2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆【静か】地球外で滞在経験を持つ魂【宇宙人】☆ 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


1 :60億分の1:2008/01/07(月) 02:09:30 ID:kuJyvclw0

経験・体験した事、様々な出来事を語るスレです
タイトルと違い以下の地球での様々な経験を語って下さってOKです

レムリア文明、アトランティス文明、ムー文明
超古代マヤ文明、エジプト文明、オルメカ文明、テオティワカン文明
ナスカ文明、マヤ文明、インカ文明、アステカ文明
他の時代でもOKです

プレアデス、シリウス、オリオン
アルクトゥルス、アンドロメダ、ベガ
リラ、アンタレス、金星



あなたはなに人?
ttp://park1.aeonnet.ne.jp/~energy_art/hometown.htm


宇宙からのメッセージ
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/6802/ufotop_001.htm



5 :60億分の1:2008/01/07(月) 12:20:51 ID:kuJyvclw0

自分で書いておいて何ですが
>>1の書き込みは少し窮屈に感じるかなぁと思いました

基本的に、世間話程度の書き込みであっても全然構いませんし
地球の文明やその他のいつの時代の出来事でもかまいませんm(..)m



前に
故郷であるが、すでにチリになりなくなった星の話について書かれている人の
日記を見ました、その方は仕事がひと段落して時間が空いた時
ふと空を見上げた時にその星での事を思い出すと
いつかまたその星に帰れるのではないか、と
そんな気がして少しせつい、と書かれていました



6 :本当にあった怖い名無し:2008/01/08(火) 16:55:40 ID:Zta6ROf2O

私は、今生でも宇宙人とのコンタクトはあるけど
前世もそのまた前世も地球人の古いシャーマンだからなぁ…。
スレタイ的に関係ないんだけど
記念パピコ..,_φ(・∀・ *)



7 :60億分の1:2008/01/08(火) 22:35:38 ID:BOaLp1DG0

地球人の方でも宇宙人の方でもOKです
時代も問いませんので基本的には何でもOKですよ^^

地球人も宇宙人といえば宇宙人だと思いますので



8 :本当にあった怖い名無し:2008/01/09(水) 02:56:11 ID:brNO3wMGO

自分も>>1さんと同じく、他文明や他惑星での出来事や思い出話し、
夢での記憶の話し等でも聞けたら幸いです

ごく普通の生活面の話しや、生活環境の話しでも聞けたら幸いです

と、取り敢えず援護パピコミ。



9 :本当にあった怖い名無し:2008/01/10(木) 10:36:43 ID:D/9P/m9Q0

ほんとに宇宙人だったら怖くてこんなところには書き込めないよ



10 :本当にあった怖い名無し:2008/01/11(金) 02:59:43 ID:IPIygHAaO

>>9
怖くて書けないもんですかね

そもそも2chなんか便所の落書き、言論無法地帯、しかもここはオカ版ですよ

適当にギャグやAAを交えて、解る人にだけ解るように書いて雑談で良いと思います



14 :60億分の1:2008/01/11(金) 12:00:34 ID:lFNfS1PQ0

>>10

>>9さんは多分、書き込むだけで
存在を特定されて脳みその状態や身体の状態や前世や家族関係や交友歴まで
観察されるのを懸念している可能性について
言いたいんじゃないかと思います

ですが、そこまで見れる人は滅多にいないと思うんですが
さらにその中からそれを実行する人というのが数が少なくなるかな
疲れるだろうし

まぁ、すぐコストを供給できるタイプもいるでしょうけど
そうなるとさらにそれを実行する人が少なくなると思います
私見ですがね

人間全体から見て何か特定の行動を行う人という割合が何%にしろ
そういった事が出来る人が絶対数的に少ないのであれば
単純に見るとそれを実行する人の数も少なくなるわけです

まぁ、懸念している事が書いてる通りだとして
『そういった事をする人もいるかもしれない』
には違いないかもしれませんがw


いずれにしろ徐々に飲まず食わずでも生きていられる人間に変化してくのは何故か
という事でしょうか



21 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 09:04:11 ID:6Rbzk+iWO

>>14
見れる人ですか…
まあ僕は興味深々で友好的なただの携帯厨ですが、
心辺りはあるなぁ~

その人が言ってる事が本当かどうかは解りませんが、
2chを覗いてて見つけた人です。

同じオカ版の過去スレで見た、その人のレスにはアヌンナキと言う発言もあり、
要するに太古の出来事について何か知ってる人かも知れませんね。

いずれにせよ、宇宙人さんがレスする場合は、見れる人に悪戯されないように、
普通の人のふりして雑談レスすれば良いと思いますが…

まあ、仲良く会話するだけでも中々難しいですよねぇ
(´д`)



22 :本当にあった怖い名無し:2008/01/12(土) 09:12:27 ID:6Rbzk+iWO

例えば…

黄色い人だよ~とか、
蛇さんだよ~とか、
ちっこい人だよ~とか、

ちょっとレスして、昨日何食べたとかの会話でもいいんだけどなぁ

因みに今日の俺の朝ごはんは、プリングルスとどん兵衛食べまひた。



26 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/17(木) 03:38:25 ID:3Gw+6tAgO

地球人に濃く血が混じって、時に変身する蛇さんは、
水瓶座の時代が近くて、いよいよ人間の姿を保つのが大変なんだって

紀元前3113年~今世紀2012年で一つの時代は終了だから、
もうちょっとで蛇さんたちが見えるようになるらしいよ

ヒラリーも蛇さんだから、票に関係なく大統領になるなコレ。

いやはや、次なる周波数領域とは、如何なるものか楽しみでごぢゃるー



27 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/17(木) 06:39:21 ID:3Gw+6tAgO

でもやっぱり、レムリア軍VSアトランティス軍の話しがききたいー
壮絶な物語調に。

宇宙人さんか、ぜんぜんぜんぜん~前世が、軍部で勤めた人来てー

核攻撃みたいな主力兵器とか、小型大型宇宙船よりも、
どっちかっつうと歩兵の個人装備、個人戦闘に興味あるー

おしえて下さい隊長ー



30 :本当にあった怖い名無し:2008/01/27(日) 21:06:55 ID:fzHrAzTi0

地球を見てた
地上のあっちこっちで瞬く白い光が印象的だった
夢で見た光景だけどね




32 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/29(火) 08:32:29 ID:QpQeslDeO

瞬く白い光り…?



33 :本当にあった怖い名無し:2008/01/29(火) 22:25:09 ID:dUs8vOBb0

そう、炎のように揺らめく白い一瞬の輝き



34 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/30(水) 13:42:20 ID:hWdBIXfJO

>>33
普通に宇宙飛行士が見るような地球ですか?
都市の光り?

それとも魂が瞬くみたいな様子ですか?
コーザラルの光り?



36 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 20:51:37 ID:fJWbBum40

>>34
暗い宇宙を背景にした地球だった
雲の合間から陸地が見え、陸地のあちこちで光は一瞬の焔を巻き上げて輝いた
一斉に輝く事は無かった
例えて言うならば、ヨーロッパで一つ輝き次にインド次には日本という具合だった
夢の中では何でもありのようだ
その光景を見ていた私に語りかけてくる声が言った
内容は定かでは無いがこんな感じだったと思う
「見ろ、これが彼の成した行為の結果だ。彼の血統から出た子孫が世界中で灯火を掲げているのだ。」
この言葉の意味合いと前後する夢の場面から
あなたの言葉でいう魂の輝きだと捉えた
私は精神の火と呼んでいる



37 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/31(木) 07:44:03 ID:Nn1z25fxO

彼の血統ってのが凄く気になりますた
地球開拓者の宇宙人さんのことですかね?
誰のことなんだろう?
でも、そんな夢を見せられた>>36さんは、地球外から来たアヌンナキの生まれ変わりなんですかね?

きっと彼ってのは、神話とかで神さまって言われてるようなアヌンナキの人なんでしょうね。



35 :本当にあった怖い名無し:2008/01/30(水) 19:38:21 ID:0lrxM64b0

前世を思い出した人のみ書くスレ2ってので
ノアの箱船にからむ、地球をめぐっての宇宙人同士の戦争のこと
思い出して書いてくれてる人がいます。とても興味深く、話の続きを
聞きたいと思っています。今現在続行中。
ノアの箱船ってああいうことなんだーって新たな見方が出来てとても新鮮でした。



38 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/31(木) 07:48:33 ID:Nn1z25fxO

>>35
宇宙人同士の戦いってのはエンリルVSエンキの話しですかね?
そのスレ見てこよー


前世を思い出した人のみ書くスレ 2転生目より転載



174:本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 22:36:10 ID:o3QP9K/50
一万年ちょい前の、あわや地球崩壊かという一大スペクタクルの記憶が強すぎる為か、
他の前世は全然思いだせん。無いのかもしれないが。



175 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 22:40:02 ID:TBG1rZCI0

>>174
>あわや地球崩壊かという一大スペクタクルの記憶

むしろそのスペクタクルの内容を聞きたし。隕石か洪水か宇宙人ネタか



176 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 22:44:59 ID:o3QP9K/50

>>175
洪水と宇宙人ネタだけど、隕石は見てないな。



177 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 22:52:51 ID:TBG1rZCI0

おーノアの箱舟の元ネタってやつか sugeeeeee



178 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:01:03 ID:o3QP9K/50

宇宙人同士の戦いが地球上で起こって、
人類を巻き込んだというより、最悪、地球崩壊かって所までいった。
世界各地で火山活動や地割れが起こって、極地の氷河は一気に溶けた。
海では水柱というか、水壁が天高く上がっているのを見た。
水位は見る見るうちに高くなっていき、多くの土地が海のそこに沈んだ。
だがちょっと謎があって、常識的に考えて現代よりも海の割合がどう考えても大きすぎる。
一面海で、陸地は一時期見当たらないほどだった。あの水量がどこに消えたのか。



179 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:08:05 ID:TBG1rZCI0

>>178
スケールでかい話をありがとう!むちゃ面白い。
その大異変が起きたときって178さん自身はどういう状態だったの?
宇宙人側?それとも人類サイド?



180 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:11:53 ID:o3QP9K/50

そもそも何でそんな戦いになったかって云うと、
ある宇宙人集団が地球に降りて支配しようとしたんだが、
これは禁止されている事で犯罪であって、取り締まる者がいる訳。

その取り締まる警察側が、別に人類の味方って訳ではないようで、
結構無茶な解決法をとって、大災害で宇宙人の影響を残さず滅ぼそうとした。
それ乗じて犯罪者側は、大災害をちょっと加速させることで地球崩壊へ繋がるようにした。
無茶をする警察側もさすがに地球崩壊はいけない様で、
大災害の中、犯罪者の企みを阻止するため大仕事をしていた記憶がある。



181 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:21:50 ID:o3QP9K/50

一大スペクタクルの中自分がやっていたのは、
地球崩壊の為に自爆へ向かっている宇宙戦艦に取り付いて動力を停止、地球崩壊を阻止する事。
もちろん既に決死行の犯罪者側の護衛もついていて、激しい戦闘の中、死んだ仲間は少なくない。
敵艦に取り付くために囮になった親友とはそこで別れたきりになった。残骸は見つかっていない。



182 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:28:27 ID:o3QP9K/50

ちなみに人類の味方でないとか災害で滅ぼすとか無茶苦茶やってるけど、
事を起こす前に人類の一部を教育して、現地調達の戦闘機操縦士を作ってる。
どういう訳か人員不足で、戦力がまるで足りなかったから、そうした。
そういった人類は非戦闘員も含め都市ごと保護して、戦後は宇宙に連れ帰っている。



183 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:28:47 ID:TBG1rZCI0

それは激しい前世だなぁ(汗)
洪水の伝説は全世界に散らばってるけど、日本だと竹内文書くらいかね
宇宙人の抗争ってチャネリング本で似た話を見たことある。

一大スペクタクルな大仕事の記憶が激烈すぎて他の前世を覚えてない
のかもしれないけど、
似たような大仕事をするために超久しぶりに今の時代に生まれてきたと
すればコワイよねwww末法思想でスマンが



185 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:42:12 ID:o3QP9K/50

犯罪者側も破れかぶれに、地球崩壊で終了にしようとしていただけでなかった。
影響を与えた人類に巨大木造船を複数作らせて分乗し、一人でも生き残るよう保険も賭けていたらしい。

地球崩壊を阻止した後、静かになった一面の大海原を飛び、
生き残った敵が伏せていないか警戒しながら、
敵性人類抹殺の為に人類の大船を探し回っている記憶がある。
見つけた大船をぶち壊し、水面でバシャバシャやってる人間をプラズマ兵器でジュッっと焼いて殲滅した。
作戦を終えた後仲間と合流し、「数が合わない」「一隻見逃してないか」と言う話をしたのが印象に残っている。



187 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:52:49 ID:TBG1rZCI0

185のオチはちょっとショック

でも今流布してる陰謀論とはうまくリンクするね。
やっぱ後処理で来た人らがいるのかな



188 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/26(土) 23:58:26 ID:o3QP9K/50

戦後、生き残った仲間や宇宙に連れ帰る人類のリーダー格等と一緒に会食したとき、
たぶん同格位の仲間に、「今回はやりすぎじゃないか」「損害も大きい」って突付かれていた。
あまり記憶がないが、自分は一連の作戦の方向性を決めるのに関わっていたようだ。

>>187
箱船が出たらチープすぎるって?それとも人間丸焼きがショック?
でも有ったって変じゃないでしょ。



189 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/27(日) 00:01:21 ID:TBG1rZCI0

>箱船が出たらチープすぎるって?それとも人間丸焼きがショック?

いやいや、ノアの箱舟っていい話や~と好きだったから発想の転換をせまられて



190 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/27(日) 00:14:04 ID:ZBCPAumk0

>>187
戦後の後処理とか残骸拾いをした記憶はないが、親友の残骸が結局戻らなかったって事は、
お掃除部隊がやばい物拾ってから引き揚げてるんだろうな。

ところで陰謀論って?この前世話と似た話が他にもあるって事か。



191 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/27(日) 00:26:44 ID:ONeIryqG0

>>190
陰謀論は勘違いだったからスルーしてくれ

ノアの箱舟=ユダヤ教だったからユダヤ人限定なのかと思ってたけど
調べたら洪水と箱舟はユダヤ人だけでなく多民族に共有だった。



192 :本当にあった怖い名無し[sage]:2008/01/27(日) 01:18:50 ID:ZBCPAumk0

>>189
この前世話と対応すると、箱船は犯罪者にそそのかされた人類が乗っていた事になるから、
ユダヤキリスト教系の人にとっても、面白くないかもなぁ。
でも箱船を作らせた神が箱船を逃がす為に文字通り命がけで囮になって、
敵が頑張れば阻止できる地球崩壊を演じて見せたとすればギリギリ、美談にはなる。
大洪水を起こして人類を滅ぼしたのは神の敵対勢力になる訳だし、二度おいしい。

しかし、それだと洪水が収まった後ノア一行が焼き肉をふるまったのは、
自分等の神でなく、神の敵対勢力の方になってしまうかもしれない。
もう大災害は起こしませんwwサーセンwwとか謝って帰ってったのは俺かもしれないぞw






39 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/31(木) 08:26:30 ID:Nn1z25fxO

>>35
見てきますた。

レムリアVSアトランティスの(エンリルVSエンキ)の時の兵隊さんの記憶みたいですね

その後、大洪水になって、水が引いた後に山から降りて文明再出発し始めたのがシュメール文明で、シュメールは地方都市じゃなくて首都みたいな役割してたってのを、デーヴィット・アイクの本で見ますた。

アヌンナキと言う地球外来生命体を指す言葉もシュメール人の言葉みたいです



40 : ◆WBRXcNtpf. :2008/01/31(木) 09:19:04 ID:Nn1z25fxO

>>1さん見てますか?
記憶がある人が来てくれてますよ

僕は普通の人だけど宇宙人の事や生命が生きる意味とか考えると
「食物連鎖」ってのが嫌になります

オカ板でグロ画像を見たら食肉処理場で殺される豚の動画を15分くらい見て耐えられなくなりますた

あと見てないけど生きたまま巨大シュレッダーにかけられてコンビーフにされる牛の動画もあるみたいです。

凄く嫌になりましたがでも食べなきゃ生きられないからしょうがないと思ったんですが
せめて殺すならショットガンとかで1撃で殺して欲しいと思いますた

魂は輪廻する訳だし時には生き物を殺さなきゃいけないこともあると思うけど
痛覚を持った生き物を殺して食べる訳だから
もうちょっと人間は食べ物に思いやりを持つべきだと思いますた


一撃必殺
(;>Д<)y┳="バーン☆(×ω×)ブヒィィ



41 :60億分の1 ◆5YjLoU0p4g :2008/01/31(木) 12:43:19 ID:rkPAV1Mf0

見てます、お疲れ様です



42 :本当にあった怖い名無し:2008/01/31(木) 21:32:14 ID:IXa6PKCn0

私が夢で見たのは彼の一生だった
大体が第三者の客観的視点で彼と彼を取り巻く人達と環境を眺めている
だが時折、彼自身の視線から見詰めている事もあった
地球を見詰めている場面がそうだった
尤もその時の彼は寿命が尽きて死んでいたのだが
彼は洪水に因って無くなってしまった国の出自で母は人間、父は神と呼ばれている人達の一人だった
神と言っても外見は普通の人達と何ら変わる処は無い
彼が生まれた時にはその国は無く
大人になるまで自然の無い無機質な空間で育っていた
彼は他の神と呼ばれる人達と折り合いが悪かったようだ
地上に住む人間達をどう処遇するかに付いて意見が対立したのを機に地上に降り立った



43 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/01(金) 07:22:17 ID:WqDKhT4kO

>>42
おはようございます

彼は混血なんですかー

彼はシュメール前のどこら辺の出身だったんでしょうかね
また、お父さんは金髪碧眼でしょうか?

自然の無い無機質な空間で育ったんですか…
宇宙船?別次元?
なんか寂しそうな雰囲気が伝わってきました

他の神さまと折り合いが悪いなんて、よっぽど地位が高いってゆうか、実行力のある人なんでしょうね



44 :本当にあった怖い名無し:2008/02/01(金) 20:41:14 ID:65igDEBK0

>>43
どうも(^^)
なるだけ夢の内容が正確に伝わるようにするよ

かなりの大人数が生活できる居住空間を擁した宇宙船で彼は育った
本来ならば人の血が混じっている彼は宇宙船に乗って海原の只中に有る島国を脱出すること叶わない事だったのだが
金髪というよりは栗毛か亜麻色の髪を持つ父の親が神々の中でも更に威厳のある人物だったので特別扱いとなった
国の名前はあえて言わない、私の願望や思い込みが入っているかもしれないから
ただ洋上に浮かぶ島々だったとは言える
彼は直情で果断な上負けず嫌いな性格だった為、その人格を逆手に取られて自ら地上に赴くよう仕向けられた
宇宙船の中で開かれた神々の会合で彼はこう言われたのだ
「このまま人間共の蛮性が治まらないのなら奴らを滅ぼすしかない」と
母が人である彼にこの言葉は許せるはずも無く、彼の衝動に火を点けた
「私が地上に居ても人々を滅ぼすのか?」彼は言った
「もちろん」神の一人は言った
「ならば私は地上に在って人々と共に在ろう」
最後に彼は言い放って神々に背を向けた
神々の第一段階の目的は達成された



45 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/02(土) 05:54:37 ID:2Jqjbly/O

>>44
今日は早起きです。

その人は宇宙コロニーみたいな大型船の中で育ったんですか!

海原の只中とはアトランティスかレムリアのどちらかでしょうかね

金髪碧眼の宇宙人は、ノルディックと言われてるみたいです。

なんか、夢に主格として登場する彼は、何かの神話と一致するような人なんでしょうかね?

でも、なんか彼は他の宇宙人にやっかみがられてて、でも彼はとても優しい人な気がしました…

そんな話を聞くと、なんか、他の存在に対する尊重と理解力みたいな感情に欠けた行動をする人間が、
文明の指導者たる宇宙人に見捨てられたような気がしました…

うーむ…僕は出来る限り他の人と仲良くしよう…



46 :本当にあった怖い名無し:2008/02/02(土) 21:00:15 ID:Xcb/AuuB0

>>45
彼の瞳は青色だったよ
他の神々は彼の事を粗暴者としか思わなかったみたいで要は宇宙船から追い出したかったらしい
彼は彼で他の奴らを退屈で面白みの無い奴らとしか思ってなくて船内の膿んだ空気が嫌だった

神々は人間達と接触を持って人々の知的道徳的に向上させるのが勤めだったらしいのだが
最初に来た人達から世代が下ってしまって積極的に人と交わろうという者がいなくなって困っていた
そこで彼に白羽の矢が立ったという訳、彼の祖父は神々の中で初めて人間達と接触して活躍した人だから
彼もなんとかやるだろうって事で

彼は地上に向かう時、まず最初に島国が元有った海原に降り立ってそれから船に乗換えて海辺に接した
国へ向かった
地球へ降りるには高速宇宙艇と軌道エレベーターを足した様な物で降りた
意識がぶれて遠のく程のGだった

>何かの神話・・・
神々に疎んじられて地上に向かう辺りはスサノオを連想させるし
海から現れる神は南米の伝説にも居たんじゃなかったかな、ビラコチャだったかな
海関連でオウアンネスとか
スサノオもイザナギに海の国を治めろって言われてるし
そんな処かなぁと私は思っているけど



47 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/03(日) 04:46:09 ID:Z8r8CmZVO

>>46
目は青色ですか、お爺さんはもしかしたら地球最古の神でしょうかね
なんか僕なりに神話とかググったり持ってる本みたりしてみました。

ビラコチャは兄弟姉妹が沢山いるみたいですね
オアンネスは魚人で、水陸両性は犬狼星(ドッグ・スター)のシリウス星人
ドゴン族伝承のノンモは蛇の特徴の宇宙人ですが、金髪だからムズング
ヨーロッパ人がアフリカに来るとムズングが戻って来たと思いそのまま白人をムズングと呼ぶ
スサノオと言えば三貴子の末子、海原の神、※牛頭天王と同一視
似たようなバルドル「エデンの雄の※子牛」、シュメールでの称号はバル、又はバアル(神さま、王さまの意)
あと船に乗り換えて来たのと、やっかみがられて地球に来たからルシファー=イブリーズ(最後の審判まで地上で…)
ルシファー=※白牛に乗ってる自在天=破壊神シヴァ
自在天とシヴァ神とバアル神の象徴は「男根」=摩羅

なんかいっぱい書きたくてゴチャゴチャしてすみません…
夢の彼が神話の誰かに被るのか、とても楽しみです。



48 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/03(日) 05:18:23 ID:Z8r8CmZVO

あ、あと南米の神ってのはビラコチャじゃなくて、ケツアルコアトルではないでしょうか?

ケツアルコアトルの誕生日は12月25日で
バアル神の誕生日は12月25日と言う話も聞きました。
キリストの誕生日は記述など無く、この辺りの話しの真似であるような話しも本で見ました

どうしても沢山書きたい時は、半角カタカナになっちゃいます。



49 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 11:12:53 ID:VYwv0MgE0

>>47
彼を特定するのは難しいだろうなぁ
夢の映像では手掛かりは少ないだろうし、彼が住んでいた海辺の国は彼が死んだ後洪水が襲って泥の下だし
夢の中では彼の呼び名は殆んど出てこない、てか夢の中では音声が殆んど無かった
人物の口の動きに合わせて会話の内容やらニュアンスが頭に湧いてくるだけだったよ

唯一彼が人に呼ばれる場面は、海辺の国に到着して桟橋を歩いている彼に「神様だぁ、神様が遣ってきたぁ」
と歓声を上げながら子供が駆け寄って来る場面だけだった
この子供は海辺の国の経済面を取り仕切っている有力者の息子で彼の世話係りだった
人々が活気溢れる海辺の様相を彼は好ましく思い「人々は逞しいものだな」と独り言を呟いた
何よりも目の前にいる子供の無邪気さが彼の心を洗うように眩しかった
全てが宇宙船の中では絶対に体験する事が出来ない出来事だった
子供は両親から、かつて島国があった頃の神々の様子を聞き出してるようだ
彼を見上げながら「神様の話はいっぱい聞きました」と嬉しくてたまらなさそうに喋った



50 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 11:20:51 ID:VYwv0MgE0

>>48
あれ?ビラコチャってどこだったかな?
十二月二十五日ってのに何か意味が有るんだろうな。



51 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/03(日) 12:23:29 ID:Z8r8CmZVO

>>50
こんにちは☆
12月25日について、この前NHKの番組では12月25日を太陽を新生児で表し冬の始まりとか、太陽神ミトラとの関連についてやってました
あと僕が持ってる宇宙人研究家のデーヴィット・アイクの本では、こんな面白いことも書いてました↓
・フリギアの神の息子アッティス
・インド神の息子クリシュナ
・ギリシャ神の息子デュオニソス(バッカス)
この3人は、いずれも12月25日に処女の母から産まれ、若干エピソードは違いますが金曜日に十字架にかけられて死んで、3日後の3月25日に墓から復活する
処女は新月を意味する
これらがイエス創作のルーツみたいな感じで説明ありました
他にも関連が沢山いて南米のケツアルコアトルもありました
夢の彼と何か関係あるかどうかは解りませんが、神の息子ってのとやっかみがられてってので色々書いてみました。
なんか聖書は数秘術で数に置き換えて読まないと、ちゃんと読めないとかググったら出てきました
神話の話は普通の人から見るとグチャグチャして感じます
あとビラコチャはマヤ文明とかインカとか、マンコ・カパックと言う人との関連がググったら出てきましたので
洪水の後の高山でのお話しではないでしょうか



52 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/03(日) 12:37:21 ID:Z8r8CmZVO

>>49
夢の中では音声は殆んどなかったんですか
その海辺の子供たち可愛いですね
でも彼は人々を思い地球に来て、海辺の浅橋で子供に囲まれた時は、複雑な気持ちを感じたのでしょうね…



53 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/03(日) 12:49:01 ID:Z8r8CmZVO

あ、あとその子供たちは何色の肌だったんでしょうか?



54 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:25:10 ID:VYwv0MgE0

>>53
子供の肌の色は薄っすらと赤みが掛かり日に焼けた褐色の肌だった、そんなに濃い色ではなかった
この国の人達みんながそうだった
気候は年間を通して穏やかで過ごし易かった
結果から言うと彼がこの地にいる間はこの国が空から攻撃される事はなかった
ただ海の向こうの何処かの国は空からの一撃を受けている
遠くから眺めていてもはっきりと分かる、空から地上へ一直線に落ちる稲妻のような色をした光が海の彼方に見えた後
黒雲が湧き上がり雷が炸裂し火山の火柱が昇っていた
あれは思うに兵器その物の威力では無く、地殻の脆弱な部分を攻撃して火山活動を誘発する遣り方だと思う

彼を特定できる材料になるかどうか判らないが、書いておく
彼はこの地で一人の女性との間に子供をもうけている
彼女も神と人の混血でこの国の男達に非常に尊敬されていた
活発な女性で他の国との戦争が起こると彼女が武装した男達を率いて戦いに出かけた
彼女の名前を聞いた時 戦いの女神という意味合いが頭に響いた
男達との浮名も多い人だった
子供は成長してこの国の指導者となった
今文中で国という言い回しをしているが当時の様子から今でいう国というのは当て嵌まらない
遥かに小規模なものだ

この国で島国の生き残りの人達を見かけたが彼等は普通の人達だった

時折宇宙船から連絡係りの使者が遣ってきたが、今思うと彼も貧乏籤を引かされたようだ



55 :本当にあった怖い名無し:2008/02/03(日) 19:36:43 ID:VYwv0MgE0

攻撃された場所を例の子供と見に行ったけど、砂漠になっていたよ。



56 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/04(月) 00:06:27 ID:Qp1alqkEO

>>54
レスを読むとすぐに夢の彼はバアル神で妻は戦いの女神アナト、沈んだ島国はレムリア、褐色の肌の人が住む海辺の国は南米
攻撃されたのは過去の大森林サハラ砂漠じゃないかなぁって思いました。
もしかして奥さんの身体には爬虫類的な特徴はありませんでしたか?
愛と戦いの女神アナトは、イナンナ、イシュタル、アスタルト、アフロディテ、アテナ、マグダラのマリアなど言われてるみたいです
バアル神の妹であり妻とあるんですが、混血であれ宇宙人は近親交配をよくするみたいです
またアトランティスとレムリアの人々が移住した土地では、しばし蛇の女神と※牡牛で象徴される神への信仰があるとありました。
サハラ砂漠には、高熱で溶けたガラスみたいな物があると聞きます。

白色ノルディックと爬虫類的レプティリアンの交配が高貴な血として指導者になる場合が多いみたいですし
子供が後に指導者になることからも、やはり混血である奥さんの身体の特徴が気になりました
奥さんがレプティリアンの混血であれば、無双の怪力でも説明がつくと思いました。



57 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/04(月) 00:26:01 ID:Qp1alqkEO

あとバアルは高い建物にいるような話しも聞きました
>高速宇宙艇と軌道エレベーターを足した様な
この乗り物は、縦幅はけっこう長いでしょうか?



58 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 18:07:33 ID:s3nLhIrL0

彼女の身体的特徴には気付かなかった
ただ蛇と牡牛で関連するのは彼女が戦いの際持って行った蛇が巻き付いた様に彫り物がされた杖だろうか
随分と写実的に造られた物で一見すると本当に蛇が巻き付いているかに見えた
彼は人々に「猛々しき雄牛の如き男」と呼ばれた時期があった

前の書き込みで神と人の外見は何も変わる処が無いと書いたが
では身体的な物で神と人の何処が違うのかというと神は長寿なのだ
老化の速度もかなり遅い
この時代の人の平均寿命というのがどれぐらいなのかは知らないが
桟橋で出会った子供が腰が曲がる程に老いた時、彼の外見は壮年の風体だった
髪の毛は見事な銀髪になってしまったがね
彼も彼女も年を取る毎に食事の量が極端に減ったがそれでもその当時の人々の二世代は生きた
しかしこの表現はあくまで彼と周りの人との比較で表しているので実測した年数は分からない

軌道エレベーターのような物は大気圏外にある宇宙船から地上に向かって蛇腹に折畳まれた半透明のチューブが
伸びている訳だから相当な長さだと思う
チューブの中での加圧減圧のバランスに秘密があるようだ



59 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/04(月) 21:21:50 ID:Qp1alqkEO

>>58
なんか、やっぱりその夢はバアルさんとアナトさんの話しじゃないかなぁと思いました。
蛇が巻き付いた杖については、2匹の蛇が巻き付く杖の話しがあります
ガーティ、カドケウスの杖、メルクリウス(=アヌビス)の杖、ヘルメスの杖などです
このヘルメスの杖は、プレアデス星団やアルデバランの生物の血も混ざっているらしい宇宙人の四大元素を象徴する杖らしいです
とても平和に暮らす宇宙人で、青い目に白かブロンドの髪をしてると本にありました
やっぱりググりましたらヘルメス=メルクリウスとあり、アテーナイ(アテナ)の話しも出ました
アッティカ半島の西サロニコス湾に面した外湾ピレウスを有した、とありました。
爬虫類に関しては、DNAに裏コードがあって、戦闘の際などにシェイプシフト(変身)するみたいですが、勘違いかも知れないので気にしないで下さい
でも女性が兵士を率いるなんて、普通はムリですよね?



60 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/04(月) 21:28:41 ID:Qp1alqkEO

彼の奥さんが持ってた杖はこんな感じですか?↓
http://imepita.jp/20080204/771300



62 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 22:01:32 ID:RLUVWzZr0

>>60
羽は付いていなかったよ
蛇はもっと杖にぴったりと巻き付いていた
一匹か二匹はちょっと怪しい



61 :本当にあった怖い名無し:2008/02/04(月) 21:43:33 ID:RLUVWzZr0

>>59
十五年前に見た夢が明らかになってきたよ。
ありがとうd(^^)

確かに女性が兵士を率いるなんて普通は無理だよね
彼女が号令を掛けると男達の雄叫びは凄かったよ
ある戦争で負けてかなりの人が死んだのを機に戦場に出るのをやめたけどね
余程責任を感じたんだろう



63 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/04(月) 22:32:10 ID:Qp1alqkEO

>>61
うわぁ~、奥さんが戦場でヘルメス(アヌビス)の杖を持って暴れまわってる様子、凄そうですね!!

ここでちょっと本を紹介させて下さい
このスレを見ている人にも宇宙人について何かの助けになるかも知れませんので

徳間書店
デーヴィット・アイク著
竜であり蛇である我らが神々
~人類の起源と闇の支配一族レプティリアンの血流~
上\2000+税
下\2000+税

去年8月に出た本です
表紙カバーに関連本も書いてますので、宜しかったらぜひ読んで下さい。
ヾ(`∀´)Ψ=☆



64 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/04(月) 22:49:38 ID:Qp1alqkEO

いま調べましたら
アルキビアデスがラケダイモン(スパルタ)側に対して行った進言がきっかけで
アテーナイ(奥さん)は痛恨の打撃を受け、ついには敗北することになった。
と、ありました
敗戦ってこれのことですかね、たぶん…



65 :本当にあった怖い名無し:2008/02/05(火) 20:47:29 ID:ledPYgrB0

う~ん、どうなんだろうね
まぁ、しかし彼と彼女に共通して言えるのは二人とも最後には神々の元に帰る事も無く
人々にも受け入れられずに阻害されたという事だ
彼女は生まれた時から地上で育ち宇宙船も神々も知らない、つまり神々も彼女を知らないのだ
彼は一度帰ってくるようにと催促されたのだが、元々たいして良い思い出もある場所でもないので拒否した
実はこの時、宇宙船では内乱か覇権争いが起きていたらしく彼が必要だったらしい
夜空を行き交う光の軌跡を彼は複雑な思いで見ている



66 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/06(水) 02:08:36 ID:3n/4zvE1O

>>65
洪水前の宇宙人同士の内乱について調べましたが何も見つかりませんでした
でも、火星と金星がぶつかって火星の環境が悪化し
金星が地球の引力に引寄せられて周りを回って地軸がずれて水位が変わった
なんてのを見つけました。
褐色の肌をした多くのアトランティス人が西方に渡り当時のアメリカに移住した
ような話しもあったので、夢の彼の水没した島国はアトランティスかもしれませんね。
彼が神にも人々にも受け入れられなかったってのは
キリスト教ではバアルは悪魔の第一等として、たくさん悪口を言われてます
豊穣神として崇められてたから、作物を腐らす蠅(ゼブブ)と王(バアル)を足して
バアルゼブブ、ベルゼブブなんて言われてるみたいです。



67 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/06(水) 02:20:24 ID:3n/4zvE1O

自分の勝手な解釈かも知れませんが、それにしてもその夢は人類の歴史の中心線、中心核。
スレが立つや否やいきなりのビックネームですね…^д^;

こんなスケールの話を僕がして良いのだろうか…

宇宙船での内乱の理由はわかりませんか?
また、どのように彼は人々に受け入れられなかったんでしょうか?



68 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 22:12:32 ID:HOyLZdQr0

>>67
お手数かけているようだね、申し訳ないね
内乱の理由は推測でしか言えないのだが
神々の中で人々に対する姿勢の違いが生じたのだと思う
彼が宇宙船に居た頃は冷徹な部分があるにせよ、人々の自主性というのを認めていた
前に知的道徳的に向上させる目的云々と書いていたがあれは言葉以上に深い意味があって
人々の中に確固たる主体性を生じさせるのが目的だったのだ
だから彼も他の神々も支配とか制するという考えは浮かばなかった
支配は抑圧しか生まず、抑圧は・・・ あまりこういう言葉は使いたくないのだが「霊的成長を妨げる」のだ
ところがその後の推移を見ていると神々はどうやら「従順で盲目な人間」を作り出す事に方向転換したようだ
彼が悪魔の王と呼ばれるのもここに理由があるのだろう
人間を神と同じレベルまで引き上げようとする神が居てもらっては困るのだ

彼は身に憶えの無い噂をたてられて、厄介者扱いされて人々は寄り付かず死ぬ時は何の関心も払われなかったよ

>洪水前の・・・
世界に散らばる神話をあたってみたらどうかな



69 :本当にあった怖い名無し:2008/02/06(水) 22:17:50 ID:HOyLZdQr0

他スレで宇宙人の服装の話が出てたけど憶えのある服装があったよ
白衣のようなマントのようなって奴、彼と他の人達も着てた



70 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/07(木) 04:07:24 ID:qWLqBhx9O

>>68
お手数なんてそんな…楽しんでますよw
人々の自主性、主体性、霊的成長ですか…
霊的成長と言いますと僕はマントラ、ハタ、クンダリーニ・ヨーガ等を思い浮かべますね
神智学では魂をエーテル、アストラル、コーザラルの三層構造であると聞きました
エーテル=氣=空は万物を生かす5つ目の元素、アストラルは精神、コーザラルはほぼ不滅に輪廻する魂の中心核と理解してます。
自分なりに模索した事を書きますと、霊的成長とは魂の存在を理解し、それら三層を鍛えると言うか
まぁ要するに良い子になれと言う事かと思います。
で、何が言いたいのかと言うとデーヴィット・アイクの本には
人間を従順で盲目にしたい宇宙人VS霊的成長を促進する宇宙人みたいなニュアンスの事がよく書かれてあるので
やっぱりと思いました。

しかしその話しを聞きますと、バアルさんの辛さが伝わってきました
なんと言うか、本から引用すると
「偉大なる精神の持ち主は、常に凡庸な心の持ち主の激しい反発にあってきた」
って感じで、なんか可哀想です…



71 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/07(木) 04:30:04 ID:qWLqBhx9O

あと、色々見てましたら「エッダ」と言うノルド語で書かれた古代北欧歌謡集があるみたいですが
その中には「バルドルの夢」と言うのがあるみたいですが
まさにその夢を見たんではないでしょうか?
トール(インダラ、ゲオルギウス)VSバルドルの話し、女神エル・マリア、夫ウォーダン、息子バルドル(バアル)等の名前が出てくるみたいですが
北欧神話は読んだことはありません。

シュメール文書にはアヌンナキの派閥間で戦争があったと見つけましたが
エンリルVSエンキ(アトランティスVSレムリア)の話であって、バルドルすら断った宇宙船内での抗争の話は神話とかでも伝わらないと思いました
地上を巻き込んだ戦争の話しならありそうですね。

しかし、神話ってのは象徴的な上に弄られててホント困り物ですね…



72 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/07(木) 04:49:07 ID:qWLqBhx9O

独り言ですが、今だから歴史のことはちゃんと記録されてますが
大昔は宗教の司祭とか、そうゆう人が記録してる訳で
象徴的な表現が多すぎて皆が困ると思いました。

まぁ「従順で盲目」な人間にするには、宗教神話は持ってこいな物なんでしょうね…



73 :本当にあった怖い名無し:2008/02/07(木) 21:45:10 ID:GV0t12xG0

>>72
バルドルの夢ググッてみたけど話のあらすじまで分からなかった、残念
>神話ってのは・・・
確かにそうだね、隠喩を用いられてる上に弄られてるから頭を捻りたくなる
書き手の立場がどちら側かによって表現も変わってくる
今有る各地の神話と各種秘教神秘学ほど人々を迷わすものは無いんじゃないかなと思えるぐらいだ
余程後世の人の都合の良い解釈がまかり通ったか悪意ある改竄か、両方かも知れない
ただし、神話の中で出てくる隠喩を用いた話は隠喩を使ったからこそ今の世まで伝わった部分もある
例えば記紀に出てくる大国主が訪ねた根の国そして鏑矢を咥えて大国主を助けた鼠とは何を意味しているのか?
鰐鮫の背を渡った白兎とは何を表しているのか?
これらの象徴は左程難しくは無い

今の秘教神秘学を彼が見たならば彼は困り果ててしまうだろう
「あなたはあなた自身の主であるか?」
これが彼の人々に対する常々の問いだ



75 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/07(木) 23:48:51 ID:qWLqBhx9O

>>73
僕もググった時バルドルの夢のあらすじが載ってなくて残念でした。

>「あなたはあなた自身の主であるか?」
なんかとても素晴らしい言葉に響きました。悪く捉えると無頼者とも取れますが
人間の依存心から縦社会が生まれ、支配する者、される者ができ
抑圧が生じて、結局誰が悪いのか?なんて感じます。
自分がそう問われたとして、僕は肉体の生活面では様々な人や物に依存してます
精神面では、うーむ…色々考えたけどパッとした答が出ませんでした



76 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/08(金) 00:07:47 ID:Fu4yPA/1O

記紀の話は、大国主の根の国での話と、因幡の白兎の話しですね?ググッてみました
スサノオが根の国を母の国と呼んでいて、夢の彼がスサノオなら根の国とは水没した彼の島国ですね。
鼠が来て「内はほらほら、外はすぶすぶ」ですか…防空壕?宇宙船?って思いました
大国主が誰か解らないのですが、大国主がスサノオに対して
「お嬢さんを僕に下さい!」的な話しにしか感じませんでしたが、どうしても気になるのが蛇のいる室です
やはりアイクの本にも神話に出る蛇、竜は爬虫類型宇宙人レプティリアンの象徴とありました。
別スレでは、巨人の話しも出てましたが、やはり爬虫類型宇宙人が気になります



84 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 21:45:54 ID:s/J7GgPE0

>>76
根の国は地下世界で鼠はそこの住人を喩えた話
白兎は古代のリニア式飛行体です、円盤型のね



77 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/08(金) 00:16:49 ID:Fu4yPA/1O

あと、神話等では彼が1度死んで妻が復習するようなエピソードがあるんですが
そこら辺はどうなんでしょうか?



83 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 21:41:31 ID:s/J7GgPE0

>>77
彼女の方が先に死んでしまったので復讐は無理だろうと書くつもりだったのだが
ふと考えた、もし復讐するのらば相手は誰だ?
地球の人々?いや有り得ない地上に居る時の彼の振る舞いからそれだけは無いと思った
矛先を向けるとすれば内乱後の宇宙船にいる神々しかいないだろう
もしや・・・心当たりがあった

話は前後する
彼がまだ生きていて宇宙船の内乱前の事だ
ある日宇宙船からの連絡係りが一人の女性を伴なってきた、あの気の毒な男がだ
その男が言うには彼女が今度からの連絡係りだと言う
実を言うと彼はこの彼女との間にも子供をもうけている
彼女は宇宙船で子供を産んでいるはずなのだが

もし復讐があったのなら、果たしたのは彼女とその子だろう
更に思う、宇宙船であった復襲劇が地上に神話として伝わっているのなら
誰がその話を地上に伝えたのだ?



86 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/09(土) 08:49:40 ID:csDUbJwNO

>>83
彼女のほうが先に死んだんですか…
>あの気の毒な男
とは、最初の連絡係の人ですか?何か悲惨な運命を辿ったんでしょうか?
その一緒に来た女性との間に子供が出来たんですか。で、宇宙船内で抗争があって…

色々と本などを読み返したりしたんですが、頭ごちゃごちゃになって来ました。
スカンジナビア民話で地下世界はニブルヘルムと言われ、女神ヘルが司ると言うのを見つけました
ググりましたら、北欧神話にバルドルらが出てくるするニブルヘルムの話しを見つけたんですが
また比喩にお付き合いしないと理解出来なさそうです…



80 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/08(金) 08:25:48 ID:Fu4yPA/1O

巨人の骨一応貼っときます
http://digimaga.net/news/20071218/india_god_warrior/
http://plaza.rakuten.co.jp/sizuokaboomerang/diary/200709080000/



85 :本当にあった怖い名無し:2008/02/08(金) 21:57:23 ID:s/J7GgPE0

>>80
前に見た事あるけどなんかガセだと思うよ
でも中国の長人族の話もあるし、孔子がこの種族だと言われているけど
あと南米のどっかで発見されたアジア系の遺伝子を持つ2メーター以上の人骨もあるから
巨人の話は有りだと思うよ
そうそう、あとゴリアテも居たな



87 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/09(土) 09:03:04 ID:csDUbJwNO

また、バールベック巨石群やストーンヘンジは巨人が並べたとありました
なんでも巨人は混血で、レファイム、エミム、ザムズミム、アナキム、なんて言われてるみたいです
聖書のゴリアテはレファイムで、レファは巨人、地球外生命体を指すエロヒムと人の子供らしいです。

>リニア式の
磁気浮上式ですか、インドでヴィマーナと言われてて、葉巻型や二階建て船窓付き円形ドーム型などの
宇宙船の話しがあるみたいです。

>>85
やっぱりその巨人の骨はガセですかね?ちょっと期待しました
他にも2~3mぐらいの骨は各地で発見されてるみたいです



90 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 21:12:53 ID:mvXOvfxu0

>>86
連絡係を気の毒な男と言ったのは大層な意味が有る訳じゃ無いんだ
彼は本当に心の底から地球に降りるのが嫌だったらしく
会う時はいつも眉間に皺を寄せて、そうでなくとも神経質とゆうか几帳面とでも言うべき顔が
心の余裕が無くなって張り詰めて精一杯の顔付きだったんだ
そこへ会う為にやってきた相手にからかわれたり上げ足取られたりするもんだから
頬が引き攣ってしまう程だった
「本当は!こんな所来たくないんだ!」って絶叫した場面もあったよ
いやいや、本当に彼は気の毒な男だったよ

>>87
バールべクもストーンヘンジも途中で作り手が変わっている節があるんだよな
石の加工の仕方が変化しているのよね
マチュピチュもそう
>磁気浮上式・・・
それっぽい、下は黒い石で出来た橋みたいな物があって、それに沿って白い円盤がゆっくりと飛ぶ



88 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/09(土) 09:27:02 ID:csDUbJwNO

このスレを色んな人に紹介してもいいですか?
遠隔で他人を覗けるような人もいるみたいですが…
凄くスケールの大きい話しなんで、博識な人たちに見てもらいたいんですが
大丈夫ですか?



89 :本当にあった怖い名無し:2008/02/09(土) 19:46:04 ID:6bcFyWHT0

大丈夫だと思いますが、1じゃないんで俺は…
ただ◆WBRXcNtpf.さんの発言は楽しませてもらってるって事は表明
んで持って、ヴィマーナにちょっとドキッ

あとフィンランド叙事詩、つーかカレワラですね
そこらへん語るひといたら、すごくうれしんですけど
前世の記憶とカレワラが絡み合うひといないかな?



92 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/10(日) 02:00:57 ID:bEMeB/okO

>>89
カレワラですか、自分も各地の神話と符号するような記憶のある人や、歴史文献に詳しい方に来て欲しいです。

>>90
連絡係の人はバルドルさんと相性が悪かったのでしょうか?

実は2chの中で秘教や魔術関連のスレでもお世話になってまして、なんというか
(おそらくは)死して肉体から離れたバアルさんと交流のある術師さんから、バアルは冗談がきつめと言う話を聞きました
牡牛と男根を象徴とするバアルさんですが普段の性格は、要するに下ネタなどを言うような感じでしょうか?
過去にその人に宇宙船の話を聞きいたら、かなり詳しく説明して頂きました
悪魔との契約スレです。現行スレに僕のレスがありますが、宇宙人の話を持ち出してバカにされました。



93 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/10(日) 02:20:29 ID:bEMeB/okO

巨石群については、天体観測や大地のパワーの集結点(ボルテックスポイント)とか言われてますが
本来どのようなテクノロジーで使われるのか夢の記憶にありますか?



94 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 14:45:46 ID:reYnv/pL0

>>92
彼と連絡係は対称的な性格の二人だった
お互いに嫌っていた訳ではないけど
主格の彼は神々から見れば下品だったかも知れないが、下劣卑劣な人物ではなかった
あなたが彼の事を優しそうで実行力に富みそうだと言ったのは当を得ている
ざっくばらんで親しみ易く人々は気軽に彼に向かって声を掛けていた
もったいぶった説教、大仰な演説などする事無く
ただ普通に人々と町で暮らし、時に散策し酒場にも顔を出し賑わいの中に入り込んで一杯引っかけていた
余りの普通っぷりに酒場で喧嘩を吹っ掛けられた事があるくらいだ
一発、いい拳を頬にもらったがね
そこで彼女と初めて出会った、ひりつく頬を冷やす為に濡れた布切れを差し出したのが彼女だった
「なんで、やり返さなかったの」と彼女は聞いた
「一応、私は神様なんでね 人を殴っちゃまずいだろ」
「ふ~ん」
そんな彼だったが、彼が生きている間は人々は無軌道な振る舞いはしなかった

>>93
巨石群は目的別に何種類かに分けられるけど、大体が大地の力を利用した神降ろし、神上がりの場
古代のリニアも巨石を使っている



95 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 16:57:23 ID:cKA7n+g00

須佐の話の様な気がするな
いや、ナギナミの話だろうか
ログを読んでいるとそう思える



96 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/10(日) 17:26:32 ID:bEMeB/okO

>>94
酒場では無抵抗だったんですか…ううむ
いくら神様でも拳での反撃くらいはいいと思いますが、そこは性格なんでしょうね

>>95
いらっしゃいませ
宜しくお願いしますm(_ _)m



98 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 19:37:53 ID:q7yRxL+I0

>>96
どうも
何か気になるスレだな
特に書く事は今はないが、お話は興味深くみてます



99 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 19:38:01 ID:reYnv/pL0

>>95
感想どうも、自分でもこの夢が何なのか知りたくて皆さんの意見を聞こうと思い書き込んでいます。

>>96
彼が殴りつけると人間が相手では死んでしまうんだ
彼と彼の仲間達は他の種族と比べると強い方ではなかったが
地球の人間よりは体の強度は上回っていたんだ
その事を知っていた上で彼女は聞いたんだ
なんでやり返さなかったのかと
力の強い者が幅を利かせる傾向がある当時ではそんな行為は珍しいからね



104 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/10(日) 20:02:21 ID:bEMeB/okO

>>99
>他の種族
凄く気になります!何か特徴などは記憶にありますか?
様々な形の宇宙人が色々な話しで伝わってますが
自分の知ってる白色ノルディック、爬虫類的(体の一部だけとか)レプティリアン
日本では肉人、教会のガーゴイル型のドラコ、巨人族、水陸両性型、ピンキー(グレイ)など
色々知りたいです。

身体の強度が強いんですか!w
生身の人間のひ弱さと比べるとなんか羨ましいですが
でもそう言った力への渇望が良くないんでしょうね



97 : ◆WBRXcNtpf. :2008/02/10(日) 19:27:54 ID:bEMeB/okO

巨石群は、竜脈やレイライン、エネルギーグリッド?と似たような物らしいです
人体にも似たような経絡(縦横)というのがあって、鍼を刺してバランスを整えるみたいです
地球のレイラインに巨石を積むのは何か似たようなパワー制御?があるんでしょうね

このスレが宇宙人や元宇宙人、前世や夢での記憶のある人
または知恵者方々の憩いの場になりますように(ー人ー)ナムナム



100 :本当にあった怖い名無し:2008/02/10(日) 19:43:32 ID:q7yRxL+I0

自分の事だという気はしないが、部分的には知っている様な不思議な感じだよ
ここで展開してる話はそんな感じだ








すぐそこにいる宇宙人すぐそこにいる宇宙人
(2003/07)
小泉 美佐子

商品詳細を見る


☆【静か】地球外で滞在経験を持つ魂【宇宙人】☆
http://hobby11.2ch.net/test/read.cgi/occult/1199639370/


スポンサーサイト

タグ:宇宙人 前世 スピリチュアル 超古代文明

コメント

・・・えっと・・・もうすぐ太陽が爆発する、でしたっけ?

娘に「お前は宇宙から来たんだよ」と言ってからかっていたら、プラネタリウムに飾ってある宇宙船の模型みたいなの指して、「これに乗って宇宙から来た」といいだした。やりすぎた。

今までここに載ったスレの中で一番理解不能www
でも面白いな。自分にもそんな記憶あったら良いのに

身近にこういう人がひとりくらい欲しいな……

なんつうか面白いようなイタイような。

管理人さん、WW3の予知夢のスレ編集してくれませんか?

No.1332さま
スレタイかURLを教えて頂けませんでしょうか?
メールにて、もしくはこのコメント欄でも結構です。
よろしくお願いいたします。

きもすぎる

キチガイはいつの時代も一定数いるものさ

ムーとしか思えんな

頭が痛くなってきたわ

教授が、超古代の地球で三角錐の形をした生命体として生活した記憶があると言ってた。

それなんてクト(ry

宇宙に行ったことのある人=宇宙旅行経験者 を囲むスレかと思ったら…

まあ、そういうのだったら現時点では人数が少なすぎて、ほぼ必ず
個人特定されるから、BBSとか掲示板で語るなんて無理だよな。

面白い話だな、あまり普通の人に言えないけれど
こういう記憶みたいなのがある友人が一人ぐらい欲しいものだ

一晩じっくり話してみたい、酒でも飲みながら

うわぁ、、なんかイタイけどおもしろいね

名状し難い話だな

少しトラパも入った集団妄想か
いつかオカ板から謎の精神世界でもできるんじゃねえのw

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/212-264ae1ed


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。