2008 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 06
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「家系」にまつわる恐い(不思議)な話 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

編集元:「家系」にまつわる恐い(不思議)な話しない?
http://curry.2ch.net/occult/kako/993/993911072.html


1:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/06/30(土) 23:24
何か因縁めいた話とかないかね?

10:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/02(月) 18:08
家系とはちょっとずれてるかもしれないけど
家をさがしてた頃知り合いの不動産屋さんから
格安の中古物件があるからと言われて見に行った。
その家仏間に遺影が飾ってあったんだけど50代位の
女の人の遺影が5つも飾ってあった。話を聞いたら
そこの家は理由はわからないけど代々女系みたい。
旦那さんはいない。昔でいうところのお妾さんの家だったみたい。
で生まれる子供もみんな女。そしてみんな50代で死亡。
売りに出した人も女性でお母さんが亡くなったのを
機会に東京へ行って、もうその家も土地も早く売って下さいとの
ことだった。
なんかぞっとしちゃってもちろん購入はやめました。早死にしそうでね。
おじさんは御祓いすればいいって言ってたけど・・・(そういう問題じゃ
ないよね。)
微妙に家系とはずれてますね。ごめんなさい。
それとこれは偶然なんだろうけど次にその家を購入すると
決めた人(50代、ばついち、スナックのママさん)元気だったのに
突然お亡くなりになりました。


11:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/02(月) 19:50
>>10
良かったね...
そんな家に住んじまったら余計な神経使って
何にも無くても病気になりそう。(藁
買わないのが健全な判断だろうな。








12:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/02(月) 19:57
恐い話じゃないけど・・
九州のある有名な大藩、関が原前夜、炎にまかれ自殺した
奥さんを今でもうちの一族は祀ってる。なぜなの?
と昔、聞いてみたら、家を救って一族を繁栄させてくれたお礼と
江戸時代になにか不吉なことがあったからということらしい。
その奥さんは、宗教上自害はできない。これでわかったかな?


17:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 00:01
>>12
ガラシャさんですね?
光秀の娘だし、恨みは募ってて当然の人物にいついかなることを
助けられた家系なのか、差し支えない程度で教えていただけないでしょうか?(オカ板
というより戦国板住人としての興味)


21:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 02:52
>>17
詳しいことはよくわからないんだけど、あそこまで大藩に
なれたのは、迷ってる旦那に決心させることができたし、
何代目かにお家断絶の危機になったとき、どこぞに現れたとか・・
ごめんね・・・。まぁ、うちはかなり遠い分家だからなぁ・・。







14:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/02(月) 23:49
うちのご先祖様が某藩の家老だったんだけど、今に至るまでことごとく男が早死にしている。
うちの父も町内でも有名な健康な人だったんだけど、
いきなり倒れてそのまま死んだ。
気持ち悪いから御払いを二回してもらったら、なぜか庭の木が異常に成長し出した。
因縁を調べようにも調べ方がわからない。
私も父方の血を濃く引いているのであまり長生きできないだろうといわれている。
死んでもお父さんに会えるから良いけど。
あまり怖くなくてすまん。


15:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/02(月) 23:57
>>14
>御払いを二回してもらったら、なぜか庭の木が異常に成長し出した。

この因果関係があるのかないのかわからん現象がなんか不気味!
まじコワイよ。ブルブル。
なぜか、夢枕獏の「陰陽師」で『節穴から稚児の手の招きいづること』
という話を思い出したよ。









18:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 00:52
怖い話ではないと前置きして一つ。
ウチでは代々豆まきをしないらしい。小学校などで節分の豆を貰って帰る
度に何で「ウチでは豆まきしないの?」と不思議に思っていたが・・・
昨年ひょんな事から小学校の節分イベントの手伝いをする事になった。
後悔するのに30分とかからなかったよ、クソガキ供は本気で俺に豆を
ぶつけやがる(マジで痛い!)。ああ、ご先祖様あんたは正しかったよ
と心の中で変に納得させられた一日だった。豆まき禁止の習慣は今後も
ウチに受け継がれていく事が決定・・・


19:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 01:07
>>18
(・∀・)ワラタYO!
ご先祖様もそんな目にあってたりして…。


45:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 14:54
18さんの話に近いのを一つ。学生時代に、鬼伝説のある鬼の名を名字に持つ先生がいた。気になってたのである時聞いてみたら、「うん。家の先祖らしい。
だから家は豆まきはしない。」といわれた。ちょっと羨ましかった。








20:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 02:34
うちの母方の家系は、あまり結婚運がない。
おじいちゃん、おばあちゃんは一度離婚の後、復縁してる。

おじさん、おばさんはみんな離婚してる。
うちの母も離婚はしてないが家庭内別居状態。
また俺にはお姉ちゃんがいたが、生まれてまもなく亡くなった。
そして俺のお姉ちゃんと同時期に生まれたいとこ(女)がこの前結婚したが、
流産してしまった。
しかも、結婚式の翌日だそうだ・・・。
お姉ちゃんは関係ないと思うんだけど。

また俺には他に4人のおじさんがいたらしいが、みんな幼くして亡くなっている。
戦後まもなくの頃だから、仕方ないかもしれない。
母方の名字は結構珍しい名字(ここらへんではね)なのだが、今の代で途絶えるかもしれない。
なにかあるのかなあ・・・。

もちろん俺にも結婚運はなしだ
全然オカルトって感じじゃないね・・・






24:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 03:45
遺伝だよ遺伝。
やばい遺伝病をもった家系の人間が
早死にしてるだけ。
精神障害も遺伝する。
そういう家系は自殺者が出やすい。


25:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/03(火) 11:09
精神、物の考え方が脳みそ内における化学反応の結果だし、
自殺願望遺伝子ってのがあって、
だから自殺者が多い家系だとしても不思議じゃないね。


42:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 13:19
>>33 私は専門家だけど、>>24は悪意を持った書きこみだし、>>25はいいかげんだよ。
「そういうのってあるよね」「そんな、いいかげんな意見ではないよね」と言うならば、
当てはまる実例か、その資料を挙げられる?

自殺願望が遺伝している家系を知っているなら、その旨ぜひここに書きこんでください。
私がその遺伝子をつきとめて、単離して見せます。


44:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 14:45
>>42
カナダの研究チームが、自殺が集積する家系について遺伝子解析を行ったら
いくつかの候補遺伝子をみつけたって記事をみたことがあるけど…

ヤフーニュースだったかな?
その研究結果が専門家の間でどう評価されてるかは知らないが


外国で一族の者が次々ジサーツするって呪われた家系
っつーのオカルト本かなんかのネタでみたよ。



51:24 2001/07/06(金) 18:19
>>42

俺の書き込みのどこに悪意があるんだよ?

あんた専門家って何の専門家なの?

例えば家族性大腸ポリフォーシスなんていうのは
明らかなガン家系でかなりの率で
年寄りになる前にガンで死ぬだろうが。

精神疾患だって遺伝するというのは
常識だろ?

所謂家系にまつわる因縁のうち
遺伝で解明できない部分も確かにあるだろうが、
病気や早死系は割と遺伝で説明できることが
多いと思うよ。


54:25 2001/07/06(金) 18:40
>>25です。
「自殺したくなる気持ち」が脳内の化学反応の結果なら、
そういう物質を出しやすい脳を作る遺伝子を持った家系もあるかもねー。
っつー感じだったんだが。


ちゃんと専門的に勉強したわけじゃないので「間違っている」といわれたら
納得するしかないんですが。
そこまで青筋立てて怒るような発言だった?


55:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 19:11
>>24
>>精神疾患だって遺伝するというのは
>>常識だろ?
でもそれって世間的にはNGワードだよね~。
特に精神医療関係者の前でそれを言うと激怒されるようなので、

不用意に口にするのはトラブルの元と心得よ。
あんたもオトナなんだからこの辺で矛収めときな。
http://www.page.sannet.ne.jp/ms2502/idenn.htm


56:42じゃないけど 2001/07/06(金) 19:12
このスレの流れで、>>24を書いたら、
「原因が周囲からはわかりにくい早死にがある家系で何回か起こったら、
それは遺伝のせいで、その家系にはさらに早死にする者が出る(だから結婚するな…など)」
という意味にとられかねないことは容易に想像できるでしょ。


>精神疾患だって遺伝するというのは常識だろ?
これはまったく誤り。
遺伝的素因の寄与がある例も報告されてるけど、
ある家系がそれに当てはまるかどうかは、きちんと調査しなければ分からないはず。

>病気や早死系は割と遺伝で説明できることが多いと思うよ。
思うのは自由だけど、誰かを傷つけるようなことを根拠もなくまことしやかに断言するのはよくないよ。

>>54 誰かを傷つけるかもしれないようなことを軽々しく書くべきじゃないと思う。


57:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 19:25
>>55
自己レス。
たまたま笠原嘉「軽症うつ病」って本読んでたんで調べてみた。
「真の遺伝病の頻度は十万人あたり数人であるのに対し、
うつ病の頻度は百人あたり二人から四人で……」
遺伝素因も丸無視はできないけど、少なくとも鬱病に限っては遺伝だけでは
説明できそうにないようです。
皆さん結婚相手の家族に鬱病がいても気にしないようにしましょう(笑)

精神分裂病の発生頻度も百人に一人とか聞いたから似たようなもんでしょ。









29:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/05(木) 00:05
うちの家系は男が居着かない家系らしい。
戦争で死んだり、そうでなくとも早死にしたり、うちのオヤジみたいに
家をでて、よそのババアと暮らしているようなものも。
私の弟も、さっさと東京に出て行って、うちの家業を継ぐ予定はさらさら
ないらしい。それで姉の私が婿をとってという話もちらほらでてきているが、
母がいうには、「あんた幸せになりたいなら、ちゃんとお嫁にいきなさい」
だそうだ。私もそう思う。うちはなんでも、
                「男を食い殺す、家系」
怖いっす。





32:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/05(木) 21:14
うちは代々、痔の家系だ。俺はたまに切れるが、親父は相当苦しんでいるようだ。
親戚に痔で死にかけた人がいる。出血多量で。反面、いいことも
あった。じいちゃんは痔が酷すぎて戦時中は内地勤務に回されて
死なずに済んだ。(因みにじいちゃんのいた部隊は南方で全滅)
オカルトじゃなかった、スマソ。よって下げ









36:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 00:58
俺の祖先に
蛇女の伝説がある、

つまり俺が蛇の子孫だという物語りになるが
俺は蛇が心底恐い。


38:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 01:12
>36
(・∀・)ワラタYO!

漫画のネタみたい!血を見ると気分が悪くなる吸血鬼とか、カナヅチの半漁人とか・・・


39:36 2001/07/06(金) 01:28
>>38
ほんとなんだよ
うち美作(岡山北部)菅家ってとこの子孫で
『美作太平記』って本に
先祖の蛇女房伝説が載ってる。

そして俺はつちのこ映像で
会社で貧血おこした。

治してえ。



255:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/29(日) 03:57
>36さん
まだ見てますか?
俺も美作菅家の子孫(母方だけどね)です。本家なんで思わず
書き込んでしまいます・・・。

俺の母方もそのような家系で、(津山じゃないですか?)白蛇
の伝説があります。この家系には本家が二つあってかたっぽの
ほうの伝説は「滝にすむ白蛇の伝説」(内容は良く知りません)
もう一方(母方)は「代替わりの年に長男長女が全員死ぬ」と
いうものだったらしい・・・。
だから代々長男長女の親は戸籍上本当の親じゃなくて、父親の親父
(母から見れば祖父)の子供ということになっていたそうです。
なんと母の代まで・・・。

俺の母の代でこの古臭い伝説に終止符をうとう、という事にな
って、母の兄弟と話し合って戸籍をいじるのはやめたらしい・・・。

俺もこの話詳しくは知りませんが、高校のときに聞かされました。
怖いというか、伝説を信じる人間の執念が気味悪かった。

>36さん
こんな話聞いたことありません?


257:36 2001/07/29(日) 11:24
>>255
おお!なんか感激

確か美作菅家は7つの名字にわかれたようですね
おれは長男系のA・・・っていう名字

祖父の代から東京なので
「代替わり」の話は初耳です
蛇話は奈義山にある滝にすむ大蛇の伝説らしい
「当主は泳ぎの達者な人で淵の底に沈む五色の玉を見つけ宝とした
 ある日宿を求めて現われた美しい娘。
 当主に見初められて嫁に入り男の子が生まれ幸せに見えた
 しかしある日、わが子を思う歌を残し
 五色の玉とともに消えてしまった
 その時空は黒々とし、巨大な蛇のとぐろが奈義山を巻き込んでいた」
・・・というようなお話

地元だと地縁、血縁大変だと思う、でも
おれはそういう拠り所に憧れ、独りそちらに旅したことがあります
津山も寄った 綺麗な所でした
とりあえず因習の廃止はよかったですね

知ってる人が学生時代からの彼氏(岡山らしい)の
実家に行った所、あまりにしきたりが大変そうなので
結婚話が破局に、という話を聞いた
尼子家だったと思う
旧家は辛そうだ


259:255 2001/07/31(火) 05:26
>36様
俺もなんか感激です。
こんなところで出会ってしまうなんて・・・。

俺が聞いたしろ蛇の伝説は「白蛇を見ると幸せになる」
というのもあったような気がします・・・。伝説が全部
不吉なのはやな気分がしますねぇ。
因みに母方はARI・・・から始まります。



291:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/08/07(火) 02:33
>>36
>>255

もしかして親戚?
「代替わり」「白蛇」の話は聞いたこと無いけど母方の確か曽祖父の代に
一度血筋が途絶えたことが合ったような…
母方の家は「K」だけど祖母は「ARI…」から嫁いでるし。
実家に帰ったら聞いてみます。








37:生涯独身決定? 2001/07/06(金) 01:06
自分のところは“一代につき子を成す男は一人だけ”というジンクスがあります(女兄弟は除く)。
父の兄弟は6~8人ぐらいの兄弟がいたのですが、男兄弟で成人~結婚~子を持ったのは父のみ。
あとの兄弟は早死か、成人しても独身のまま亡くなっています。
祖父の代は弟がいたそうですが、この弟も独身のまま関東大震災で死亡、他に兄弟なし。
曾祖父は婿養子で当然男兄弟はいない。
その一代前(曾々じいさん)は世継ぎとなる子がなく、自分の妹を養子にして婿を迎えました
(それが曾祖父と曾祖母)。
妹を養女にしたということは、やはり曾々じいさんにも男兄弟がいなかったようです。
それ以前の事情は分かりませんが、“遠く離れた親戚”というものの存在を知らないので、
多分似たような事情だったのでしょう。

つまり自分以前の4代がこのような事情だったのですが…。
自分の代では弟が既に結婚、一男一女をもうけました。
そして自分は全く結婚する見込みなし…。
自分の代と次の代のジンクスが既に出来上がりかけているような。
まあ、鬱にならないように心がけておりますがね。








41:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 02:22
知り合いの家は、一族みんな家庭は平穏なのだが、なぜか
火事に縁がある。
もちろんその人の家も全焼したし、そこの家が持ってた貸家も
燃えてしまった。それから、娘さんの嫁ぎ先の家も火事を出した。
まさか放火などということはないよね・・・







43:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 14:10
母方の曾々おじいさんは、人魚を食べたそうです。
だから、代々お肌のトラブルとは無縁だそうです。
確かに思春期、ニキビに悩んだことはなかったけど、
不老不死とかそーゆー話はどーなってんだろう?
曾々おじいさん、もちろん死んでますよ。








50:あなたのうしろに名無しさんが... 2001/07/06(金) 18:15
私の父方の叔父の家なんですが、子供が3人とも
亡くなってて、一人は頭が生まれつきすごく大きくて
(なんて言う病名かは忘れましたが)
短命だったとか、で次男は事故で首をつったような
形で亡くなって、もう一人もよく覚えてないけど
首から上のことで幼くして亡くなったんです。
私の母があの家は養鶏場でニワトリの首いつも
ひねっているからかしら...って言っていたのを
子供心に怖いな、と思ったのを覚えています。


115:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 09:40
>>50
遅レスですまんが、親戚(おかんの従兄弟)に魚屋の娘がいて、
美人だったが生まれつき
首がまわらんかったそうだ。それで、大人になってから手術して、成功したんだけど、
あろうことか病院の中で階段から落ちて死んでしまったらしい。
なので、職業に関する災いというのもチョットあるのかなと思う。








58:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 20:36
家の母の家系が見える体質で、(母方は小さい頃から家庭が複雑)
母も叔母も妹(母の)も見えるらしい。
だから私も小さい時から母にあそこにいるとか、ここに
いるよって言われて育ったのであんまり怖さはないかな?
私は霊感はあんまりないと思うけど、すぐに背負ってきちゃうらしい。
前に祖父が亡くなりその家で留守番を頼まれた時、一人でテレビを見てたら
地震でもないのに目の前にある大きな三面鏡の鏡の中が大きく渦を巻くように
ゆがんでいた。
目の錯覚とも思ったんだけど、明らかにゆがんでいた。
不思議とあんまり怖くなく、「あっひいおばあちゃんだ・・・」って思った。
悲しい事にひいおばあちゃんは、ある事情で悲しい亡くなり方ををしてると
母から聞いていたので、その時ものすごく悲しい気持ちになった事がある・・・
やっぱ私も見えるとまではいかないけど、不思議な体験は結構してるかも。








60:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/06(金) 21:55
友人の家は、なぜか長男が種無しになってしまうらしい。
でも一応農家で旧家なので、長男が後を継がなくてはならず、次男の子が長男のところに養子に入るのを繰り返している。










68:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/07(土) 18:51
こんなところあったんだ。
うちの家系はかなり変。と言うか怖い。
俺が把握してるだけで、母方の祖母が3歳の時、父が戦死。で、母が3歳の時、父が農作業中の事故で死亡。
で、俺が3歳の時、父が工事現場の事故で死亡。
マジだよ。
んで、俺には2歳8ヶ月になる息子がいる。息子が3歳になる時、俺は死ぬのだろうか・・・って思うよ。
母になんか言われでもあるのか、と聞いたら母方の祖先が処刑関係の事をしていて、罪人からかなり憎まれていたらしいとか。

母方の曾祖母も3歳の時父が亡くなったと言う事は分かってるけど、祖母はもう他界しとってて、なんで死んだのかは分からない。

最近までは、信じてなかったけど、なんか、信じる気になって来た。つーか、この頃過去の夢ばっかり見るし、自分が生まれて来た時の
夢とかを良く見るんだよ。だから、身の回りを綺麗にして、車のローンもさっさと片づけて保険の掛け金も増やしておいた。
つか、俺が3歳の時死んだ父は保険に入っておらず、労災だけ降りたみたいで、結構生活苦しかったから。
嫁さんは知ってるけど、まさかー、と笑い飛ばしてる。ま、出来れば何事もなければいいけど。


69:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/07(土) 19:06
>>68
先祖が何をしようが、子孫には関係ないことだ。
絶対に死なないと強く思っていれば大丈夫だ!



77:68 2001/07/08(日) 01:51
ども、68です。
と言うか、以前、バイク事故で死にそうになった事があって、その時、考えが変わったっす。

死ぬ時にゃ死ぬんだからガタガタ言ったってしゃあねぇなぁ、って感じっすか。
ビクビクはしてないです。あと4ヶ月ですが、息子が4歳になって生きてれば一応、乾杯ぐらいはすると思いますが。
生前の祖母、子供産むんやったら覚悟しときやー、って言ってた程だし、
母なんか、あと4ヶ月だから保険の増額とかしときや、とか嫁さんはその事知ってるのか、とか言われる始末。
昨日、母に息子連れて行ったんすけど、あんたの代で終わって欲しい・・・・と言われた。
ま、俺の代で終わるのがあきらかなら、喜んで逝きますよ。

母も、変な夢を良く見るそうですわ。俺の葬式のシーンだってさ。
あと、霊感の強い従兄弟も、○○家の父となる人は長生き出来ない・・・・と言ってる程。

迷惑な話だな。
一応、事務関係の仕事してるし、通勤には気を使ってるつもりですが・・・・
漫画みたいにパニクッて車道に飛び出して死ぬんだったら笑うしか無いわな。



78:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 02:10
>>77
生きてくれ


無事を祈ります


79:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 02:23
>>77
3歳から4歳の間一年間毎日気をつけ続けるのも大変・・・。
77(68)自身がここで断ち切ればその次の代の息子さんも大丈夫な訳だし、
何とか踏ん張ってくださいね。



80:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 03:30
ちょっと引っかかったんだけど、それってご母堂の家系のお話ですよね?
どうもその家の男ではなく、その家の娘と結婚した婿さんたちが
若いうちに亡くなっているのでは?


84:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 05:19
>>68氏
サイトを作り、日記を書けば呪いがあるないに関わらず証拠が残るはず。


89:68 2001/07/08(日) 11:32
>80
それは私もそう思ってたんですよ。
ですが、曾祖母の前の代では、私と同じ様な母系の男の息子が3歳になった時その男が死んだと言う事を聞きましたが、
これに関しては言い伝えの様に聞いたのではっきりとした証拠はないんですが・・・・
家系図を探した事もあるんですが、曾祖母が亡くなった時、一緒に燃やしたらしいです。
祖母によると、曾祖母が呪いを自分で持って行こうとしたらしいんですが、効き目はなかったみたいです。

>84
作っていますよ。
友達だけのクローズドページなんですが、そこで日記帳を置かせて貰ってます。
URLは勘弁して頂きたいのですが、私が死んだなら、このスレにその旨書き込んで欲しい。とお願いしてみますね。

定期的にこのスレ見ますんで、たまには生存表明しますね。



126:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 22:20
>>68
亀レスすまそ。
一つ提案。この4ヶ月(出来れば16ヶ月)女装をするのはいかがでしょう?

昔の人は魔物に子供をとられないように女装(男装)させたそうですよ。
そうして「もう○○はいないのよ~」って魔物を騙すとかなんとか聞いた事があるし。


132:名無しさん 2001/07/09(月) 23:18
>>126
ものすごくいいアイデアの様にも思えるが、
大の大人が何ヶ月も女装して、死なずに済むのはいいが
そのあとに失う物もかなり大きい様な気がするさ・・・・・
しかしアイデアはィィ!


133:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 23:40
>>132
失う物なんて生きてたら取り戻せるさ。
>>68氏には頑張ってほしいよ。
オカ板には霊能者たんがイパーイいるんだろ?除霊でも何でもしてやってくれよ。







81:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 03:40
 この手の話は、根本敬の本を読めばいい。人生解毒波止場だとか因果鉄道の旅読めば、このような話がいっぱいあります。
 ほんと、「因果」としか言いようがないことがいっぱい載っていますので、一読だと思います。

 さて、こんなこと書くと怒られるかもしれませんが、家系とDNAは、関係している場合もあると思う。うちのまちで、すごくデンジャラスな一家がいる。家族皆が特殊学級にいるような人たちで、16、7で子供生みまくっています(もちろん、特殊学級)
 DNA+DQNで、DQNAなるものが存在すると思いますが、誰か研究してください。



82:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 05:13
実家に家にまつわる不思議な話を書き留めた伝奇?が
何冊かあったな。

幾つか聞かされて覚えてるんだけど曖昧だ。

>>81
それは環境の方がウエート大きいと思う。






86:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 06:20
うちは伝承で呪われた平家の家系らしい。

ただし家系図が買ったものなのか?どっかで養子が入ったのかわからないが
これといった不幸はない。ただし、代々当主は長生きはするが波乱万
丈の生涯を送るということは共通している。いわゆる生き地獄というや
つだ。これも呪いなのだろうか?


93:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/08(日) 16:16
>>86
平家の子孫って日本に山ほどいるみたいやね。

漏れの実家も平家の落人の集落だといわれてる。うちも平家のなんとかゆう武将の
末裔らしい。うちはそーゆー話なんもないけど、地元の友人宅は色々あるみたい。
なんか、源氏の追っ手かなんだかの武士の一団をトリカブトで毒殺したとか何とかで、
その祟りだとかなんとか。今でも供養続けてるよ。



101:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 01:25
>>93
うちは先祖に一族同士の乱があり、うちは勝った側なんですが、

負けた方の一族が末代まで祟るといって死んだという伝承が
あります。

それ以来、血で血を争う、なまぐさい争いを代々続けて来たんです。
家は中央から離れて地方でずっと荘園領主→帰農で、昭和まで大地主という
家系です(地名が名字にもなっていて、先祖代々の墓石も沢山ありお盆
の季節は毎年法要で大変なことになっていました)。

話は脱線しましたが、現在では相続問題が酷い。幸いにしてうちは分家
なので、遺産に関しては権利放棄しました。祖父が亡くなり、同じ時期に
原因不明で父親が病気で倒れていたのですが、入院中の病室に本家の兄が
印鑑押せ押せと毎日こられては死んでしまいますもん。父の方からこのままでは
殺されると絶縁しました。

祖父のときにも似たようなことがあり、祖父弟が遺産放棄して土地を離れました。

本家の方は大変です、きっと今後も相続争いを続けていきでしょう。関わり合い
たくないです。うちはもう一族の縁を切りましたので問題ないと信じたいです。

私自身もそれまでは父親と仲が悪く、ことある度に対立していて最悪の関係だった
のですが、この絶縁事件以来は腫れ物が取れたように仲良くやっています。



102:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 01:41
>>101
身内で、相続問題ほど醜さが出るものはないね。
お父様との仲が良くなってよかったですね。因縁から逃れられたような感じ。




103:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 02:04
スレ違いでしょうが・・。
平家の落人って、どこら辺に多いのでしょうか?


104:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 02:16
>>102

ありがとうございます。本当にギスギスした家族仲で、両親の離婚
の危機もありましたし、妹がグレそうになってしまったりしたこと
もありました。今は、平穏無事などこにでもある家庭になっています。

書き忘れましたが、事件の数年前に枕元にうっすらと武者が出てきて
なにかつぶやいたと思ったら身体を揺さ振られたあげく金縛りにあって
しまったことがるんです。その時に祖父から伝承の真実を聞いたわけです。
その時は流石に菩提寺の住職さんを呼んで読経してもらいました。それ
以後は霊の存在を感じるようになりました。ドキュソっぽいですけど、
マジレスです。

>>103
これが私の家系にまつわる話なのですみません。落人は全国的に
散らばっています。うちは土着してしまったので、平家一門でも陪臣に近い家ですね。
我が家は勢力が強かった関東某県です。


116 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 2001/07/09(月) 17:47
失礼は百も承知だが、>>101さんの家系は、単に骨肉相食む
性格の遺伝子(そんなものがあるかどーかは知らんが)なのでは、

と思ってしまった。要は単に性格が悪い家系(スマソ……
で、>>101さん一家(というかお父さん)が例外的にマトモな人
だった、という……あとヘタに財産があったから悪いんじゃねーかとか。

呪いにせよ財産よりも絶縁を取り、平穏無事などこにでもある家庭を
守ることを選択した101一家に幸アレ。



127:101 2001/07/09(月) 22:28
皆様、何だか私の発言で板が荒れてしまったみたいで本当に申し訳ありません
でした。深くお詫び申し上げます。

先祖代々長いこと同じ土地におりましたし、大地主だったということで
本当に買った系図かもしれませんし、私は見ていないですがお寺の過去帳
もそうなってるらしいので真偽のほどはわかりません。たまたま名前をもらった
百姓かもしれませんし、迷信的なものでも恐いからただの百姓だと信じたいんです。
ところで皆さん出自がどうだとかそんな話ってするんですか?掲示板な
ので、うかつに家の例を出してしまいましたが(スミマセン深く反省しています)、
日常生活でそのようなことを言ってたらかなり寒い気がします。

>>116
>>101さん一家(というかお父さん)が例外的にマトモな人
>>だった、という……あとヘタに財産があったから悪いんじゃねーかとか。
>>呪いにせよ財産よりも絶縁を取り、平穏無事などこにでもある家庭を
>>守ることを選択した101一家に幸アレ。
ありがとうございます。まともという点では、悪いことが大嫌いで
本当に融通が利かない性質の父なので、間違ったことをしたり嘘を言おう
ものなら殴られて育ったんで本当に困っていたんです。他の親戚と違い欲や
権力に決して流されませんし一番まともかもしれません。昔は頑固オヤジが
嫌でしたが、今では尊敬しています。

最後にあらためて脱線させてしまったこと重ねてお詫び申し上げます。





112:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 04:36
日本人総平家説。


113:関係ない話なのでsage 2001/07/09(月) 08:27
>>112
>日本人総平家説。
半マジで同意(笑)


家系図を信用すればウチも平家末裔。
「祖先は桓武天皇なんだ~」
と大喜びで学校で吹聴したら、「ウチも」「ウチも」とクラスメートが
名乗り出てきて、人類皆兄弟のような情けないオチになった記憶がある。


114:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 08:49
日本全国にある平家落人伝説(w




118:97 2001/07/09(月) 19:32
実は、私は、母方の祖母が最○家の分家筋で、「源家」の家系らしい。
父方は、明治以来の「成り上がり」。
あと、血のつながりないけど、「奥州藤原氏」にゆかりのある人いるよ。

「平氏」ばかりだから、「源家」の方を出してみた。


119:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 19:46
平家と源家、両方のご先祖を持つ人いないかな。
背後ではご先祖の守護霊が喧嘩してたりしてな。



124:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 20:51
うちは父方が源氏で母方が平家の落人だが。
ちなみに父方の直系男子は40歳を越した人が墓石に載ってない・・・
一番長くて38歳らしく、祖母がえらく気にしてたよ。
ちなみに父は29歳で他界しました。(汗


128:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 22:29
母方の血筋が源氏。今でも将門首塚を前を通ると必ず眩暈がする。




117:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 18:10
>>113
以前聞いた話では、名字に「平」がつくのは、
結構な確率で平家の末裔らしい・・・。


120:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 19:50
苗字に藤の字がつくのはみんな藤原の子孫とかね(藁

つか、士族であれば清和源氏と平氏のニ系統に分かれるんじゃ
なかったっけ?詳しく知らないのだが。

で、ま、江戸末期であれば農民でも金さえ出せば士族の御家人株
は買えたんだし、そりゃ日本総平家か源氏だな。


149:113 2001/07/10(火) 13:46
>>120
ウチの家系はおそらく買ったものですらない。ただの捏造です(笑)

桓武天皇-葛原親王-平貞盛-"某"-○○誰兵衛……○○父-○○私
(○○はウチの苗字)
まぁ、平貞盛というところがなかなかマニアックでいいとも思うんだが。

ウチの家系には特に何かあったという話は聞かないけど、先祖の墓が
結構イヤ。
ウチの田舎では、結構最近まで土葬していたらしい。
で、ほれ、遺体を埋葬した土饅頭って、成仏すると土がベコッとへこむ、
っていう言い伝えがあるじゃないですか。
ところがその墓地には、もう埋葬されてからずいぶんたつのに(中には
半世紀近くもたっているのもある)まだ凹んでない土饅頭が4つくらい
あるんだよね。

どうしたんだ君たちは……。中で屍蝋にでもなってるのか……。




123:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 20:09
それなら俺菅原道真の子孫だけど
呪えないよ

ただ学者の家系みたい








154:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/11(水) 00:51
うち、地元の郷土誌にも載ってる平氏系一族だから一応捏造とか無いんだけど、
途中5つ位に分家してて、そのいくつかの家同士で土地をめぐって争ってたらしい。
時代が下っても、騙されて店を乗っ取られたりしたさ…。
5つの家の中には、子孫に日露戦争で頑張って歴史に残った人もいるというのに。


156:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/11(水) 02:23
今の日本人は、ほとんど平氏か源氏の血が混ざってるらしいよ。
それ以外は、食料難などでほとんど生き残れなかったらしいから。
(歴史上)






187:平家の し損 2001/07/18(水) 03:01
壇ノ浦の後 うちは能登半島の最先端 石川県珠洲市に流れついたらしく 
私の代で色々住居は変わってますが(今 上京して学生してます)
平家の子孫で 父が議員で土建屋もやっていた為に
先祖の平時貞の墓を観光用の遺跡チックにしたりもしました。

家系図も江戸時代中期からあります。(それ以前は寺が火事で焼失)
ジオンの残党狩りみたく(笑  源氏の手による平家狩りが 実際にあった為に
明治時代までは 山中の小規模な洞窟に隠れ住んでました。

ちなみに 何かしら苗字に 平が付く人は平家の子孫とは考え難いです。
そんなことしたら ジオンの残党狩りにあってしまうからです。
やってる一族は 相当な勇者と言えます。
普通は「平家にあらずんば 人にあらず」を意識して ニンベン
それプラス 平の字を分解した半の字で 伴 を苗字にする一族が多いです。
このパターンはかなり有名な筈ですが・・・・。 我々だけ?

例) 伴都美子(Do As Infinity)   悪例) 平家みちよ 松尾伴内

マジです。

平家にまつわる 怖い話も 大・小けっこう有りますが
(金田一耕助の八つ墓村みたいなヤツ)
レスが長くなるし 明日 経営史のテストなんで 寝ます。

また近いうちに書きます。
(あくまで要望があればですが) (10日以内に)




191:秋田県出身 2001/07/18(水) 08:42
187さんに質問
平氏は、ペルシャ人がルーツというドキュソな話を聞いたことがありますが、
本当ですか?

快刀きぼんぬ。


192:平家の し損 2001/07/18(水) 23:40
>191
私は 成長期を迎えてから顔が濃くなったので
よく 日本人離れしてる・ロシア人・サモア人 と言われますが
コレは母方の濃い系統を受け継いだのであって 平家とは全く関わり無いこと。

父方の家系は おもいっきり日本人ですよ! そんなの聞いたことも無いし。
よって デマでは? 
平安時代末期の平家の話なら なおさらわかりませんし。
無下に否定は出来ませんが・・・・・。

お役に役に立てずスミマセン。





197:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/21(土) 23:27
そういえば某県に逝ったとき、山中に落ち武者の集落があって現在でも
里の者と隔絶した生活を送っているというのを聞いた。人形の様な白い
顔をした人達だから見れば判ると云う事だったが、彼等のテリトリーに
は地元の人達も気味悪がって近づかないらしい。その時はまさかと思った
が、今思うとちょっと怖い。







105:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/09(月) 02:32
確か、
詩人ゲーテはIQ189あったそうだけど、
彼の近親者は殆ど早死・自殺・精神異常者ばかりだったそうな。

「天才」を生むのには多くのアダ花が必要なのかしらん、、。







145:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/10(火) 12:03
職場の上司から聞いた話です。
上司はある地方の大金持ちのボンなのですが、
なぜか本家の男の子のみ先天性の異常がでる
一族の出の方が友人にいるそうです。(具体的
には書けませんがぱっと見ただけではすぐ分からず
生活にも支障無いある特徴です)
「大昔からいい家だし長い間に色々あっても仕方ない
だろうなあ」と上司は言っていました。
本家の嫁はその特徴を持たない男の子を産む事を
非常に恐れるんだそうです。事情を知らない助産婦が
気を使って「何も問題ない元気な男の子ですよ」と
言う意味の言葉を言ってしまった為に出産直後の嫁が
半狂乱になるというハプニングも時々あるとか。
上司は他の部下にも結構この話をしているらしく、
こんな事喋っていいのか?と私は思いましたが
上司はいたって元気・・・。


146:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/10(火) 12:24
上の話とは関係ない噂話。
 どこかの財閥系企業には、資料室などという部署がある。そこに送り込まれるのは、皇族の血を引いておられたり、その財閥の創始者一族の血を引いておられる方々。学歴は学習院やら、成城・成蹊というところらしいが、ちょっとおつむが?だったり、他人とのコミュニケーション能力に支障をきたしてる人もいるそうだ。
 ただ、この場合は外に出してもらえるだけましかな。上流階級の家庭では、知的障害者が出た場合、地下室で飼育するというのは本当ですか?








161:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/11(水) 17:57
冠婚葬祭で一族が集まると、
ハゲおやじの大群になる。
もちろん父方の家系。
ハゲの呪縛からは逃げられない。






167:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/11(水) 20:32
68の人みたいな話、ウチの近所にもあります。
その家は代々、長男が16歳になると父親が死ぬ。
死因は、病死、事故、自殺..、さまざまだけど、とにかく長男が16歳になると父親が死ぬ。
ウチのじいちゃんが実際に知っているだけでも、もう四代もその変異が続いている。
聞いた話では既に7代そうらしい..








185:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/17(火) 00:13
以下、別板からのコピペ

>>結構、霊剣などの退魔の剣ってあるんですね
>そんなにありませんよ。戦後に作られたのも、『昇華』を含めて10本に満たない
>数ですし、卜部、土師などの血を引く者にしか討ち方が伝承されていませんから、
>現代では討てる人も数人しかいません。ちなみにうちの師匠は卜部家の人です。
>僕が知る限りでは朱雀、玄武、青龍、白虎の力が秘められているという4本の刀と
>、霊宝五色の力が封じられている刀と、関孫六、黒帝水龍印の力が宿る刀、赤帝
>火龍符の力が宿る刀など18本以下しか残っていなかったはずです。

>>こう言った剣の継承者ってどう言う基準で決るのでしょうか?
>主に星見によって決めています。一族の中で、子供が生まれるとその人の宿星を
>見て決めています。

現代にもこういった伝承者がいるんですねー!!驚き。



186:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/17(火) 00:15
しんじんなよ







198:名無し 2001/07/22(日) 00:40
うちの父の実家は猫を奉ってる、
母の実家も招き猫を神棚に置いている、
父方の祖母の家も猫を奉り、
母方の祖母の家も猫を・・・

で、自分も猫が好き、ただそれだけ、sage


199:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/22(日) 07:06
>>198
エジプト人の血を引いてると見た。







213:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/24(火) 15:45
寝言、寝笑い、寝怒り、寝ひざ立て、
暑いときの寝てる間に下半身スッポンポンになる癖

すべてオヤジと同じ。
旅行中に寝てる所を写真に撮られたら全く同じポーズだった
DNAは怖い。
しょうもない話でごめんね


214:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/24(火) 16:31
>>213 ワラタ!






224:あなたのうしろに名無しさんが… 2001/07/25(水) 18:57
うちの家系は1人死ぬとその三年以内に必ず三人が死ぬ。
三人以上死ぬことは絶対にない。
しかも1番初めに死ぬのは本家の人間、その後の2人は分家から1人ずつ。
さらに家系で血の濃い女性(遺伝的なことではなく素質のような?)の肩あたりに十字の痣のようなモノが出来る。
自分にあるのだが…(鬱


225:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/25(水) 20:48
>>224
肩に痣、って火事みるとタイムリープしたりしません?


230:あなたのうしろに名無しさんが… 2001/07/25(水) 22:10
>>225
火は大丈夫なんですよ。
逆に水が大量にあるのを見ると息苦しくなるんです。
別に昔溺れたトラウマとかじゃないです。






228:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/07/25(水) 21:20
近親婚といえば、父方の家系も代々殿様付の祐筆の家系だったらしいが、
優秀な血を残すために、いとこ同士の結婚を繰返していたらしい。
天才もいたようだが、かなり危ない(身体も頭も)のもいたようだ。
どちらにしても短命。墓参りに行くとえらく短命な墓石がごろごろ。
とはいえ、曾祖母さんの時代までの話。
とにかく今はそんなことないので、ひと安心…できるのか…?





管理人も平家の落武者だそうです。
そして自殺者・事故死者もそこそこいます。
まぁ。気のせいです。

スポンサーサイト

タグ:怖い話 家系 呪い

コメント

ラーメンの話かと思った

家系とか分かってていいなぁ・・・
父方の方の曽祖父が大人になってから少し某県に移って2~3年してから自分の住んでる所に来た事しか話さなくその他の事については知らないほうが良いの一点張り
だから、幼少期に住んでいた場所も兄弟姉妹が居たかも不明
そして、その曽祖父はある業績を成し遂げた人でその資料の関係で家系や出身県とか調べてるんだけどまったく手がかりが無くてお手上げ状態...

ちなみにその曽祖父の血を引いてるものは例外なく仕事は成功する代わりに家族関係はうまくいかない...勿論自分も親と兄弟との関係は崩壊寸前

「家系」ラーメンねw

さすがオカ板、アイタタタな人ばっかりだw

家系はマジやばい話がいっぱい

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/32-4b2e9108


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。