2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
ヘッドライン
2chまとめ
オカルト/動画

スポンサーサイト 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四次元を見つけてしまった 管理者用記事編集 このエントリーを含むはてなブックマーク


1:1:05/02/24(木) 01:14:23 ID:90oHutnG0

おい!おまいら!
とうとう、四次元を見つけてしまったYO!
解ってしまったYO!
ただ、言葉で説明できんのだYO!!!



2 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:16:00 ID:YdYXGSWu0

で?w




4 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:17:11 ID:yAkVgEcv0

解ったのに言葉に出来ない?

おばかちんだな~。




5 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:20:38 ID:0qWvbreb0

頭の後ろが見えるってやつだな




6 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:20:48 ID:Tr3VQ4ni0

1は今どこにいる?




9 :1:05/02/24(木) 01:25:06 ID:90oHutnG0

一番近い表現は、0か1どちらかというと
1だったんだYO!。0があるから解らなかったんだYO!
これ以上ムリ!!!すまn

家にいますYO。いたって普通に生活




12 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:28:00 ID:sL93rfUy0

興味深いスレ




13 :1:05/02/24(木) 01:34:05 ID:90oHutnG0

落ち着いて考えてみたら、実はみんな気づいてるの?四次元。
これ忘れないと、なんかやばい直感がする!




15 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:40:17 ID:sL93rfUy0

4次元の定義がイマイチわからんのだけど
サルビア吸った時は、過去の自分と未来の自分(前後10秒程)が見えた
パラパラマンガ的な




18 :1:05/02/24(木) 01:42:38 ID:90oHutnG0

>15
時間とか関係ないんだよ(泣
そうじゃない!




16 :1:05/02/24(木) 01:41:08 ID:90oHutnG0

いい表現思いついた!!!!
ちょっとまて!




20 :1:05/02/24(木) 01:47:55 ID:90oHutnG0

例えだけど、
理系というか、プログラマ系のヤシいる?
俺はよくわからんけど、0と1の世界で
1だけで表現できるならば、それで良いんだYO!
1だけ!
他はない!!
具体的なやりかたがわからんけど、0があることが
3次元下に押し込める元!
こんな表現しかできんn!!これ以上ムリ(泣




21 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 01:50:44 ID:sL93rfUy0

ちなみに
どういう状況で見つけたんだ?




22 :1:05/02/24(木) 01:53:19 ID:90oHutnG0

家でポカリ飲んでる状況でだーYO。
スレタイは「見つけた」だけど、あった(存在した)
て方が良い気がする。。




24 :1:05/02/24(木) 01:59:07 ID:90oHutnG0

こんなのじゃないYO-
ttp://images.google.co.jp/images?q=%E5%9B%9B%E6%AC%A1%E5%85%83&hl=ja
ごめん。寝る。また明日。




25 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 02:16:45 ID:5fjGwBzn0

良スレの悪寒。記念パピコ




27 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 02:23:25 ID:sL93rfUy0

1次元:点
2次元:平面
3次元:立体
4次元:3次元+時間軸

じゃねえの?




28 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 03:09:09 ID:agPSEVwv0

4つの次元.縦・横・高さの三次元に時間を加えたもの.
だそうな




36 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 05:42:24 ID:agPSEVwv0

空間(三次元)と時間(一次元)とをまとめた空間。相対性理論によれば、物理法則は四次元空間の中で記述されなければならない
って出てきた




29 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 03:28:19 ID:rbCTy/R8O

我々が存在するこの宇宙は、実は十数次元まで広がっている
とか、読んだな




30 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 03:38:23 ID:5fjGwBzn0

>>29
宇宙の広さも解らないくせに適当なこと言うなよって感じだよね。
漏れたちなんかおぱーいの柔らかささえも知らないのに




31 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 03:39:31 ID:sL93rfUy0

>>30
俺は知っている。おっぱいぱいの柔らかさを!




38 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 09:32:40 ID:06t6B8u60

>>27>>36は時空について述べてる。
相対性理論が宇宙を四次元の時空として捉えているのに対して、
>>33のハイパーキューブは四次元空間として単に数学的に捉えたモノ。

時空= 空間(三次元)と時間(一次元)
四次元空間= 空間(四次元)
時間軸と空間軸の大きな違いは、一方通行かそうでないか。

>>1の「0と1の世界」がわかりにくい。もっと詳しく説明を。




41 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 11:36:55 ID:FWSnkhH60

そもそも四次元ではなくもっと他の何か、かもしれん。
>>1にはそれすらわからないくらいハイってやつなんじゃねぇかー?
俺も体験してーよ!そのすごいの




43 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 17:56:49 ID:sLDsqyq50

結局1は何を見付けたんだろう...




44 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 18:00:11 ID:h/r/NlUr0

量子コンピューターってやつかな




45 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 18:39:36 ID:HN3/e1U0O

一つの試行に対して複数の結果が出るとか、そんなだっけ?
これができると現在の暗号が役に立たなくなるんだよな




46 :1:05/02/24(木) 23:43:42 ID:90oHutnG0

当然ID変わってると思うけど1です。
落ち着いてます。
意味不明と思いますが、今から書きますYO!




47 :1:05/02/24(木) 23:47:34 ID:90oHutnG0

まず!時間は関係ないんです。
というか、時間とかを、色とか、味?とかぜんぜん関係なくて。
なんとなく、近そうなのは、
>45 さんの感じ!
>44 さんもそれかも知れないけど、俺には難しくて理解できませむ。




48 :1:05/02/24(木) 23:49:00 ID:90oHutnG0

四次元を見つけたというか、わかっただけで、
いや、わかってたまるか!yI




49 :1:05/02/24(木) 23:52:57 ID:90oHutnG0

1と0の世界とは、デジタるの世界だけど、
そんな説明するから、わからんのだYO!俺!
1だけであり、11でも111でも当然01でもない
1だけで。てかまたかYO!すまねー(泣
多分、なんでもできるはずなんだけど、やり方もわからん。




50 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 23:54:47 ID:UnB6lBbdO

コノスレキョウミブカインデスケド




51 :1:05/02/24(木) 23:56:25 ID:90oHutnG0

さっきまで普通だったのに、これについて書くと
幼稚園脳になる感覚になるYO!!。
やっぱり、ちょっと忘れさせて。もう少ししてからYO!!




52 :本当にあった怖い名無し:05/02/24(木) 23:59:16 ID:0qWvbreb0

俺たちは世界が変わる瞬間に立ち会ってるのかも知れんぞw




53 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 00:01:22 ID:CyGjq8+k0

YO!YO!うっさいんだYO!!




54 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 00:06:37 ID:xjmmmhKhO

自称ラッパーだYO!




55 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 00:08:40 ID:0WLTzE6f0

普通にラリってるんでしょ?
はっ!と分かった気になるけど説明できない。
でもその割には長時間だな。
統合失っ(ry




56 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 00:10:07 ID:cgcs7g310

私もかなり気になるんですけど・・・
はやく続きのレスをーーー。・゚・(ノ∀`)・゚・。




57 :1:05/02/25(金) 00:17:37 ID:ciOWJR4h0

ずーと考えてると、たぶん俳人になるので、
休みながら、考えて、メモって、あとでコピペします。
みんなごめん(泣
YOYOはやめます。すみません。




58 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 00:22:44 ID:/y4Y7KIn0

つまりミクロの世界の事を言いたいんだろ?




59 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 00:24:25 ID:ReW6aJpbO

マジなら歴史変わるね。てゆーか1は何してる人?




63 :1:05/02/25(金) 01:01:28 ID:ciOWJR4h0

0:30です。休みながら書きます。
まず、わけわからんスレ立てて申し訳ない。
説明できないのに何で立てたか不思議です。rest
子供のころ、空を見上げると、星ではなく月の表面のようなものを
見たはずです。4次元とはそういうもので、時間とかは関係なく
存在するが、過去のだれかにより0が存在したときから
オカルト扱いになっただけです。r
58>同じものかは。。ごめん。
59>草花にたずさわる仕事をしている人です。今の時期は夜遅いのがつらいです。
まず、4次元が在ることを思い出すと、正直今まで誰の陰謀で、だまされて
生きている気になってきます。映画マトリクスに近い感覚でしょうか。
もしかすると、あえて0をつくり思考の進化を緩慢にしたのかもしれませんが
1だけの表現というか(ここの説明がわからん。)、在るものを無いと言う
概念で立体?にしたこともわかりません。r
1:00です。ごめん。今日はムリです。不愉快でしたら、消去依頼をお願いします。





64 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 01:18:35 ID:yDD90AXy0

>>51っぽいことは俺にもあるよ。なんかこれについて考えてるとオウム真理教とかそういう類になっちゃってるのかなー、とか思うこと・・・。
ってか、もしかしたら俺の考えてることは>>1が考えてることと同じかもしれん。
俺が考えるのは、なぜ俺がこの世に生まれてきたのか、というか、なぜ存在しているのか、っつう話なんだけど、
関係ないかな。
特に
>まず、4次元が在ることを思い出すと、正直今まで誰の陰謀で、だまされて
>生きている気になってきます。映画マトリクスに近い感覚でしょうか。
この辺に共感したんだけど。
この世の中の外には何があるのかとか(マトリックスだとアーキテクチャっぽい人がいるのか?という)。




65 :1:05/02/25(金) 01:29:14 ID:ciOWJR4h0

>64 ごめん。多分俺とは違うYO!
順番が。4次元を見つけてからの思想なわけで、64さんのように
思想から4次元を考えたわけじゃない。

このスレは、タブーだったのかもしれないです。
もし、他の人が4次元を見つけて、同じような状態になったら責任とれませn。
消去依頼だします!!
物理、言語、プログラマの板にも助けを求めたけど、それも謝罪。




70 :64:05/02/25(金) 02:52:07 ID:yDD90AXy0

そうか・・・違ったか・・・。

じゃあ、見つけた経緯をもっと詳しく。
いつ、どこで、どのように、って感じで。




66 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 01:29:26 ID:hHGqbuhr0

このまま >>1がパニクったまま1000逝ったら俺的には笑えるんだがw




67 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 01:35:07 ID:wmttZE6R0

>>1がオカルトなんだが・・・




74 :5次元から来た男:05/02/25(金) 16:41:36 ID:LXaQ7F9G0

0次元は点。
1次元は線。
2次元は平面。
3次元は立体。
4次元は立体(空間)プラス時間。
つまり、4番目の次元は、時間。
では、5番目の次元は何か?
それは、歴史。




75 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 16:56:58 ID:I3t49dXs0

>>74
そなの?




76 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 17:26:11 ID:yDD90AXy0

4次元って、時間とともに形を変える物体ってことでいいですか?




77 :5次元から来た男:05/02/25(金) 17:44:36 ID:d7aeswbb0

皆さん、次元というものが解っていないようだな。

では、まず、「次元」について説明しよう。
精神世界では、よく、6次元だ、7次元だ、などと勝手に次元を増やしている人がいるが、私がいう次元とは、物理的な意味での次元である。

私達がいるこの世界はよく、「四次元の世界」である、と言われている。
「四次元の世界」とは、空間に時間が加わった世界で、四番目の次元は時間である、とされている。
では、その上の次元はあるのだろうか?

今の物理学では、その上の次元ははっきりとは認識されていない。
しかし、実は、時間の次元の上にもう一つの次元がある。

時間のひとつ上の次元は「歴史」である。
こう言っても、普通の人はその意味がよく解らないと思う。

では、下の次元からもう一度「次元」というものを調べてみよう。
零次元は、「点」、である。
これがある方向に一直線に動くと、「線」、になり、一次元の世界は「線」である。
線が先程の運動方向と直角、垂直に移動していくと「面」になり、二次元の世界は「平面」である。
平面が先程の運動方向に対して直角、垂直に移動していくと、「立体」、「立方体」を形成していく。
三次元の世界は「立体」、あるいは「空間」である。

そして、立体、空間が直角、垂直に移動するとどうなるだろうか?
移動、運動するため、あるいは、変化するためには、時間が必要である。
立体に時間が加わった世界が四次元の世界である。

ここまでは、解ると思う。
しかし、その上の次元はあるのだろうか?
 



78 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 17:48:12 ID:dO0mL/SI0

みんなすごいね^^




79 :5次元から来た男:05/02/25(金) 17:48:49 ID:d7aeswbb0

さて、今までの我々の歴史観を形にあらわしたものが歴史年表である。
歴史年表は普通、左が過去で右に向かって時間が一定の間隔で進んでいきそれぞれの年代の下にその年に起きた事件が記入されている。
歴史年表はひとつで右端は現在で終わっている。
そこから先はない。未来はまだ存在してなく、判らないから書きようがない。

これは四次元の歴史観を二次元の平面の紙に移した概念図である。
では、五次元の世界を理解していただくために、次元をふたつ落として、この二次元(平面)でもう一度説明しよう。

ひとつ上の次元は、ひとつ下の次元をその運動方向に対して直角に移動させたものとなる。
歴史年表をその運動方向に対して直角に移動させるとどうなるだろうか?
上でも下でもよいが、ひとまず、下に移動させよう。
ただし、前の歴史年表は残像として残っていく、とする。
すると、歴史年表がいくつもできる。
だが、同じ年表をいくつも並べても意味がない。
移動させる場合は常に、移動させるに従って変化していく、と考える。
するとどうなるだろうか?
少しずつ変化していく歴史年表がいくつもできる。

「歴史」そのものが変化してゆき、移り変わり、変遷していく世界、これが5次元の世界である。
五番目の次元が歴史であるという意味が理解できただろうか?




81 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 18:01:53 ID:LJue21WW0

>>77
>>79
なんとなく理解した。




82 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 18:04:40 ID:I3t49dXs0

>>79
可能性、みたいなかんじか




94 :5次元から来た男:05/02/25(金) 22:11:01 ID:I/qCyvS60

<77,79、
私が言ったのは、パラレルワールド、並行宇宙ではない。
時空というのは、「ビデオテープ」のようなもの。
一つの時刻には、一つの世界しかない。
時空は分裂していかない。
ある番組が録画されているビデオテープがあり、そのテープの途中を観ている、とする。
今、画面に映し出されているのが現在。
しかし、実は、すべてのテープは連結されていて、同じ速度で移動している。
そして、ビデオデッキには再生以外にも、早送りと巻き戻し、そして、再録画という機能もある。
巻き戻しは過去へ戻ること。
早送りは未来へ行くこと。
そして、再録画してしまえば、前の番組は消されて、新しい番組が録画されてしまい、
別の番組に置き換えられてしまう。
つまり、歴史はこの歴史が唯一ではなく、既に何回も変更されてしまっている、ということ。
ただ、その事実に気がつかなかった、というだけ。




80 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 18:00:58 ID:6Hur5bcS0

オレは5次元さんより<<1の言うことのほうが理解できないけど頭に入ってくる…

どーした<<1?




91 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 21:50:19 ID:/y4Y7KIn0

>>1の言ってる1だけの表現ってのは、美味いものを食べると、美味いって言う時といわないときがあるって事と似てる?




92 :本当にあった怖い名無し:05/02/25(金) 21:59:38 ID:T77HsLnI0

>>1よどうした?いよいよイカれたのか?




96 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 03:01:40 ID:43yBBM9u0

なんか一気にしらけてきたなぁ…




97 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 03:21:14 ID:pFTCPLsC0

で、>>1は考え抜いて、まとめてるところなんだな。




98 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 03:28:28 ID:E/XJk392O

でも案外見つけるって閃きなのかもね。




100 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 05:03:31 ID:uegyZt9v0

興味あったのでずっと読んでいたのですが誰も聞かないので書きます。

>子供のころ、空を見上げると、星ではなく月の表面のようなものを
見たはずです。4次元とはそういうもので、

この部分が俺にはわからないのですが・・・。
良かったら詳細を説明お願いしたいです。

それと0は思考のこと?
で、1は意識?のことみたいなもんですか?
0→1の順では理解できずにに1→0ではなんとなく理解できるみたいな・・・。




101 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 09:42:51 ID:gsVfxaTUO

知りたいが、一生知ることが出来なそうだ。まさにオカルト。
漏れには、空間が分からない。時間てなんだオイ。今見えてるモノは本物か?すべては何故存在する?誰か答えてくれ。
エライ人教えてくれ。

誰かが言ってた、「宇宙は超巨大生物の 原子核である」
そこまで考えちまう




104 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 11:43:41 ID:FKHLghRX0

4次元は時間に制限がなくなるっていう事。
過去や未来へ行き来往来できる。

と思うが・・・。




105 :1:05/02/26(土) 11:46:58 ID:CkJnHFCb0

1歳ぐらいと思う。誰でも見えていた、不思議なものとは思わず、ただ見えていたはず。
なのに、何故か記憶から消えていくのは??? そうしないと何かがマズいのかもしれない。
閃き?のような感じかもしれんが、思い出しました。
もともと在ったのに、無いように変換されていたのでしょうかね。脳?。
パラルドってのは別の世界って気がして、4次元とは別の気がする、
なぜかって、別のものなんかじゃなく、同じではないが、もとから、今でもある!
ん~。自分の手を見て!。見えるでしょ?普通でしょ?
↑この例で説明しようとしたけど、5分ぐらい悩んで諦め・・・(泣
かまってくれると、やっぱりうれしいが、別に趣旨では無く、今は
巻きこんだ人へ説明する義務感が強い!なので、なんと言われようがかまわんが
時間を費やしてくれた人には、謝りです。
ただね、もし見つけたヤシがいれば、なんだそういうことか、で終りましょう。
量子化コンってのがイコールなのかはわからんが、そういういろんな情報から4次元を
探してもたぶんみつからず、むしろ逆順で、見つけてから情報についてイコールかと考える。
悩んだけど、4次元の説明はムリなわけで、言えるのは、考えずにボケーと
したほうが近道なのかもということ。ただ、見つけても深く考えず、ただ受け止めてくれYO!
いつかまた、書かせてもらいます。さんくす!




106 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 11:55:23 ID:K6aEBO/r0

>>105
何言ってんだお前




107 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 11:59:40 ID:ww7a6x/S0

>>105
諦めないで説明して欲しい。気になってしょうがないから




109 :本当にあった怖い名無し:05/02/26(土) 14:52:29 ID:43yBBM9u0

もうすこし1に表現力があればな… もったいないなぁ。
でもこれ以上待ってもおれたちを納得させる説明を望むのは無理っぽいよな。

1よ。なんか書物なり映画なんかでいいからニュアンスだけでも近いのはないか?
俺的にはとどの詰まり、限り無い数字的世界のような印象なんだけどさ。




122 :本当にあった怖い名無し:05/02/27(日) 05:18:44 ID:g/JiAhhX0

うーん、こりゃなんだろねえ。悟りを開いちまったとかそういうことでもないか。
例えばアカシックレコードを見つけちまった、とかそういうことでもなさそうだねえ。
漏れは以前見よう見まねで瞑想とかしてたら異様な感じに陥った事があるけど
それとも違うみたいだねえ。

気になるのでもうちょっと3次元のコトバに翻訳してくれい。




123 :本当にあった怖い名無し:05/02/27(日) 06:22:14 ID:4PUP4lnq0

アカシックレコードってなに?




124 :本当にあった怖い名無し:05/02/27(日) 11:37:15 ID:WPZy3qKm0

>>123
宇宙が生まれてから今までの全ての過去と未来が記録されている、精神界にあるというデータバンク
優秀な予言者は何らかの方法でアカシックレコードにアクセスし情報を得ているという
しかし、予言をすると、それによってまた未来が少しずつ変わってしまうために本当の意味での予知はできないという
ぬ~べ~の受け売りだが




125 :本当にあった怖い名無し:05/02/27(日) 16:09:15 ID:g/JiAhhX0

>>123
まぁググってみてください。色々な解釈があります。ユングの集合的無意識などと同一の
ものだと考えられます。面白いことに、アカシックレコードというとオカルト、集合的無意識
というと多少科学的に聞こえるのであります。

でも結局は三次元にいる我々にはとてもそれそのものを把握し説明することができないので
色々な捉えられ方をし、色々な名称をつけられ、色々な説明のされ方をするのだと思います。

ところで>1さんの言ってることを考えていくと、非常に哲学的で頭から離れなくなってきました。
まずなぜデジタルな考え方を持ち出したのでしょうか。ゼロかイチか。これはつまり
存在(イチ)と非存在(ゼロ)ということなのでしょうか。
ゼロの概念は中世に至るまでヨーロッパにはなかったんですよね。インドだかマヤだか
そこらへんにはあって、アラブ経由か何かでヨーロッパに入ったんじゃなかったですっけ。

で、ゼロではなくイチだ、というと、つまり人は常に「ある」「ない」で物を判断している
わけですが、つまりは全ては「ある」のだ、と。自己も他人もその他のすべても同じものだ、と。
なんていうと宗教的な考え方になってしまいますが、もしかしてそういうことなのかしら。

と、一人悶々としてしまいますので、早いとこ>1さん、解説をお願いします。




327 :本当にあった怖い名無し:05/03/07(月) 02:51:04 ID:hIKPoRER0

> 57 名前: 1 投稿日: 05/02/25 00:17:37 ID:ciOWJR4h0
> ずーと考えてると、たぶん俳人になるので、
> 休みながら、考えて、メモって、あとでコピペします。
> みんなごめん(泣
> YOYOはやめます。すみません。


廃人になっちゃったのかなぁ。。。





156 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 01:11:03 ID:NvpV59I70

4次元って、時間の概念が入るんだろ?
ということは、4次元の中では時間というものが全く意識されないはずだ。
1次元の中では点、2次元の中では線、3次元の中では高さが意識せずに取り込まれているように。
それも、過去と未来と現在がいっぺんに見えるという感じじゃなくて・・・一切時間というものが意識されなくなるものなんじゃないかと。

3次元では、時間は見えないけど流れている。
時間というものを意識しなければ生きていけない。太陽に合わせてみんな生きてる。時間で区切らなきゃ生活できないだろう。
でも、4次元だと時間というものが、当たり前以前のことになってしまって、時間に合わせるとかそういうことがないのではないかと。
言ってみれば、時間がないと同然なくらい、無意識なものになってしまっている。

さらに別なものを意識しながら生きてる世界だと思うけど・・・
それが分かれば、4次元がどんな世界か少しは分かると思うんだけどな。




159 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 02:20:37 ID:Z8sFBST+0

>>156
難しいが、四次元は時間を意識しないと言うことは死がないという事か?
何か別のものを意識してるとすると、最初の方で誰かが言ってたけど、
歴史や記憶になるのかな?
我々が常に時間を意識しているように、四次元人は常に歴史や記憶が変化する事を
感覚的に意識する。




160 :156:05/03/03(木) 02:32:44 ID:NvpV59I70

>>159
確かに・・・点が連なって線に、線画連なって面に、面が連なって高さに、立体が連なって時間に・・・
と考えていくと、時間が連なって歴史に、というのは順当かもしれない。
時間を全く意識しない歴史って、どんなだろう・・・?
歴史を見るとき、俺たちは時間に縛られてどうしても見るからな。

時間を意識しない歴史・・・たとえるなら地層みたいなもんかな?
ちょっと違うか(汗




162 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 04:32:28 ID:55el106U0

>>160
いつでもその場で歴史を再現できるとか。ちょっと違うか・・・




164 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 12:45:58 ID:avlA2mbU0

>>159
死なない、のだと思う。
つまりもはやそこに四次元「人」みたいなものすら存在できないのだと思う。

光に質量がない、とおっしゃってる方がいましたが、だとしたら四次元でも光は
存在することができるのだと思う。

モノとモノとを遮るモノがない。それはつまり「個」がないのだと思う。
だから全ては「ある」だけ、「存在」だけなのだと思う。

時間も空間も限定されないのだから、四次元から三次元は見えている、というか
「ある」のだと思う。言い換えれば、この三次元の中にも四次元が「ある」のだと思う。

そんなようなことだと思う。




169 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 12:41:46 ID:6/Bvuesl0

>>164
時間でたとえるなら、流れるんじゃなくて見えるということか。
いや、違うか。
正確に言うと、「ある」けど「見えない」という感じかな?
線の中に点はあるけど見えないわけだし、立体の中にも連なった面が見えるわけでもない。
時間も、流れるのではなくてそこにあるだけで、流れることもないし見えることもない。
過去と未来がいっぺんに見えるというよりも・・・それらがあるだけで、もう世界の仕組み(?)の一部になってしまっていて
意識することすらない・・・。

ぐわは、なんか変な気分になってきた




161 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 04:31:02 ID:55el106U0

なんかちょっと近づいてきた気がするね。




163 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 11:37:45 ID:lRCFlT4fO

>161何故に近づいたとわかる?




165 :本当にあった怖い名無し:05/03/03(木) 13:49:49 ID:Wy7bGN3R0

>163
「気がした」だけですよ。本当のところなんて
人それぞれですからね。




166 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 00:47:35 ID:usTiJm4a0

>>164が今一番一般的な4次元の解釈かな
俺もこれと同じだし




172 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 12:52:50 ID:2GZ548L3O

本当知識がなくて申し訳ないんですが、四次元からみた私達三次元の物質は、ペラペラした紙みないな感じなんでしょうか?




174 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 13:05:47 ID:7a3vMrss0

三次元から四次元を見る事は不可能だと思う
四次元を見るには四次元以上でなければならない
影は二次元だが私達三次元の存在からは見る事ができる




177 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 14:21:24 ID:4QJFjlLAO

四次元って縦・横・奥行・時間がある空間の事じゃないの?
だから、自分達の居る空間は四次元空間だと聞いたことがある。




178 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 15:50:38 ID:Q4F4Yrp3O

あれ、俺、>>177読んで全てがわからなくなった。

誰か教えて…




180 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 16:26:37 ID:IZmw/X+9O

四次元時空と四次元空間を区別しないからワケワカメになるのさ

四次元時空というのは、縦・横・奥行きから成る三次元空間に、さらに四次元目の要素として時間を加えたもの
我々の存在する世界がまさにこれ

んで、四次元空間とは、縦・横・奥行きの三方向に加え、四次元目としてもう一つの方向を考えたもの
この第四の方向は、縦・横・奥行きの全てに直行するもので、三次元(空間)の住人である我々には概念上でしか意識できない




181 :180の続き:05/03/04(金) 16:30:49 ID:IZmw/X+9O

これまでのカキコ見ると両者をごっちゃにしてる人が多いみたい
ただ「四次元」というのではどちらを指しているか分からないしね

重要なのは、「四番目の次元=時間」とは限らないってこと
さらに、我々は三次元(空間)の住人であると同時に四次元(時空)の住人でもあるのだということ
↑これがまた混乱のもととなっている

以上、長文スマソ




186 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 17:28:34 ID:Q4F4Yrp3O

何が何やらもう…ウワァァン

次元と時空って、定義みたいなものはないの?
もともと未知なるものだからないのかな。

御教授願う…




189 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 20:46:54 ID:kXWV+PsS0

「次元」の定義は極めて単純、「その状態を『表す』のにいくつの数が必要か」ということ。

たとえば、
色をデジタルで表すのは「赤・青・緑」の3要素=3次元だけど
最終的なアナログの光を再現しようとしたら無限次元が必要。
(だから、PC雑誌で「この春人気の液晶ディスプレイの発色比較」なんて特集が必要になる)

「北緯35度・東経135度」という表し方は2次元。
 時間は考えないし、洞窟の中でも地表でも同じ座標になる。
「北緯35度・東経135度・海抜0m」なら3次元。
「北緯35度・東経135度・海抜0m・西暦2005/3/4 20:34」なら4次元。

この時「時間軸だけは特殊」と考えるなら4次元時空という。
(でも最近の物理学では、現実世界も10次元時空で表していたような・・・)


話ずれるけど、単純な2次元空間でさえ何種類も有る。だから
目に映る風景も写真も2次元だけど、パノラマ写真は端が歪んでしまうし
「平らな紙に書いた三角形の内角の和は常に180度」だけど
「冬の大三角形(星座)を実際に見ながら計った内角の和は 必ず180度を超えてしまう」。

この辺の詳細は「非ユークリッド空間」でぐぐれ。




190 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 21:10:23 ID:jHR7+LDj0

>色をデジタルで表すのは「赤・青・緑」の3要素=3次元だけど
>最終的なアナログの光を再現しようとしたら無限次元が必要。

これはちょっと違うだろ。
しかも、色を次元の概念で捉えるのは無理があるかと。
その他の部分はかなり納得。




191 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 21:19:20 ID:R/rKV6NK0

四次元という記述はさほど重要ではない。
問題は1が何を四次元として捉えたか。
1はもう来ないのだろうか…




197 :本当にあった怖い名無し:05/03/04(金) 23:44:17 ID:kXWV+PsS0

>>189に書いた「次元」は数学的な概念です。現実とは関係有りません。
 >>1が言ってるのは、この世の仕組みを表す「時空」の方でしょうから
少し違う話かもしれません。 混乱させてスマソ。
(宇宙論はわからないので、時空は説明できません。)

私も>>191に同意です。


>>190
 色を3次元空間でとらえると、色と色の「距離」を計ったり
色の変換をしたりできます。
 あなたがデジカメ写真をレタッチソフトで加工したり
液晶ディスプレイの色調整をしてるならば、無意識に使っているでしょう。
(詳細は「RGBとCMYK」でぐぐるべし)

 無限次元の色スペクトルという考え方は、
すべてのディスプレイ・カラー印刷・照明(蛍光灯/電球)を設計するのに
使われています。(詳細は「色空間」でぐぐるべし)




198 :歩毛門:05/03/04(金) 23:47:39 ID:N7Wm+aiH0

わかった。つまりただ「そこにある」という事か。
ただただひたすら、「そこにある」。

つまりは、僕らも「ここにある」だけという状態。
4次元とは、僕らの存在をすべて内在している。時間も物体も生命も。
4次元ではすべてがただそこにある。
だからランダムに切り出された「状態」の「結果」がつくりだされても、
それは任意に固定してしまった時間の途中のようでもあり、始まりの
ようでもあり、終わりのようでもあるが、これはすべて実は
ずっとそこにあるのではないか。

>>1さんの言っている>>105の「何故か記憶から消えていくのは??? そうしないと何かがマズいのかもしれない。」
これは、脳の標準的なシステムである記憶するという事と、忘れるという
機能は、無限に生存しようとする努力的な行為による個体の存在感の確保を
記憶していく事で補い、忘れるという機能で、「実はずっとそこにすべては
あり続ける」という事を確認できないようにするための事であるように思えるし、
これは、>>164さんのいう「死なないのだと思う。」
「モノとモノとを遮るモノがない。それはつまり「個」がないのだと思う。
だから全ては「ある」だけ、「存在」だけなのだと思う。」
という事かな?




201 :本当にあった怖い名無し:05/03/05(土) 00:04:35 ID:VTYoL96g0

>>198
ちなみにこういう考え方ってインドなどではものすごい昔からあったのよね。
それをヨーロッパの未開民族が非科学的だとか東洋思想だとか言って
否定的なことにしちゃったのよね。

でもやっぱり人間ってさ、生まれたからにはただ単に学校行って、仕事して、
子孫を残して死んでいくだけじゃなくてさ、人間って何だろうって考えないとダメよね。
お金が第一の資本主義的な考え方とか、某国のように軍事力だとか権力だとかに
翻弄されるのもダメよね。

この世で起きている事件ってのはさ、結局それが原因なことが多くないかい?
お金がないから人を殺してでも奪うとか、自殺するとか。
欲しいものを手に入れたいからとか。
自分の主張を通したいからとか。

結局人間ってのは生きているのか、生かされているのか・・・




301 :本当にあった怖い名無し:05/03/06(日) 09:17:56 ID:dkDtcJb90

1のとはたぶん違うと思うけど
中高生の時電車の中で不思議な体験をしたことが
何回かある。白昼夢みたいな・・・

人間って三次元のものだけど
マンガとかアニメとか二次元のものを見ても
さもキャラが実在して実際に動いているように
感情移入して楽しめるじゃん。
自分より低次元のものをリアルに認識できる
高次元的許容っていうか・・・

でも興味のないマンガやアニメを見ると
それはやっぱりただの絵だ、って感じるときあるよね?
ただの線と色で書かれた、ただの絵。って感覚。

んでその体験した白昼夢っていうのは
電車の中がいきなりただの立体って感じるもの。
感覚としては自分の部屋のように安心感があるのと同時に
叫びたくなるような焦燥感。
四次元見つけたんじゃなくて
自分が四次元になってしまった感覚。




303 :本当にあった怖い名無し:05/03/06(日) 13:16:11 ID:Z8dOeIFS0

>>301
落ち着いて考えろよ。人間は三次元を見ることなんて出来ないんだよ。
二次元の絵を2つ以上組み合わせて、脳内で三次元情報に変換してるだけなんだよ。

そして、そんな我々の眼で見た情報を元に4次元を想像するなんていうのは
一本の線を見て立方体を想像するに等しいほどの無茶だ。




313 :301:05/03/06(日) 21:01:24 ID:dkDtcJb90

>>303
いや分かってるよw
これはあくまで感覚の話だから・・・
今から思うとただ疲れていたからだと思う。








446 :eis.k:05/03/09(水) 17:00:21 ID:1utbY+n50

我々の世界をデジタルで表すと、
全ては0と1の集合体。無と有の組み合わせに置き換えられる。
しかし、別の視点(世界)から見てみれば、
その0と1の集合体そのものが
ひとつの存在、有(1)として存在する。
この世に存在があろうと無かろうと
別の次元から見れば、有(1)でしかない。
それが、>>1さんの言おうとした
全てが1であるの意味じゃないのかな。




447 :本当にあった怖い名無し:05/03/09(水) 19:28:55 ID:qd1jT8F30

>>1さんが四次元を見つけたと
いうことは、人は四次元よりも上の
存在と言うこと?




477 :eis.k:05/03/10(木) 01:45:30 ID:2WhOPQ3w0

>>447
多分、1さんは(なんか別の不思議な世界)=(四次元)
と認識しているだけな感じがする。
人間が四次元より上の存在かは、
考え方によって答えは無数になると思う。




478 :本当にあった怖い名無し:05/03/10(木) 01:49:39 ID:hGsvbAax0

読んだけどよく意味がわからん
1しかないってどういうこと?なんで2進数なの?

自分は4次元の世界ってのは今自分達がいる次元をより滑らかにした感じで
3次元が記憶できる機械なんかがあったりデータから3次元を取り出したりできると思ってる




479 :eis.k:05/03/10(木) 01:59:09 ID:2WhOPQ3w0

正直、自分もよくわからん。
ただ、1さんが落ちる間際に言ってた事から
想像しただけ。途中で崩壊してたみたいだけど。
>>478さんの「滑らかにした感じ」というのも
よくわかんないけど興味深い。
このスレは、各自がもつ「わからない」
の繰り返しが発展の原動力になっている感じ。




481 :1:05/03/10(木) 02:14:08 ID:48gQTS7Q0

御無沙汰です。先ず、今回も説明出来ないことを謝っときます。

少し前の有識者方々のレスから、4次元の一般的な定義として、
時空と時間の2つに分かれるようですね。
だとすると、俺が言ってるのは、時間も時空も絡みが無さそうなので、
4次元ってのは適切な呼称では無い?。
時間ってのは当然理解してますが、時空ってのはいまいちピンと来ないし
説明していただいても、理解できない希がすので、さらっと流します。




482 :1:05/03/10(木) 02:15:20 ID:48gQTS7Q0

んでは、俺が言ってるのは何なのか?。。
説明したいけど、アフォな俺では無理なので、説明という位置づけではなく、
「文字で表現してみます」ぐらいの気持ちで書きます。
以降、基地外な表現も出てくると思われますがこれでも普段は、いたって普通の人です
4次元の説明ができないので(他にも俺のように表現困難なヤシもいるね。)
というか、4次元を考え出すと、まじでちょっとイカれるね。
前書きはこの辺で。(スマソ)




483 :1:05/03/10(木) 02:15:51 ID:48gQTS7Q0

まず、なぜ「見つけた(存在した)」と言えるのか。から。
「存在していることを思い出したから」です。
では、形とか音とかは?と聞きたくなると思います。
例えが適切じゃないかもしれんが、
例えば、あなたに、昔あったことのある人がいるとします。
でも、その人の外見、声、名前とか一切思い出せないのに、「間違いなくその人は
しっている」と確信できることがありませんか?
そんな感じ。とにかく「在る」ってのは確信できる状態。




484 :1:05/03/10(木) 02:17:14 ID:48gQTS7Q0

そこで、ちょっと考えてみた。「在る」って認識は、どこでしてるか?
当然「脳」だな。記憶もそうだ。では何故に明確に思い出せずに、説明できないか。
説明できないのは、適切な言葉が無い?ボキャブラ不足かもしれんが。
思い出せないのは?どうもこれに関しては、意図的にというか、脳の機能的にそういうものなのではないか?
と考えてしまう。
で、脳についてちょっと、ぐぐったりして勉強してみた。




486 :1:05/03/10(木) 02:20:39 ID:48gQTS7Q0

ミス、484と485の間に以下を入れて。

脳は電気信号で機能しているらしい。流石にアフォな俺でもこれっぽい事は聞いたことがあった。
では、「在る」のなら、なら普段から容易に4次元を認識できないのか?
認識とはどうやってるのか?どうやら脳は五感情報をもとに、例えば目で見える視覚情報から
認識をしている。ま、あたりまえなのだが。で、あれば、「在る」のであれば、五感で4次元を見ればいい。
と思ったが見えない。でも、言葉も喋れないぐらいの子供のころは見えてた。(←以前書いたやつね)
何故、今は認識できないのか。。




485 :1:05/03/10(木) 02:18:58 ID:48gQTS7Q0

電気信号をちょっとぐぐってみた。正直よくわからないことだらけだったのだが、
ある一定大域の電気信号を「無く」するをフィルタってのが近い気がする。
例えば、目の前に4次元があるとする。しかし、ここに電気信号で言うところのフィルタに相当する
ものが脳の機能にもあるとすれば、4次元は「無く」される帯域のものではないだろか?
この機能は、生まれたころは無かったか、動作していなかった機能なのではなかろうか?
また、それは、記憶にも同じように作用するのではないだろうか?
全部、何の根拠もない基地外じみた推測に過ぎないが。




487 :1:05/03/10(木) 02:21:27 ID:48gQTS7Q0

今日、最初に4次元を理解してスレたてた時と似たような感覚があることに築いた。
たぶん、この経験は普通に、みんなにもあるだろうと思われる。
それは、何かというと、ちょっと説明下手だが、例えば、普通は、目で物を見ると、それは瞬時に
脳に伝わって、目の前のものについて、考えて、その物が何かを脳が認識する。という順序だと思う。
しかし、今日体験したのは、順序が違って、脳が考える前に、「なにかある」と一旦脳が「直感?」で
認識して、そのあとに、普通の純情に相当する「認識」を経験した。当然この間の時間は刹那。
直感って五感じゃなく六感だよな。六感情報からは脳はどう動くんだろうか?




488 :1:05/03/10(木) 02:22:25 ID:48gQTS7Q0

かなり前に書いたレスの再挑戦します。
普通は、手を見て、そこに手があると思うはずです。(前はここで挫折)
指があって、☆のような形。ちょっと形は違うが(汗
では、4次元を思い出した当初の、その認識はどうだったかというと
手は手でも、形とかを認識せず、「在る」としか認識しない。かと言って形が無い分けでもなく、
視覚的には☆で、指もある。が、それは「気にならない情報」って感じになる。
かなり、説明したいことと違うんだけど、これが限界です。
似たような例で、目の前にペンがおいてあるとして、それをじっくり見てから、目を閉じても
そこにペンがあると認識してるはず。たとえ目を閉じてるときに、誰かがそのペンを取ったとしても
まだそこにはペンがあると認識している。
と、この例を書いていて、それは過去(時間)の情報からの脳の認識であり、これは俺が言いたい
4次元とは違う例であり。この説明はボツ!!




489 :1:05/03/10(木) 02:23:07 ID:48gQTS7Q0

メビウスの輪。これって「空間」のことか。ただちょっとひっかかる。関係ないともいえない気がしてきた。。
もうちょっと考えて見ます。
結局、説明できなかったけど、落書き程度に読み飛ばしてほスい。
また。




493 :本当にあった怖い名無し:05/03/10(木) 02:53:53 ID:JNRZyfxO0

自分自身の潜在意識(無意識)にアクセスするイメージだろうか。
普段は顕在意識が表に出ているため、潜在意識を意識することはない。(当たり前のこと書いてるな)
しかし、夢だとか、精神状態が不安定なとき(病的な症状の1つとして)潜在意識が表れるのでは
ないかと考える。それを病気だと見做して病院行けとか言うのは簡単ではあるが、そういう状態を
冷静に観察できるのであれば何か発見できるかも。つーかフロイトだなこれじゃ。
物質的では無い意識のみが存在する世界が4次元と言っている世界ではないかな。




494 :本当にあった怖い名無し:05/03/10(木) 02:58:55 ID:JNRZyfxO0

夢は潜在意識の1つだと思う。普通はすぐに忘れてしまうので気に留めることは無いが、
明晰夢スレにもあるみたいに、夢の中で自分の意識をはっきりと持って夢の世界をコントロール出来る
ようになれば少し何か見えてくるかも。
でも無意識集合の全体像はなかなか見えないだろうな。それでも無意識集合を認識している人は
確実に増えていると思う。




495 :本当にあった怖い名無し:05/03/10(木) 03:07:55 ID:hGsvbAax0

よく分からんけど
脳が生まれてそれになにも情報を与えなかったら潜在意識だけが存在するってこと?
うーん生まれた時から盲目の人は夢を見るのかというと 音とか匂いの夢を見るらしいよ
これだと生まれた時から5感をシャットアウトすると何にも見ないような気がするんだけど




497 :本当にあった怖い名無し:05/03/10(木) 03:15:16 ID:3kPMhTpQ0

名前を付けたり、思い出したりすると
「それそのもの」を知覚できなくなる。
思考が認識の邪魔をし、観念が時間を生み出す。
考えると言う行為は知覚から離れる行為。

故岡本太郎が何を見ても「なんだこれは!?」というのは
隠された次元を見る為の有効な心的態度。

1さんの書き込みで思い出しました。以上覚え書き。




512 :本当にあった怖い名無し:05/03/10(木) 07:53:09 ID:yrWAsVRK0

1の言ってるのって老荘思想の「道」に近いことなんじゃないの?


>1
老子とか荘子とかの解説書を読んでみてくれよ
岩波文庫の老子とか荘子とかでもいいからさ




556 :本当にあった怖い名無し:05/03/12(土) 14:47:38 ID:NbW/crEl0

石ころがあったとして、その石ころが左から右に移動したとする。
当然、今は右に石ころがある。さっきまでは左にあった、というのが
3次元の認識。時間軸があって、過去・現在・(未来)の概念がある。

でも、時間というものは、本当は無いものだとしたら?
時間は概念としてだけあるもので、本当は存在しないものだとしたら?
人間の脳みそが勝手に時間という概念でものを考えているだけだと
したら?そして「時間というものはそもそも存在しない」、
それが私たちの存在する世界の本当の姿だとしたら?

「時間の概念ある世界で一秒前」の石ころの状態も
「時間の概念ある世界で一秒後」の石ころの状態も
時間の概念がない世界から見ると、一秒前も一秒後も同時に存在する。




557 :本当にあった怖い名無し:05/03/12(土) 14:48:44 ID:NbW/crEl0

この世界には「僕が目にしているただ中」でしかない?
世界は今も昔も未来もなく、「ただ在る」だけ?

量子の話でしたっけ。「観測した時にのみ、存在(位置)が確定する」
量子は観測するまで位置の予測ができないというのは、どこの位置に
でも存在する可能性があって、そうなると、「どこにでもいる」という
こと?

どこにでもいるとなると、今度は時間ばかりか距離(空間)すら関係
ない!

時間なんてものは本当はなくて、「ただ在る」世界の中で僕たちは
同時に存在しつつも、その中からひとつだけの存在を自ら観測して
いる?




558 :本当にあった怖い名無し:05/03/12(土) 15:37:30 ID:5YxxsJoF0

>>557
だとすると二つ目の自分の存在を見つけてしまった人が
「ドッペルゲンガーを見た!!」ってことになるわけ?




577 :1:05/03/13(日) 02:26:31 ID:YshHy/df0

とりあえず今日はここだけを伝えたい。次元を1次元、2次元、3次元、4次元として
それぞれを次元=[1][2][3][4]とすると、今わかってる4次元の表現は

 次元 =   [1]
     [3]   [2] 

という感じ。
時計回りに次元があるとして、1の次ぎが2、次が3
で、4は[1]と重なっている感じです。
1と4が重なっているため、1しか認識出来ないが、4もあると言うことを
なんとか伝えたい。
便宜上、1234で表現したが、1次元=4次元という意味ではなく
「あるけど、認識上は1しかないと言う事」!。
557さんの表現が近いきがする。




578 :1:05/03/13(日) 02:31:02 ID:YshHy/df0

ずれてるし・・・。まいいや。
それとちょっと質問です。
平行世界とは「別の自分がいる世界」みたいなイメージをもってるので、
ちょっと違うかな?とおもってたんだけど、
例えば、「単に認識できない世界」というのは??




581 :本当にあった怖い名無し:05/03/13(日) 04:39:20 ID:kNx/c+Yt0

1さんと557さんが近いってのはなんとなくわかるな。
1さんの脳内冒険を自分なりに整理してみよう。

何かのきっかけで、脳の陰謀であるシェルターをパスした。
    ↓
そして一時的に、物心以後の言語思考に支配された認識を脱した。
    ↓
結果、意識以前の無意識下での認識を取り戻した、と。
こういう事か?

結果的にわかったことは、時間など本当は存在しないただ「在る」だけの世界。
それを、認識というプロセスが観察している。
認識することで「在る」ことがわかる、ただそれだけの世界。
この世界で、我々は「何か」を「時間」と勘違いしている?

言語自体が時間の概念含んでるから、表現難しいなこれ。




582 :本当にあった怖い名無し:05/03/13(日) 06:09:02 ID:nKzX7FmrO

今の人間の意志伝達方法には限界があるというのがよくわかった。
文字だけではどこまでいっても無理なのか?

なんか歯がゆいな。




591 :557:05/03/13(日) 15:09:46 ID:LdIxur3y0

ドッペルゲンガーについては詳しくないので僕はなんともいえないけど

「ただ在る」世界なら、二つ目の自分というよりも、いくつもの状態の
自分を見つけると思う。ただそれは、「個」としてはもう見えないかも
しれない。それらは個として在るにもかかわらず何重にも重なって
存在するだろうから。となるとそれはもう「全体」であるわけだろうし。

よくテレビとかであるよね、道路を映した映像をどんどん早送りして
いくと行き交う車がどんどん線になっていく映像。「個として在るにも
かかわらず何重にも重なって存在する」っていうのはあんなイメージ
かもしれない。




592 :557:05/03/13(日) 15:19:13 ID:LdIxur3y0

でもそうなってくると、「存在」たちは、自らを他の存在と区別できなくなって
しまうから、「時間」というフィルタを使って、まず自分自身を
過去・現在・(未来)という概念で区別し、認識するようにした。

そして「我と彼」、「プラスとマイナス」、「男と女」、といったように
脳(心、精神、魂?)でどんどんそれぞれの存在を区別していった…。

自論でした。ちなみに>>558さんのレスしたつもりでした。
亀れすゴメンコ。




593 :本当にあった怖い名無し:05/03/13(日) 15:19:13 ID:cSzTKN2yO

ドッペルゲンガーは脳障害だと聞いたことがあります。自分の像を人間は作っていてそれが目で見えるようになると脳に障害があり死んでしまう。ドッペルゲンガーは次元問題と別な気がします。




595 :本当にあった怖い名無し:05/03/13(日) 19:09:50 ID:iybJuW/pO

脳障害で思い出したけど。。。
前にテレビでやってたんだけど、或る脳障害の入院患者がいたらしいのね。
んで、その患者さんはいつも食事の時、手に取った器を戻す場所が、スープの入った器の上だったり、隙間がほとんど無い食器の間だったり、とにかく置くべき場所に戻せなかったらしい。
結局その患者さんの脳障害は治癒したんだけど、完治後のインタビューでその食事について語ってたんだけど、手に取った器を戻そうと盆を見たら、盆に乗ってる食器すべてが二次元に見えていたらしい。
>>1さんの『自分の手をみて~』って説明見てると、脳障害の様にも思えました。
スレ違いなカキコですし、>>1さんの気分を害すのは承知ですが、脳の認識力はときに異次元を体感させる様なラグを発生させる様です。
長文失礼しました。スルーでおねがいします。




605 :本当にあった怖い名無し:05/03/13(日) 23:20:41 ID:D9g0eqw00

ふー。一週間ほど見てなかったらスレ伸びてるわ>1が再登場してるわ。。。

で、>488を読んで……もしかしてこれは四次元とは関係ないのではないかという
気がしてきた。その後誰かが書いたゲシュタルト。もしかして単に>1に軽いゲシュタルト崩壊
でも起きただけなんじゃなかろうか。違っていたら悪い。

例えば
 ┏ ┓
 ┗ ┛
こんな図形があるとする。パっと見るとここに四角が見える。だが、それは脳がこの図形を
つなぎ合わせて□として認識させているのである。なぜ四角に見えるか、これは我々が
□という形を知っているからである。もっと簡単に言えば、ひらがなを見てこれが文字だと
判るのは、平仮名を学習して平仮名の形を覚えたためである。外国人が見たらただの
ふにゃふにゃした線にしか見えないし、どこからどこを一まとまりとして見たらよいのか
わからない。詳しくはこちら。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%88%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6

で、>1は単に軽くゲシュタルト崩壊を起こしたのではないか。手を手と認識できず、そのもの
として認識した。漢字をじーっと見てると何の文字だかわからなくなることがあるように。

ただこれだけのことだとしたらちょっと悲しいので反論を求む。>1




613 :本当にあった怖い名無し:05/03/14(月) 00:30:50 ID:KKFT9i1I0

605さんの言っている事が1さんの症状?に非常にマッチしている気がします。
そして、失礼があったらごめんなさい。「神様って見えないけど居るよ!!感じるでしょう?」
みたいな物にも似ている気がします。四次元で盛り上がりましたが、四次元の話では無いという落ちだと感じました。
別スレたてて「四次元」について語った方がいいですかねぇ?何版にたてればよいでしょ~?




614 :本当にあった怖い名無し:05/03/14(月) 00:35:39 ID:JyaFBpj/0

俺はそういう顕在意識が薄れたときに普段感じることが出来ない世界を
垣間見ることができると思うので、単に病的症状でかたずけるのはどうかと思う。




616 :チャイナ01:05/03/14(月) 00:52:41 ID:eLp1CPdc0

スレ主さんの言いたいけどうまく言えない。
これって、仏陀が悟り(真理)を得たときとおなじ、ではありませんか?
南方仏教の密教に、ブラフマンとアートマンと言う考え方があり、哲学にも同様な考え方、
人は認識の地平線より上に出た部分が個人で、認識の地平の下ですべての認識がつながっている。
個は個でありながらすべてであると言う考え、、、仏陀が悟り(真理)を得た時に、
この悟り(真理)は言葉ではつたえられない、無理に伝えようとすると間違って伝わる、
だから、この悟り(真理)は広めないで、このまま入滅しようと考えた、しかし、最終的に仏陀は悟り(真理)を広めた、、、
仏陀曰く、悟り(真理)はそこにあるのだから見なさい、触りなさい、味わいなさい、感じなさい。
スレ主さんの言う4次元って、仏陀の言う真理でしょう。
食べた事のない人に食べた事のない果物の味を言葉で伝えるのは非常に難しいと、
当然、過去に食べたことがある人はこの果物(ここではスレ主さんの言う4次元)の味を知っているので、どんな味が思い出せる。
この果物はみなさんの目の前にあるのだけれど、食わず嫌いだとか、まずそうだとか、
勝手な思い込みで、たべていないだけではありませんか?
この4次元(真理)を言葉等で伝える努力は、仏教が2千年以上しています。いまだに完全とはいえません。残念!
宇宙も、時間も、、、認識の地平をちょこっと超えると感じれるけれど、言葉、文字で伝えられない、、、。残念!
認識の地平を自由に行き来できれば(仏陀になれれば)もっとうまく説明できるかも知れません。




620 :本当にあった怖い名無し:05/03/14(月) 01:07:48 ID:eWzXIWl60

つまり1さんは悟りを開いた、と。

ちなみに、現代科学で新たな理論が発表されてニュースになるようなものも、
古代仏教の書物ではその概念がすでに書かれてたりすることがたまにあるらしい。




624 :本当にあった怖い名無し:05/03/14(月) 01:21:32 ID:09Cg6u1F0

>>620
悟りを開くというのと同じなのかちょっと違うのかわからないのですが、瞑想をすることに
よって宇宙との一体感とでもいうのでしょうか、そんな気分を味わうことはできます。

私も昔一度だけ成功したことがあるのですが、自分と他(他人も物も全て)の区別をなくすと
自分は全てであり全ては自分であり、宇宙そのものが自分であり、自分は宇宙の一部で
あるような、なんとも言えない感じを幸福感と共に味わうことができるのであります。
そこにはやはり有も無もなく、ただ「在る」だけだということを感じることができるのですが、
ほんの数秒しかその状態を維持できなかったのでそれ以上のことはなんともわからんです。

最初はもしかして>1がそういうことにふと気付いたのかとも思ったのですが、でもやっぱり
ちょっと違うのかしらね。


ところで。
ttp://tekipaki.jp/%7Egon/park/A020928B.kiuti1.htm *リンク切れ
この板の人なら既出なのかもしれませぬが。

この死亡状態がいわゆる四次元の世界なのではないか、とも思うのです。




628 :チャイナ01:05/03/14(月) 01:33:39 ID:eLp1CPdc0

宇宙が閉じているのか、開いているのか、、最新天文学でもいまだ定説がないようですが。
開いた宇宙をどこまでも遠ざかっても、宇宙の外側から見る事は無理と思いますが、どうでしょう。
べっだん、仏教徒でもありません。スレ主さんの4次元をうまく説明するには、こういう言い方が理解しやすいかな?と思っただけで。

インド哲学というブラフマンより、スリランカ等を経由してきて日本に伝わった南方仏教(密教)の方が日本人には理解しやすいのでは?
インド哲学では、インド神話的表現が多くて、ピント来にくいです。

スレ主さん、どのような状態で4次元を知ったのかわかりませんが、人は割りと簡単に悟り(真理)に触れる事が可能と思います。
ただ、それを伝える手段が、難しいと言うだけで、、、それ(真理)を4次元と表現した為、
数理、物理学的な4次元とごっちゃになっているのではないでしょうか?




648 :本当にあった怖い名無し:05/03/14(月) 03:53:57 ID:2XrboKxQ0

しかし、>>1が何らかかの、非日常性を感じたとしても、
どうして、それが「4次元」と言う言葉と結びつけることができるんだ?
そもそも、言葉で説明できないと言っているんだから、
正確には、「とうとう、不思議な感覚をみつけてしまったYO!」と
言うのが正しい。つまり、数学的意味での4次元とはなにも関係ない。




660 :本当にあった怖い名無し:05/03/14(月) 20:06:11 ID:09Cg6u1F0

なんだか>1が再度登場して言いたいことをきちんと言葉にして説明できたとしても、
それより>1の言いたいことをみんなで想像しあっている方が楽しいような気がしてきた
のは多分私だけではあるまい。




*以降1が再登場し語ることは無かった…








仏陀のいいたかったこと (講談社学術文庫)仏陀のいいたかったこと (講談社学術文庫)
(2000/03)
田上 太秀

商品詳細を見る


編集元:四次元を見つけてしまった
http://occultycurrymania.myhome.cx/occult/htmlold/1109/1109175263.html



スポンサーサイト

タグ:四次元 悟り 議論

コメント

もしや>>1は…おっと誰か来たようだ

これ量子力学の観測問題が近いね
エヴェレットだと思う
事象の直交性で知覚出来ないあたりがさ

釣りだろうがマジだろうが本気で喰らいつく、
オカ板のこの気質嫌いじゃないぜ!

648が言ってることに同意

105の言い回しもよくわからん

ちなみに488に似たような感覚は深い眠りから起きた直後になったことがある。

起きる→何か感じる→音が聞こえる→声が聞こえる→日本語が聞こえる→○○のことを話してるのが聞こえる

って感じで。1の言ってることはこれに近いんじゃないだろうか。

昔に真空のビンを見たときに
真空なのになにかが入ってるように
見えたけどそういうことじゃね。

1の言ってるのはすぐに悟りじゃないかと思った
興味深いが惜しいな

ゼロのせいってのはわかる気がする。
すべてのモノは一体化したモノだってのが本来のあり方だとすれば、
内と外とを「境界」で切り取るフィルターとしてゼロがあるんだと。

つまり、ゼロがなければイチ(存在)が無限に広がってしまう。
だから「ここにある(イチ)」「ここにない(ゼロ)」で区別することで
区切られた【個】というモノに成る、と。

でも、この場合ゼロを失くしたらその人の世界が壊れるんじゃないか?
世界を成立させるフィルターを失くすワケだから。自分の意思で操れる
ならいいが、そうじゃない場合はこの世界には生きていけないと思う。

「覚えていること」を覚えているって高次記憶って奴だよな。

そういえば関係ないけど、数学的連続って微積的考えに則った間の無い点の集合だよな。
つまり端的に行ってしまえば偶然繋がっているように見えるけど個々は独立している。
それを次元に適応すると時間所か縦横奥行きにも繋がりがなくなるんだな。
なら瞬間瞬間の間にふと何か全く別の空間時間が紛れ込んでもそれほど不思議ではないのかもな。
なんせグラフに無限のプロットを打つ時にたまたま一点だけ在り得ない様な所に点が打たれても、近似直線にしてしまえばその点は無視されてしまうんだからさ。

幽霊って四次元じゃね?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

0ってさ、計算には便利だけど一部の式には必要ない。
1*n(0より大きい)=存在(1)に"0"は不要。

三次元 xyz は座標0は基点だが便宜上の無(開始点)で虚無ではない。
xyz Y=n(最小~最大)
x z Y= (何も無い)は立体としては成り立たない。

四次元である事を疑う必要そのものが無い。
xyzt そのどれもが欠けても存在は出来ない。
逆に言えば、どんな状態でも存在していれば有る(1)
感じ方は人それぞれだが、我思う故に我あり。って感じか?

上記は物理。以下は考える際の注意。
1さんが感じた恐怖は、恐らく「xyztw」=1。"all=1。all≠0"
それが何でもいい、どうだっていい、有るのか無いのかだけが問題。
全は一、一は全。極論すると、存在してるものはみんなただの1。
個性も時間も距離も関係なく1。まるでロボットみたいな考え。

でも正確にはn「xyztw」="all>0"、各存在固有の変数nを内包。
有無(○×)で考えると、高次元な考えが二元論になってしまう。
有(∞)で考えれば、それぞれに個性や意味があると認められる。
存在は全て0より大きいが、全て個別(n)であるという答に行き着く。

自分をただの1、ただの点の集合体で他人や虫、石と同じだと考えると
自我が保てないかも。実際には式が間違ってると思うんだけど。
それぞれ固有の数字(環境変数?…個性、種族、座標等)を持っており、
0より大きい=存在している(1ではなく、n>0)という共通点しかない。

…真面目に考えた俺、バカだな…|||orz

俺も幽霊は四次元な気がしてきた

そういや、自分が小さい頃、少なくとも小学校の二年生までは言葉で物事を考えるということができなかった。当時としてはそれが当たり前だった。どう考えてもダメダメの変な子だったが、>>1の言っているような、4次元に相当するようなものが何となく理解できていた気がする。
それが何だったのかまでは思い出せない。何で忘れてしまったんだろう。
ちなみに今はちゃんと言葉で物事を考えてますけどねw

あ~自分も小さいころ言葉で考えるってことができなかった
「なんでしゃべるときは言葉なのに考えるときはことばじゃないんだろう」って思ってたけどうまっくいってるからいーやって感じだった

0って言う数字が存在するから全てが壊れるって感じはわかる。
0っていうのは人間が生活する上で便利な存在だから多用されてるけど、その数字の意味の通り現実世界では存在しないものと考えるべき
実際、自分達が生きるこの世界に無になるものなんか無い。
存在する世界を1として考えた時、その中で起きる事象から発生し存在する無機物、有機物その全てが1から生まれた断片的?な1であって、存在する1(A)の中で活動してる1(a)であると考えられる。
つまり世界Aの中で活動してるaはA以外から新しくなんらかが発生することはなく、全てのaを集めてもA自体を超えることも無ければ減ることも無い。
A=全てのa
>>1が言いたいのってこういうことじゃないのかな?って思った。

>>1はもしや全ての時間の重なりを認識してしまったのではないか?
四次元とは時間が流れるものではなく、実質ただそこにあるだけのものなんだと強調している辺りそう思った。>>557が近いと言っていることからも間違ってはいないんじゃなかろうか。

無数の瞬間が同じ空間に重なり合ったものを認識する、ということになるわけだから目では見られないだろうが、単に「認識する」ということなら可能だろう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

*「http://」はNGワードに指定しています
*記事の内容と関係のないコメントは削除することがあります。
*コメントは、お手柔らかにお願いしますね。

トラックバック

トラックバックURL:
http://occult4cica.blog50.fc2.com/tb.php/64-c09ee34a


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。