2008 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【また】ペットにまつわる不思議な話【会えるかな】 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


3 :本当にあった怖い名無し:2007/11/17(土) 14:44:04 ID:mfzb35530

またあえるといいね!

19 :本当にあった怖い名無し:2007/11/18(日) 07:44:33 ID:Upno//Dl0

  Λ,,Λ
 (´・ω・)
.c(,_uuノ

おかーさん。なんでボクだけ、ハダカんぼうやったん?
おかーさん。なんでボクだけ、シッポついてたん?
おかーさん。なんでボクだけ、おててつかんとあるけへんかったん?
おかーさん。なんでボクだけ、つくえでゴハンだべられへんかったん?
おかーさん。なんでボクだけ、みんなとオシャベリでけへんかったん?


おかーさん・・・。なんでボクだけ、さきにしんでしまうん・・・?




20 :本当にあった怖い名無し:2007/11/18(日) 07:45:50 ID:Upno//Dl0

  Λ,,Λ
 (´・ω・)
.c(,_uuノ

あのねあのね、あたちのママ、お勉強しにずっとずっと遠くの学校に行っちゃったの。
何であたちを置いていっちゃったのかな??あたち悪い子だった??嫌われちゃった??
ねぇ、ママ?いい子にしてたら迎えに来てくれる??
あたちいい子にしてる。おばぁの家で待ってるよ。
ママ…

あのね、ママ。。あのね、約束守れそうにないの。。あたちちゃんといい子にして待ってたの。
でも、あたちお星さまになるの。だからごめんねママ、あたち先に行くね。待ってるね。
ちゃんといい子にして待ってるね。。ママが来るまで待ってるね。。



24 :本当にあった怖い名無し:2007/11/18(日) 13:35:52 ID:VnFsBY6hO

>>19-20
そのコピペ貼らないでええぇ!!
…涙が出るじゃないか…(´・ω・`)




31 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 02:01:21 ID:WNhd692GO

こんな時間に>>19->>20で本気で泣いた(´;ω;`)



32 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 02:15:30 ID:QPqJ0kQdO

>>31
同じく。オカ板で泣くなんて…
思わず布団上のぬこをナデナデしたら猫パンチされた…。



25 :本当にあった怖い名無し:2007/11/18(日) 14:10:59 ID:j7f8OljMO

>>19-20に対する、お母さんのコピペもどっかで見たような気がする。
『あ~、面倒くさいな、アンタは。見てみい、お母ちゃんかてお手々2本、足2本や。ウンタラカンタラ』『ったく心配症な子やな、誰に似たんや?お母ちゃんかてお父ちゃんかてそっち行くさかい、心配せんで待っとき。』
みたいな感じで、読んでてわろたwwww



27 :本当にあった怖い名無し:2007/11/19(月) 07:42:19 ID:3pHBZTiZ0

>>25

> なにぐずぐず言うてんの。よう聞きや。
> 世の中どうしようもない事があるねん。
> いちいち愚痴言わんといて。
>
> よう考えてみぃや。
> かーちゃんとあんたらは目ぇが二つ、耳も二つ、鼻は一つで同じや。
> お口かて一つで中も同じような形してるがな。
> 体かて同じようにぬくいやろ?
> 同じ様にできてるんや。
>
> 死ぬ時っちゅうのは、たまたま早いか遅いかの違いで、かーちゃんもちゃんとそっちに行きます。
> 心配性な子やな。誰に似たんやろ。
>
> あんたらはかーちゃんの子やから。いつでも、いつまでも、かーちゃんの子やねんで。
> 不足言わんと、もうちょっとええ子にして待っといてちょうだい。




28 :本当にあった怖い名無し:2007/11/19(月) 14:11:02 ID:tutytglbO

>>27
また、その、オカンのツッコミで泣けるじゃないかああぁぁ!!



30 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 00:37:07 ID:ZQrcLYOt0

前スレで見たこれが妙に好きなんで張らせてください

犬   「御主人、信号が上です。止まりましょう」
飼い主「…8年。君も8年目だね」
犬   「ここの信号長いんですよね」
飼い主「人間はなんで長生きするんだろう…」
犬   「いい天気ですね」
飼い主「君ももしかしたら自由に公園を走り回ってたのかもしれない」
犬   「御主人、雨です。」
飼い主「私の目になってくれて……ありがとう」
犬   「御主人、目から雨が降ってますよ」
飼い主「これからは、ゆっくり……のびのびと暮らしてくれ…」
犬   「御主人、信号が下になりました。渡りましょう




11 :本当にあった怖い名無し:2007/11/17(土) 21:10:14 ID:mToZygPbO

もし
もし生まれ変われるならまた愛猫がいてほしい
もし二人が人間同士でも
ふたりが猫同士でもいい
とにかくふたりで居たい

逢いたい
なぜこうまで悲しませるの?
誰も勝手に死んでいいなんて言ってないよ?
戻ってきてよ
逢いたいよ



12 :本当にあった怖い名無し:2007/11/17(土) 21:16:32 ID:EepHyvll0

そんなこといってると墓場から腐った体をひきずって帰ってくるよ



13 :本当にあった怖い名無し:2007/11/17(土) 21:33:31 ID:lh4Kwgv+0

でも、11みたいなことは私だって思うよ。
なんで病気になったんだろう、なんで死んじゃったんだろう、会いたいなあ・・って。
そういうことを考えて、落ち込んで、いっぱい泣いた後は、こんなに悲しいのは○○ちゃん
といた時間がすっごく楽しかったからなんだ。。と、気づく。
○○と過ごせて本当に楽しかったんだ、ありがとう・・と、いうところに行き着く。
うちのワンコが死んで一ヶ月たったけど、私はこんな事を考えたり、涙したりして
過ごしている。
49日の間はたくさん泣いてもいいとか聞いたんだけど、それを過ぎたら側には
いなくなってしまうのかな?虹の橋で愉快に待っていて欲しいけど、いなくなるのは
寂しい気がします・・・。



17 :本当にあった怖い名無し:2007/11/18(日) 01:53:22 ID:f6Z7AD4JO

四十九日を過ぎたら早く土に帰してあげないと
いつまでも成仏できなくて
行き場もわからなくて
ずっとうちの中に居るよ…

ってお坊さんに言われたので
ずっと(もうすぐ1年)
骨壺のままそばに置いてます^^

ホントはダメなんだろけどねw
魂さえも失くなってしまうのは
納得できないので。



33 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 02:26:12 ID:qKXyX5UKO

愛猫が亡くなってから何日かして親が愛猫の夢をみたらしい
花や草がある広い草原で沢山の猫と楽しそうに遊んでたらしい。愛猫は生前 他の猫と遊んだことも触れ合うこともないまま命を落としてしまった。
ずーっと罪悪感がある。
親は、生前できなかったことを あの世で実現させてるのよ。私 達にそれを教えてるのよ。
と言った。

それからしばらくして犬を飼った。自分は犬には悪いが心から喜べないでいる。
愛猫亡くして四十九日過ぎてすぐ飼ったから、愛猫に申し訳ないしまだ愛猫を愛してるからだ。あーすればよかった
こーすればよかった
など、犬に何かするたび愛猫を思い出しては後悔の日々…

だけど最近 犬に少し変化があった。愛猫がよく食べていたものを犬が食べようとしていた
愛猫のしぐさも、犬がするようになった
愛猫が乗り移ったのかな…
そうだと少しうれしいが、
犬に、ちゃんと愛せない自分に違和感がある
ごめんよ
本当にごめん

たまに犬が寂しい目で自分をみる
凄く胸がズキンズキンして、涙がでそうになる


あぁ自分は重症だろうな…



34 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 02:47:42 ID:t6RKQB2/O

俺が小1の時、『ロッキー』と言う名の秋田犬が我が家にやってきた。
『ロッキー』は父の会社上司が飼っていた秋田犬3才♂。その上司が海外に長期転勤になった為、部下の父が引き取る(半ば無理矢理やしい)形となり、我が家にきた。
ロッキーはさすが上司に飼われていただけあって、ドックフードは食べず、母が作った料理も肉のみを食べるという偏食があった。
もちろん3才になっているので体もでかかった。
今まで上司の家族と過ごしていたのが、急に我が家に来たからか、全く言うことも聞かず、というか、父や母に対して牙を剥きながら唸り、威嚇していた。
しかし、なぜか俺には心を開いていた。ロッキーが飯を食っている側に寄っても吠えないし、もちろん体も触れさせる。
俺は自分より大きなロッキーという家族が出来たことに喜び、いつも学校から帰ると真っ先にロッキーを連れて近所の空き地で遊んでいた。
今考えれば俺が遊んで貰っていたのかもしれない。
ロッキーは賢く、空き地へ行くまではおとなしく俺に並行して歩き、空き地に着いて紐をほどくと無我夢中で走り回っていた。
いつも俺がクタクタになるまで追い掛けっこをしてあそんでいた。



36 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 03:34:02 ID:t6RKQB2/O

ある日、俺とロッキーは遠足の菓子を買いに駅前の西友に向かった。
俺自身、当時一人で西友に行ったことが無かった。というのも、親に駅前は危ない(国道があり、人通りも多いから)と言う理由から。
けれど、俺はロッキーがいてくれればメチャクチャ心強かったし、何よりロッキーと二人で冒険がしたかった。

はじめはいつものように俺に並行して歩くロッキー。
だが、人通りが増えるにつれ、徐々に俺を引っ張りだす。「ロッキー!」と声をかけると、また大人しく俺の横を歩く。



37 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 03:42:58 ID:t6RKQB2/O

少しロッキーがいつもの落ち着きが無かったが、なんとか西友に着いた。
俺はロッキーを入り口付近のガードレールに紐を掛けて、5分ほどで駄菓子を買ってきた。
ロッキーにもご褒美にポカリと、うまい棒をあげた。食べないかなと思ったが、以外にガッツいて食べて、ポカリも全部飲んだ。
「さぁ、ロッキー帰りますか。」
「お母さん、俺とロッキーが二人で西友来たの驚くかな?」と楽しく会話しながら帰った。
ロッキーは周囲の車や人混みに少し、キョロキョロすることが多かった。



38 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 03:52:22 ID:t6RKQB2/O

国道添いの歩道をロッキーと歩いていた。
横断歩道や信号が無いので、国道の車は結構なスピードで走っている。
ロッキーは車が珍しいのか、車に気を取られているようだった。その時、
「プァップァーン!」
トラックの大きなクラクション音がした。
ロッキーは驚き、暴れだした。俺は2メートル程引きずられ、手綱を離してしまった。
ロッキーはパニックになり、前から来た自転車を避け、国道に入ってしまった。
「ロッキー!」
叫んだが、ロッキーは走る車を避けるのに必死で、なんとか国道中央のゼブラゾーンまで走りぬけ、そこでキョドっていた。



40 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 04:08:22 ID:t6RKQB2/O

俺は何度か「ロッキー!」と呼んだが、ロッキーは車に怯え、ゼブラゾーンから動けずにいた。
俺も車は恐かったが、『助けなきゃ!』と思い、車のタイミングを見計らって国道に飛び出た。
タイミングを見計らったつもりだった。
ロッキーを目前にして
『キキィー!!』
急ブレーキの音がした。右を見ると俺めがけて軽トラが突っ込んできていた。
俺は目を固くギュッと閉じた。
『ドン!』



41 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 04:21:53 ID:t6RKQB2/O

鈍い音がした。
周りからは「きゃーっ!」「跳ねられた!」「救急車!」様々な人々の叫び声が聞こえた。
「僕!大丈夫!」
大人が駆け寄ってきて俺の体を揺すった。俺はゆっくりと目を開けた。
俺は最後に軽トラを見た場所に転けていた。

けれど軽トラは前が凹み、ヘッドライトも割れていた。俺は自分の体を見たが、足を擦り剥いただけだった。

ふと横を見ると、血まみれになったロッキーが倒れていた。
慌てて駆け寄り「ロッキー!」と重いロッキーを必死で抱きあげた。
「ハァ、ハァ、、」弱々しく目を閉じたまま、か細い息をしていた。
もう一度「ロッキー!」と叫びながら揺さ振った。
俺はめちゃくちゃ悲しくなり涙でほとんどロッキーが見えなかった。ロッキーは
「クゥーーン」と甘えるような声を出し、あくびをするような大きな深呼吸をして、動かなくなった。
「ロッキー!ロッキー!」
何度呼んでも何度揺さ振ってもロッキーは動かなかった。
俺は国道のど真ん中で大声で泣いた。ロッキーを抱きながら。集まっていた野次馬の人たちの中にも何人か泣いてる人がいた。
俺の周りに人だかりが出来て、知らない大人が、
「坊や、このワンちゃんはな、坊やが車に跳ねられそうになった時、坊やを助けようと車に飛び掛かって行ったんや。」
すると違う大人が
「ほんまや、賢い犬やで!僕を助けてくれたんや!いつまでも泣いたらアカン!この犬まで悲しゅうなるで!」
と。
当時の俺は何を言われようが泣き続けていたが、
今、俺が生きているのはロッキーがいたから、ロッキーが守ってくれたから。

長文駄文ごめん



44 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 11:04:03 ID:85xz+TVM0

実家で柴犬とシーズーを飼ってる
2匹の散歩中に気が付いたら柴が居なくなってた
首輪もちゃんと締まってたし、紐を離したわけでもなかったのに。
残ってたのは首輪の付いたままの紐だけ
それで慌てて探しに行こうとしてるところで目が覚めた

目が覚めてから気付いたけど今年の3月にその子死んじゃってたんだ
臨終の瞬間にも立ち会ったっていうのに夢の中じゃすっかり忘れてた
もしかしたら会いに来てくれたのかなーと都合よく解釈してる



45 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 13:55:11 ID:DkkhuLWl0

鳥は空を飛ぶ子が多いから霊的に高位な動物らしい。
あとうちのゴルは鳥の日光浴中襲ってくる猫やカラスを退治してくれるよ、



46 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 14:05:32 ID:ilRyyMrX0

でもカラスだって飛ぶ鳥だよ、頭もいいし



47 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 14:27:37 ID:DkkhuLWl0

>>46
追い払うだけだよ



52 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 20:40:47 ID:oE7wuU5hO

ペット(犬)の死は
子供の頃に経験した
確かな記憶はあるが明日からはいないのか…
ぐらいの感覚だったと思う


大人になって
自分の意志で
ある意味パ-トナ-に決めた彼(犬)は

人で言う80歳


彼がヤバくなったら先に自殺しようと思ってる
彼の生命が終わるのを見たくない

気が狂ってしまうのが
目に見えてる

可能ならば
一緒に終わりたい。

でも彼は
難病を克服し

歩けない体になっても
私を支えてくれている

犬かもしれないけど
私を支えてくれている



53 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 20:47:39 ID:YxpdA0fL0

>>52
とりあえず死ぬ時は家とか売り払って富士の樹海で一緒に死ねよ?
自分勝手に死んで曰くつきの家や危険な野良犬をこれ以上増やしたらぶっ殺すからな?




54 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 20:51:11 ID:UONlh/xs0

>>53
怖がりさん( ´∀`)σ*)3`)




55 :本当にあった怖い名無し:2007/11/20(火) 20:56:28 ID:YxpdA0fL0

ウルセー( `Д´)≡○)∀`)



57 :本当にあった怖い名無し:2007/11/21(水) 06:46:04 ID:Am4g2w6e0

>>52
そうだ犬はいつも支えてくれる。自分が死んでも、尚支えてくれる。
このスレのシリーズでも幾つか話しが出ていた。
だから俺達は感動・感謝する。

お前が自殺すれば支えてくれる犬との繋がりは、そこで途切れる。
「生」を生き抜くことで虹の橋再会が約束されるのだろうな。





一頭と一人ガンガレ!



66 :本当にあった怖い名無し:2007/11/22(木) 20:20:03 ID:vfZJSssTO

24日(土) 夜7時 『オーラの泉2時間スペシャル10 ~愛の話・不思議な話』

1人目のゲストは、昭和の歌姫と称された故・美空ひばりさんの長男、加藤和也さん。
2人目のゲストは“香港から来た妖精”と呼ばれ、
瞬く間にスーパーアイドルまで登り詰めたアグネス・チャンさん。
アグネスさんの人生に大きく影響を与えた亡き父。
今、時を越えて届けられる亡き肉親からの愛のメッセージ。
あなたにとって大切な存在を、もう一度思い出してみませんか?

新コーナー『オーラな出来事』
今回取材したのは、スコットランドの郊外の町に実在する「犬が自殺する橋」
昨年スコットランドの新聞で報じられた、ある奇妙な事件。
犬が次々と飛び降り自殺をするというその橋で、犠牲になった犬たちはなんと50匹以上。
動物学者、専門家を交えながら検証を行う取材班だが、謎は深まるばかり。
地元の人たちや実際にそこで愛犬を亡くした飼い主を取材していくうちに、ある仮説が浮上した。
「あのポイントは、動物だけが危ないというわけではないんですよ」
愛するペットに忍び寄る危機・・・今も起こり続ける奇妙な現象の真相とは?
自然豊かな田舎町に佇む橋に潜む謎が、美輪・江原の視点から解き明かされていく。



72 :本当にあった怖い名無し:2007/11/23(金) 10:47:18 ID:jv5RAyAm0

他板からのコピペですがちょっと不思議だったんで…。

今日未明のネコ

眠っている私の夢に、突然CMが流れた。
「銀の○ら」によく似たキャットフードのCMが。
夢にもCMって入るんだねえ、と思っていたが、これが長い。
なんと長いCMか、と焦れているうちに目が覚めてしまった。
時間を確かめようと枕元の時計に視線をやると、娘ネコがこちらを凝視していた。
ついでなので起き出してキャットフードをあげた。

もしかしてテレパシーだったんだろうか。



73 :本当にあった怖い名無し:2007/11/23(金) 22:39:27 ID:qsqLQ0VS0

私は犬。
名乗るほどの犬ではない。
そこいらにいるただのワン公だ。
小さい頃に里子に出され、今の家に貰われてきた。
他にも兄弟がいたが、もうみんな生きてはいないと思う。
奔放で縛られるのが嫌な性格の私は、飼い主さんにたくさん迷惑をかけた。
そこいらにおしっこを掛けたり、他の家の犬に吠え掛かったり。
その度に飼い主さんに怒られ、時には手を出されたりもした。
だがその後には飼い主さんは必ず優しく撫でてくれた。
私はそんな飼い主さんの手と匂いが大好きだった。
飼い主さんが泣いていた日もあった。
そんな時は、私は黙って飼い主さんの傍に寄り添った。
犬である私に出来ることはそれぐらいしかない。
飼い主さんが遠くに連れて行ってくれたこともあった。
そんな時は、私は思いっきり飼い主さんと遊んだ。
犬である私はそうやって喜びを表現した。
長い年月が経って、私はもう目も耳もだいぶ悪くなった。
なにか病気に掛かっているらしい。立つのもつらくなってきた。
また飼い主さんが泣いている。
また何か悲しいことや辛いことがあったのだろうか?
私はふらつく足で立ち上がり、飼い主さんの傍に寄り添おうとした。
飼い主さんは、立ち上がる私に、震える声で「ダメ!」と声を荒げた。
また私の行動が飼い主さんを怒らせてしまったようだ。
だがその後は、必ず飼い主さんは私を優しく撫でてくれる。
私は目を閉じた。もう目は見えていなかった。だが飼い主さんの手と匂いは感じる。

私は幸せだった。



80 :本当にあった怖い名無し:2007/11/25(日) 16:50:34 ID:eBWQddfJ0

家の犬が死んで1ヶ月、17年も生きたので母はいまだに思い出すと泣いてしまう。
この子は母犬がどこかの通りすがりの野良犬にはらまされて出来た雑種の仔犬の
うちの3匹だでした。もらって家につれて帰ってきた時には父に黒い仔狸みたいで
どこが可愛いねんと言われた(3匹の中では一番不細工だったので最後のあまり
物でした)。
最初は庭で買う予定でだったので犬小屋も庭に作ったけど、あまりの性格と
そのしぐさの可愛さに家族皆魅了されてしまい、気がついたらいつのまにか
室内犬と化していました(毛のふさふさした中型犬の雑種なのに)。

その子が死んでしばらくして母の夢に出てきたそうです。その夢の中で母と父が
その子を散歩に連れている途中でいなくなってしまったそうです。方々を探し
回っていると知らない女の人がやってきて犬からの伝言があると母に告げた
そうです。犬は今他の人達のところで大事に可愛がられて幸せに暮らしている
から心配しないで、だからお母さんとお父さんは喧嘩をせずに仲良く暮らしてね
という内容だったそうです。

なんかこれって死んだわんこから母へのメッセージかなと思ってしまった。



82 :本当にあった怖い名無し:2007/11/26(月) 23:29:46 ID:6rR3dhgN0

だいぶ前に飼っていた犬。
その犬を買ったペットショップは
普段は絶対行かないような土地にあって、
車でも家から1時間以上かかる場所にあった。

買ったのは15年前のことだし
ものすごい小さな店で、正確な場所もわからなかったから
そのペットショップが今もあるのかすら知らなかった。


その犬が死んだ日のこと。

ペットの火葬場なんて何処にあるのかわからないから
ネットで家からなるべく近い場所を探した。
近所にひとつと、少し遠い場所にひとつ。

最初に近所のほうに電話したんだけど、たまたまその日はダメで
少し遠くなるもうひとつの場所で予約をとった。

はじめて行く場所にある葬儀場だからカーナビ頼り。
1時間ぐらいカーナビの示すとおりに進んでいくと
なんだか不思議な感じのする道路に。
ぼんやりとした記憶だけど、すごい昔に来たことがあるような。



83 :本当にあった怖い名無し:2007/11/26(月) 23:32:01 ID:6rR3dhgN0

カーナビで地図をみても、どこだかさっぱりわからない。
信号につかまったので、窓の外を見ると、小さなペットショップがあった。

横にバスとかがいたら見えなかっただろうし
反対車線を走ってたら気づかないような小さな店。

入り口を見た瞬間、すぐに思い出した。

その店にいる子犬に追いかけまわされたこと。
「この子のこと好き?」という親の言葉。
半泣きでうなづいた自分。

自動ドアのむこうに透けてみえる檻は15年前と変わってなかった。
あの子が入ってた檻の場所まで思い出せた。

「どうしていっしょに車に乗るの?」
「これからはこの子もいっしょに暮らすんだよ」

3歳だった自分は車の後部座席で
不安そうに震えてる、自分よりちっちゃな犬と寄り添ってた。

15年後、高校3年生になった自分は
40kgにもなる大きな犬を膝枕してる。

父親が運転する車、母親が助手席にいて
後部座席で犬と寄り添う自分。
全部が15年前といっしょだった。

すべてがはじまった場所に最後の最後で帰ってくるなんて
まさかとは思うが、グッっときた。




84 :本当にあった怖い名無し:2007/11/26(月) 23:35:00 ID:6rR3dhgN0

書いてて思い出した。
葬儀場まであと10分ぐらいの場所になったときも
微妙に不思議なことが起きた。
ほぼ一本道なのにいつまでたっても着かない。

道がいりくんでたわけでたわけでもないし
カーナビ見てもすぐ近くに目的地のマークが点滅してる。

ルートが悪いのかと思ってルート再検索しても
工事規制で迂回することになったりで着かない。

最後にもうちょっとだけいっしょにいたかったんかな。



85 :本当にあった怖い名無し:2007/11/26(月) 23:40:55 ID:6rR3dhgN0

>>84は葬儀場じゃなくて火葬場ね

あとペットタクシー?みたいな寝たきりのペットを
運んだりしてくれるサービスを死ぬ2ヶ月前ぐらいに
一度頼んだことがあったんよ。

火葬の帰り道、仏壇屋で線香を買って道路にでたら
目の前の車がそのペットタクシーだった。
地元で走ってるの見たのは20年住んでてそれ一回きり。
タイミング計ってたんじゃないかってぐらいドンピシャだった。



86 :本当にあった怖い名無し:2007/11/26(月) 23:42:25 ID:LuBHaZ/H0

不思議なこともあるもんだなあ。



88 :本当にあった怖い名無し:2007/11/27(火) 00:51:42 ID:2GgyKPBb0

ちょっとわかりにくてすいません。

犬が死んだときは18歳で、今は20歳です。
火葬の日から今日までもペットタクシーは
地元では一回も見かけなかったってことが言いたかったです。



89 :本当にあった怖い名無し:2007/11/27(火) 01:08:32 ID:i8qVOl1t0

>>88
その犬はきっと幸せな一生だったんだな
出会った時のことから最後の時迄、縁あっておまいら家族と同じ時間を共有して過ごしたんだってことをおまいは思い出した、この犬は息を引き取るときに
それを俯瞰した



91 :本当にあった怖い名無し:2007/11/27(火) 07:36:34 ID:d1j2Rq4D0

 ∧_∧ ヌッコヌコにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪




92 :本当にあった怖い名無し:2007/11/27(火) 15:38:13 ID:EtMVQgw10

 ∧_∧ ワンコワンコにしてやんよ
 ( ・ω・)=つ≡つ
 (っ ≡つ=つ
 /   ) ババババ
 ( / ̄∪




94 :本当にあった怖い名無し:2007/11/29(木) 11:28:11 ID:z3gpR5CU0

私が小学生の時 飼い犬が事故で死んだ
室内犬だったんだけど 姉が玄関の掃除をしてる時に外に飛び出して車にひかれたんだ。
すぐに病院に連れて行ったんだけどほぼ即死だったらしい

その犬が死んでから姉は責任を感じて引き籠るし 私は泣きっぱなし
心配した両親が坊さんを呼んでお経を読んでもらった(小型犬なので庭に埋葬してた)
その坊さんが犬が私たちを心配して 家の中にまだいるよって 気配を感じたら大丈夫だよって声をかけてあげなさいって
その時は何言ってんだ位にしか思わなかったんだけど
やっぱり気になって気配を探すようになったんだ 意識しすぎてたのかもしれない
私の願望かもしれない でも本当にいたんだよ その犬は私がお風呂に入ってると脱衣所で待っていてくれたんだけど
脱衣所と浴室の扉がすりガラスで犬の姿が見えてたんだ 坊さんに来てもらって3日位した頃お風呂に入ってたら
見えたんだ ガラスドアごしに最初はびっくりして固まってしまったけど なんとか落ち着いて声をかけたら尻尾がゆらゆら揺れた。
怖くはなかった なんていうか ふぇって感じで涙が出て止まらなかった。
後は犬が廊下を歩くときのカシャカシャって爪の音が聞こえたり お供えしていた水が1時間位で半分に減っていたり
最初は今居たよって家族で話したりしてたんだけど だんだんそれが当たり前になって気配を感じても泣かなくなった頃 半年くらいたってたかな
家族で庭掃除をしてたら くーんって声が聞こえてみんなが顔を見合わせたたんだ 声を聞くのは初めてだったからどこの犬?とか思って
周りを探したんだけど それらしい姿は無かった それきり犬の気配を感じたり姿を見たことはない
最後に挨拶してくれたんだって家族は言ってる 
今思えば悲しくて少し精神的に疲れていただけかもしれないし よく解らないけど私は家族が立ち直るまでいてくれたんだって思ってる。

読みずらくてごめん



95 :本当にあった怖い名無し:2007/11/29(木) 16:55:39 ID:qjBnW+S+0

(;ω;)



96 :本当にあった怖い名無し:2007/11/30(金) 13:32:50 ID:IvtO+k6t0

エイドリ。・゚・(ノД`)・゚・。ア━━━━ン



97 :本当にあった怖い名無し:2007/11/30(金) 13:43:34 ID:6kbZkXpCO

うわぁ~~~~~ん゚゚゚゚゚゚゚



99 :本当にあった怖い名無し:2007/11/30(金) 14:09:37 ID:O4c2Ztfv0

きっと近くにいてくれていたんだね。
私も、犬が死んでから霊でもいいからあいたい、写真に写ったりしてないだろうか、と
アンテナを張りめぐらしていた。でも、そんなことはなかった。
お骨の前に座って(四十九日前だったからまだ家に置いてある)線香2本に火をつけて
泣いていた。ふと気が付くと、同時に火をつけたはずなのに、一本だけ燃え尽きそうに短く
なっていて、もう一本はまだ火をつけたばかりのように長く残っていた。
短いほうの線香を私は何となく死んだ犬、長く残ったほうをこれは私、2本仲良く並んで
立てたからそんな風に思って火をつけた。
これって、死んだあのコからのメッセージなのかな・・?
まだ側にいてくれたんだろうか?



100 :本当にあった怖い名無し:2007/11/30(金) 14:31:05 ID:nDjT/Y2sO

祖母の家で飼われていた猫は、祖母の家の中で私が一番可愛がっていたのに(祖母と私の家は近かった)、生前はおろか虹の橋に行った後も何の音沙汰もない。
しかし、最近ちょこっと夢に出て来た。
夢の中で、ただ私と距離を置いて丸まって寝てた。

死んでからもツンデレなんだな、猫って。



101 :本当にあった怖い名無し:2007/11/30(金) 22:12:37 ID:1ts4deOS0

  Λ,,Λ
 (´・ω・)
.c(,_uuノ
あのねあのね、あたちツンデレじゃないの。。。




103 :本当にあった怖い名無し:2007/12/01(土) 00:56:36 ID:9vciyPKR0

>>101
ツンデレじゃなかったらなんなのよ



104 :本当にあった怖い名無し:2007/12/01(土) 02:31:32 ID:H0A9f8o3O

8年間飼ったプレーリードッグが2年前に亡くなった。亡くなる2年前から私が原因不明の病気になり、苦しんでた。
私は結婚して10年、子供に恵まれなかったし元々動物好きなので自分の子供のような
気持ちで飼ってたから亡くなった時は自分の体を失ったように感じるくらいに悲しんだ。
泣きながらロウソクを点けていると溶けたロウソクの塊がコロンと落ちた。見てみるとなんと
プレーリードッグの形になっててビックリした。
次の日、動物霊園に火葬を済ませ、家に帰ると疲れ果てて寝てしまった。
すると私の足元から来て頭の上を通り窓に走り抜ける足音と振動がして思わず目が覚めた。
その後、風呂に入って眠りこけて溺れかけそうになった時ペットの足音がして目覚めて助かった。



105 :本当にあった怖い名無し:2007/12/01(土) 02:35:56 ID:H0A9f8o3O

それからは何も無くなった。が、私の病気の治療法が見つかったがこの治療があまりにもの激痛を
伴うものでこんなに痛いなら一生治らなくていいと思ったし何より死にたかったが、
「この病気を克服した時きっとペットが会いにきてくれる、だから克服する、一度だけ
会えればいい、最後のワガママを聞いて下さい」って毎日拝んだ。
半年後ついに治った。
次の日は日曜日で家族がいてうるさかった。そして月曜日家に誰もいなかった。
無性に眠くなって寝たら目をつむってるのに周りが全て鮮明に見えた。
すると私の足元からプレが走ってきた!頭の上の方にきて足元にきて何度も走り回ってた。



106 :本当にあった怖い名無し:2007/12/01(土) 02:37:17 ID:H0A9f8o3O

名前を何度も叫んだ。すると私の足のとこにべったりくっついて横になった。
触るとまるまる生きてた生身の体そのもの。信じられない!ふと部屋を見ると処分したペットのグッズがそのまま。
そこでしばらくの間嬉し涙を流しながら遊んだ。
するとふと別れの時間がきたことが何故かわかった。
「もうさよならなんやね?」と聞いたらものすごく寂しそうな顔をした。
そしてテレパシーみたいなのでペットも別れがきてて悲しんでるという気持ちがわかった。
次の瞬間、背中に引っ張られている強烈な力を感じた途端自分の体にスコーンと入った。
ザ、たっちの幽体離脱の逆バージョンみたいな。そして目が覚めました。

経験した時は夢みたいな物質が欠けるような物でなく恐ろしいくらいにリアルで鮮明でした。

その日を境に二度とペットとは会えなくなりました。そして二度と鮮明な夢も見なくなりました。
私が苦し紛れに勝手にペットに願った願いを聞いてくれたんだと思っています…

携帯から失礼しました。



108 :本当にあった怖い名無し:2007/12/01(土) 03:04:40 ID:/5GrYxvOO

(´;ω;`)

体を大切に…
ペット達が心配するからさ



110 :本当にあった怖い名無し:2007/12/03(月) 02:22:36 ID:/pTtnANs0

先月うちの犬が天国にいきました。
ペット霊園で火葬もして、今は部屋に簡易的に作った祭壇に
まつって写真とゴハンとお線香をお供えしています。
ところが、その部屋で昼寝していた時なぜか隣が暖かい感じがして
姿はハッキリ見えないけどうちの犬が隣で寄り添って寝ている気がしました。
起きた時、なんとも言えない安心感。
前の犬が死んでしまった時は起きて「いないんだ」と思うと
涙が止まらず、気分が落ち込んでいたのに
その時は幸福感がありました。
次の日うちの妹が「ちょっと話てもいいかな?」と言うので話を聞くと
「昨日ね、○○(犬の名)の(祭壇のある)部屋でうたた寝してたらさぁ、
なんか隣に○○がいる感じがするの」と言って示した場所は
私が寝ていて犬の存在を感じた場所と一致していました。
妹には言っていないのにとても不思議。

続きます。



111 :つづき:2007/12/03(月) 02:24:14 ID:/pTtnANs0


そして、昨日は両親は忘年会、妹も友達と飲み会だったため
夜は私1人で家で留守番をしていたのですが
台所でテレビを見ながら夕食を食べているとうちの犬のいた部屋から
ビニール袋をあさるガサガサッとする音が聞こえてきました。
まるでうちの犬が生前イタズラして袋に鼻を突っ込んでいたかのような音。
窓も開けてないし風でもないんで思わず
「○○ちゃん、お姉ちゃんこっち来ちゃダメなの?」と話しかけると
ピタッと音が止みました。
夕食を終えて自分の部屋に戻ろうと思っていたのですが
犬のいた部屋(居間)でテレビを見て過ごすことに。
すると今度は廊下を犬が走り回る爪がカチャカチャカチャと
床とこすれる音がしました。
「○○、お姉ちゃんいるからこっちにおいで!」と言ったら
また音が止みました。
テレビで霊能者の人が、ペットは死んだことに気づかない、
だけどしばらくして飼い主の様子(相手にしないなど)に疑問を持ち
自分が死んだことに気づくと自分で天国に行くと言う話を聞いたので
うちの子もしばらくしたら自分で気づいて天国に行くのかな?
今もこれ書き込んでたら、後ろから服の裾を引っ張られる感じがありました。
おばあちゃんか誰かが迎えに来てくれるといいな。



113 :本当にあった怖い名無し:2007/12/03(月) 04:14:12 ID:P7sXRLGS0

「お前はもう死んだんだからあの世へお行き」と言ったほうが早くないか?



114 :本当にあった怖い名無し:2007/12/03(月) 05:40:17 ID:1dUEtU/5O

>>113
そういうのは死んだ子が悲しむから、いけないと聞いた。
今まで可愛がってくれてたのに、いきなりそんなこと言ったらかわいそうだ。




115 :本当にあった怖い名無し:2007/12/05(水) 11:53:38 ID:fCHvIl770

しばらくは今のままでいいんじゃない?
時期がくれば天国に行けるよ。



118 :本当にあった怖い名無し:2007/12/09(日) 17:03:08 ID:fV71vkwo0

会えるのかな
死んだら本当に、また会えるのかな
会えないんだったら死後の世界なんていらない



128 :本当にあった怖い名無し:2007/12/12(水) 08:12:28 ID:ruNJ79bI0

他板より転載

934 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2007/12/12(水) 06:06:22 ID:Y8T0zvIyO
今日起きた不思議な話です。
私は初妊婦で予定日が12/16でした。経過順調ですが初産なので多少遅れるかもね~なんて先生と話してました。
うちに13年飼ってる雑種犬がいます。ここ2年は老化から来る心臓病と診断され、実家で誰も看病が出来ないので私の家(実家から30分。)で面倒見てました。
投薬で症状も落ち着き、それなりにうちでの隠居生活にもすっかり慣れてた様子でした。
所が先週私が里帰りする1週間前に急変。いきなり寝たきりに…。主人に介護は任せられないので一緒に里帰りしました。

そして里帰りして3日目の12/10夜10:30に私一人の時に看取る形となってしまいました…。
本当に悲しくて仕方ないけどレオは頑張った、次は私とお腹の子。きっと守ってくれる、と前向きにとらえました。
そして昨日12/11朝一でペットの葬儀屋にお願いして自分の疲れを癒すためにも風呂に入り昼寝した後、夕方おしるしきて破水しました。
夜9時からの陣痛で11時30分のスピード安産。
ありがちかもしれないけど、私しか介護もできなかったしレオは全てをわかっていたのかな、なんて思わずにはいられません。

ありがとう、レオ。大好き。
怖くなくてすみません&長文読みづらでスマソ。



135 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 04:29:36 ID:yLlINyiu0

ある友達の家に初めて行った時、玄関先のバスケットの中に
大きくて毛の深い真っ白な猫が居ました。
私も彼氏も犬派で猫に興味ないので『高そ~』って話して
特に気にもかけず、すぐに友達が玄関まで出てきたので
そのまま2階へ。その時は何ともなかったんですが。

半年ほど経って、またその友達の家で遊んでた時に
アルバムを見てて、その白い猫の写真を発見。
『このネコずっと見かけないね』って話すと、友達が
『ウチはこのネコが4年前に死んでからネコは飼ってない』
って言うんです…。でも確かに写真の真っ白いネコを見たんですよ。
バスケットも写真のまま。
自分ひとりなら思い違いか電波かと思うけど、一緒に居た
彼氏も確かに居たって、『高そう』って会話した覚えもあります。
二人ともこういう経験まったくしたことなかったので今でも
納得いかないけど、怖い感じは全然しなかったので、まだ
普通にあの家で家族として暮らしてるのかもしれないですね。



136 :本当にあった怖い名無し:2007/12/14(金) 05:47:27 ID:Y0jFs1eW0

>>135
亡くなったペットは玄関に付くものだ、って話をよく聞くので、有り得ないことではないと思います。



205 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 09:49:51 ID:a42LTwcYO

もう11年前の話
原因不明の病気で、病院に預けてたワンが死んだ
当時中学生で、次の日学校があったけど
その日はなぜか寝ちゃいけない気がしてずっと起きてた

そして0時18分、病院から電話がきた
案の定ダメでした電話で家族で迎えに行った

帰り道はみんな泣きながら、無言

そして1時間程経って少し落ち着いた時、母が線香を買いに行くよって言ってきた
そんな元気ないけどワンの為だ…って近くのコンビニに向かう

その途中、母が急に立ち止まって『う゛わ゛ぁぁ』って
野獣のような叫び声をあげてまた号泣しだした



206 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 09:52:20 ID:a42LTwcYO

ビックリして『なに?』って聞いても、頭を振って理由を言わない
とにかく泣いてる
こんな母をコンビニに連れていくわけにいかないので
その場に母を残して、あと30秒程で着くコンビニに1人走った

なんだかんだで火葬も終わり、49日の日に母に聞いてみた
『あの場所にきたら急に寒くなって、動けなくなった
そして足元に何かが近づいてきて、フワフワした物が
爪先からジワジワと頭に登ってきた』
との事
そして私の帰りを待ってる間フワフワ温かい気持ちだったと



207 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 09:54:49 ID:a42LTwcYO

それを聞いて、浮かんだ考えが
もしかして苦しんで死んだけど、ワンが頑張って帰ってきてたのかなって
帰ってくる途中で一番可愛がってくれた母を見つけて
嬉しくて伝えちゃったのかなって



携帯からつまんない話すまそ
なんか書きたくなって

うちにはまたワンとにゃんがいるんだけど、すごく嫌だけど
もしまた病院で誰かが死ぬことになったら、帰り道はゆっくり歩こうと思いました


ってかうちワン7匹とにゃん2匹いるんだけど(´;ω;`)
みんないなくなった時の事を考えると…



208 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 23:48:04 ID:ekrpCbK20

>>206-207
(ノ_T)

しにても ワン×7 にゃん×2って・・・大所帯過ぎw



198 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 07:04:49 ID:b1AbV9QJO

俺の父が体験した話。

もう今から50年ぐらい前、父が小学生ぐらいの時に家で亀を飼っていたそうです。
川で見つけた亀らしいですが暫く飼って可哀想だから逃がせと言われ逃がす事に。
父の地元にはとても大きな湖があって有名な場所で亀を逃がす時もその湖の奥の方でその亀を逃がしたそうです。
その時亀の甲羅に逃がした日にちを釘で書き込んだらしいのですが数日後に玄関を開けるとその亀が玄関の前に居たそうです。
よっぽど居心地が良かったんですかね?



215 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 08:53:29 ID:wfITD+MI0

>>198
お父さんはその亀また飼ったの?

そういえばかなりお年の科学者の人が亀飼ってて
「亀は賢い!亀は3歳児ぐらいの知能がある!」と熱く主張してたな
論文まで書きそうな勢いだった



216 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 09:17:24 ID:N8xBhjj60

亀といえば、うちでは代替わりして3匹目を飼っている。
全てうちの玄関先に迷い込んできたのを飼っている。

だけど、うちの場所は繁華街まで徒歩5分。
階段が何十段もある道を通った先の住宅街。
近くに池もないのにどこから来るのか。
しかも飼っていた亀が死んだら次の亀がやってくるのが不思議だ。



217 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 14:57:16 ID:PzqabWi50

亀が家にやってくる確率なんて
泥棒に入られる確率より低いんじゃ・・・

テラフシギ



218 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 16:59:44 ID:BdpU1/JpO

マッサージ屋さんやってるんだが
仕事中にちょっとゴロ寝したら、ついうたた寝してしまったんだ

その日の朝、出勤中にになんとなく数年前に亡くなったニャ~を思い出してたんだが
寝てる俺の腹の上に何かホワホワしたカタマリが乗っかってることに気が付いた
眼を閉じたままソーッと両手で触ったら、触れた
まんじゃうみたいになって寝てるときのニャ~だなとすぐわかった
長毛種だからこの姿勢だと後ろ足のヒザのあたりから横に毛の束がヒョコっとでるんだよなー
とか考えてるうちに立ち上がって床にストッと降りる気配
それから少しして眼が覚めた

ニャ~よ
またおまえに会いたいよ
多分俺疲れてきてるよ



219 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 20:19:48 ID:MxLMl+il0

短大の時、家の前で子猫を拾った。
ペット禁止のアパートだったけど、冬だったし夕方だったから
家に入れて里親を募集することにした。
学生だったからなかなか飼える人は少なくてその子は6ヶ月ほど
私の家で過ごしていた。
甘えん坊で、ミルクが大好きで、ちょっとアホだったけど、
それがとってもかわいかった。
結局その子猫は当時の彼氏の実家で飼ってもらえることになりバイバイした。


ついこの間その子が夢に出てきた。
私の足元に来て、コロコロしてから前に進み始めた。
「?」と思いついて行くと、その子は虹の橋?を私をチラ見しながら
登っていった。他にも猫だけじゃなくて他の動物もいた。

今ここのスレを読んでふと心配になった。
もう2度と会えないけど、どうか生きていて欲しい。
大好きだったよ。



220 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 15:31:11 ID:Dp63UDLx0

>>219
子猫はお前が元彼に連絡する勇気を試しているのだな
問題はお前が子猫に逢いたい気持ちと元彼と逢いたくない
気持ちのどちらが大きいだけだ
夢にまで出てきたのなら、電話だけするのもまた一考


  Λ,,Λ
 (´・ω・)
.c(,_uuノ
あのねあのね、あたちのママ、あたちに連絡くれないの
失礼しちゃうわね~




221 :本当にあった怖い名無し:2008/01/13(日) 20:07:56 ID:HGZe6fwH0

>>220
ありがとう。
元彼の連絡先も分からないし、わかっても猫に会いに行けない。
気になって近所までは行ったんだけど…。

あの頃は学生だったこともあって寂しい想いをさせたと思う。
会いたいのに、会えない。



236 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 02:43:43 ID:0T1pfP4U0

私が3歳のときに近所で捨てられていて、拾ったミミ。
とにかく可愛くて、いつも一緒でした。

飼い始めて5年くらいした小学2年生のとき。
学校の帰り道、巣から落ちて弱ってる小さなスズメのヒナを見つけて、
家に持ち帰って箱の中で育てました。
ミミが届かない高いところで育てていました。
ヒナを育てて一週間くらい経ったころ、
学校から帰るとヒナを入れた箱が部屋に転がっていました。

ヒナはいなかったけれど、ミミが食べたのだと思って
幼い私は泣きながら
「もう大嫌い!ミミなんかいなくなっちゃえばいい!」
と何回も叩いてしまいました。
その時、とても悲しそうな顔をしたのを今でも覚えています。

その日の夜、いつものように窓のところでニャーと鳴いたので外に出してあげたら、
それきりミミは帰ってきませんでした。
私はずっと自分のせいだと思い、
すごくショックで誰にも言えないままずっと心に引っかかっていました。



237 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 02:44:43 ID:0T1pfP4U0

高校生になったとき母にそのことを打ち明けてみたら、
母が突然 「・・・違うのよ、それは・・・。」
と泣き出してしまいました。

何のことだかわからず聞くと、
実は母はミミがいなくなる前の日私の病気のことを考えていて、
(私は昔自律神経の病気を持っていて、いつも大きな病院に通っていました)
どうしようもなく悩んでいた夜だったそうで、
「ミミがいなくなってもよいから、この子の病気を治して下さい」
とお祈りをしたそうです。


それを聴いた瞬間、どうしてミミを犠牲にするの?
と思いましたが、すぐにわかりました。
母にとって、ミミは一番大切なものだったからです。
一番大切なもを失くしても良いから、私の病気が治ってほしい。
追い詰められて、そう祈ったそうです。

そして次の日、ミミはいなくなってしまいました。
次の日というのは私がミミを叱った日。
私も母も、自分のせいだと思いつつずっと打ち明けることができませんでした。

母の話を聞いて、
ミミが母の祈りを聞いて自分はいなくなろうと思い、
ミミが大好きだった私が悲しまないようにわざと箱を転がして怒らせ、
そのまま家を出たのかもしれないと思いました。


私の病気は、ミミがいなくなった年に治ってしまいました。
以来病院には一度も通っていません。

今でもミミを想うと、可哀想なことをしたという想いと、
不思議な気持ちで胸がいっぱいになります。



238 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 03:13:02 ID:p5JActOeO

ミミちゃん…(TωT)

ニャンコだよね…



239 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 04:24:59 ID:She56YB2O

ごめん…KYだけどヒナは…



240 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 04:38:11 ID:69t4vmKDO

ヒナ蔑ろにされとるwww



241 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 07:42:39 ID:JRkFSqKt0

雛のその後

1:自力でアディオス
2:ミミ「大変おいしゅうございました」退職金代わり
3:実は母親が鶏がらスープに・・・
4:ミミだけでは母の祈りは通じなかったので雛も贄に
5:雛「傷は治ったけど怖くて飛び立てねえ・・・」
 ミミ「諦めんなよ!お前の翼は風を斬るためにあるはずだ!それっ!」
  雛「箱揺らすなってあqwせdrftgyふじこl・・・飛べた!・飛べたよミミー!」
 ミミ「へっ、やれば出来るじゃねえか・・・」


可能性としてはこんなところか



242 :本当にあった怖い名無し:2008/01/18(金) 13:27:03 ID:9G1VmS7/0

5に期待しよう
むしろ5でなければ嫌だ



245 :本当にあった怖い名無し:2008/01/20(日) 01:31:01 ID:3xjKRVqA0

以前血統証つきの柴犬を飼っていた。名前はチビ。チビは俺が生まれる前から飼っていた犬で
年齢は18歳、人間で言うと90歳の老人。もういつ死んでもおかしくないと誰もが思っていた。

ある日家族で、チビが死んだら次に何を飼おうかって話になった。予想以上にその話は盛り上がった。
犬の図鑑を取り出して俺が「次はゴールデンレトリーバーがいいね!」って言った瞬間、外の犬小屋から
「キャウウゥゥウンンン~」と今までに聞いたことのないチビの断末魔の鳴き声が聞こえた。


その二ヶ月後、チビは小屋の扉に首輪を引っ掛けて死んでいるのが見つかった。
事故か故意かは分からなかった。チビごめんよ。



260 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 14:27:09 ID:oJeqbdWr0

誕生日にペット用の子豚をもらった婦人。
しかし小型の豚のはずが、日に日に大きくなってゆく。
獣医に見てもらうと、これはペット用の小型豚ではなく、
畜産用の豚だと言われ、ショックを受ける婦人。
畜産用の豚を一般家庭で飼う事は禁じられているからだ。
既に愛着のある豚を手放すことも出来ず、そのまま飼い続けた。

ある日、彼女のガレージに空き巣が入った。
仕事から帰ってきた婦人は、中に泥棒が居ることを知らないまま
ガレージに車を入れてしまう。
車から降りた婦人を、その泥棒はうしろから羽交い絞めにした。
驚いて悲鳴を上げる婦人。
その途端、彼女のペットの豚が物陰から飛び出し、空き巣の足首に噛み付いた。
ガレージで休むのが好きだった豚は、空き巣が入ってきたときから居たが、
その時までは息を潜めていたらしいとのこと。
痛みで叫び声を上げる空き巣から、婦人は懸命になって豚を離そうとした。
人を傷つけた豚を、手放さなくてはならなくなってしまうことを心配してのことだった。

空き巣はなんとか豚から逃げ出したがすぐ警察に捕まり、
婦人の豚は市だか州だかから特例を出され、
今まで通り婦人の手元に置かれる事になった。

その豚は今では地元のアイドルになってるとのこと。

アメリカでの話しだ。



261 :本当にあった怖い名無し:2008/01/23(水) 14:29:38 ID:dunVejCY0

豚って犬並みに頭いいらしいな



264 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 13:05:41 ID:t9IEOX2b0

俺のじいさんの家に犬が居たんだ、柴犬の雑種だと思うんだが真っ白な綺麗な毛並みの犬だった
名前はコロ

コロは町中の野良犬の大ボスで、コロの後ろには5~9匹、多いときは14,5匹の犬がついて回ってた、それくらいすごい犬だった
そんな大ボスがなぜじいさん家に居たのかは変な話で…
俺のじいさん教師をやってたんだが、ある日いつもの駅に通勤のため行くと、コロが居たそうだ。取り巻き無し、たった1匹で(コロは近所じゃ有名、野良軍団のボスだからねw)

で、じいさんが
「どうしたコロ?このあたりはお前の縄張りじゃないだろ?」
って聞くと、コロはじいさんをじっと見つめて
「クゥ~~ン」
って甘え声を出したそうだ。
なにかおかしいなと思いつつも、じいさんは電車が来たんで仕事に行った
で、仕事終わってその駅まで帰ってきたんだけど、まだコロが居たそうだ
でじいさんまたコロに声かけたそうなんだが、そのときなぜだか分からないけど
「コロは俺の娘に会いたがってる」
って思ったそうなんだよ(娘ってのは俺のかあちゃんな)
ほんとに何故かはまったく分からず、ただ今日コロに娘を会わせないといけないって強く思ったらしいw

で、家に帰って、当時高校生だった俺のかあちゃんを連れて行ったんだって
コロはかあちゃんに会うなり、飛びついてじゃれてきた
かあちゃんが
「家に来る?」
って言うと
「ワン!」
って鳴いて、そのまま家まで着いてきた

そして近所のボス犬は俺のじいさん家の住人になった。



265 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 13:08:44 ID:t9IEOX2b0

で、家に来た次の日、どこで召集を掛けたのか野良犬軍団もじいさんの家の庭に大集合してたそうだw
じいさんもばあさんもかあちゃんもかあちゃんの姉さんも驚いたのは、コロは家の中に入って飯とか食うんだけど、
取り巻きどもは決して家の中には入ってこないってこと、すごい統率が取れてるらしく庭には来るけど、決して家の中には入ってこなかったそうだ。

朝になるとコロを先頭にして大名行列、街中を歩き回って夜には帰ってくる、そんな生活がしばらく続いたんだってさ
で、半年ほどその犬軍団が庭に居ついたんだけど、ある日の夜中に犬達がキュンキュン鳴いてたんだって
夜中ずっと犬がキュンキュンワンワン…遠吠えまで、やかましくて寝られなかったらしいw

そして翌朝、コロ1匹残して、取り巻き軍団が綺麗さっぱり居なくなってた
たぶんボスの座を渡したか奪われたかしたんだろう
実際、No.2と思しき犬が翌日から軍団率いてたらしい。

コロはじいさん家にそれからも居ついた


長くなってすまんねたいしたオチはないんだけどまぁ聞いてくれ

じいさんはそれからコロに首輪を買ってきてやったんだって。
で、嫌がるコロに着けてやった。
でもね、コロはふらふらっと昼間は出かけてるんだけど、夜になると首輪は外れてたんだって
最初は偶然外れたんだろうって思ったんだけど、何度首輪をつけても、その日の夜になるとはずしてくる
それでもじいさん意地になって、何度も首輪を着けたんだけど、夜になるとまたはずしてくる
さすがにじいさんもあきらめて
「まぁ今までこんなものつけずに生活してたんだもんな、すまんかったな」
ってコロに言ったら、
「ワン!ワン!」
って2回吠えたらしい
で、次の日に、コロはどこかで外してきた首輪を持ってきて俺のかあちゃんの前にポトっと落とした
なんとなくコロが着けて欲しそうな顔してたように見えたらしく、かあちゃんが首輪を着けてやると、
その首輪ははずさなかった。それからず~~っとその首輪ははずさなかったんよ



266 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 13:10:43 ID:t9IEOX2b0

俺のかあちゃんが俺を産んでからの話になるんだけど
コロは俺のいい遊び相手だったんだ、耳を引っ張ってやったり、鼻の穴に指を突っ込んであげたり、
俺が上に乗っかって走ってもらったり、オティンティン引っ張ってみたりとか

そういう乱暴なこと俺がやっても、ぜんぜんコロ怒らなかったんだけど、首輪は違ったんだよ
とにかく首輪に俺が触ろうとしたら、怒るんよコロ、ウ~~~~!って
それ以外は絶対怒ることなんて無いのに、首輪を触ろうとすると怒る、変な犬だった
だから俺はコロの首輪には触らなかった

俺が小2の時、コロもいよいよ寿命なのかあまり動けなくなってきたんだ
その時点で恐らく20年近くは生きてたんじゃないかってじいさん言ってた
ビックリするほど長寿な犬だ
で、いよいよやばいなって日があって、みんなでお別れしとこうってことになって、みんな泣きながらコロの頭撫でてバイバイ言ったんだ
で、今でも思い出すんだけど、一人一人頭を撫でてやると、コロは動くのしんどいはずなのに、頭を起こして、一人一人をじーーっと見つめるんよ
まだ死ぬってのがどういうものか良く分からんかった俺も、その時初めて死ぬってのはこういうことなのかって、コロにじっと見つめられながら分かったんだ、泣きながら

その日の夜、なぜか俺のかあちゃんは
「玄関開けといていい?コロが玄関開けといて欲しいっていってる気がする」
って言ったんよ。俺もそんな気がしてた。5歳の妹もそういってた、じいさんもそうだなって、ばあさんも同じ。
だからその日は玄関開けたまま寝た。

朝起きたらコロ居なかった、動けないはずなのに居なかった
コロがいつも使ってたお皿の上に、コロの着けてた首輪が置いてあったんだ
コロのさよならの印だったんだろうね

2日後、夢見たんだ
もちろんコロの夢
しゃべったりとかそういうのは残念ながら無かったんだけど、俺の顔をペロペロ舐めてテクテク歩いて行ってしまった。
俺は夢の中でバイバイって手を振ってた家族みんなのトコにも挨拶に行ったみたい、母ちゃんも妹も言ってた
じいさんはもともと夢見ない人なんで覚えてないってwでもたぶん見てたと思う
その日に亡くなったんだろうなぁ



267 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 13:18:20 ID:UL/pnxak0

なんというあっぱれな生き方じゃ



268 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 14:14:09 ID:9VWBPfR80

本当に犬だったのか・・・?なんというか、凄いなあ。



271 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 19:05:06 ID:SvpYhz3p0

某スレより転載

9年前、初代ワンコを亡くしたが、その時に「またうちに戻っておいで」と言って埋葬したんだ。
それから数年後、それまで考えたこともない子犬の養子縁組になぜか突然行った。
すると会場に初代ワンコにそっくりな子犬がいた。
その子犬は妙におとなしく、他の子犬が色んな人の所にじゃれ付いていくのに、その子はじっとしていた
俺がつい「○○」と初代ワンコの名前を呼んでみたら、その子犬が足元にやってきて2本足で立ち上がった。
その後、その子は俺以外の誰にも行かず、縁組の抽選が始まるまでずっと傍にいた。
俺はこの子犬を絶対飼うぞと決めた。
そして抽選を行うと、その子はうちの子になった。

以前の飼い主によると、名前は養子に出すので付けていなかったそうだ。
それなのに、俺が「○○」と呼ぶと寄ってきたのは不思議としか言いようがない。
成長した今、初代と見分けがつかないくらいそっくり。
俺は、この子は初代ワンコの生まれ変わりだと信じてやまない。



272 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 19:08:06 ID:SvpYhz3p0

ぼくが1回死んだとき、ご主人様はぼくに「またうちに戻っておいで」って言ったんだ。
だからぼく、空に昇って神様に「これからお前はどうしたい?」って聞かれた時に
「もう一度あのおうちに帰して下さい」って答えたんだ。

地上に降りたい犬たちはたくさんいたから、ぼくがまた地上に帰るのはとっても大変だったんだ。
でも、ぼくに「戻っておいで」と言ったご主人様の願いを叶えたくって、ぼくとっても頑張ったよ。

やっとぼくの順番が来たとき、ぼくご主人様のおうちの近く目指して降りて行ったの。
「強く強くお前が願えば、ご主人様はきっと迎えに来てくれるよ」って神様が仰ったから。

そしてある日、ぼくはたくさん子犬がいるところへ連れて行かれたんだ。
ぼくたちを取り囲むようにしているたくさんの人間たち。ぼくは、ご主人様じゃない人に
連れて行かれるのが怖くて、不安で、じっとしていたんだ。ご主人様、どこ? 早く来て。
ぼくは必死でお祈りした。

ふっと懐かしい匂いがした。ご主人様だ! 本当にぼくのことを迎えに来てくれたんだ!!
でも、ご主人様はぼくのことを見ても、ぼくだとは分からないかもしれない。
怖じ気づいてためらっていると、ご主人様はびっくりしたような顔をしてぼくをじっと見つめると、

「○○」

ぼくの名前を呼んだんだ! ご主人様はぼくのことが分かったんだよ!



276 :本当にあった怖い名無し:2008/01/24(木) 22:00:52 ID:SvpYhz3p0

>>272は>>271を見た別人のレス。
>>272は余計だったかな?



277 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 11:42:01 ID:BBVvoGLzO

それでも正直目が潤んだ



278 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 12:27:16 ID:GMXq3FLVO

目から鼻水が…
昨年、今年(正月そうそう)と続けて兄弟猫を亡くした自分としては
同じようなことが起きてくれることを、切に願う…



279 :本当にあった怖い名無し:2008/01/25(金) 12:42:52 ID:WIYbwIo00

ここを見るたびに「今飼っている犬を、心から大事にしよう」と思う、素直な俺。



300 :本当にあった怖い名無し:2008/01/28(月) 09:50:37 ID:V19diX4h0

犬は,死期を悟ると挨拶してから逝くよ。
以前飼っていた両目失明のシーズー犬。甲斐犬と外飼いだったけど
ガゥゥーとドスの効いた声で吠えるし、愛想の無いこと、
性格が捻くれてるし、独り言が多い犬だったけど
目が見えないのに小石にも躓かない頭の良い犬だった。
でも、その歪んだ性格が人間くさくて好きだったよ。
やっこさんが15年目に持病の心臓が悪化し、倒れたから
自分が玄関内で介護するようになった。
自分で排泄も食事も出来ず、毛布に包まって眠り続ける状態が10日ばかり
続いたある日のこと。
二階リビングで1人で転寝してたら耳元を舐める感触と自分の涙に飛び起きた。
その感触は、すっごく優しく夢の中で涙が出たほど。
飛び上がるほど驚いた。
 そう、寝たきりの犬が自分の耳元にいたから…2階まで這いずって来たんだから。
そして、
その晩リビングのソファで寝かされてた奴は死んじまった。渾身振り絞った挨拶だったなんだろう。
冷たく変わった奴に「又、家に戻っこいよー」声をかけた。
3ヵ月後に来た犬は奴さんにそっくりの歪んだ人間くさい柴犬で
今も外で独り言いってる。 


文才無いので読みにくいけど雰囲気で読んでください。



146 :本当にあった怖い名無し:2007/12/16(日) 16:50:42 ID:H5BkyitaO

父の家で昔猫を飼っていたらしく、とくに父に懐いていたので、
父は母と結婚する時に猫も連れてきた。名前はシマゴロウだったらしい。
その時点でだいぶ年だったシマゴロウは、結婚して間も無くの朝方に突然死んでしまっていた。
父も母も泣いたそうだが、暫くして母の妊娠がわかった。
そして生まれた私が初めて発した言葉は
「にゃあ」
だったそうだ。何かの拍子に出たわけではなく、はっきりと「にゃあ」。
びっくりした母が試しに手帳(子作り計画みたいなものを書いていたらしい)を見返すと、
私を妊娠したのはシマゴロウが死んだ夜だったらしい。
「この子はシマゴロウの生まれ変わりか?それともとりつかれたのか?」
と親は思ったという。
その頃の私の事を母に聞いてみたら
「父が刺身を食べてたりすると特ににゃあにゃあ騒いだ。
シマゴロウも刺身大好きだったから、ほんとにあんたはシマゴロウなんだろうかと思った」
と言われた。
その他に
「一歳二歳の頃、布団で寝てても、いつの間にか居間のソファの上(かつてのシマゴロウの定位置)に円くなって寝てた」
という話も聞いた。

その頃の記憶は当然無いが、今でも猫を見るとなんとなく他人の気がしない。



150 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 08:02:39 ID:KRbbZEV/0

コピペ
ペットにまつわる感動話
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/dog/1086359595/より

738 名前:わんにゃん@名無しさん[] 投稿日:2007/12/17(月) 03:33:37 ID:V+Uv6S6g
先月、うちのゴルが腫瘍で天国にいってしまいました。
ペットの死はこれが初めてではないですが、やっぱり悲しくて
ついつい何もやる気が起きず夜中までネットをしていたり、
台所でストーブにあたりテレビを見ながらボーッとしていたりしていました。
つい数日前も同じように夜中ストーブ(上にヤカンを乗せるタイプ)にあたりながら
台所で座り込んでテレビを見てボーッとしていると
いつのまにか椅子にうつぶせになって、うたた寝してしまっていました。
何十分、何時間こうしていたのかわからないけどいきなり
左腕のあたりを犬が「ちょうだいちょうだい」するかのように
引っかかれて起こされました。
あれ?もううちの犬はいないはずなのに夢だったかな?と思っていると
なんだか後ろがコゲ臭い!
振り返ると倒れたゴミ袋の中身がストーブに覆いかぶさって
紙ゴミの一部がストーブの天板で焦げて火が燃え移る寸前でした!
あわててゴミ袋を安全な場所にどけて難を逃れました。
あの時本当に犬に引っかかれたのです。
もしかして死んだゴルが「危ないよ!」って気づかせてくれたのかもしれません。
気づかず寝ていたら火事になるところでした。
本当に不思議でした。



151 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 08:36:21 ID:oIVsZPSiO

↑泣いた

>>146 似たような話しなんだけど、二年程前に私が妊娠した際、初期流産?の疑いがかかってて
子供ヤバイかもしれないと医者に言われたその日、飼ってたハムスター(10ヶ月)にどうしよう。辛い。とか泣きながら愚痴ってた。
そしたら翌朝今まで元気だったハムが急死した。

ほんと呆気なく……
その後 子供は奇跡的に持ち直し元気に一歳を迎えている。
亡くなった当初は本当に辛くて二重苦だったんだが、今になってもしかしたらハムが子供の変わりになってくれたのかもしれない…。とも思う。



152 :本当にあった怖い名無し:2007/12/19(水) 12:08:51 ID:uBD3EUunO

涙が止まんないよ!!



181 :本当にあった怖い名無し:2007/12/28(金) 06:42:29 ID:Pdzsqs0n0

【ペット】虹の橋【死】
http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/dog/1149769521/
から不思議な話

637 名前:わんにゃん@名無しさん[sage] 投稿日:2007/12/27(木) 10:33:53 ID:oAD2nTWb
今朝、愛犬が亡くなりました。
17歳と長生きをしてくれました。

数日前から夜に鳴くようになり、昨日は目が見えなくなっていました。
多少足腰は弱っていたものの、食欲もあるし元気にしていたので
異変に気付いてあげられなかった。
最後に大好きなジャーキーをいっぱい食べさせてあげればよかった。
昨日から一晩ずっと一緒にいてあげればよかった。
大好きだよって万回も言えばよかった。

目が見えないのに何かを探すようにうろうろとしていました。
今思えば、自分の死期を悟り、死に場所を探しているようでした。
虹の橋に辿り着くことはできましたか?

私が子供の頃からずっと側で見守っていてくれました。
私が原因不明の目の病気で視力が下がっていたのが治りました。
愛犬が引き受けてくれたのかもしれません。
ごめんね、ごめんね。
幸せでいてくれたでしょうか。

私もまけないように長生きをします。
そしてまた一緒に走り回ろう。
今までありがとう。大好きだよ。



176 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 10:06:46 ID:1ygoUS4l0

風邪で寝込んでるってのにこのスレ涙腺崩壊だよ
毛布にくるまって寝てる愛犬をなでにいったら顎に頭突きされた
よしよし、ずっとその元気でいてくれよ




180 :本当にあった怖い名無し:2007/12/27(木) 22:26:45 ID:WCsYIAgV0

涙腺緩んでいたのに>>176でワロタ








ペットたちは死後も生きているペットたちは死後も生きている
(2002/05)
ハロルド シャープ

商品詳細を見る


【また】ペットにまつわる不思議な話4【会えるかな】
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1195272207/



*関連記事 虹の橋

*この際オカルトとかどーでもいいです。モニターがかすんで編集できないです。

スポンサーサイト

タグ:ペット 虹の橋 ペットロス 切なさ

コメント

正直二、三十回泣いたwww
単眼症スレまとめの三つ後にこういうスレを持ってくる管理人さんのセンス
好きですよwww

うちは猫の霊?てか、影とかになって飼い猫がみんなずっといるので、良い家なんだと思います。猫的にはですけど。

今年の2月に16歳の愛猫を亡くした身としては涙が止まらないよ…。
本当に、もう一度生まれ変わってウチに来てほしい。

虹の橋を夢に見たことは無いけれど、先代の猫はきっとそこにいるんだろうなぁ

自分も泣いたwww
前に大型犬の犬を飼ってた。小学校低学年の頃に自分が飼いたいと言って飼ってもらったのに、自分よりも大きいと言うこともあってろくに世話なんてしてやれなかった。そして俺が高校のとき留学してるときに突然死んだ。ショックすぎて涙も出なかった。死に目にも会えなかったし、俺が帰国した時はもう埋葬されてた。そして新しい犬がいた。今度は親が飼ったらしい。俺は正直戸惑った。前の犬を構ってあげられなかたって負い目を感じてたし、新しい犬を可愛がったら前の犬に悪い気がして。
でも可愛いんだよなw犬ってww今度こそは前の犬みたいにかわいそうな思いはさせないぞ!って構いまくってる。今では完全は犬バカwww可愛くて可愛くてしょうがないwwwwそんでソイツと遊んでる時にいっつも思う、前の犬に会いたいなー、って。そんで謝りたい。全然遊んであげられ無かった事。沢山の愛情をあげられ無かった事。あー、夢でも良いから出てきてくれないかな・・・。
長文スマソ。

やべー、仕事終わってないのに泣けてきた。

どうしよう涙とまんねorz
犬とか飼いたいけどこういうの見ると悲しくてなぁ…
中々飼えない

今年はじめに死んだ小鳥がちょうど家に来た頃に、子猫を拾った。
習性なのかもしれないけど、手に噛み付いたり髪にじゃれたり頭や肩にのりたがるのが似てて、あーお参り行かなきゃって気分になる。

ところでなんで「虹の橋」っていうの?
ちょっと死んだこと美化してるみたいでいやだなあ…

こんなの卑怯だぞ!w

637とうちの犬も一緒だったなぁ。
死んじゃう前は夜中でも平気で遠吠えするし、目が見えなくて壁にぶつかってばっかだったし、足も弱くなってたから散歩も行けないしちょっとした段差も上がれないのw
んで死なないように必死に看病してたけど朝起きたらコロッと逝っちゃてんのw
目空いてんのに息してないのよw
ふざけんなよなw
もっと一緒に遊びたかったってのw
まだお前になんもしてあげれてないっつーのw
これ書いてて涙止めんねーよw
俺が死んだらあっちで嫌というほど遊ぼうな。

自己満ごめんね;;

去年の10月にうちのワンコが旅立った。我家ではじめての犬で、みんなでかわいがってた。
俺はあまりなつかれなかったし、オイタしたらすぐ手を上げてた悪い飼い主だった。
ウチにきて7年くらいかな。歩けなくなって、排泄もそのへんにして・・・ご飯も水も飲めない状態になって、「もうそろそろダメだね」なんて家族で話していたんだ。
でもね、旅たつ時・・・かな。会社にいたんだよ、俺。
会社にいたのに、一緒に散歩してる時の「ハッハッハッハ」という息遣いが聞こえたんだよ。
思わず振り向いたよ。こんなトコにいるはずもないのに。
で、家に帰って「ただいま、クー(ワンの名前)大丈夫?まだ生きてる?」ってオフクロに聞いたんだ。
「隣の部屋だよ」って言ったからまだ生きてたって思った。
部屋にはお骨があった。ショックだった。
会社で聞いたあの息遣いは、俺に別れを言いに来たんだと思った。
その事を晩飯の時に言ったら妹も「私のトコにも来たよ」って言った。
家族みんなのトコに別れの挨拶に来てくれた。
今は違うワンを飼ってるけど、クーに俺がしてやれなかった事をしてる。
もっと散歩連れて行けば良かった、もっと遊んであげれば良かった。
そんな後悔もあって、今のワンを大事にしてる。

お通夜位してやりゃいいのに、
死んだらさっさと焼いたのかよ…
家族全員が揃ってないにも関わらず…

今年のお盆休み、たまたま帰らなかったこの連休の間に実家の愛犬が死んでしまった。
ここ数年膀胱炎や尿結石と戦ってきて、やっと良くなってきたと思ったら、全然関係ない気管支炎で死んでしまった。
それから数週間、よく愛犬が夢に出てくるようになった。
夢の中で停電になり、腹ばいになって名前を読んだら顔の辺りにまっすぐ走ってきてくれる夢がリアルだった。
毛のさわり心地や温もりも鮮明に感じられた。
今でも愛犬の夢を見ては「あれ?なんだ、いるじゃん」って思ってから目覚めたりする。
最後に会いに行かなくて、本当に申し訳なく思っている。ごめんね。
悲しくて今でも涙が出てるけど、これからはもう一頭の愛犬を二頭分愛していこうと思う。

2年くらい飼ってたハムちゃん。
庭に埋めてあげたら、5日くらい風邪ひいて学校行けなかったよ。
その子オスだったんだけど、その子の娘のハムちゃんにおむこさんを新しく飼った二日後にお星様になりました。
こいつになら任せられるだろうと思ったのかな。なんてw
2月くらいに飼った子だけど、未だに懐かない…('・ω・`)

やべえ鼻水と涙が止まらない
実家で飼ってる猫に会いたくなってきた・・・2匹仲良くしてるかな

おいやめろ馬鹿、このスレははやくも終了ですね(´;ω;`)

少し前に、夜中にふと目が覚めたら枕元に飼っていた黒猫(ミルキー)がいた。
喉を鳴らしていたので布団の中に入りたいんだろうと思って布団をミルキーが入れるように持ち上げたら、ミルキーが入ってきて、寝るときいつも私の足の間で寝ていたので胸や腹の上を通っていくんだけど、踏まれる感触が凄くくすぐったくて思わずミルキーに手をのばしたら、居なかった。
その時にやっと、ミルキーは8年前にもう死んでしまっていたことを思い出した。

あのリアルな感触は忘れられない。
夢だとは思えないので、会いにきてくれたんだと思ってる。
幽霊だとしてももう一度会いたい。。
けど、もし本当にまだ近くにいるんだとしたら、早く成仏して欲しいな。
そして、絶対将来ミルキーみたいな黒猫を飼うから、その猫に生まれ変わってきて欲しい。

お願いだよ(´;ω;`)

虹の橋の雨降り地区

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。
でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、とてもじゃないけれど、
みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、「虹の橋」を創りあげているです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。
その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。
それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/204-f946dd3c


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。