2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海にまつわる怖い話・不思議な話  管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


1 :間ーだ^-^:03/03/16 14:25

夜の海は怖いね、引きこまれそうでさ。
昼の海もね、ひしゃくを持った巨人が現れそうでさ。
夜光虫は不思議だよ。海蛍。
板一枚隔ててそこは地獄。
城ヶ島の自殺、流れ着くところは・・・・あの世でいっしょになろうね。
沈む死体と浮かぶ死体。スキューバで見た。
島に行きたい、遠くの島に。



8 :前スレ最後の話題より:03/03/16 15:05
969 :水没者回収業 :03/03/16 13:37
はじめてドザエモンを見た時の話を
 夏になると漁港の堤防から、ザブーンと飛び込むのが実に楽しかった。
最初は怖いものの(2mh程度)慣れればへっちゃら、怖くておどおどしていると
同じ遊びをしていた工房DQNから放り出されることもあった。
ここらへんは潟なので透明度はあまり無く、海の色で深さを診ることが出来ない
堤防の土台が見えていなければ着地することはない・・というのが漁師の子らの定説ですた。

 お盆前のこと、都会から帰省した連中か見慣れない連中が、俺らの定位置で飛び込んでいやがる。
ちょっと不愉快に思いながらちょっと離れた場所で遊び始めました。しかし都会の奴の
飛び込みっぷりはスマートでしばし見惚れておりましたら、華麗に飛び込んだ野師が一向に
上がってこない?これは一大事、大騒ぎになりました。何人か飛び込んで潜ったりしていますが手探り。
俺は飛び込んだ位置をみていたので飛び込んだのです。皆が海底の潟をかき回したおかげで
視界はほとんど無く手探り。手を動かしながら探っていましたが手掛かりなし、
浮上しようと上体を起こした時足に何か触れました。息が持たなくなったので一回浮上し、
ここになんかある!と言って再度潜りました。



9 :2:03/03/16 15:05

970 :水没者回収業 :03/03/16 13:38
つづき
潟に手が届くまで潜ってからまた手探り・・で何かを掴みました、人肌のような?引き寄ってみると
人そのもの、びっくりして息を吐いてしまい溺れて、ミイラ取りがミイラになるところでした。
 見た感じは、皮膚は白く見え髪の毛はフワッとしたようで、体勢はえび反った感じです。
掴んだのは肩、表情は見たのかもしれませんが記憶に無いです。
結局レスキューと消防団が来て引き上げましたが、即に死亡。
 両太腿まで潟に抜かって(刺さって)いました。俺ら田舎者とちがって飛び込み方に
原因があったのだろうということに。抵抗がない分そのまま着底した・・潟にはまった経験のある人なら
理解できるとおもいまつ。多分彼も相当慌てたとおもいます、勢いよく抜かったんだろうからなぁ
因果なもんで、いまはドザエモン様を回収する機会が多いところで働いていまつ。現実の話でスマヌ



10 :3:03/03/16 15:06

973 :水没者回収業 :03/03/16 14:17
海流に乗って来た水没者
 ほかの水没者の話も書いてみます、職場がばれるとイヤなので大まかに書きますが
プレジャーボートからの情報で、人のようなものが流れている。"ようなもの"だから死んだウミガメとか
そういうのも結構ありまして、それに近海ではこれといって事故も発生していませんでした。
現場海域へ到着後、通報のあった時間と潮流/風を考えて双眼鏡などで検索します。

 通報から3時間後に水没者を発見しました、遠目にはウミガメの死骸にみえましたが寄ってみると
確かに人らしき形をしています、お腹が今にも張り裂けんばかりの状況です。魚に突っつかれた痕も
あったり欠損している部位もあってかなりグロテスクですが、引き上げなくてはいけません。
鉤のついた棒では無理なので、船員お手製の網で引き上げ甲板に降ろします。
 うちの船長は信心深く引き上げた後、お神酒、お塩、どこかの神社の湧き水などを用いて
船、水没者を清めます。これは事務的な話になってしまいましたスマヌ よってsage




14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 16:30
私が父から聞いた海にまつわる怖い話を一つ。
1960年代、北海道日本海沿岸の漁村に生まれた私の父は
漁師の子供として当然のごとく小学校高学年の頃から
休日や長期休暇の時分にはイカ釣り漁船に乗って働いていました。
イカ釣りは夜に行われるのですが
この頃の漁師は暗黒の海に落水するより怖いものがあったそうです。
それは波間に見え隠れする、機雷です。
父が言うには
潮の干潮によって海面近く現れた機雷が
漁船の漁り火にきらりと光る時などは思わず
手練の漁師でも網を持つ手が震え
仲間の船が機雷に引っかかって木っ端微塵に
吹っ飛んだときなどは
イカや燃え上がる漁網、船や漁師の残骸が
海の夜闇に赤い光の糸を引いて飛び散り
周囲の漁船の甲板や漁師を打つ
阿鼻叫喚の地獄となったそうです。
以上、冷戦という母胎が産み落とした海にまつわる怖い話の一つでした。



15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:59

>14
おお、今までとはちょっと違う方面の話で興味深いですね。
現実的な恐怖だ・・。



16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 09:54

陸の人間のイメージでは広い海でモノにぶつかる可能性なんて低いんじゃないかって思えるけど、
夜間だったら確実に(昼でもだろうけど)機雷なんて見えない罠。

コレも確かに((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルものだな。




18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 15:28
新スレオメ。前スレ932です。今頃書かせていただきます。
5年前の6月、日本海に面したある県でのお話。

その日は町のお祭りでした。
当時厨房だった私は、夜遅くまで遊んだ挙句に海岸の親戚の家に泊まったんです。

次の日。目が覚めると朝4時半頃。
昨日の余韻があるのか、再び寝ようと思っても寝付けない。
そこで、ふと海が見たくなったんです。海を染める朝日(・∀・)イイ!
というわけで、家の裏手の海に逝きました。

私が家から出た時、周囲はまだ暗く、街頭の灯がまぶしかったです。
防波堤に上がると、小さな波音が響いていました。

それからは、しばらくその場に座り込んでマターリしていました。



19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 15:33

で、ようやく朝日が顔を出して、満足した私は家に戻ろうとして立ち上がりました。
その時、ある異変に気付きました。
何かが砂浜に立っていたんです。1つではなく複数。大きい。体をブルブル動かしている=生物。
髪の毛(らしき部位)から滴り落ちる水滴。
まさに( ゚д゚)ポカーン といった状態になって、それらを見つめていたんです。

しばらく呆けていたら、それらは砂浜の上をどこかに歩いて消えていきました。
私はそれらが消えてからすぐに家に駆け込んで震えながらテレビを見ていたので後は分かりません。

以上。分かり辛ければ補足します。



20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 15:35

因みに図にするとこんな感じ。


太陽

日本海
────────────────
砂浜    変な人達→歩いて逝った→
────────────────
防波堤 私
────────────────
道路
────────────────
親戚の家




29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:17
現代民話考Ⅲ 松谷みよ子編
「偽汽車・船・自動車の笑いと怪談」より
(P164~)



30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:18

今からちょうど三十二年前だねえ、(昭和二十一年のこと・註/松谷)
雄勝町ってあるね、一本町でながーいとこ。その町に天雄寺ってお寺があるわけ。
そこへねえ、あかしをつけたり消したりつけたり消したり毎晩ねえ、ぞろぞろ、ぞろぞろ、
ちょうど昔の殿さまの行列みたいにねえ、お寺に行くんだって。
若い人たちからさまざまの男から女の人が。
そすて、見る人と見ない人とあるんだけっどねえ、見る人は墓場の土の性って
ゆうんだってねえ。犬目ってゆう人もあんのねえ、犬の目には死人が見えんだと。

ぞろぞろ、ぞろぞろ、毎晩いくんだと。それでねえ、こっちの部落と向かい合ってっから、
ああ、なにごとができんのかなあ、天雄寺へみんなでぞろぞろ行列作って、長い町をねえ、
あかしをつけたり消したりして毎晩天雄寺さんさいくんだべ、あそこは五人連れで
一人が死ねば五人続いて死ぬって話あるが、こんなにそろっていくっつうことはねえ、
まるで殿様の行列のように見事だって、なにがおきるかって不思議にすていたんだってねえ。

そうすたらねえ、三月の二十三日、彼岸の中日だったねえ、雨がジポジポ降っていたの。
ほの日、午後一時に出る金華丸って巡航船が女川の岸壁に横づけになっていたのね。
ちょうど昼間でねえ、潮が引いてたんだと。だからとも表から綱とってねえ、岸へ
寄っつけてたんだと。
そすたら米のないときだから、米背負いがあって、みんな在からきて、一晩泊まって
米背負って、ふだんねえ、お天気のいいときはみんな米背負って陸歩いたもの、
その日に限って、雨ジポジポ降ってるから、みんな船に乗ってたわけなの。
復員兵もいたし、うちの妹も四つになる子どもと乗っていたわけ。



31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:19

そすてねえ誰かが、
「もやい放すなよぉ、もやい放すなよぉ、この船、岩の上へあがってっから、もやい放すなよ」
ってゆってんのにね、水が満ちてくるまでに時間遅れっから、片っ方の方放すたらしいの。

そすたらグラッと沖の方へ曲がったから落とされた人もあっけんども、わあーと岸の方へ
きたらまた岸の方がぐらっと曲がって、ずしずしーと岩から船が落ちて、こっちの方へくるから、
またこっちへくる、そっちへ人がいけばそっちへいく、ぐらぐら揺れているうちに、
水がドブドブ入ってきて、ともの方は揺れないからそこへ入ってから、
「この子どもだけでも助けてぇ、助けてぇ」
ってねえ、うちの妹が騒いでたったって。子どもは頭の上へささげて。

そんとき、口のとこまで水がきてたんだって。
「この子だけでも助けてぇ、助けてぇ」
ってね、頭の上へささげてたっけっども、届くこともできねえから、同じ部落の人がねえ、
それを眺めて外へも出られないんだと、足はさまれてっから。
そうすているうちに、朝鮮人がアセチレン背負っていたのさ、水がぐーんと入ったから、
ガスがふわーっと噴いたんだって。それでねえ水も飲まねえうちに、ガスがふえたために、
みな、ともの人が死んだわけねえ。



32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:20

沖の方へにげた人はねえ、沖たてて、みな体だけ泳いだんだと。
そうすているうちに助け船が出て助けられたり、泳げねえ人が泳げる人の体にすがったから
共にズブズブ沈んでねえ、
「助けてぇ、助けてぇ」
って声を聞きながら、助けることできねかったんだと。

そすて、岸の方へ落ちた人がね、死にたくねえから、潮が引いてっからねえ岸壁が高いから、
どっかかっかに爪のすがるとこあったかと思って、
コンクリーをねえ、ガリガリ、ガリガリやったから、みな爪から血出すながら、
生地獄ってあいつのことだってねえ、見た人が。
そうすて死んですまったのねえ。

それから一週間ぐらいあがんねかった人もあるねえ、米背負って落ちた人は。
そすて、雄勝の天雄寺の檀家も三十なん人か死んだの。うちの妹らもそのお寺の
檀家だからねえやっぱりいったわけ、そこへ。
ほんとうに大名行列のようであったと、お葬式が。町のはじからはじまで続いたと。
三十七、八人ぐらい死んだべねえ。
そすて、埋葬終わったら、ガラッと出なくなったと。死ぬ前、ぞろぞろ、ぞろぞろいった火の玉。

宮城県・T.I./談-




49 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 16:58
つまらん話で恐縮だが・・

小さいながらも、ボートをF県のW湾のマリーナに置いてある
去年の10月から11月くらいに直径1m以上もあろうかと言う
巨大クラゲが大量発生して、轢いても仕方ないと思うくらいの数が浮いていた
後ろめたい気持ちではあるが、クラゲを巻き込むようにしか操舵できない
「それが当然のような気になるくらい」に、巨大なクラゲが大量にいる
海に半透明ではあるが白い物を轢きながら・・
それは気持ち良い物じゃないのは確かだった

今年もシーズンを迎え、先週乗りに行ったんだ
そう、去年と同じように「仕方がない」と言う気持ちのまま

簡単な整備も終わり、船を下ろしクルージングに出かけた



50 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 16:59

>>49 続き
船の上で昼食を取っていると、船底から「コツン!」と突き上げる音がした
足に伝わる小さな振動と供に・・一回・・二回・・

魚探では水深8m、釣のシーズンではキスやカレイの釣れる場所だ
乗船していた女房も不思議がる、勿論俺も気になる
「はっはっは・・ここはイルカも来るらしいから・・」とは俺の強がり
イルカがいるような気配も姿も見かけてはいない
漁師の姿もチラホラしか見えない湾内に内心穏かでなくなてきたのも確かな事
次第に気持ち悪くなりその場を離れ、そのままマリーナに引き返えそうとした
うねり出した海は多少荒くはなっていたが、日本海では大した事はない
湾の真ん中ほどに来た時、エンジンの音が変な事に気が付いたが
マリーナまでは、何事もなくたどり着く事ができた

船を陸揚げしてもらう時に、ふと目をプロペラにやると
白い小さな布切れが絡まっていた
その時は、何時もの漁師のロープだろうと気にしないでいたが・・
洗浄しようとプロペラに絡まった白い布切れを外して広げて見た

それは、紛れもない女性の下着であった



52 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 15:26

プロペラに絡まる物と言ったら、コンビニの袋とか漁師がちぎって捨てた網
遠く半島から流れてくるような得体の知れない物
プロペラに絡まって一番怖いのが、漁師の捨てたロープだが
中には生活ゴミを捨てる人もいるようだし
大雨の後などは、何処から紛れ込んだのか動物の死体・・
だから、女性の下着と言ってもそれほどに慌てた事はなかった
もしかしたら、船上でのHの残骸かも知れないとも思える

気持ちが悪かったのは、下着よりも昼食時の船底をコヅク音だった

音で思い出したのだが・・



53 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 15:42

>>52 続き
ボートを買って間もなく、嬉しくて夜の海にも出かけた
何かしらの魚が食いついてくる可能性も夜の方が高い事もあって
土曜の深夜にマリーナを出港する事もあった

湾内で風の当たらない島影にアンカーを降ろし釣を始めた
何時もなら、小魚でも入れ食いを体験できるのに
その日に限っては、あたりすらもない・・
船首の方で竿を出している時に、突然船尾のステップラダーが音を立て海に下りた
二段の折りたたみ式で、折り曲げた所を蝶ねじで固定をしてある
はずだが・・
背中から驚かされた気持ちで、一瞬ドッキ!とはしたが
「まさか・・」と言う気持ちの方が強いし、その手の者?を見た事もないので
元通りにして、釣りを始めた
すると・・・しばらくすると、同じようにラダーが落ちる音がした

流石に女房が怖がったので、暗闇の中をマリーナ目指したが
いったい何が起こったのか、今でも不思議でならない

その後で映画リングをテレビ放送を見てしまった・・
関連付けて考えた女房は、二度と夜釣りには行こうとはしない



55 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 08:22

リングのシーンで怖かったのが、貞子さんがテレビから這って登場する場面
それがもし、深夜の真っ暗な海上でラダーを登ってきたら・・
あり得ない事だが、想像すると結構堪えるものがある

堪えたでもう一つ思い出したんだが・・付き合ってくれ

ボートに移る前は、お決まりのジェットから始まった
その時の体験なんだけど・・
N川はゴキジェッターの集まるメッカとして有名だったが、スロープもあり
便利だったので、いざこざを避けながら良く走りに行った
その日も、何時ものように集会場なみの賑わいを見せていた
頭の悪そうな女性、いい所をみせようと必死なゴキ達
女房を後に乗せて、まったりと走っていたら物凄い勢いで横を走りぬける
後に女を乗せたゴキ操縦のジェット・・見ていても無謀だった



56 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 08:23

>>55 続き
N川を下流に向かうと橋脚が3つある、その一つに突進していくのが見て取れた
たぶん、橋脚寸前でターンでも決めて女にいい所を見せようとしてんだろうが
仲間のジェットの引き波が水面に残っていた
引き寄せられるように・・橋脚に向かって行くのが見える
女性の「危ない!!」の悲鳴に近い声がジェットの爆音の中かすかに聞こえた
ジェットは橋脚に突っ込んだ・・俺のジェットの前70~80m位だった
救助・・事情聴取・・惨劇を見てしまった女房は精神的に参ってしまい
しばらくは口も聞けないくらいの衝撃を受けた
勿論俺も例外ではない、しばらくは『スイカ』も食えなかった・・

今でも、その時の女性の声が耳に残っている
かすかではあったが、確かに「危ない!!」だった・・

夏、お決まりのように海に漂うスイカやかぼちゃを見つけると
その時の二人を思い出す

板違いかもしれないな・・すまん

>>1 良い板だ、まったり行こう



58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 11:53

マリンスポーツに関する怖い話・・・確かに(((( ;゚д゚)))アワワワワ

越前クラゲの大量発生もキモーだったけど、船上の不審な音って確かに怖そう・・・。
毎年ジェットも事故がニュースで流れるけど、実際に見たのとニュースで聞くのでは
大違いだろうな((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 22:57

海最強。一枚板の下は何がいるかわからないよ。



60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 04:32

>ゴキジェッター
殺虫剤ですか?




61 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 08:05

>>60 殺虫剤でもかけてやりたい、水上の珍走団の事
>>58 複雑な気持ちだよ・・説明なんて出来ないかな
今年もシーズンが始まると、同じような事故が多発する
ルールやマナーを守れば、楽しいスポーツなのだが現状はそうは思ってくれないだろ
陸上のバイクも今は棲み分けが出来ているようだが
一時期は、バイク=暴走族と見られた時期もあったしね
それと同じ事が言えると思うのだが、払拭するには時間が掛かると思う

N川は河口堰が出来て潮の干満の差がなくなってしまい、潮干狩りのように
「しじみ」を取る事も出来なくなってしまったが、昔はそんな事も出来たんだ
川の干満は激しい、満ちて来たら子供は早く逃げないと大変な事になる事もある
そんな事故の話を聞かされた事がある

子供が行方不明になった!探して欲しいとゴキ達に
必死に頼んだらしい、機動力もあるジェット、どうにか見つけたい一心で
神にもすがる気持ちだったんだと思う
しかし、答えは素っ気無く・・無視されたそうだ
消防団、警察の捜査の横を我が物顔で走り回るゴキ達
子供を見失った人が悪いかもしれない、しかし事故なんだ
事故の憎しみを向けらるに充分だと思った
子供は数時間後、ゴキ達の走り回る直ぐ下流で
二度と帰らない姿で見つかったららしい・・
俺は「すいか」を救助した経験があるが、この話の方が
怖いと思った



62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 12:03

言ってる間に海開きが近付いてきてるなぁ・・・体験仕立て、実況怖い話しもでてきそうな予感。
霊的なのは体験しようと思ってもなかなか難しそうだけど、
事故系は毎年必ず有るからなぁ・・・(((( ;゚д゚)))アワワワワ

海、川、湖の子供の水遊びにはライフジャケット(だっけ?)着用は必須と思うよ。



66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:30
海の怖さって、そこが本来人間の活動するテリトリーじゃないからっていうのがあると思う。

親父が趣味で釣り船(船外機タイプ)をもってて、消防のころによく船釣りに行ったんだけど
あるときイルカ2頭現れて、船の隣にならんでしばらく泳いでたことがある。
この話をすると(特に女の子)、大抵「カワイイ!」とか「さわってみた?」とか言われるんだけど
もう全然そんな余裕なかった。海に穴があいたみたいな不気味な真っ黒いカタマリで、
見てると引きずり込まれそうになる。怖くなって操舵室に隠れて(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルしてた。

水族館のような人間に絶対有利な場所から眺めるのとはまったく違う生き物だったよ。
海ではそこの生き物が絶対の強者で、人間なんて落っこっちまったらもう手も足も出ない。
鯨とランデブーなんてよくテレビでやるけど、とんでもない肝っ玉だなあと思うよ。



67 :わたしのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 08:45

>>66 確かにそうだね『海に穴があいたみたいな不気味な真っ黒いカタマリ』
的を得た良い表現だと思うな

海で不思議な事を体験する度に、正直怖いと言う気持ちになってくる
その海に棲んでいる生き物に、同類の恐怖を感じても間違いではないよ
消防の頃、地球以外の星には生き物はいないと教えられ
その説明も生き物が住める環境ではないと言われ続けた
少し大人になると、なるほど・・と思えるようになったけど
消防の俺には、人間には棲めない水の中に生物がいるのに
なんで火の中に住む生物はいないのだろう?
いても不思議ないよな・・
なんて、思っては宇宙人の存在を信じてた

前出の、女房の言葉を借りれば
「海には魔物が棲んでいる」となるんだけど



82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 00:28

>>66.67
昔のヨーロッパの海図にはイルカやクジラが怪獣みたいに描かれているけど
なんとなく分かる気がするね。
お二方も海に出る時はくれぐれも気をつけて下さい。




74 :コピペ:03/04/07 02:03
去年の夏。友人達と三人で酒を飲みながら夜を過ごしていました。
気が付くと時計は4時10分。
そろそろ寝ようかと思った時、いきなり何を思ったのか友人が
「朝日を見に行こう!」って言い出したんです。
自分は寝たいと言ったのですが、もう一人の友人も「行くか~」
と言い出し、結局ちょいと遠い所にある断崖絶壁の灯台の見える近くの丘に
車で行きました。
眠たい頭でボーとしながら待っていると、少しずつ空も明るくなってきました。
やがて5時になって、もうすぐ出ると思ったその時、友人の一人が
「なぁ、あそこに誰かおるぞ」
と言い出したのです。「はぁ?」と思い、友人の指差した方向を見て驚きました。

灯台の断崖絶壁のを、人が這い上がって登っているのです。
初めはロッククライミングかと思いましたが、こんな時間にやるわけがありません。
ひたすら三人とも無言でその異様な光景を見ていました。
そして最初は一人かと思っていたのですが、気が付くともう5,6人ほどいます。
そしてさらに崖を登る人はまた一人増えました。
海の中からです。海面にいきなり顔が出てきたかと思うと、そのまま崖を
登り始めるのです。少し遠すぎて、顔は分かりませんが、皆普通の服装で
男も女もまじっています。
「何かやばいって、逃げよう」
友人がそう言いました。
もちろん皆ここに居たく無いので、すぐに車に乗り込み、灯台を後にしました。
あれから2度ほど灯台に行きましたが、そんな事は起こっていません。
良く地元では自殺の名所と言われていますが、
あれが何だったのかは今でも分かりません。
ただ、断崖絶壁の崖を人が海の中から出てきて登り始めるという光景は、
今でも思い出しただけで背筋がぞくぞくします。




83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 01:41
んじゃー地元の都市伝説っぽいので既出かもしれませんが怖い話@沖縄

ある大学生が車を二台出して6人で海水浴に行きました。
途中、道に迷ったので、丁度人気の無い路地でお婆さんを見かけて、
先発の車の運転手・Aくんは車を止め、後部座席のBくんに道を聞かせました。
ところがお婆さんは「私が見えるんだね」と言ったままニヤニヤ笑っているので、
Aくんは気味が悪くなって車を出しました。後ろの車が後に続きました。



84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 01:43

昼過ぎになって海につきました。
後ろの車に乗っていたCくんが不思議そうに「何故あの時車を止めたの?」と聞きました。
Aくんが「お婆さんに道を尋ねた」と答えると、C君は黙りこんでしまいました。

海に着くのが予定より遅くなったので先に食事をしようと食堂に入りました。
テーブルにつくと、店員さんが7人分の水を持ってきました。
気味が悪くなったCくんは、とうとう「あの道には誰もいなかった」と言いました。
同じく後ろ車に乗っていたDくんは、
前の車の後部座席に途中から一人増えていたのを見たと言いました。



85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 01:45

6人は気を取り直して海で泳ぐことにしました。
しかしお婆さんと話したBくんが行方不明になりました。
5人は必死で探しましたが、とうとうその日Bくんは見つかりませんでした。

数日たって、Bくんが遺体で発見されたと警察から連絡がありました。
Aくんたちは確認に呼ばれ、遺体を置いてある部屋にはいりました。
警察はシートをめくって顔を見せました。
顔は変わっていて、おそらくBくんだということしかできませんでした。



86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 02:05

でもAくんは、遺体にかけられているシートがおかしいことに気づきました。
シートはBくんの身長よりもずっと長く、ボコボコしていました。
警察にシートの下を見せて下さいと頼むと、警察は「見ないほうがいい」と答えました。
それでもAくんは見せて貰うことにしました。

警察が渋々シートをめくると…
Bくんの胴体に、お婆さんの遺体がしっかりと抱きついていたそうです。

以上長文すまそ。
4つ目なかなかカキコできなかった。連続投稿だから?




96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 15:23
海にまつわるっていうか、ビミョーな話で恐縮ですが強烈なのが一個だけあります
俺は、今は東京で暮らしてる田舎モンなんですが
中学二年の頃の話で、家では裏戸一枚で続く畑(庭?)でヤギを飼ってたんですよ
つがいで飼っていてその頃は仔ヤギが二頭いました
一頭は産まれて四ヶ月ぐらいの赤ん坊で
なついてて可愛いからってよく座敷に上げて遊んでたんです
爺さんとか親には不潔だからやめろって怒鳴られましたが
それでも懲りずに座敷に上げてたんですが
そしてある日、裏戸に仔ヤギが左後ろ足を挟まれて怪我をしたんですよ
血が出てる足をびっこ引きながら悲痛にメェメェと鳴きだしたんです
その時、親父と爺さんが農協から帰ってきていて全てがばれて殴り飛ばされました
獣医に診てもらうと挟んだ部分の太い血管が潰れて出血したから
じきに弱って死ぬって言われたんです
俺はハクジロウ(仔ヤギの名前)が死んだらお前のせいだって爺さんに言われて
どうにかして助けようと思ったんです



97 :上の続き:03/04/10 15:24

無い頭で必死に考えた結果、俺は最悪の事態を引き起こしたんです
その日の晩、学校の理科で海水と血液は中身が非常に似ていると教わったことを思い出し
爺さんの持ってた剥製用の注射器に潮溜まりから汲みんだ海水の上澄みを満たし
夜中にこっそりヤギの小屋に行きハクジロウに助かってもらいたくて輸血のつもりで注射したんです
そしたらゲェーッと長く絶叫して目が飛び出て耳鼻口から血やらゲロやら噴出して死んだんです
驚きと恐怖のあまり俺も吐き戻しました
家族が即行で小屋に来てゲロまみれの俺はもう死ぬのかと思うぐらい殴られたうえ
母ちゃんは私は気違いを生んだ、って号泣する始末
翌日から中学を卒業して仙台市内の寮がある高校に行くまでは
家族や親戚からは一線を引かれた扱いを受けました
あの夏の夜からもう十三年とちょい
ゴメンネ、ハクジロウ、
我が家族一同様、ソロソロ、ユルシテクダサイ
この文章を御覧の皆様、海とは関係が薄い上に長くなって申し訳ないです
では



98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 16:04

sugeeeee話だ



99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 16:18

(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル



101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 17:54

>>97->>98
非常に引き込まれるような話でした

スレ違いも甚だしいけれど聞いて下さい
俺の家にポインターがいました、親父の趣味の狩猟のためだけにです
シーズンの時の扱いは、それこそ最高の扱いでしたが
シーズンが過ぎると、僕から観ても酷い状態でした
その時だけ、僕の「友達」としての彼の存在がありました
そんなわけで、フィラリアにかかり獣医にも見放されたのです
最後の日・・もう駄目である事が分かる状態で、僕のひざの上に乗り
赤ん坊の時のように甘え・・苦しみを訴えました

それを観るのが辛い・・と言うよりも、早く楽にしてあげたいと思いました
虫の息を繰り返す、それでも目では死への恐怖を訴えるようでした
俺は口を閉ざし、鼻を塞ぎました
普段そんな事をしよう物ならば、吹き飛ばされるくらいに体力もありましたが
もう、その時には無力・・力など残っているはずはありません
それから、大きな息をして・・それなりに器官は止まりました

僕は友達を殺したと言う気持ちを今でも持ったままです
死・・それは非常に俺を敏感にさせます

スレ違い、申し訳ありませんでした
思い出してしまい、誰かに聞いてもらいたくて書きました




106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:40
凄い話が続いて、俺の話が下らなくなっちゃうけど・・

ボートを預けてある湾には幾つもマリーナが点在していて
湾内ならば、風やうねりの強い日でも相当の事が無い限りはボート遊びが出来る
去年の夏、俺の預けてあるマリーナとは別のマリーナのスッテカーを貼った
船自体はちょっと前のモデルだが、いかにも免許取立てといった感じの
お父さん操船の5人家族の船を見かけた
ちょっと高い波を、舷の横で受けていたり
波に船を横乗りで上げるような操船をして、見ていても危なっかしいのだ
子供達はそれでも楽しそうだし、海っていいよな・・なんて女房と話していた
しかし・・何かが変?一見仲の良い何処にでもいる家族なんだけど
気になり始めたので、その船の50mくらいまで近寄ってみた
お父さん、お母さん、お姉ちゃん(8歳くらい)妹(5歳くらい)弟(4歳くらい)
両親と娘さん二人はライフベストを着ているのだが
男の子はライフベストを着ていないのだ
その時は、子供はベストを嫌がるし、危ないな・・なんて思っていたんだ
軽く挨拶をしてその場を離れた



107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:41

その船ともう一度出会い、挨拶を交わした・・また不思議に気が付く
男の子がいない?
俺は、具合悪くなってキャビンにでもいるのだと思った

「こんにちは釣れましたか?あれ?僕ちゃんは具合悪くなっちゃったのかな?」
俺が話しかけると・・

「家は娘二人だけなんですよ・・」

俺は気まずい思いで「お姉さん達が元気だから僕ちゃんに見えたのかな?」
その場しのぎのように、話をつくろった
俺も女房も確かに男の子が乗っているのを見た・・?

先週、その船に出会った
お父さんも操船が上手になっていたし、家族4人しか見えなかった

その話をぶり返した俺は、船上で女房のビンタを数発喰らった・・



108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:10

>>その話をぶり返した俺は、船上で女房のビンタを数発喰らった・・
ガクガクブルブル




131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 22:50
鮫にあったことはないなぁ。

微妙にスレ違いだけど。
7年ぐらい前、俺が小学生の頃の話。

その頃俺は小学校の野球部に所属していて、その日は日曜日。
どこぞの大会にでるため父兄の車に分乗して試合場である河川敷のグラウンドに向かった。
試合場についてもまだ試合までには大分時間があるので、何人かのチームメイトと
その辺を探検していた。
そしたら川岸に濡れた小さな段ボール箱発見。
エロ本だ!
誰もがそう思った。
きっとあの箱の中には大量のエロ本が隙間なくぎっしりと詰まっているはず。
皆でその箱を囲むように円陣を組み、勢いよく箱を開ける。
すると、中に詰まっていたのものは
両の目玉が飛び出て今にもポロリと落ちそうな、子猫の水死体でした。
誰かが箱に詰めて流したのか。
それとも捨て猫として箱に入れて放置しておいたところ、潮が満ちてきて溺死したのか。
とにかく惨い有様でした。

初めて水死体をみて、ああ、こんなになるんだなぁと思ったそんな淡い思い出です。




132 :フロッガー:03/04/12 23:41
20年近く前になりますが、私が小学校3年生頃の夏休みの話です。
その日私は父と実家近くの防波堤に夜釣りに行きました。(ちなみに実家は千葉の田舎です)
対象魚はアナゴ。イカの切り身を餌に、ぶっこみ釣りをしました。
現場には20時頃に到着。有名な釣り場なので、他の釣り人や夕涼みがてらの見物人も多くいました。
それぞれ仕掛けを投げ込みます。
父は古くて重い投げ竿を使っていました。当時の私が抱えるとヨロヨロした記憶があります。
仕掛けを投げ込んでしまうと、魚がかかるのを待つだけです。
父は私を番に残して、トイレにいってしまいました。
残された私は、ぼんやりと夜の海を眺めていました。



134 :フロッガー:03/04/13 00:06

続きです
しばらく経った頃、すぐそばで何かガタガタ音がするのに気付きました。
脇を見ると、父の竿が揺れ、リールの金具が防波堤のコンクリートと接触して音をたてているのです。
なんだこれは?と思っているうちに、竿は海に向かってズルズルと動いていきました。
何かが仕掛けに掛かっています。竿を押さえなけりゃ、と思いました。
その反面、あんな重い竿を引きずる魚なんて信じられず、驚きのあまり身動きができなかったのです。
そうこうするうちに竿は海に落ちてしまい、沖に向かって一直線に進んで行きました。
いつのまにか戻って来ていた父は、あ然としていました。周囲の大人達も驚いていました。
結局その日は、予備の仕掛けを出しても釣果は上がらず、早々に引き上げました。
竿を持っていってしまった魚の正体は、未だに分かりません。個人的には大きなエイではないか、と思うのですが。
海の底知れないところは、東京湾内でもこういったことがあることです。




138 :オキ:03/04/13 04:38
新スレおめ!(おそっ)
てなわけで、久々にカキコ。
またもやまったり、トロくいくので、嫌なかたは飛ばして下さいませ(スミマセヌ)

皆さんは『夜さで』ご存知ですか?
多分、うちの方言なんでしょうけど、説明しますと、夜にニナ貝やら子サザエやらを浜辺に取りに行くんですけど。
夜になると、昼間深めの所に潜んでいる貝やらが、ワラワラと浅い所に上がってくるんですね。(何でかは知りません)
『夜さで』に行くのは夏のみなんですけど、(やっぱり冬は水が冷たいからかとおもわれ)夏の夜の海って、昼間よりも水温が高いんですよね。(これも何でか知らないけど)
浅い所だと温水プールなみでして、子供心にも気持ち良くて嬉しい。→続く



139 :オキ:03/04/13 04:54

そんな、『夜さで』に出かけた時の話・・・

ただでさえ、膝下位の所に、それはもう踏み場も無いくらい貝がいるので、潜る必要は無いんですけど、小学生の身長位の深さの所までいくと、サザエなんかも結構大物なんですよね。
私や弟は子供だったので、やっぱり海に入ると「泳ぎたい!」と思ってしまい、懐中電灯片手に暗い海に頭までつかり、大物を狙うわけです。
それは、うちの父も例外無く(←子供と一緒の父なのです)
懐中電灯片手に、真っ暗な海中を探るというのは、なかなかスリルがありました(今にして思えばよくそんなことできたな、と)
懐中電灯で見える範囲ってのは、空気中とは違い海中ではかなり限られますから・・・→前置きナガイナー



140 :オキ:03/04/13 05:10

ここからは父の話な訳ですが(やっぱり父なのです)

ニナ貝なサザエは結構岩に生えた海藻の下あたりにいることが多くて(日本海側と太平洋側は違うと聞いたことがあるんですが、うちの田舎はそうです)父はその時、自分の身長位の深さの所で海藻をかき分けて、大物を狙っていました。
潜りながら髪の毛のような細い海藻をかき分けているうちに、
「ガリッ」
と何かに咬まれたそうです。
「チッ、海蛇かアナゴか!?」
とその咬んだものの正体を突き止めるべく、ライトでその辺りを照らすと・・・

海中に揺らめく髪の毛の真ん中に、目を見開いた『カオ』があったそうです。→もう少し続く



141 :オキ:03/04/13 05:28

それを見た父は、それの正体をそれ以上確かめることもせず、さっさと私達を陸に上げ、とっとと家路についたのでした。
その時私達は、なぜ急に帰る命令が出たのかもわからず、ブーブーと文句をたれて家に帰ったのですが・・・
父の人差し指には人間が奥歯で咬んだような咬み傷が残っていました。
「あれが、えべっさん(水死体)か、へんなバケモンみたいなもんかは解らん。でも、あげなもん夜の海中で発見したら、心臓が止まるだら(爆ワラ)」

そんな父をみて、あんたの心臓が止まらなくてよかったよ、そして見たのが私じゃなくてよかったよ、と思う私でした。
→水死体なら、どっかに報告とかしなくていいの?と、私が思ったのはずいぶん後の事でしたが。

実際あったことではあっても・・・
あんまりオモシロクナイし。
すいません。さげてないし。




147 :不良船員の倅:03/04/14 19:50
友人が体験した、まあ(本人以外には)笑い話なんですけど。

友人が大学生のとき、夏休み中に仲間ら数人と青森県に旅行した。
それで波打ち際に露天風呂があることで有名な、不老不死温泉に泊まった。
夜、さんざん飲んだ挙句、仲間のひとりが「酔い覚ましに露天風呂行こうぜ」
って言い出したので、皆で入りに行った。
そのうち一人のバカが、「あー、熱いー」とか言って、真っ暗な夜の海に
飛び込んだが、すぐ「ウギャー!」って悲鳴を上げ、気絶して浮いて来た。
友人らはすぐそいつを引き上げ、救急車を呼びそいつはフルチンで搬送
されて行った。暗くて状態が分からなかったので、急性アル中と思ったらしい。
翌朝、友人が現場を見に行ったら、露天風呂の周囲はおろか、海一杯に
「カツオノエボシ」らしきクラゲが大量に浮いていた。
まあそんな訳で旅行は中止して、搬送先の病院へ他の仲間たちと見舞いに
行ったが、首から下全身がムチ打ったようなミミズ腫れで、主治医に
「おまいらアフォでつか?ショック死寸前だったんだぞ」って、小1時間
とは言わないものの、こっぴどく怒られたそうだ。
まあ、お盆過ぎの海なんて、クラゲだらけなのは常識な訳で(日本海側限定?)。

だから夜の海は怖い、ってオチでした。



152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 12:23

>>147
救助した他の友達も被害に遭わなくて良かったと言う感じですね・・
友達も共倒れで、そのまま全員意味不明な攻撃を受けて
なんて考えたら、怖いよ・・怖すぎるよ!


153 :不良船員の倅:03/04/15 23:52
そーです。不老不死温泉の露天風呂の周囲は岩場になってるので、岩の上から
引っ張り上げて救助=二次災害はセーフだったんですね。
満潮だったのも幸いしたようです(満潮時は露天風呂の縁の15センチ下くらいが
海面になりますので)。
ゆえに、満潮時で波が高いと露天風呂には入れなくなるんですが、でもここから
入浴しながら見る日本海の夕日は最高のロケーションですよ。
ちなみに混浴です(笑)。




172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 10:12
災害復旧工事のコンサルタントとして招集され現地に出向いた
まだ若造の俺は、パシリ同然で右往左往するのが精一杯だった頃の事
死者行方不明者を数多く出した現場は悲惨極まりない
被害のもっとも大きかった地域は、家屋は倒壊し道路も寸断され
復旧の見込みは見えないくらい思えた

災害から10日以上経ったある日
何時ものように仕事を終えて、同僚と連れ立ち港の横の銭湯に出向いた
小さな川が港の横を流れていて、前日の雨で山崩れの土砂と一緒に流れも急だ
そこで俺達は見た事を一生恨むものを見つける事になる・・

何気なく同僚が川を覗いていた・・声にならないような声を上げ指差す方向を見た
小さな橋の下の砂だまりに、人と思える姿が横たわっていた
以前も同じような家畜の屍骸を幾度か見た事があったが、明らかに家畜ではなかった
どうする・・どうする・・と言いながらも近寄って行った

もう、警察に通報出来るほど冷静ではいられなかった
家畜の「おろく」と人間とは一緒にはならないが、人間の方が悲惨だ
その場に並んで海に向かって嘔吐・・
通りがかりの住民に事の次第を説明すると警察に通報してくれた

上流の被災地から雨で運ばれてきたのだろう
その少年の事を考えると、その時の状況は文字には出来ないが
あえて書くとしたら・・

フナムシと小さな蟹の布団を頭から被っていた・・だけで解ると思う

当時の話を当時同僚だった友人が、何かの席でポツリともらしてしまった
その場の流れで、ついうっかり会話に入ってしまった俺

同席していた女房に、友人共々往復ビンタを食らったのは言うまでもない・・




178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 18:00
どのあたりか知らんが、七人みさきってすっげーやばいときいたことがある。
七人てキーワードで民間伝承なんだろうが、海で溺れたやつが
七人引き込まないと成仏できないとか、一種のタタリ神とかなんか。
実際はどう扱われているんだろ。ほんとにヤバいん?

くわしく知ってる人います???



181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 20:43

>>178
七人ミサキは7人組の幽霊で、人を殺すことで、
7人のうちの殺した人数分のメンバーが成仏し、
かわりに殺された人が七人ミサキのメンバーに入るといわれてる
高知県とかに古くから伝わる幽霊。
googleで検索すればいくらでも出てくるかと。



185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 06:57

前スレからコピペ

858 名前:七人ミサキ その1 投稿日:03/03/04 01:13
>>857

七人ミサキは地域によってパターンが違うね。
元は、高知の長宗我部家の親族(だったと思う)が虐殺され、その怨霊が出てくるというのだが、
高知県下全域にその話が伝わって行ったのだよ。

共通点では、

1 怨霊は7人編成
2 一人の人間を憑き殺すと、7人のうち一人が成仏し、新しく死んだやつが七人ミサキに加わる
3 山間でも海沿いでも、「四辻」に現れるパターンが多いそうだ

ってことです。





186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 06:58

859 名前:七人ミサキ その2 投稿日:03/03/04 01:14

漏れの小学校は海沿いの地域だったので、海のパターンで語られてました。
以下、当時の記憶を思い出して書くと、

・・・昔、地元の漁師が漁に出かけたそうだ。
手漕ぎ舟で沖へ行き、漁を終えてから岸へ向かっていると、魯が漕げなくなった。
漁師が魯を見ると、長い髪の毛が束になって絡みついていた・・・・・。
漁師が岸に着くことは無かった・・・・。

それからしばらくの間、漁師町では住民の怪死が続き、戻ってこなかった漁師の数を含めると七人に上った。
そんなある日、暗い夜道を行く男が居た。
夜は暗く、不気味であり、遠くから波の打ち寄せる音が響く・・・・

いつも通る道なのに雰囲気が違うことを察し、早足で四辻を通るその時、
男の行く手に人影が見えた。
「若い衆の夜這いか・・・」と思ったが、静かである。
精力旺盛な若い衆ならば、あんなに静かなはずが無い、とふと思った時、暗闇で見た相手の顔は、
行方不明になっていた漁師であった。

「・・・!?」男は驚いたままの表情で固まった。
気絶したわけではなく、その場で絶命した・・・・・

その時、男とは別に四辻に近づく者が居た。
いつもとは雰囲気が違うことに違和感を感じ、ふと空を見上げると、この間行方不明になっていた漁師が光りながら空へ登っていった・・・。
以降、この四辻を夜通る者は誰も居なくなったのである。

*水木しげる大先生の本では、山のパターンでは「七人ミサキ」は山伏の格好で描かれていますた。





194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 20:25

ミサキ=御先神
(本体の神の先駆け神が独立したもの。主神を離れて自在に出没する。)
神が零落して妖怪になった点では他の妖怪と同じ構造。
従って出る場所は海でも山でもOK。




189 :金土日 ◆B/2ch/ss26 :03/04/23 09:11

>>186
いつも思うんだけど、
漁師が「岸に着くことがなかった」のに、何故
「長い毛が束になって絡み付いていた」ことがわかるのかとか、
男が「その場で絶命した」のに、何故そこに
「行方不明になっていた漁師」がいたのがわかるのかとか
突っ込むのは無粋なんでしょうか?



190 :↑:03/04/23 10:00

話はずれるが
実話を売りにしてる、怪談でソレをやられると萎える
昔はよくあったなぁ



196 :前スレ858:03/04/24 00:06

>>189
主席、そのような突っ込みはケケ田主役に「どうして大学逝かなかったの?」と質問するのと同じくらい無粋です。

http://kochi.cool.ne.jp/tosa/kamisibai/kamisibai-5/misaki-1.shtml

こんなページが出てきました。
7人ミサキの元ネタはこれなんですが、漁師伝えで方々の町にも伝わってます。



203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 20:05

>>196
紙芝居っていうのがなんか味があります(w


東予の昔話  天狗岩の七人みさき

垣生の東海岸に古垣生という、垣生で最も早く人が住んでいたという所がある。
そ の古垣生の北の端に、岩が天狗の形に似ているといえば似ているというので、
誰いうともなく「天狗岩」と呼んでいる岩がある
(今、新居浜東港の埋め立てで陸地に囲まれた形)
昔、その近所でかわいい娘さんが、身を投げて自殺した。
それ以後、その死んだ娘さんが、七人まで人を海に引っ張りこんで、
死者の仲間にするのだとか、いったとか。で、垣生の人は
「天狗岩の近くで海水浴をしていると、七人みさきに引っぱりこまれるぞ。」
と言いつたえている。

http://www.ehime-net.ed.jp/niiko/relation/lib/lib9909.html (*リンク切れ)
(愛媛県新居浜)
こんなのもありました。
やはりキーワードは「7」なんですね。不思議。



204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:19

7=聖数 目出度い方の神様でも七福神があるが、多い方がいいって八や九には増加しない。
目出度くても禍々しくても構造は同じなんだ。




218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 16:03
217ですが、大して怖くもないが夜釣りに行かなくなったきっかけのような話を一席。
 俺は昔ある高校で国語の教師をしていた。そのときのことなんだが、着任してしばらくたってからの
こと、古い学校だったので勤続30年くらいの長老みたいな教師がいた。
 その彼があるときお茶を飲みながら俺の趣味の磯釣りに話題が及んだとき、「国語の先生はあそこの海に
つりにいっちゃ絶対だめだ。」と妙に脅すような調子で俺に言うのだ。



219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 16:12

その訳を聞いてみたんだがなかなか教えてくれない。しつこく聞くと断片的に次のような話が
わかった。その以前に国語教師が一人で夜釣りに行ってとうとう帰ってこなかったことがあっ
たそうだ。結局いろいろ探したが遺体もあがらず困ったあげく、故人の飼い犬を連れて故人の
車が乗り捨てられていた場所に連れて行ったところ一緒に行った人を連れて故人の遺体がテト
ラに挟まれて沈んでいた場所まで案内したそうだ。そこには変わり果てた国語教師の姿が。
ここまでは立派な忠犬の美談なのだが、



221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:44

その老同僚がそんな話をとつとつと話してはくれたのだが、肝心のなぜ国語教師だけが
そこに行っていけないのかは頑として教えてはくれなかった。
数学や理科の教師に対してはそんなことは絶対に言わないのに、国語教師の俺には「行くな」
の一点張りだった。
当時の俺も若かったからそんな注意は全然聞かずに夜釣りにも一人ででかけたものだ。
だからといってなにか禍々しい出来事が起きたわけでもない。



222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 18:04

その後、老同僚は退職しそんな話も忘れかけてしまっていた。退職した彼はまもなく
老人性の痴呆とやらになり、俺の疑問に答えられるような状態ではないと風の噂に聞
いた。彼が知っていた何らかの「秘密」は永遠に封じられてしまったといって良いだろ
う。

俺はといえばその後しばらくは夜釣りにも行っていたのだが、ある時別の関係から
こんなことを聞いた。俺が知っている国語教師の遭難はその学校の国語教師としては
2例目の事件だったらしい。つまりその10年ほど前にも国語教師が釣りで水死して
いたというのだ。



223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:26

老同僚はそれを知っていて新しい遭難者を出すまいと忠告してくれたのか・・・。
それを知るすべはない。
その話を聞いて俺は夜釣りはふっつりとやめた。夏でも日のあるうちに道具を
片づけてしまう。そのあたりから夕まづめを狙ってやってくる釣り師達は
「これから釣れるんじゃないか?」と言わんばかりの怪訝なまなざしを投げてくる。
次に遭難するのが俺だなんて信じてはいないが、ちょっと怖いのも本心だ。
夕暮れの海辺を車で走りながら「今日は無事だった・・・」とつぶやいている。

以上、怖くなかったろ?ごめんな。



230 :元国語教師:03/04/29 00:10

みんな、レスありがとうな。積年気になっていたことを一気にはき出した感じだ。
あの時からどういう死に方が俺にとって幸せか考えるようになった。
岸壁で磯竿を抱えながら静かに死ぬのも悪くないが、テトラに落ちてダイバーに発見
っていうのは是非ともさけたいね。死ぬときに人にはあまり迷惑かけたくない。
遊びで死んでられないっていうのは正しいが、そういう死に方も幸せっていう思いも
俺の頭のどこかにある。
つまんないこと書いた。読んでくれて感謝する。




290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/11 02:18
久しぶりに、海にまつわらせてください。
ようやく、以前、旦那に聞いた話を思い出しました。
ありがちな話で恐縮なんですけど。

それは、旦那との結婚が決まり、結納の日取りなどを話し合っていた頃だったと思います。
旦那は、漁船を下りて、手にしたお金でギャンブル三昧の日々を送っていたため、すぐにビンボーになってしまい、ちょっとしたつてで私の父が臨時で雇われていた海運会社に入社した(させられた)のです。
そして、その翌年には買い出しと偽られて見合いさせられ、気がついたら婚約させられていたのですが、その頃に、その会社の社長が病死してしまったのです。
裸一環で会社を一から築き上げた人でした。少々ダーティなことにも手を染めていたに違いない、何かと噂のある人物でした。
葬儀が終わり、遺灰を一部、昔からの航路上に散骨することになりました。
船は何隻もいたのですが、たまたま、うちの主人の乗船している船に白羽の矢が立ちました。



291 :290=船乗りの妻3代目:03/05/11 02:23

そして、船に遺灰を積んで目的地点に向かう途上のことです。
主人は、乗員の中でも一番若く、かつ新人だったので、当直時間はみんなが嫌がる深夜から明け方にかけてでした。
洋上で、ぽつんと揺れる貨物船。主人が当直中の眠気ざましに、コーヒーを入れに食堂に下りていくと、
本来なら事務所で管理職にあるはずの古株の船員が散骨のために乗船していたのですが、その人がテレビを見ていたのです。
普段はあまり見ないBSをつけていました。
「眠れないんですか」と主人が声をかけると、
「もう少ししたら、寝る」と言って、そのままテレビを見続けていました。
主人も当直の最中なので、それ以上の会話もなく、すぐ船橋に上がっていきました。
しかし、テレビなら各人の部屋にもあるので、ちょっと変な感じがしました。
そして、当直時間が終わり、船長と交代してして、また食堂に行くと、まだその人はテレビを見ていたのです。
主人は、しばらくその場にいたのですが、普段は豪快でよくしゃべる人が、なんとなく大人しいので、
やっぱり社長が無くなったせいなのだろうと思っていたのです。

後日。
航海中に、その夜のことを船長に話すと、
「うん、出たらしいね。あの部屋にね。やっぱり社長もあの人にはけっこうな弱みを握られていたから、釘を差しにきたんじゃないのかな」
と言っていたそうです。

つまらなくて、ごめんなさい。




293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/11 23:57
海に釣りに行くたびに前スレで出た「鳴く魚」を釣りたいと思っているが
未だに釣ることが出来ない。
生きてるうちに是非一度はこの目で見てみたい。



294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 00:25

>>293

どのあたりで釣ろうとしてるのかな?
海域とか水深とか、時期とかさ。



295 :金土日 ◆B/2ch/ss26 :03/05/12 09:08

>>293
知っていると思うけど、深海魚には「鳴く」魚がいるよ。
例えばグチ(かまぼこなんかの原料になる)とか。
浮き沈みを調整する袋が水圧の関係で鳴るんだけどね。



296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/13 14:46

>293
モンガラ系は殆ど鳴きますよ。
クロモンガラ、タスキモンガラ、ムラサメモンガラ、ムスメハギ等々。
私は潜るので、いつも水中で音は聞こえますが。
ダイバーや大きな魚が近づくと穴に逃げ込んで
ブブブブーとね、威嚇するんです。




257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 12:34
久しぶりで来て見ると、様変わりをしていますね・・

連休中は妻と海で、まったりと過ごして着ました
連休中は好天に恵まれ、4日の日に気圧の関係で霧が発生して20m先が
全く確認できなくなったくらいでした
プレジャーボートなんて、そんなに簡単には霧笛なんて持ち合わせていない
そんな時、プレジャーボートは自船の存在を他船に知らせる為にする方法があります
笛を吹く、又は音の出る物を叩く!のです
考えて見ますと、船上でバケツを必死で叩く風景も笑えますが
それを推奨しなければならない法律と言うもの笑えます・・・

好天に恵まれましたが、釣果の方は今ひとつでした
W湾は原発が点在しますが、その影響なのか船から海を覗くと
それはもう、無数のクラゲ!クラゲ!クラゲ!
魚群探知機も真っ赤に反応するくらいの数のクラゲ!
まるで、蜜豆の中の寒天と同じだと思うと良いかも知れない
それが船を取り巻くのだから堪らない
もしここで落水したら・・・
ゼリーの風呂には入った事はないが、そんな感触なのかな?等と
妙な想像をして、震え上がるのでした



258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 12:52

そんなクラゲの中に、茶色で足?触覚?の長い物がいる
そのクラゲが非常に厄介なのです
アンカーを下せば、ロープに絡み付いてきて、知らずに触ると・・
クニュ?トロ~?ネバ~?とした感覚で、非常に気色悪い
釣をしても、長い足が仕掛けに絡んでくるので困る
一緒に釣りをしている女房も大騒ぎで
止せば良いのに、触った後臭いまで嗅ぐもんだから・・・

その場で人工撒き餌

女房の撒き餌が、白いクラゲの笠?に巻き込まれているのが見えた
「あ!あのクラゲの笠に人参が・・あっちのはキュウリだ!」

俺は女房に「鼻くそ飛び出るくらいぶん殴られた」のは言うまでも無い



260 :金土日 ◆B/2ch/ss26 :03/05/06 22:36

>>258

ま た 殴 ら れ た の か よ !



261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 00:30

ワロタ 愛の形にはイロイロあるんだな(w








オープン・ウォーター2オープン・ウォーター2
(2007/12/21)
スーザン・メイ・プラットリチャード・スパイト・ジュニア

商品詳細を見る


海にまつわる怖い話・不思議な話  
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047792337/



*スレチなんですが>>96-97は凄まじいですね。人も簡単に殺せそうです。

スポンサーサイト

タグ: 怖い話 七人ミサキ

コメント

>96-97の低脳っぷりは異常

中学生だったんだから許してやれよw

助けたい一心だったんだろう。
親からも非難され、助けを得られるべくもない、そこで自分の知識を総動員した結果だったんだろうなぁ。

親もなんかおかしいな

幼児や小学生までならともかく、中学でそれはなぁ

死んだら、お前のせいだぞ なんて酷すぎね?

怒られてるのに何度も座敷にあげて、それで戸に挟まれて大怪我し、挙句に苦しませて殺してるからな
最初の所でやめてりゃ起こってない事故だと判断難しいな

やっぱり>96-97の話はインパクト強いな
当人も考えた末の行動で今は強く反省してるとしても、すげえ気分悪い

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/191-cda08ae4


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。