 15:36

子供があんちょって言葉を口にすると怒られました
なぜかは分からないですけど



285 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 16:16

>>275
おじいちゃんおばあちゃんに詳しいことを聞く
機会があれば聞いてみてくれないかな?



288 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 16:20

あんちょって調べてみたら
方言で女性器とでたけど・・・

くねくねと関係あんのか?



289 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 16:21

あんちょってウチではマ○コって意味で使ってるよ



292 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 16:32

>>275
福島のどの辺ですか?
当方、新幹線と東北自動車道が通っている所に
住んでますが全く聞いたことなし。



323 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 19:54

桜川村ってとこでは「あんちょ」は足(幼児語)だそうです



372 : 275 : 03/07/11 22:40

思い出したんですけど台風が来るとあんちょが家のまえにくると言われてました。



392 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 23:11

>>372 
>>22の話も台風の日の目撃談だったよな




283 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 16:04
真実に近づいて来たねー!
現在最も有力な手がかりは
「タンモノ様」&「あんちょ」
この調子で皆で真相を究明汁!



298 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 17:32

真相に近づいてきたのはいいが,,,,


くねくねの正体がわかった時俺たちみんな


き ち が い

になるんじゃ



301 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 17:48

>298
心配性の人のためにあえて言っておくと、
たぶん実際に目にしない限りは大丈夫じゃないのかい。

もし動画や写真がウプされたら・・・
大丈夫、動画や写真をキャプったヤシはきちがいになるので
ウプは不可能でごんす!





294 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 17:00
私は進学で離れるまで秋田の内陸部の盆地で育った者です。
このスレを見て小学生の頃に友人から聞いた話を思い出したので
書き込む事にしました。

釣り仲間だった彼は釣りからの帰り道の夕暮れの中、田んぼの中を
くねくねと踊るように移動している者を目撃したと言っておりました。
とにかく奇妙な「人」だったらしいです。
遠目だったために畦道を歩いていたのか稲穂を掻き分けていたのかは
解らなかったそうですが、色は桜色っぽかったそうです。
もっとも、夕暮れ時なので白い色に夕日に映えただけかもしれません。
目撃条件が曖昧なので当時の釣り仲間達はみんな聞き流していました。
当時の私達は釣りばかりしている連中だったので「ヘンな物を見た」系の
話しも多かったもので。



295 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 17:00

そう言えば、目撃地域は平家の落人部落(真偽は不明)と陰口を叩かれ
る事もある地域で、その地域にある小学校は何故か生徒数の割りに双子
や特殊学級の生徒が多いのが不思議でした。
これは、中学校に上がりその小学校の生徒と合流してから知った事です。

今まで彼の目撃とその地域の特殊性(失礼ですが)を結び付けて考える
事など想像もできなかったのですが、当スレを拝見して何か関係がある
のだろうかと思った次第です。




333 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 21:04
タンモノの出る地域って東北限定なの?
オレ千葉の田舎の出だけど小学生の頃、そんなん見たよ。
放課後くらいになんかベランダで何人かが騒いでるから
どうしたのかと思ったら遠くの田んぼの上を白っぽい灰色の
なんか布みたいなのが飛んでた。特に風も吹いてないのに
飛び方がなんか不規則で確かにちょっと不思議だったなあ。
みんな「一旦木綿だ!」とか言って喜んでたよ。その後、特に
それを見たヤツにはオレを含めて何も起こらなかったけど。
かなり遠くからだったからかなあ。多分1、2キロは離れてた。




334 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 21:10
ニンゲンスレに書こうか迷ったけどこっちに来ました。
以前、「なんだったんだ?」のすれに東北かどっかで小さい時に側溝に小人のような人形のような生物の死体のような物が落ちてて、
頭はミカン星人みたいで
顔に目や歯とか舌とかがあった。手足が異様に細長くてイカの足みたいになっている。体は白っぽいのっぺりした感じ。
あとで見にいったら溶けてておばさんが臭い臭いと言って掃除しててた。って話。
そのレスに対して俺も似たような物見た!ってレスも付いてたっけ。
たしか東北地方の話だったと思う。
あと、それで思い出したんだけど結構前にenigmaスレだったかな?
小さい時に公園でビニール袋に入った何か得体の知れない物を発見したって話。
雨が降ってる時で傘でつついたら臭い液体(腐臭)が出てきて、何かの死体のような人間の手足、しかもこれも異様に細長く、白っぽい体色。後で見に行くと袋の中で動いてた!
って話思い出した。
覚えてる人いる?
くねくねとは関係ないかも知れないけど、ニンゲンの幼体説が有ったけど、これはくねくねの幼体だったり



345 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 21:34

これってくねくねだったりするんでしょうかね、、、
未確認生物スレからコピペ

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/06/27 19:08

どこぞのオカルト系のHPなどにも書き込んだことがあるのだけど、
今から30年近く前、とても不思議なものをみたのでマジにご報告。

場所は、ある東北の町の住宅街で、学校の帰り道、道路脇の側溝
(といっても深さ60cm前後と浅く、所々にしか蓋が掛っていない)
のなかで、体長20cm~25cm位の人形のようなものを発見した。
体の色は肌色に近い乳白色で、見た感じ、肉厚のイカの皮膚の様
な、体毛の無いつるんとした皮膚を持ち、頭は扁平のみかんのよう
な形状で、目、鼻、口がきちんとついており、目は閉じていたけど、
棒などで押し開けると、黒目がちの人の目があるのが伺えた。
口は皮膚の色と同じ乳白色で、これもこじ開けると、小さい歯が、
きれいに並んでいるのが見えた。
全体に体毛はなく、頭部にすら毛はないのだが、頭頂部には柿の
ヘタのような形の、菱形の窪みがあった。
手は、いささか細すぎるものの人間の手そのもので、きちんと関節
があり、肩、肘、手首から手指にいたるまで人間と同じように曲がる
ことを確認した。
足は、膝までは人間のそれなのだが、膝から下は下足類のように
吸盤があり、イカかタコのそれのような形状だった。
皮膚にはほぼ継ぎ目がなく、唯一、首と頭をつなぐ部分にぐるりと
筋があり、無理に押し広げてみると、薄い皮を通して赤黒い内蔵
のようなものが見えた。
以上のようなものを、見て以来、だれか同じような体験をしたものが
ないか探しているが、聞いたことはない。



361 :334 : 03/07/11 22:00

>>345
それだ!それそれ、漏れが言いたかったレス・。
東北には何かがある・・・






374 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 22:44
ある意味、神様なのかな?
田舎では信仰されるものとして、語ってはいけないものとか
その存在をまだ理解できない子供はそれを見ると
理解不可能として回路がショートしちゃう。
ある程度、年齢がいった大人たちは
存在を認める事ができる(頭では理解できる)ので
「見てはいけない!」とショート寸前で理性が働く、とか?



385 : んさしなな : 03/07/11 23:01

フと思ったのですが、白いクネクネというのは夜這か野合の際に
何らかの理由で慌てふためいて逃げている(多分)男であったり、
男女が性交している姿である可能性は無いのでしょうか。
「あんちょ」は女性器やら子供が口にするにはタブーっぽい物を
表すようですし。
身体の下に頭がある事もあるというのはペニスかもしれないし、
69の体位をとっているのかもしれません。
子供がおかしくなるのは、初めての性行為の目撃した事による
ショック(ゆえに行為を理解できた子供だけがおかしくなる)で、
後で田んぼに放されるというのは、「お前も大きくなったら田んぼ
でクネクネしていいんだよ」という田舎ならではの大らかな暗示かも。

それにしても隣室のクネクネ(?)どもが五月蝿い。



396 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/11 23:16

>385
うーんちょっと無理があるような気がする。
あと、>>7-14の話を参考にするのはもうやめましょう。
もともと創作を加えているというコメントがあったとも言われてるし、
そうでなくともかなり創りくさいのは皆認めるところでしょうから。




413 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 00:18
このスレのどっかで誰かが書いてたと思うけど
くねくねの正体は自分自身だったっていう説は結構説得力あるかも
要するに未来の自分の姿が見えてしまったっていうこと(?)なんだろうけど。
つうか、俺だったら発狂してるな。確実に。



415 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 00:22

>>413
ドッペルゲンガーだっけ?
たしかにそんな気もするし、説得力あると思うけど、
そしたら東北での話っていうのがまた混乱するんだよね

海辺と山の中(田んぼ)のは別物なのかな?



421 : あなたのうしろに名無しさんが・・ : 03/07/12 00:29

ドッペルゲンガー説もかなり納得できるよね。

でも、自分的にはやっぱりロマンを感じてる派なので
なにか得体の知れないモノ、田舎の土俗的な因習に関わる・・・
みたいなそんなのであってくれるとうれすい・・・

ラグクラフト好きな人とかは、何気にそんなの期待してるんじゃないかな~(w
自分も含めてですが。



425 : んさしなな : 03/07/12 00:36

>>421さん
色々なほのめかしや予兆を体系的に理解出来てしまうと
発狂するのかもしれませんね。
得体の知れない者に対して否定的なアプローチが潰れた
時こそ、何か見えてくるのかもしれないとも思います。



436 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:11

ドッペルゲンガー説はやや飛躍しすぎという気がする。
奇妙な動きをする得体の知れない人間、という
怖さのツボにもカチッとハマらないと思うし。



418 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 00:26

すごい手品見た時、どーしてもわからないけど
タネ明かしされると、『なーんだ』っていうぐらい
いとも簡単で拍子抜けするじゃない?

この世の不思議、『宇宙はどうなってるの?』、『生きてるって?』、『命とは?精神とは?』
ありとあらゆる事がわかってしまうとアッケにとられるような事なのかも。
『あっ!そーいう事だったのか!』って。

、生きてる事がバカらしくなるくらい。
「くねくね」を理解するのはそういう事なのではないか?

理解してしまった人は悟りきってしまって、あまりにも全てが簡単明瞭になりすぎて
精神構造が別の段階へと進んでしまう。
それが普通の人には狂って見えるのかも。



426 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 00:41

ではこういう考え方は?
『クネクネ』はだまし絵のようなものじゃないかな。
よくあるでしょ、向かい合った人の横顔の絵だと思ってたら
真中に人が立ってる絵にも見えるってヤツ。

あるいは『頭の体操』とかで、大人は固定概念が固まってしまってるから
どうやっても解けないけど、子供の単純な発想だとアッサリ解けちゃうってヤツ。

ああいうモノかも知れない。
クネクネ本体を見るのではなく、見るべきは周りの空間ではないか?



429 : みゆ ◆eFA5rmFIfE : 03/07/12 00:58

先祖返りというのはどうでしょー?
くねくねは土地神様かなんかで、
人間よりももっと昔の時代の生物の意識に返ってしまうー。



443 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:23

海とか山の神様に捧げた人身御供みたいなモノ(人)ということはない?
白い着物を着せて山や海にほっぽりだす。
人里に来ても、追い返す。その繰り返しとまわりの得体のしれない
恐怖感から精神がおかしくなる。
まさにこの世のものとも思えないような。
踊り狂うしかないそのモノを見た者はその尋常ではない表情や
オーラにショックを受けてしまい、精神をやられる。

じじばばの「そのうち田んぼに放す」ということから
想像してしまったんですが・・・・



447 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:30

日本の地下に古くから住んでいるナマズ様の餌です。
ナマズ様は人間を食べるのですが、其の侭食べるわけではなく
一旦くねくねに変化させてから食べます。
そうですね、人間で言う「料理」ですかね。
ナマズ様の力でくねくねに変化させられた人間はすぐに
地下へと運ばれナマズ様の食料となるのですが、ごくまれに
地上に何人か置き去りにしてしまう事があります。
このくねくねは「人間がナマズ様の食料になっている」事実を
隠すために、その姿を見た人間を同じくねくねにする力を持っています。
伝染病のようなものです。
これからもナマズ様は人間を食べ続けます、くれぐれも
くねくねを見つけようなどとは思わないようにしましょう。



449 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:35

>>447
そんなの原始的な恐怖に繋がるか?
くねくねを見た瞬間「俺もああなる」ってなんで直感的に思う?

このスレで出てる説が原始的な「瞬間的に理解できる」恐怖の存在ということを
示すものが少ないんだよなぁ。




452 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:44

>>449
うーん、たしかに瞬間的に壊れる、理解できる恐怖ってなんなんだろう

単純に考えると「化け物」?想像を絶する。???



454 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:47

いわば暗闇のような存在なんだね。
人が本能的に暗闇を恐れるような。



451 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:39

「瞬間的に理解できる」恐怖の存在というと、
ラヴクラフト的にはナイアルラトホテップみたいな存在かな。

這い寄る混沌、ナイアルラトホテップ。



457 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:58

>>451
ニャルラトホテプ イイ!



458 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 02:28

>>458
俺、その発音のしかたは猫の大将みたいでどうも恐怖とか緊張感を
感じないんだよなあ



461 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 02:30

わかってしまうと気が狂うって難しいなぁ。
もう一人の自分見ても結構平気だと思うし、グロでも一体だけならなんとか耐えられそうだし。
簡単なようで難しい・・・




450 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 01:39

だから、おじいちゃんバージョンに基づくのはできればヤメましょうよ~
くねくねは確かに実在する、というスタンスで考えた方が面白いでしょ。
提示された話に合致するような「くねくね」像を、
その審議に関わらずとにかく構築しよう、というのなら話は別ですが。



456 : あなたのうしろに名無しさんが・・ : 03/07/12 01:56

おじいちゃんバージョン、漏れ好きやけどなぁ・・・

別に、「瞬間的に理解できる」恐怖 とは何かっていうのは
どうでもいいや。

それを何か突き詰めようって言うのは
人魂はプラズマで説明できるって言い張る様なものやん。

単純に、純粋に くねくね 話を味わいたいし
くねくねに漂うロマンに惹かれるのさ。

またーり。



460 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 02:28

おじいちゃんバージョンは確かにロマンはあるが、
「地元の人間はそれが何か知っている」
「目撃(認識)者はいずれはそれと同じようなものになる運命にある」
等の大きな特徴が盛り込まれているという事が問題。
他の目撃談にはない特徴であり、これらの特徴を
この話だけを根拠にくねくねの解釈へ加えて良いものか・・・?
そしてそもそも、猛烈に創作くさいのだ、この話は。




476 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 09:29
ポイントなんだが、発狂・精神障害になるのは子供だってことは
共通してると思う。>>275タンの田舎の人たち(大人)は「あんちょ」
のことを知ってるみたいだで、子供には教えたがらないって、ふうに
受け取ったが。

俺、ぶっちゃけ27歳だけど、くねくね見ても大丈夫だと思・・・・・












やっぱkoeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee



477 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 09:36

わかった!!!!

あ、あのね、あの…あ・・

アヒャ、アヒャヒャ…
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ
アヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャアヒャヒャ




478 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 09:52

>>477←こいつは田んぼの肥料にしてやろう




483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 10:47
あ、あのな、マジな話なんで聞いてくれ。
実はおとといこの『くねくね』関連読み終わって、ちょっと気が付いたことがあったんで
親戚の所に電話したんだ。その親戚は農家やってるんだけど、農家を継いだ次男、つまり
オレの従兄弟なんだが、数年前から精神病を患ってしまっているんだ。
一応今は小康状態で、まぁ普通に生活出来ているんだけど、時たま症状が酷くなって入院
したりしてるんだ。で、まぁこれも良くありがちなんだが、幽霊が見えて怖いって訴える
らしいのね。で、電話したらちょうど本人が出てさ、で、最近見える?って話したら、最近
は見えないし、医者を変えてから薬も変わって調子がいいとかそんな話してたわけ。
で、しばらく世間話してて、聞いてみたわけ。
『見えるようになったきっかけって、心当たりある?』
ってね。

そしたら、ドンピシャだったのよ。

いったいなんなんだろうね?



485 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 10:56

なにィ-ッ!?
何県ですか?
幽霊っていうことは、やはりこの世のものでは無いという事ですね・・・



487 : 483 : 03/07/12 11:02

それがねぇ ウチ県じゃなく『道』なのよ。

だからますますわからんのよね。

なにせ維新後に開けた土地だから、あんまし日本古来の
妖怪とかそういうのには縁が無い土地だしさ。

ただ、共通点は、田舎、田んぼ、あと秋田が特定されてるとしたら
豪雪地帯ってところかな?




489 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 11:10
ひょっとして、くねくねって、それを見たから気が狂うんじゃなくて、
魔界とか霊界への扉を開ける存在で、
それを見てからはいつでもシックスセンス状態になるから、
やがて気が狂ってしまうんだろうか…。



490 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 11:15

>>489
異次元への扉っつーか裂け目みたいなものか?



491 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 11:27

その裂け目がウネウネと揺らめいてる状態が遠目にはクネクネって感じで見えて、
その裂け目から異形のものが大量にこちらへと出てこようとしてるさまが
はっきり見えたら恐ろしいだろうなぁ…。

で、それ以降は這い出してくるものが
いつでも見えるようになってしまうんだとしたら………



492 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 11:34

>>491
そうか、人の様なモノにこだわってたけど
それもありか?

しかし、ホントに妖怪ハンターになってきた(w



495 : 491 : 03/07/12 11:50

人型にこだわるんなら、
その裂け目を広げてる使い魔のようなものがその人型で、
それがクネクネと揺らめいた跡に魔界への口が開いていくとかね。



496 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 11:50

異次元の割れ目・・・・か



「あんちょ」→地方の方言によってはマンコのことをさす。
「まんこ」→割れ目・・・んんー!?



497 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 12:03

>>496
それだ!



500 : 496 : 03/07/12 12:12

つまりだな。皆の意見を考慮すると



まんこ→生命が生まれる場所だろ?
神秘的な場所なわけだ。で、そこが魔界か異次元か霊界とするだろ?
次々、ありえないものが出てくる。信じがたいモノが。
地元の人たちはその裂け目、あるいは割れ目をおいちょと呼んだ
都合がいいように解釈したがスマソ



502 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 12:19

>>500
なるほど!
点と点が線で結ばれた感じだわ




504 :483 : 03/07/12 12:22

な、なんか確信に近づきつつあるな・・・

今度機会があったら、もうちょっと詳しく聞いてみます。

ただ、この話、親戚中で禁忌扱いなんで、本人と会う機会が
あってもなかなか切り出せない話題なんだよね。

というのもうちらの世代になって、精神を病んだのが二人も出ちゃってさ・・・




498 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 12:09
最近の流れを見ていて、この板で見たとある話を思い出した。
ひきつけを起こした友達に、「薬がきれたのか」という話をしたら
「いや、白いのが追いかけてくるんだ。君はわからないほうがいい」
とか言う話。
どのスレだったかな。



499 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 12:12

>>498
新興宗教にはまっちゃったってヤツかな。
遠足のバスの中の話だよね。
最近のレスだと思うからちょっと探してみる。



560 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 16:28
851 :1/2[] :03/07/04 21:41

白いクネクネの話を読んで思い出した

小学生の頃、社会科見学でどこかの石切り場に行ったんだけど
見学中いきなり同じ班だった奴の一人が急に
『ヒヒヒヒヒ・・・』
って小さく笑い声の様なの様な泣いてる様な声上げて
その後、泡吹いて倒れてちゃってさ、
元々体の弱い奴だったから、また発作だなぁ~程度に考えてた

まぁ、そいつすぐ目覚ましたから
救急車とかは呼ばなかったんだけど
大事を取ってバスで休憩してろって事になって
(その先生の判断が正しいか如何かは置いといてw)
当時、班長やってた俺もバスで待機って言われてさ



561 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 16:28
853 :2/2[sage] :03/07/04 21:43

↑すまん、あげてもた・・・
以下続き

まぁ、病人相手だから特に話すことも無くてさ、
何気なく
「おまえ、また発作か?」
って聞いたんだわ、そしたら
「似たような物だけど違うかな・・・
さっき、変な人影見ちゃって・・・
白い人影・・・踊って・・・ヒヒヒ・・・」
「ヒヒヒ」って声が子供なりにヤベェなぁとおもったけど
なんか当時、心霊ブームでそういう話に興味あってさ
「そんなの居たか?作業員とかじゃないのか?
どんな奴だったんだよ?」
って問い詰めたら
そいつ、急にきつく睨むような表情して
「知らないほうがいいこともあるよ・・・ヒヒ
一度見ちゃうと、何度も来る・・・ヒ・・・あれは・・・
ヒヒヒヒ・・・・M君(俺の事な)は関係ないよ・・・
ヒヒヒヒヒ・・・」
そこでまた泡吹いて気絶~

言うまでも無く、その後学校に着いてから校長室行きですよ・・・
病人に何したんだ!!って(笑
何かしたとしたら、たぶんそいつの言う白い奴だと思うけど・・・

で、このスレ読んでその白い人影ってもしや!
なんて思ったりしてみました~

追伸、そいつに十数年ぶりに会ったら
立派な(?)新興宗教の勧誘員になってましたとさw~



563 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 16:56

この話を読んで、海の家バージョンの怖さがだいぶ薄らいだ覚えがある。
“泡吹いて気絶”というのはおそらく癲癇発作だと思う。
その後は特に重篤な後遺症が残ったというわけでもないし。
あと、自分の発作を認識してるのが何か変なんだよね。
泡吹いて倒れるような時は普通、本人の記憶が抜け落ちてるもんなんだけどね。




515 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 12:48
ここまでのまとめ

一番古いのはこれ。「わからないほうがいい」(>>246-249) (=>>7)
ttp://kowai.sub.jp/6/212.htm

で、それを元に実体験と組み合わせての創作がこれ(>>8-14)
ttp://kowai.sub.jp/31/756.htm

海の家はエニグマスレで最近書かれたもの(>>22-26)

その他、関係ありそうな報告
>27 >64 >67 >83 >92 >95 >97 >122
正体は?
>199 >205 >275 >294-295



523 : 483 : 03/07/12 12:59

じゃ、出現場所は田圃ということでFA?



526 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 13:04

>>523 はっきりわからないが、夏の田んぼって水張ってるでしょ。あと海の家でみたのもくねくねなら海の海水
今のところ出没するが湿気のある場所。もしくは寒い地方。だな



529 : 483 : 03/07/12 13:06

田圃、水田にまつわる妖怪、怪談で、同種の物があるかどうか
調べてみたいですね。



537 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 13:24

出没率は湿気が多い場所、東北、ねぇ。

霊は湿気の多い場所を好むと聞いたことがあるよ。
海、湖、トンネル、などなど。


心霊スポットもだいたい湿気のある場所



524 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 13:02

>>246-249の話では、くねくねが何か理解できなかった
弟はまったく正気のまま。

>>122の話からすると、とんでもない恐怖感は感じるが
発狂はしていない。

理解してしまうと完全におかしくなる?
それとも当人の感受性の問題?



525 : 483 : 03/07/12 13:04


従兄弟が見たものが同じ物だったと仮定した上でだけど、
ウチの従兄弟は完全に正体失うような発狂はしていないです。

やはり見た時の年齢も大きな要因になってるんでしょうか・・・



530 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 13:08
>>524
122の話は興味深い。
「しまった!」と、書かれてあるんだけど書いた人(見た人)は
直感的になんだと思ったのか?
母親の「お願いだから田んぼには行かないで」という言葉は
なぜ?母親もそのモノを何と理解(寸前?)したのか?

何かこう、人間の原始的な潜在意識内に擦り込まれた恐怖なのか?




551 : 550 : 03/07/12 15:01

おれは身障者(欠陥者・精神障害者)を神聖視する風習の一つだと思うが
例えば、東北のある地方では身体のパーツが一部無い人や精神障害を患っている人は
神という存在にレベルアップさせられて畏敬されたのよ。
神に出会った者は大概精神が崩壊するか死ぬかするんだよね、「遠野物語」では。



552 : 550 : 03/07/12 15:07

訂正。
上にカキコした内容は別に「遠野物語」に限られた話ではなくて、民俗学で扱われる
伝説、民間伝承には大体共通するはずです。




597 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 22:30
俺の中学2年の時の同じクラスにトシ君って言う、知的障害者の子がいたんだけど
授業中突然さ、一点から目を離さなくなるんだよ、それを自分は不思議に思って
「トシ君何見ての?」って言ったら、トシ君は「・・・・・」黙ったまま、やっぱ
り気になってトシ君が見てる方をチラッて見たんだ、トシ君は教室の外の空を
「ジッ」っと見てる、俺はその空の一点を少し目を凝らして見てみた、最初はなに
もなかった、でも見ている内に視界に変な物が映りだしたボヤけているけど、なに
がおかしい、その物体だけがその周りの物がボヤけているのに、その物体だけがボ
ヤけていない、その数秒後、その物体はそこからなくなったけど、トシ君はその件
以来行動が悪化、授業中叫びだしたりしてるらしいです

長たらしい文でスマソ





567 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 17:37
そういえば秋田出身つながりで洒落こわ?のスレに11、13の
話(田んぼに兄を放すとかなんとか)を書いた方と少し話したのですが
あれは秋田県の能代市での話だということです。あと体験したことを
脚色しているとのことでしたので兄を田んぼに放すとか気が狂ったというのは
創作部分かもしれません。



587 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 21:46

漏れ、小学校の3~5年生の間、能代に住んでたよ。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
「あんちょ」も「くねくね」も聞いたことない。もしかしてよそ者だったからか?
ネイティブじゃないとダメかもね。
ちなみに一番最初に憶えた能代弁は「んか」。「嫌だ」という意味。(w

あと、能代の海岸よりの方は、田圃が地平線近くまで続いてるような場所で、
何か妙なモノがいたらかなり遠くからでも見えてしまう罠。
まあはっきり見えなきゃ良いんだろうけど。



569 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 17:52

北海道、福島などでの目撃談もあるようなので
田んぼに多く生息しているようにも思える。




571 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 18:39
田んぼが多いところ=田舎にでるみたいな意見多いから、
香川の隅っこの田舎住まいのばあちゃんに聞いてみた。
(田んぼしかないって言いきって良いような田舎なんで)
知らないだろう、と思いつつ田んぼでくねる物体について聞いてみると
「昔は7月の終わり頃になるといつも、蛇が神様になろうとするんだって
言われたよ。それは山の奥で起きるから、夏の間は山に深く分け入り過ぎたら
怒られたね。でも、時々蛇が里に出てきて神様になろうとするってのも
母さん(要するに漏れのひいばあちゃん)から聞いたね。
それを見た日は蚊帳をつって寝ないと、連れていかれるって言われて怖かった」
と、長々と語ってくれたYO
なんか、神様と蛇っていうと、白蛇って感じが個人的にするので
近いかな?蛇ってくねるし。違うかな?違うっぽいね



572 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 19:05

>>571
いや、案外そうか…( ゚д゚)ハッ!
違うよ、絶対違うハハ!そんなわけないよ!




598 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/12 22:30
くねくねってを最初に想像してみた時に違和感を感じた。
やけに容易に想像できるんだよ。
大抵未知の生物を想像する時には各部位を組みたてながら、あー、こんな感じかなー
とか想像するんだが、くねくねの場合、その姿から動きまで一瞬に
脳につくられる。
多分、知ってるんだと思った。ただ、一般に言われる「知る」というのとは違うんだよね。
記憶に焼き付けられているというか、・・知らずして知ってる、みたいな。
体験談にあった解っちゃいけないってのも解る気はするんだよな。
きっと、あのお兄ちゃんは本能的にくねくねの危険性を理解したんだと思う。




679 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 02:11
昔これによく似た話を聞いた覚えがある。
田舎の山の奥地のもう長く使われて無いキャンプ場で
全身真っ白なタイツみたいのを着た人が体をくねらせて
奇妙なダンスのようなものを踊ってるのを見たとか言う。
目撃者は一目見ただけで冷や汗を大量に掻いて本能的に
関わるのは危ないと察したらしくすぐ山を出たそうだ。




743 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 08:21
俺の実家が東北なんだけど、小学生の時祖父に聞いた話がクネクネと関係あるのかも。
話がうろ覚えなので正確には伝えられないかもしれないけど・・・。

昔ある村では、毎年夏になると家畜が何者かに襲われることがあったそうです。
村人は崇りだとか妖怪の仕業だといって恐れていました。そこで一人の若者が
「俺が犯人を捕まえてやる」と言い、一頭の牛と一緒に村の広場で夜を明かすことにしました。
翌日村人達が見たのは、元気な牛と死んだ若者の姿。その若者は体中の骨を粉々に砕かれて
絶命していました。あまりの惨たらしさに若者の両親はひどく悲しみ、必ず犯人を捕まえよう
と決めました。そして翌年の夏の夜、父親は鍬を持ち広場へと向かいました。
しばらく経っても父親が戻ってこないので、母親は様子を見に行きました。

続く



744 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 08:26

続き
広場に着くとそこにはまだ父親の姿があったので、安心して声をかけよう
とした時にそれは起こりました。どこからともなく白く細長い布のようなものが
飛んできて、父親がそれに気づいたときにはすでに全身にグルグルと巻きつき、
ものすごい力で締めつけ始めました。父親の体は、ボキッ!ゴキッ!と音を立てて
奇妙に折れ曲がり、その様子に驚いた母親は、急いで近くの家に飛び込みました。
様子を察した村人が急いで父親の元へ駆けつけましたが、父親は死んでいました。
村人は家に戻り母親に何があったのか問い詰めても、母親は半狂乱になっていて
どうにもならなかったそうです。それ以後は毎年村人が犠牲になるようになってしまったとか。

以上。稚拙な文章でスマソ。
この話はどこで誰が体験したのかは聞いてないんで、ただの作った怖い話かもしれないけど
何か引っかかって・・・。父親が死ぬところなんかそれはもうクネクネしていたんでは?




759 : 758 : 03/07/13 10:00
で、もういっちょ直接コピペ。エニグマ13から。
----------------------------------------
428 :50:03/06/01 00:02
霊体験だ!!と勘違いした恐ろしい話。スレに書いたらここに誘導されますたので書きます。

夜、一人で一軒屋にいたときの話。
全身顔まで白タイツの人がガチャッとドアを開けて入って来ました。
私はあまりの恐怖と驚きに失神してしまい、
気が付いたときには朝で、閉めたはずのドアは開いていて、
人の足跡のように水がポトポトと落ちていた。
どろぼーだったのか?と水の後を追ってみると、お風呂んとこで途切れてた。
風呂からわたしの部屋へ来た形跡かと思い、窓を調べたがカギかかってる。
どっから入って来たかはまず置いておいて、
何を盗られたか調べた。部屋はちらかっていなかった。
通帳も印鑑もカードも金系は何もかも手付かずで、無事。
とりあえず、分かりづらいトコに隠してたから平気だったのかと思い、
次にアクセ類を見たが、何も変わらない。
その時はまずほっとして、寝ぼけ眼で顔を洗おうと洗面所にいった。
水を勢いよく出したら、寝ぼけのモヤモヤがふっ飛び、
同時に何かヘンな感じがした。
びっくりした。とっさに水を止めた。しかしまだチョロチョロと出ているが、
そんな事も気にならないほどびっくしりた。
私は、「下」を、はいてなかった。
冬だった当時、ジャージのズボン、短パン、パンティ、靴下、足の指輪まで
下半身に身に付けてたものすべてなくなってた。
どれも高価なものでは無かった。ふつーにしまむらとかで買ったヤツだった。
その一軒屋は、別荘みたいなモンだったので、急いで実家に帰った。
犯されたのだろーか?でも、処女だけど股痛くなかったし…。
とりあえず、全身白タイツは心臓に悪かった。
何もとられてないし、状況が状況なので恥ずかしくて誰にもいってないよ。



760 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 10:07

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



761 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 10:10

ちんこ小さすぎて痛くなかった




770 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 11:30
不可解な体験、謎な話~enigma~ Part15
http://bubble.2ch.net/test/read.cgi/occult/1057928254/

このスレの>>80、>>85、>>91に興味深いことが書かれてる。
くねくねに関係あるかも?

80 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 01:52
小学校の頃、自分は何故生きてるのかなあということを真剣に
考えてたら何故かすごい恐怖感を味わったことがある

夕日の部屋で光に当たっている自分の手を見ていたら
あれっ?何故俺は”手を見ることができるのか?”というより
”なんで物が見えるのか”そもそも何故”物事を考えられるのか?”
”なんで俺はここに存在してるんだ?”という考えになってきて
だんだんものすごい恐怖感を味わった記憶がある

小学校のころよくこんなことがあったけどコツ?を忘れてしまったのか
もうできなくなってしまった。

よく言えないけど’生きてることはなんなのか’ということを理解しそうになって
すごい恐怖感を味わった・・・と言う感じ。
これってどーいうことなんだろ・・?

ちなみに似たような話が国語の教科書にのってて俺だけすごい共感した覚えがある

似たような体験の人いないかな・・もう一回あの感覚味わってみたいな・・。



85 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 02:11

>>80
わかるわかるよ、その気持ち。
私は「自分の顔はどうして見えないんだろう」ってことから始まって、
自分ってどうして自分なんだろうって考え始めたらとてつもなく怖かった。
離人感っていうのかなあ。



91 : 80 : 03/07/13 02:31

>>85
おお~同士がいた。

でもね今もう一回やってみようかと思ったけどやめたよ。
恐怖感を感じるってことは本能的に自分にとってよくないことをしようと感じてることだよね・・
たぶん生きてることを真に理解しようとしたら狂ってしまうと俺は思う。

似たような話として映画’π’があったなあ・・・

今流行り?の’白いくねくね’も自分の理解を超えるモノを理解しようとしたとき
狂ってしまう・・という話も俺の話も映画’π’も
同次元の話なのかも・・・と思ってしまったり。





790 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 13:44

>>770
くねくねの正体はやはり“自分自身”ということか。
すごい恐怖を感じながらも更に追究し続けると、狂気の域に
入ってしまうというのは有り得ると思う。
でも、なんか繋がらない。
私の中でくねくねは邪悪な感じがするんだなあ。



795 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 13:58

>>790
邪悪...ですか。私の印象は「邪悪」ではなく「禁忌」って感じでしたけど。
人間の脳が人間の生活に困らない必要十分の機能しか持っていない。蛙が動く物体
しか認識できないように(嘘か本当かしらんが)。そういう人間の、触れるべきで
ない空間、時間、あるいは他の何かに運悪く触れてしまった...ような?

ま・引き続き情報求む、ってことで。できれば古い伝承とかに類似のものがあったり
すると素敵。




800 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 14:07
たぶんクネクネと思われる体験談なんですが
ここでも散々でてる秋田、能代での出来事です。
私が小学生だった頃ですので、かれこれ25年ほど昔になるのですが
夏休みを利用して、親戚一家が我が家に遊びに来ていました。
そこでジュンサイを採りに行くことになり、私と親戚の子供、その母親の3人で出掛けました。
沼と言っても3ヘクタールくらいあり、私と親戚の子供の二人、母親にわかれて
2箇所にわかれてとっていたのですが、突然母親が悲鳴をあげて沼に倒れこみました。
あまりの奇声に、すぐに私は家に助けを呼びに帰ったのですが
祖父と沼に戻った時には母親は言葉にならない声だけを発して沼も中に座りこみ
母親のもとに向かった子供は何もない空間を見つめ、立ち尽くしていました。
二人をうば車(籐でできた大きいもの)に乗せ
家に帰るまで祖父はずっと泣いていたのを覚えています。
その後、親戚の父親が二人をすぐに連れて帰ってしまったので
祖父になんで?と聞くと
「見てはいけないものを見てしまったんだよ」
というようなことだけしか、言ってくれませんでした。
その親戚の一家ですが、我が家では話題になることもなく
一種のタブーのようになっているので現在の様子は知りませんが
その家の祖父が亡くなった時にも、葬儀に招かれなかったので
この一件が何らかの影響を家庭に与えたのではないかと思います。

クネクネと言うものを、聞いたこともなかったので
今まで単なる事故のようなものだとばかり思っていたのですが
なんとなくクネクネじゃないかと思うのでカキコ



801 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 14:11

>>800
呼ばれたんだな
かわいそうに・・・・・



852 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 16:31
急に思い出したんですけど、
子供の頃、バァサマが「暗くなってから外に出ると『にょろ』に会うぞ」
ってよく言ってました。
少し大きくなってから、『にょろ』ってのはヘビだろうと勝手に解釈してたんですけど、
よく考えてみると、私の子供の頃、我が家(築100年くらいの百姓家)の天井裏には
普通にヘビが住んでて、天気の良い日は玄関先に伸びて日向ぼっこしてました。
だから、暗くなったらヘビが出るって、脅しとしてはおかしいですよね。
私は大阪の都市部に生まれ育ったんですけど、バァサマは和歌山県の白浜出身。
海のそばの家で育っています。
・・・・もしかして、もしかします?
もう、バァサマは亡くなってるんで聞けないんですけど。



858 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 16:46

>852
にょろって言うからムーミンのニョロニョロかと思った藁
でもバァサマ(なんか昔話っぽくて可愛いね)がニョロを知ってるのなら
少なくともそれを知っている人が他にもいるということになるんでは?
それを見てなんらかの変調を起した人がいるから、バァサマは
夜出歩くのを咎めたんじゃないかなーとおもいまつ。

しかし、くねくねスレってどんどん奥深くなってくね。




848 : 改訂 : 03/07/13 16:23
「くねくね」
・白い。又は黒い。
・人間では考えられないような格好でくねくねと動く。あるいは踊る。
・之が単に視界に入っただけでは害は無い。
・之が何であるかを理解すると精神に異常を来たす。
・夏の水辺で多く目撃される。





857 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 16:44
民俗学の教授にこのくねくねの話をしたら面白い話が聞けた。
割れからすると、けっこう胡散臭い教授なんだけどね。


くねくねに似た生物(?)の報告例は日本だけではないらしい。

・色は、白は黒ではなく、その時々まちまちで、
 ピンクであったり、青や緑であったり、見る人によっても違う。

・単色、くねくねと踊るところ、水辺に出現しているところは
 同じだが、見ても精神に異常をきたすなんてことはない。

・バリ、インドネシア、タイなどの東南アジアでの報告例が多い。
 (場所によっては、「マファーブゥーリー(発音間違ってるかも)」と
  名詞が付いているらしい。)


見たら気が狂うっていうのは、話に尾ひれが付いた結果じゃないか?



865 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 16:58

>>857
「気が狂う」が尾ひれであることは十分にありうる思う。
昔話のUMA報告で、見ると「死ぬ」、「熱病になる」、「狂う」ってパターン多いんだ。
ツチノコだってそうだったし。まぁ、運悪くショック死しちゃった奴もいる、ってこと
なんだろうけど。

でも、仮名:くねくねさんの場合、「見る」ではなく「理解する」ってところで一線を
駕していると思う。安易な祟り思想ではなく、観測者の問題なわけで。

オリジナルの話を盲信するなら、どうもくねくねさんのこと、地元の人はあえて考えない
ようにするほど恐れている、ありうは禁忌としているみたいだし。




868 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 17:02
とりあえず「何故気が狂うのか」ってのは置いておこう。
いっぺんに考えるとこんがらがる。
俺も香川にすむばぁちゃんがいるんだが、昔遊びに行った時聞いたことがある
「白い蛇は神のつかい」
と崇められ、ニョロさん とか 白蛇さまと呼んでいたらしい

白い蛇は年をとると天へ上るそうだ。

余談になるが、その白い蛇を見つけた村の子達が白い蛇を見つけて捕まえようとしたらしい。白い蛇は穴へ逃げ込んだので子供達は棒きれで穴へ何度も突き刺した。
しばらくすると白い蛇は穴から顔を出した。目が赤く片目は潰れていたらしい。そして睨みつけるように子供達を見ていたようだ。
子供達は得体のしれない恐怖を感じその場を逃げ去った。
それから何日かたったのち


子供達は皆、気が狂ったように暴れだし


死んだ。

死体はどれも目が赤くはれて眼球が飛び出したみたいになっていて、(バセドー氏病か?)
蛇のような感じだったという。

あくまでも老人の昔話だが関係あるかと思って書いちゃいましたっw
てへ☆



873 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 17:20
>868
どっかにもう一人香川の人が書いてたけど
それも蛇の話じゃなかった?



877 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 17:26

>>873 いたね。俺と似たような話だったな。まあ香川だけじゃなく死国全体が蛇の話けっこうあると思うよ




883 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 17:30
神の使いである白ヘビとくねくねの決定的な違いは
意思の有無とか?くねくねって人間でいう意思
みたいのがまったくないように思う。うまく言えないけど。



889 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 17:43

>>883
違うと思うよ。
地方で蛇やら魚やらを神格化するっていうのは良くある話。人間と関わることの少ない、
不思議な挙動をし、かつ見た目も不思議な蛇なんかどこの国でも進行の対象になる。

でも、くねくねは明らかに「正体不明」から入っている。加えて、それを「理解」しては
いけないことも。

事の本質はさておいて、「話」の焦点としては蛇神とはまったく別では?



900 :883 : 03/07/13 17:59

>>889
私もくねくねと白ヘビに関連性はないんじゃないか?という前提で書いたんだ。
あなたの言うとおり、白ヘビは時に激しい怒りを示し、災厄を引き起こしたり
するけど、得体のしれないものではないよね。
いや、上の方で「白ヘビつながり?」的な流れが見えたので、思わず書いて
しまいました。

太歳はどう思う?



932 : >>889 : 03/07/13 18:16

>>900
似てるようで異なる気がする。確かに、どちらも「正体不明」には違いないが。

太歳については、3x3アイズに登場してたことくらいしか知らないがw、やはり疫病や
災害に対する恐怖、それの代弁者という雰囲気を感じている。違うかな?
どっちにしろ太歳自身を恐れると言うより、それに起因することを恐れているような...

くねくねはやっぱり特殊だよ。わりとありふれた場所に現れる、奇怪で理解できない動き
と存在、そしてそれを理解すると気が狂う。
蛇神、太歳が神聖や自然に対する畏怖をあらわすなら、くねくねは狂気と非日常に対する
恐怖を示している。...「怖い話」としてね

東北のご老人がもし「彼」のことを知っていたとしても、その存在と決して関わってはなら
ない禁忌として、ではないか。詮索も畏怖もない、無機質な恐怖を感じる。





958 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 18:45
15年間、記憶に封じ込めてた話がある。

小学生のころ母親の実家に住んでいた。実家は仏壇を作って生計を立てていたんだけど
うちの周りは田んぼで囲まれてた(それがうちの田んぼか近所の人のかは覚えてないけど)
で、僕には2つ下の妹がいたんだけど、よく田んぼで一緒に遊んでた覚えがある。
ある日の夕方、一緒に田んぼのあぜ道?を落ちないように往復するっていう遊びをしていたら
後ろを歩いてた妹がわんわん泣き出して、振り向いたら両手を上げてぴーんと張ってるの。
そんで顔と手首を小刻みにガクガク震わせながら口から泡吹いて倒れちゃって
僕は急いで母親を呼んだ覚えがある。そのときは救急車がきて妹は連れてかれたが
四日くらいで帰ってきた。癲癇って診断されたと後で聞いた。
それまで妹はごく普通に生活してたのに、その後ちょくちょくその癲癇症状に見舞われることになった。
両手と首が震えるように揺れて泡吹いて倒れるってことが何度も起こるようになった。
「お兄ちゃん手が止まらない手が止まらない」って泣きながら倒れる妹を何度も見た。
そのときは癲癇ってそういう病気なんだって聞いてたから、可哀想だなって思ってたんだけど
数ヵ月後、妹は首と両手の関節を骨折した姿で家の庭で死んでいるのが見つかった。



960 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 18:46

続き。
死因については俺は詳しく聞いてなかったけど、癲癇がひどくなって発作で死んだんだろうと
母親が泣きながら話してたのを聞いた覚えがある。

で、そのことをここ見てて思い出したわけなんだが・・・
今思えば変だよなぁ。首と腕が骨折するまで震えるなんて癲癇でもありえることなのか?
それこそありえない方向に手が曲がるくらいに。これ最初の話と似てる気がする。
妹はなんかに操られてたんじゃなかろうかと、ふと思った。
手と頭をガクガク躍らせてる姿はなんか操り人形の動きにそっくりだったんだよ。
僕が見たくねくねは、妹の姿そのものだったわけなんだけど・・・
僕は気が狂ったわけではないし、本当のくねくねは違うのかもしれないが
妹がひょっとしたら、なんか見ちゃったのかなって思う。



961 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 18:46

>>958
死者が出てのはこれが初めてだ。もっと詳細キボンヌ。



983 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 18:56

>>958さんの妹さんの話は「都市での目撃例」に類似しますね。なんか毛色が違うんで、
別物と思っていたんですが。
くねくねって未確認生物とかではなくて、ある種の現象なのだろうか。「神隠し」みたい
な...

すまん。なんかMMRじみてしまった。




933 : あなたのうしろに名無しさんが‥・ : 03/07/13 18:16
くねくねって一体何なんだろうね



934 : あなたのうしろに名無しさんが・・・ : 03/07/13 18:18

たぶん想像つかねーんだろなぁ。
いや案外答えは簡単で目の前にあるのかもな。見落としてるだけかもな。
人間はモロイ








トゥモローベビー 指先の知育 クネクネへ~びトゥモローベビー 指先の知育 クネクネへ~び
()
不明

商品詳細を見る


編集元: く ね く ね 
http://bubble.2ch.net/occult/kako/1057/10577/1057734131.html



*散々既出ですが、まぁオカ板・洒落コワの定番といったらコレですね。怖い。

スポンサーサイト

タグ:くねくね 洒落コワ 怖い話

コメント

くねくねをおいしくいただくお話が好きです

俺が小さいとき、田舎のじっちゃんがよく言ってた
「田圃や森の中で細くて踊ってる白い人を見つけたら、
すぐ下を向いてそこから逃げなさい」
それで俺が「その人は誰なの」って聞くと
「この村の神様だよ」
笑って言ってた。

ttp://syarecowa.moo.jp/100/65.html
これがくねくねの原型だと思ってた

ヤマノケのコピペと叔父さんシリーズの邪視もくねくねっぽいと思うんだ

秋田県の田舎のほうに住んでるが恐ぇ~
(しかも家の周り田んぼだし…)
まさかくねくねなんていうおぞましい物体がいるなんて…
俺も近いうち、くねくねになるんだろうな…
(直視しちゃって)

なんというか、タヴーみたいなもんか?

ギリシャ神話で女神の裸を見ると何かを失うってのがあったな
くねくねも何かそれっぽいな

でもさ こういったクネクネのスレ探し回って
他の近い話とか全部見るとさ
正体を・・・知れそうな気がしない?

そのうち・・・きっと・・・・・・
 気付く・・人が・・・・・出るよ・・・・・・・・・

“見た”ヒトがやられるのか、“理解した”ヒトがやられるのか、
はたまた“見て理解した&特定条件にある(精神的に特にもろいとか)”ヒトがやられるのか。
その辺が解らん。

“見た”ヒトがやられるのなら、
見てないヒトが「話を総合するとこれじゃね?」と“確からしい答え”を提示しても無害。
“理解した”ヒトがやられるのなら、
確からしい答えを提示しようとしたヒトが真っ先にやられて書き込めない。
“見て理解した&特定条件にある”ヒトがやられるのなら、
条件多すぎて考えるのが面倒くさい。

くねくね北海道も目撃例あるのかよ・・・・・
俺田舎道産子だから嫌だよ・・・・・

俺四国在住で17で伊予市という辺鄙なところに住んでいるんだが
何故ココまで説明したかって?
そりゃぁなぁ・・・・死国全域かもしれないが俺の地域にも白い蛇
とかの話があるわけよ
俺のばあちゃん俺の年齢当時7歳くらいな
が話してくれたんだが
「白い蛇は殺したりいじめちゃいかんよ。理由は未だ理解できん思うけどいじめちゃぁいけんよ、神様の使いなんよ」
って色々言われてました
その話聞いて白い蛇っていじめちゃいけないんだ・・・って子供心ながらに思った
それから一年位してさじいちゃん死んじゃったんだ
じいちゃんの最後看取れなくて悲しかったんだ
それから色々荒れてて目に付くもの色々当たってた
白い蛇も殺した
次の日嘔吐や高熱に魘された
(あ、自分の部屋二階です)
二階の窓から中庭が見えるんだがそこに白いモヤが見えるんだ
よく見ようとしても輪郭がつかめない俺の目はそんなに悪くないはず
見ようとすれば段々と頭が痛くなってくる
そのうち目が暗闇に慣れてくるんだよね
逆に白い物体を「視る」んじゃなくて周りの暗闇を「視る」ようになるんだ
(切り絵の切り抜かれた紙みて切り抜いた紙創造する感じで)
そしたらめっちゃくねくねしてるんだ
それ「視て」気分悪くなって直ぐに意識飛んだ
それをばあちゃんに話したら
「そうかいそうかい・・・・心配せんでぇぇよばあちゃんもじいちゃんも居るからね」
って慰めてくれた
今思うとアレくねくねかなと思う神経とかイカレなかったのがわからないが
やっぱり条件とかあるのかな?っと思う
じいちゃんが居るって言ってくれたばぁちゃんの話が今なら理解できる
ほかにも色々大谷池でとかの怖い話とか在るんだが
大抵じいちゃんがらみで解決してる
俺怖がりだけど怖いの大好きだからじいちゃんにめっちゃ感謝してる

なんか感想文みたいで自分の言いたいこと解らなくなってたけど
言いたいことは視るもんじゃないって事
人間の原始的な恐怖は結構正解視ないのが正解




話変わるし長いけど
俺の家アレがあるぜ
めちゃ長い筆なんだが
作り方は生まれた赤ん坊の髪を抜いて筆にするらしい(親から聞いたからなんか間違ってるかも親は関西産まれでばぁちゃんに造らされたらしい)

コノ筆はどんな状況、場所、時間でもコノ筆で手紙を書くとその子を家に連れ戻せるらしいたとえ「死んでいても」だ
俺の親父はコレを作るの忘れ去られてたらしく無いらしい
だからじいちゃんを見とれなかったとか看取れなかったとかばぁちゃんから聞いた
ちなみに俺のは「作られている」
話が本当だとすると「どんな状況でも・・・・たとえ死んでいても」
俺は家に連れ戻されるらしい


話変わりすぎだけどじいちゃんは今でも「居る」んだぜ?
死んだ人も霊界に行くとかそんな馬鹿らしいことはしてないんだぜ?
いつもそこにいるんだ
死んだとき(もしくは時相応の格好で)
わかる奴は直ぐわかると思う
解らない奴は・・・・一生わからねぇだろうな

なんかもう一個ばぁちゃんから聞かされた話があるんだが忘れた・・・・
関西発の母さんからは「夜夜更かしをするととんとんお化けがくる」
って聞いたことあるがあんまり怖くないから書き込まない
作り話でも信じると本当に実現するんだぜ?
とんとんお化けみたいにな・・・・

田んぼのライブカメラとかないのかね?

なんか蟲師の話にでてきそうだな

俺、秋田県能代市在住なんだが…くねくね見たことあるわ…。最近まで忘れてた…。
夏の部活帰りの時だ、中学がたんぼに囲まれてて、すごくのどかな場所なんだ。その日は俺一人、教師に説教食らって1人で帰ってたんだ。そしたらたんぼの真ん中辺りになんかいるんだよ。農家の人じゃなくて、白い人みたいなのが変な踊り踊ってるみたいに見えた。その時、俺とその白いの以外人はいなくて、なんか変な空気だった。それに気付いたら、汗がすーっと引いて、体がやばいっていってるみたいで、怖くて逃げた。
誰にも話せなくて、その日はこわかったなぁ。
くねくねだったんだろうな。
このスレ知ってからうちの爺ちゃんに話したら、ぶん殴られてすんげー怒られた。もう二度と話すなって。
めったに怒らない爺ちゃんなんだけどな。

うん。能代はいるんだなくねくね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/118-47455e2a


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。